Citrix ADC

RTSP プロトコルのアプリケーション層ゲートウェイ

リアルタイムストリーミングプロトコル (RTSP) は、リアルタイムメディアデータを転送するためのアプリケーションレベルのプロトコルです。RTSP は、エンドポイント間のメディアセッションを確立および制御するために使用され、メディアクライアントとメディアサーバ間のコントロールチャネルプロトコルです。一般的な通信は、クライアントとストリーミングメディアサーバーの間です。

プライベートネットワークからパブリックネットワークにメディアをストリーミングするには、ネットワーク上で IP アドレスとポート番号を変換する必要があります。Citrix ADCの機能には、RTSP用のアプリケーションレイヤーゲートウェイ(ALG)が含まれています。ALG(大規模NAT)とともに使用すると、メディアストリームを解析し、プロトコルがネットワーク上で動作し続けるように必要な変更を行うことができます。

IP アドレス変換の実行方法は、メッセージのタイプと方向、およびクライアント/サーバ展開でサポートされるメディアのタイプによって異なります。メッセージは次のように翻訳されます。

  • 送信要求:LSNプールIPアドレスと呼ばれるCitrix ADCが所有するパブリックIPアドレスへのプライベートIPアドレス。
  • 着信応答:プライベート IP アドレスへの LSN プール IP アドレス。
  • インバウンド要求:変換なし。
  • 発信応答:LSN プール IP アドレスへのプライベート IP アドレス。

RTSP ALGは、Citrix ADCスタンドアロンアプライアンス、Citrix ADC高可用性セットアップ、およびCitrix ADCクラスタセットアップでサポートされています。

RTSP ALG の制限事項

RTSP ALG は、次の機能をサポートしていません。

  • マルチキャスト RTSP セッション
  • UDP を介した RTSP セッション
  • TD/adminパーティショニング
  • RSTP 認証
  • HTTP トンネリング

RTSP および LSN のシナリオ

次の図に、RTSP SETUP 要求フローを示します。通常、SETUP 要求は、単一のメディアストリームを転送する方法を指定します。リクエストには、メディアストリームの URL とトランスポート指定子が含まれます。この指定子には、通常、RTP データ(オーディオまたはビデオ)を受信するためのローカルポートと、RTCP データ(メタ情報)を受信するためのローカルポートが含まれます。サーバー応答は、通常、選択されたパラメータを確認し、サーバーの選択されたポートなどの欠落した部分を埋めます。集約再生要求を送信する前に、SETUP コマンドを使用して各メディアストリームを設定する必要があります。

ローカライズされた画像

一般的な RTSP 通信では、パブリックネットワークのメディアクライアントがプライベートネットワークのメディアサーバに SETUP 要求を送信します。RSTP ALG は要求を代行受信し、メディアストリーム内でパブリック IP アドレスとポート番号を LSN プール IP アドレスおよび LSN ポート番号に置き換えます。次の図は、送信要求に対してメディアストリーム内のCitrix ADCアプライアンスによって実行される変換を示しています。

ローカライズされた画像

プライベートネットワークのメディアサーバは、LSN プールの IP アドレスと LSN ポート番号を使用して、パブリックネットワークのメディアクライアントに 200 OK 応答を送信します。Citrix ADC RTSP ALGは応答を代行受信し、LSNプールのIPアドレスとLSNポート番号を、メディアクライアントのパブリックIPアドレスとポート番号に置き換えます。次の図は、Citrix ADCアプライアンスが受信応答に対してメディアストリームで実行する変換を示しています。

ローカライズされた画像

RTSP ALG の設定

RTSP ALG を LSN 設定の一部として設定します。LSN の設定手順については、LSN の設定手順を参照してください。LSN の設定時には、次のことを確認してください。

  • LSN プールを追加するときに、 NAT タイプを DETERMINISTICまたはDYNAMICに設定します。
  • LSN アプリケーションプロファイルを追加するときに、次のパラメータを設定します。
    • IP プーリング = PAIRED
    • アドレスとポートのマッピング = エンドポイント独在
    • フィルタリング = エンドポイントインデペンデント
  • RTSP ALG プロファイルを作成し、RTSP ALG プロファイルを LSN グループにバインドします。

RTSP ALG 設定の例:

次に、単一加入者ネットワーク、単一の LSN NAT IP アドレス、および RTSP ALG 設定を使用して、単純な LSN 設定を作成する設定例を示します。

enable ns feature WL SP LB CS LSN

Done

add lsn pool pool1 -nattype DETERMINISTIC

Done

bind lsn pool pool1 10.102.218.246

Done

add lsn client client1

Done

bind lsn client client1 -network 200.200.200.11 -netmask 255.255.255.0

Done

add lsn appsprofile app1 TCP -ippooling PAIRED -mapping ENDPOINT-INDEPENDENT -filtering ENDPOINT-INDEPENDENT

Done

add lsn appsprofile app2 UDP -ippooling PAIRED -mapping ENDPOINT-INDEPENDENT -filtering ENDPOINT-INDEPENDENT

Done

bind lsn appsprofile app1 1-65535

Done

bind lsn appsprofile app2 1-65535

Done

add lsn rtspalgprofile rtspalgprofiledefault -rtspIdleTimeout 1000 -rtspportrange 554

Done

add lsn group group1 -clientname client1 -nattype DETERMINISTIC -portblocksize 512 -rtspalg ENABLED

Done

bind lsn group group1 -poolname pool1

Done

bind lsn group group1 -appsprofilename app1

Done

bind lsn group group1 -appsprofilename app2

Done

bind lsn group group1 -rtspalgprofilename rtspalgprofiledefault

Done
RTSP プロトコルのアプリケーション層ゲートウェイ