Citrix ADC

VMware ESXハイパーバイザーでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用する

Citrix ADC VPX構成は、VMware ESXハイパーバイザーでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時に適用できます。そのため、特定のセットアップまたはVPXインスタンスが起動される時間が大幅に短縮されることがあります。

プレブートユーザーデータとその形式について詳しくは、 クラウドでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用するを参照してください

注:

ESX でプレブートユーザーデータを使用してブートストラップするには、 <NS-CONFIG> セクションでデフォルトゲートウェイ設定を渡す必要があります。<NS-CONFIG>タグの内容の詳細については、[Sample-<NS-CONFIG>-section] (apply-preboot-userdata-on-esx-vpx.html #sample-<ns-config>-section) を参照してください。

サンプル<NS-CONFIG>セクション:

<NS-PRE-BOOT-CONFIG>

    <NS-CONFIG>
        add route 0.0.0.0 0.0.0.0  10.102.38.1
    </NS-CONFIG>

    <NS-BOOTSTRAP>
            <SKIP-DEFAULT-BOOTSTRAP>YES</SKIP-DEFAULT-BOOTSTRAP>
            <NEW-BOOTSTRAP-SEQUENCE>YES</NEW-BOOTSTRAP-SEQUENCE>

        <MGMT-INTERFACE-CONFIG>
                <INTERFACE-NUM> eth0 </INTERFACE-NUM>
                <IP> 10.102.38.216 </IP>
                <SUBNET-MASK> 255.255.255.0 </SUBNET-MASK>
        </MGMT-INTERFACE-CONFIG>
    </NS-BOOTSTRAP>

</NS-PRE-BOOT-CONFIG>
<!--NeedCopy-->

ESX ハイパーバイザーでプレブートユーザーデータを提供する方法

ESX Hypervisor でプレブートユーザーデータを提供するには、次の 2 つの方法があります。

  • CD/DVD ISO を使用する
  • OVF プロパティを使用する

CD/DVD ISO を使用したユーザーデータの提供

VMware vSphere Client を使用すると、CD/DVD ドライブを使用して ISO イメージとして VM にユーザーデータを挿入できます。

CD/DVD ISO を使用してユーザデータを提供する手順は、次のとおりです。

  1. プレブートユーザーデータコンテンツを含むファイル名userdataでファイルを作成します。<NS-CONFIG>タグの内容について詳しくは、「サンプル」 <NS-CONFIG> セクションを参照してください。

    注:ファイル名は、userdataとして厳密に使用する必要があります。

  2. userdataファイルをフォルダーに保存し、フォルダーを使用して ISO イメージを構築します。

    userdataファイルを使用して ISO イメージを構築するには、次の 2 つの方法があります。

    • PowerISO などの任意の画像処理ツールを使用します。
    • Linux mkisofs でコマンドを使う。

    次の設定例は、Linux mkisofs でコマンドを使用して ISO イメージを生成する方法を示しています。

    root@ubuntu:~/sai/14jul2021# ls -l total 4
    drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jul 14 12:32 esx_preboot_userdata
    root@ubuntu:~/sai/14jul2021#
    root@ubuntu:~/sai/14jul2021# ls -l esx_preboot_userdata/total 4
    -rw-r--r-- 1 root root 3016 Jul 14 12:32 userdata
    root@ubuntu:~/sai/14jul2021# mkisofs -o esx_preboot_userdata.iso ./esx_preboot_userdata
    I: -input-charset not specified, using utf-8 (detected in locale settings)
    Total translation table size: 0
    Total rockridge attributes bytes: 0
    Total directory bytes: 112
    Path table size(bytes): 10
    Max brk space used 0
    176 extents written (0 MB)
    root@ubuntu:~/sai/14jul2021# ls -lh
    total 356K
    drwxr-xr-x 2 root root 4.0K Jul 14 12:32 esx_preboot_userdata
    -rw-r--r-- 1 root root 352K Jul 14 12:34 esx_preboot_userdata.iso
    
    root@ubuntu:~/sai# ls preboot_userdata_155_193 userdata
    root@ubuntu:~/sai# mkisofs -o preboot_userdata_155_193.iso ./preboot_userdata_155_193
    I: -input-charset not specified, using utf-8 (detected in locale settings)
    Total translation table size: 0
    Total rockridge attributes bytes: 0
    Total directory bytes: 112
    Path table size(bytes): 10
    Max brk space used 0
    176 extents written (0 MB)
    
    <!--NeedCopy-->
    
  3. 標準の展開プロセスを使用してCitrix ADC VPXインスタンスをプロビジョニングし、仮想マシンを作成します。ただし、VM の電源を自動的にオンにしないでください。

