Citrix ADC

パブリッククラウドプラットフォームで SSL-TPS のパフォーマンスを向上

パケットエンジン (PE) の重みを均等に分散することで、AWS と GCP クラウドで SSL-TPS のパフォーマンスを向上させることができます。この機能を有効にすると、HTTP スループットが約 10 ~ 12% わずかに低下する可能性があります。

AWSおよびGCPクラウドでは、10~16個のvCPUを持つCitrix ADC VPXインスタンスでは、PEの重みがデフォルトで均等に分散されるため、パフォーマンスの向上は見られません。

注:

Azure クラウドでは、PE の重みはデフォルトで均等に分散されます。この機能によって Azure インスタンスのパフォーマンスは向上しません。

Citrix ADC CLIを使用してPEモードを構成する

PE モードを設定したら、設定変更を有効にするためにシステムをリブートする必要があります。

コマンドプロンプトで入力します。

set cpuparam pemode [CPUBOUND | Default]
<!--NeedCopy-->

PE モードが CPUBOUND に設定されている場合、PE の重みは均等に分散されます。 PE モードが DEFAULT に設定されている場合、PE の重みはデフォルト値に設定されます。

注:

このコマンドはノード固有です。高可用性またはクラスタセットアップでは、各ノードでコマンドを実行する必要があります。CLIP でコマンドを実行すると、次のエラーが発生します。 Operation not permitted on CLIP

設定されている PE モードの状態を表示するには、次のコマンドを実行します。

show cpuparam
<!--NeedCopy-->

例:

> show cpuparam
    Pemode:  CPUBOUND
 Done
<!--NeedCopy-->

クラウド内のCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にPEモード構成を適用する

クラウド内のCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にPEモード構成を適用するには、カスタムスクリプトを使用して/nsconfig/.cpubound.confファイルを作成する必要があります。詳しくは、「 クラウドでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用する」を参照してください。

パブリッククラウドプラットフォームで SSL-TPS のパフォーマンスを向上