Citrix ADC

Citrix ADC VPX HAペアでAzureルートサーバーを構成する

Citrix ADC VPXインスタンスを使用してAzureルートサーバーを構成し、BGPプロトコルを使用して仮想ネットワークで構成されたVIPルートを交換できます。Citrix ADCは、スタンドアロンまたはHA-INCモードで展開し、BGPで構成できます。この展開では、ADC HA ペアの前に Azure ロードバランサー (ALB) は必要ありません。

次の図は、VPX HAトポロジがAzureルートサーバーとどのように統合されるかを示しています。各ADCインスタンスには、管理用、クライアントトラフィック用、サーバートラフィック用の3つのインターフェイスがあります。

Azureルートサーバーを使用したVPX HAトポロジ

トポロジ図では、次の IP アドレスを使用します。

プライマリ ADC インスタンスの IP 設定の例:

NSIP: 10.0.0.4/24
SNIP on 1/1: 10.0.1.4/24
SNIP on 1/2: 10.0.2.4/24
VIP: 172.168.1.1/32
<!--NeedCopy-->

セカンダリ ADC インスタンスの IP 設定の例:

NSIP: 10.0.0.5/24
SNIP on 1/1: 10.0.1.5/24
SNIP on 1/2: 10.0.2.5/24
VIP: 172.168.1.1/32
<!--NeedCopy-->

前提条件

Citrix ADC VPXインスタンスをAzureに展開する前に、次の情報を理解している必要があります。

Citrix ADC VPX HAペアでAzureルートサーバーを構成する方法

  1. Azure Portal にルートサーバーを作成します。詳細については、「 Azure portal を使用したルートサーバーの作成と構成」を参照してください。

    次の例では、サブネット 10.0.3.0/24 が Azure サーバーのデプロイに使用されます。ルートサーバーが作成されたら、ルートサーバーの IP アドレスを取得します (例:10.0.3.4、10.0.3.5)。

    ルートサーバーを作成する

  2. Azure Portal でネットワーク仮想アプライアンス (NVA) とのピアリングを設定します。Citrix ADC VPXインスタンスをNVAとして追加します。詳細については、「 NVA とのピアリングの設定」を参照してください。

    次の例では、1/1 インターフェイスの ADC SNIP(10.0.1.4 と 10.0.1.5)と ASN: 400 と 500 がピアの追加時に使用されます。

    ピアを設定する

  3. 高可用性構成用に2つのCitrix ADC VPXインスタンスを追加します。

    次の手順を実行します:

    1. Azureに2つのVPXインスタンス (プライマリインスタンスとセカンダリインスタンス) をデプロイします。
    2. 両方のインスタンスにクライアントとサーバーの NIC を追加します。
    3. Citrix ADC GUIを使用して、両方のインスタンスで高可用性設定を構成します。
  4. プライマリ ADC インスタンスで動的ルーティングを設定します。

    サンプル構成:

    enable ns mode L3 MBF USNIP SRADV DRADV  PMTUD
    enable ns feature LB BGP
    add ns ip 10.0.1.4 255.255.255.0 -vServer DISABLED -dynamicRouting ENABLED
    VTYSH
    configure terminal
    router BGP 400
    timers bgp 1 3
    neighbor 10.0.3.4 remote-as 65515
    neighbor 10.0.3.4 advertisement-interval 3
    neighbor 10.0.3.4 fall-over  bfd
    neighbor 10.0.3.5 remote-as 65515
    neighbor 10.0.3.5 advertisement-interval 3
    neighbor 10.0.3.5 fall-over  bfd
    address-family ipv4
    redistribute kernel
    redistribute static
    <!--NeedCopy-->
    
  5. セカンダリ ADC インスタンスで動的ルーティングを設定します。

    サンプル構成:

    enable ns mode L3 MBF USNIP SRADV DRADV  PMTUD
    enable ns feature LB BGP
    add ns ip 10.0.1.5 255.255.255.0 -vServer DISABLED -dynamicRouting ENABLED
    VTYSH
    configure terminal
    router BGP 500
    timers bgp 1 3
    neighbor 10.0.3.4 remote-as 65515
    neighbor 10.0.3.4 advertisement-interval 3
    neighbor 10.0.3.4 fall-over  bfd
    neighbor 10.0.3.5 remote-as 65515
    neighbor 10.0.3.5 advertisement-interval 3
    neighbor 10.0.3.5 fall-over  bfd
    address-family ipv4
    redistribute kernel
    redistribute static
    <!--NeedCopy-->
    
  6. VTY シェルインターフェイスで BGP コマンドを使用して確立された BGP ピアを確認します。詳細については、「 BGP 設定の確認」を参照してください。

    show ip bgp neighbors
    <!--NeedCopy-->
    
  7. プライマリ ADC インスタンスで LB 仮想サーバーを設定します。

    サンプル構成:

    add ns ip 172.16.1.1 255.255.255.255 -type VIP -hostRoute ENABLED
    add lbvserver v1 HTTP 172.16.1.1 80
    add service s1 10.0.2.6 HTTP 80
    bind lbvserver v1 s1
    enable ns feature lb
    <!--NeedCopy-->
    

    Citrix ADC VPXインスタンスと同じ仮想ネットワーク内のクライアントが、LB仮想サーバーにアクセスできるようになりました。この場合、ADC VPXインスタンスはVIPルートをAzureルートサーバーにアドバタイズします。

Citrix ADC VPX HAペアでAzureルートサーバーを構成する