Citrix ADC

透過キャッシュにプロキシポート設定を使用しない

Citrix ADCアプライアンスで構成されたキャッシュサービスで「ソースIP(USIP)の使用」オプションが無効になっている場合、アプライアンスはアプライアンスが所有するサブネットIP(SNIP)アドレスまたはマップIP(MIP)アドレスをソースIPアドレスとして、ランダムポートをソースポートとして使用して、クライアント要求をキャッシュサービスに転送します。ランダムに選択されたポートは、プロキシポートと呼ばれます。

ただし、完全透過キャッシュ (キャッシュサービスがクライアントの IP アドレスとポート番号を受け取るキャッシュ構成) を構成する場合は、USIP オプションをグローバルまたはキャッシュサービスで有効にするだけでなく、グローバルまたはキャッシュサービスを有効にします。Use Proxy Port 設定を無効にすると、アプライアンスはキャッシュサービスに接続するときにクライアントのソースポートをソースポートとして使用でき、完全に透過的なキャッシュ構成が保証されます。

グローバルまたはサービスで [プロキシポートを使用] オプションの設定の詳細については、サーバー側接続の送信元ポートの構成を参照してください

透過キャッシュにプロキシポート設定を使用しない