    標準的な VM 導入

  4. VM が正常に作成されたら、ISO ファイルを CD/DVD ドライブとして VM に接続します。

    CD DVD ドライブを取り付ける

  5. [ 新規 CD/DVD ドライブ ] に移動し、ドロップダウンメニューから [ データストア ISO ファイル ] を選択します。

    データストア ISO ファイル

  6. vSphere Client でデータストアを選択します。

    vSphere Client 内のデータストア

  7. 仮想マシンをパワーオンします。

OVF プロパティを使用したユーザーデータの提供

OVF プロパティを使用してユーザーデータを提供する手順は、次のとおりです。

  1. ユーザーデータコンテンツを含むファイルを作成します。

    ESX 用のプレブートユーザーデータ

  2. ユーザーデータコンテンツを Base64 エンコーディングでエンコードします。Base64 エンコーディングは、次の 2 つの方法を使用して実行できます。

    • Linux では、以下のコマンドを使用します。

       base64 <userdata-filename>  >   <outuput-file>
       <!--NeedCopy-->
      

      例:

       base64 esx_userdata.xml  > esx_userdata_b64
       <!--NeedCopy-->
      

      Base64 でエンコードされたユーザーデータ

    • オンラインツールを使用して、Base64 Encode や Decode などのユーザーデータコンテンツをエンコードします。

  3. ESXハイパーバイザー上のCitrix ADC VPXインスタンスのOVFテンプレートに製品セクションを含めます

    サンプル製品セクション:

    <ProductSection>
    
      <Info>Information about the installed software</Info>
      <Product>NSVPX-VSK Template</Product>
      <Vendor>Citrix</Vendor>
      <VendorUrl>www.citrix.com</VendorUrl>
      <Category> Preboot Userdata </Category>
    
      <Property ovf:key="guestinfo.userdata" ovf:type="string" ovf:userConfigurable="true" ovf:value="">
    
        <Label>Userdata</Label>
        <Description> Userdata for ESX VPX </Description>
      </Property>
    
    </ProductSection>
    <!--NeedCopy-->
    
  4. Product セクションで、base64 でエンコードされたユーザーデータをguestinfo.userdataovf:valueプロパティとして提供します。

    <ProductSection>
    
      <Info>Information about the installed software</Info>
      <Product>NSVPX-VSK Template</Product>
      <Vendor>Citrix</Vendor>
      <VendorUrl>www.citrix.com</VendorUrl>
      <Category> Preboot Userdata </Category>
      <Property ovf:key="guestinfo.userdata" ovf:type="string" ovf:userConfigurable="true"
        ovf:value="PE5TLVBSRS1CT09ULUNPTkZJRz4KICAgIDxOUy1DT05GSUc+CglhZGQgcm91dGUgMC4wLjAuMCAw
        LjAuMC4wIDEwLjEwMi4zOC4xCiAgICA8L05TLUNPTkZJRz4KCiAgICA8TlMtQk9PVFNUUkFQPgog
        ICAgICAgICAgICA8U0tJUC1ERUZBVUxULUJPT1RTVFJBUD5ZRVM8L1NLSVAtREVGQVVMVC1CT09U
        U1RSQVA+CiAgICAgICAgICAgIDxORVctQk9PVFNUUkFQLVNFUVVFTkNFPllFUzwvTkVXLUJPT1RT
        VFJBUC1TRVFVRU5DRT4KCiAgICAgICAgPE1HTVQtSU5URVJGQUNFLUNPTkZJRz4KICAgICAgICAg
        ICAgICAgIDxJTlRFUkZBQ0UtTlVNPiBldGgwIDwvSU5URVJGQUNFLU5VTT4KICAgICAgICAgICAg
        ICAgIDxJUD4gICAgMTAuMTAyLjM4LjIxOSA8L0lQPgogICAgICAgICAgICAgICAgPFNVQk5FVC1N
        QVNLPiAyNTUuMjU1LjI1NS4wIDwvU1VCTkVULU1BU0s+CiAgICAgICAgPC9NR01ULUlOVEVSRkFD
        RS1DT05GSUc+CiAgICA8L05TLUJPT1RTVFJBUD4KPC9OUy1QUkUtQk9PVC1DT05GSUc+Cg==">
    
        <Label>Userdata</Label>
        <Description> Userdata for ESX VPX </Description>
      </Property>
    
    </ProductSection>
    <!--NeedCopy-->
    
  5. 変更した OVF テンプレートを [Product] セクションで仮想マシン展開に使用します。

    製品セクションを持つ OVF テンプレート

VMware ESXハイパーバイザーでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用する