Citrix ADC

キャッシュリダイレクションと負荷分散を有効にする

アプライアンスのキャッシュリダイレクトおよび負荷分散機能は、デフォルトでは有効になっていません。キャッシュリダイレクション構成を有効にするには、これらを有効にする必要があります。

CLI を使用してキャッシュのリダイレクトと負荷分散を有効にする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、キャッシュのリダイレクトと負荷分散を有効にし、設定を確認します。

-  enable ns feature cr lb  
-  show ns feature  
<!--NeedCopy-->

例:

> enable ns feature cr lb
 Done
> show ns feature

        Feature                        Acronym              Status
        -------                        -------              ------
 1)     Web Logging                    WL                   ON
 2)     Surge Protection               SP                   ON
 3)     Load Balancing                 LB                   ON
 4)     Content Switching              CS                   ON
 5)     Cache Redirection              CR                   ON
            ...
            ...
            ...

 23)    appliance Push                 push                 OFF
 Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用したキャッシュのリダイレクトと負荷分散の有効化

  1. ナビゲーションペインで、[System] を展開し、[Settings] をクリックします。
  2. キャッシュリダイレクトを有効にするには、詳細ウィンドウの [ モードと機能] で、[ **高度な機能の構成**] をクリックします。
    1. 拡張機能の構成 ]ダイアログボックスで、[ キャッシュリダイレクト]の横にあるチェックボックスをオンにし、[ OK]をクリックします。
    2. [機能の有効化/無効化]ダイアログボックスで、[はい] をクリックします。
  3. 負荷分散を有効にするには、詳細ウィンドウの [ モードと機能] で、[ 基本機能の構成] をクリックします。
    1. 基本機能の構成 ]ダイアログボックスで、[負荷分散]の横にあるチェックボックスをオンにし、[ OK]をクリックします。
    2. [機能の有効化/無効化]ダイアログボックスで、[はい] をクリックします。
キャッシュリダイレクションと負荷分散を有効にする