Citrix ADC

KVMハイパーバイザーでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用する

Citrix ADCアプライアンスの初回起動時に、KVMハイパーバイザーにCitrix ADC VPX構成を適用できます。したがって、VPXインスタンスでのお客様のセットアップは、はるかに短時間で構成できます。

プレブートユーザーデータとその形式について詳しくは、「 クラウドでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用する」を参照してください。

注:

KVM Hypervisor でプレブートユーザーデータを使用してブートストラップするには、デフォルトのゲートウェイ設定を<NS-CONFIG>セクションに渡す必要があります。 <NS-CONFIG> タグの内容について詳しくは、次の「サンプル」 <NS-CONFIG> セクションを参照してください。

サンプル<NS-CONFIG>セクション:

<NS-PRE-BOOT-CONFIG>

    <NS-CONFIG>
        add route 0.0.0.0 0.0.0.0  10.102.38.1
    </NS-CONFIG>

    <NS-BOOTSTRAP>
            <SKIP-DEFAULT-BOOTSTRAP>YES</SKIP-DEFAULT-BOOTSTRAP>
            <NEW-BOOTSTRAP-SEQUENCE>YES</NEW-BOOTSTRAP-SEQUENCE>

        <MGMT-INTERFACE-CONFIG>
                <INTERFACE-NUM> eth0 </INTERFACE-NUM>
                <IP> 10.102.38.216 </IP>
                <SUBNET-MASK> 255.255.255.0 </SUBNET-MASK>
        </MGMT-INTERFACE-CONFIG>
    </NS-BOOTSTRAP>

</NS-PRE-BOOT-CONFIG>
<!--NeedCopy-->

KVM ハイパーバイザーでプリブートユーザーデータを提供する方法

KVM ハイパーバイザー上のプリブートユーザーデータは、CD-ROM デバイスを使用して接続された ISO ファイルを介して提供できます。

CD-ROM ISO ファイルを使用したユーザーデータの提供

バーチャルマシンマネージャー (VMM) を使用すると、CDROM デバイスを使用して ISO イメージとしてバーチャルマシン (VM) にユーザーデータを挿入できます。KVM は、VM ホストサーバー上の物理ドライブに直接アクセスするか、ISO イメージにアクセスして VM ゲストの CD-ROM をサポートします。

CD-ROM ISO ファイルを使用してユーザーデータを指定するには、次の手順に従います。

  1. プレブートユーザーデータコンテンツを含むファイル名userdataでファイルを作成します。

    注:ファイル名は、userdataとして厳密に使用する必要があります。

  2. userdataファイルをフォルダーに保存し、フォルダーを使用して ISO イメージを構築します。

    userdataファイルを使用して ISO イメージを構築するには、次の 2 つの方法があります。

    • PowerISO などの任意の画像処理ツールを使用します。
    • Linux mkisofs でコマンドを使う。

    次の設定例は、Linux mkisofs でコマンドを使用して ISO イメージを生成する方法を示しています。

    root@ubuntu:~/sai/19oct# ls -lh
    total 4.0K
    -rw-r--r-- 1 root root 1.1K Oct 19 16:25 userdata
    root@ubuntu:~/sai/19oct#
    root@ubuntu:~/sai/19oct# mkisofs -o kvm-userdata.iso userdata
    I: -input-charset not specified, using utf-8 (detected in locale settings)
    Total translation table size: 0
    Total rockridge attributes bytes: 0
    Total directory bytes: 0
    Path table size(bytes): 10
    Max brk space used 0
    175 extents written (0 MB)
    root@ubuntu:~/sai/19oct#
    root@ubuntu:~/sai/19oct# ls -lh
    total 356K
    -rw-r--r-- 1 root root 350K Oct 19 16:25 kvm-userdata.iso
    -rw-r--r-- 1 root root 1.1K Oct 19 16:25 userdata
    <!--NeedCopy-->
    
  3. 標準の展開プロセスを使用してCitrix ADC VPXインスタンスをプロビジョニングし、仮想マシンを作成します。ただし、VM の電源を自動的にオンにしないでください。

  4. 仮想マシンマネージャーで CD-ROM デバイスを追加するには、次の手順に従います。

    1. 仮想マシンマネージャで VM ゲストエントリをダブルクリックしてコンソールを開き、[表示] > [詳細] の順に選択して [詳細] ビューに切り替えます
    2. [ ハードウェアの追加] > [ストレージ] > [デバイスタイプ] > [CDROM デバイス] をクリックします。
    3. [ 管理 ] をクリックして正しい ISO ファイルを選択し、[ 完了] をクリックします。Citrix ADC VPX インスタンスの [ リソース ] の下に新しいCDROMが作成されます。
  5. 仮想マシンをパワーオンします。

KVMハイパーバイザーでのCitrix ADCアプライアンスの初回起動時にCitrix ADC VPX構成を適用する