Citrix ADC

アクティブ/アクティブモードの設定

アクティブ-アクティブモードで展開するCitrix ADCアプライアンスごとに、仮想MACを追加し、その仮想MACをVIPにバインドする必要があります。特定の VIP の仮想 MAC は、各アプライアンスで同じである必要があります。たとえば、アプライアンスでVIP 10.102.29.5を作成する場合、各Citrix ADCで仮想ルーターID(VRID)を作成し、各Citrix ADCでVIP 10.102.29.5にバインドする必要があります。仮想 MAC を VIP にバインドすると、アプライアンスはその VIP にバインドされている各 VLAN に VRRP アドバタイズメントを送信します。仮想MACは、同じCitrix ADC上で構成された異なるVIPによって共有できます。

IPv4 アクティブ/アクティブモードの設定

アクティブ-アクティブ構成に含める各Citrix ADCアプライアンスで、次のタスクを実行します。

  • 仮想 MAC アドレスを追加します。VRID を追加して、仮想 MAC アドレスを追加します。また、プライオリティを指定し、この VRID アドレスでプリエンプションと共有を有効または無効にすることもできます。
  • VIP アドレスを追加し、仮想 MAC の VRID を関連付けます。VIP アドレスを追加し、VRID パラメータを新しく作成した VRID に設定します。VRID の属性(プライオリティやプリエンプションなど)は、この VIP アドレスにバインドされます。 :他のすべてのCitrix ADCアプライアンスには、同じVIPアドレスを追加する必要があります。

CLI を使用して仮想 MAC アドレスを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add vrID <id> [-priority <positive_integer>] [-preemption (ENABLED|DISABLED)][-sharing (ENABLED|DISABLED)] [-tracking <tracking>]
  • show vrid

CLI を使用して VIP アドレスを追加するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add ns ip <IPv4Address> -type VIP -vrid <value>
  • show ns ip

GUI を使用して仮想 MAC を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC] タブで、新しい仮想 MAC を追加するか、既存の仮想 MAC を編集します。
  2. 次のパラメーターを設定します。
    • 仮想ルータ ID
    • 優先度
    • 追跡
    • プリエンプション
    • 共有

GUI を使用して VIP アドレスを設定し、VRID をそのアドレスに関連付けるには、次の手順を実行します。

  1. **[システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、[IPV4s] タブで VIP タイプの IP アドレスを追加します。**
  2. IP アドレスを追加するときに、[Virtual Router Id] ドロップダウンボックスから仮想ルータ ID を選択します。

設定例:

以下の構成例は、Citrix ADCアプライアンスNS1およびNS2をIPv4アクティブ-アクティブモードで展開するためのものです。VIPアドレス203.0.113.10は、NS1とNS2の両方で構成され、アプライアンスごとに異なるプライオリティ値が使用されます。各アプライアンスでは、この VIP アドレスは仮想 MAC アドレスにバインドされます。NS2 の優先度 (200) が NS1 (100) よりも高いため、203.0.113.10 は NS2 のマスターです。

    Settings on NS1

    > add vrid 10 –Priority 100 –Preemption Enabled –sharing Enabled

    Done

    > add ns ip 203.0.113.10 –type VIP –vrid 10

    Done

    Settings on NS2

    > add vrid 10 –Priority 200 –Preemption Enabled –sharing Enabled

    Done

    > add ns ip 203.0.113.10 –type VIP –vrid 10

    Done

IPv6 アクティブ/アクティブモードの設定

アクティブ-アクティブ構成に含める各Citrix ADCアプライアンスで、次のタスクを実行します。

  • 仮想 MAC6 アドレスを追加します。VRID6 を追加して、仮想 MAC6 アドレスを追加します。また、プライオリティを指定し、この VRID6 アドレスでプリエンプションと共有を有効または無効にすることもできます。
  • VIP6アドレスを追加します。VIP6 アドレスを追加します。VRID6 パラメータを、新しく作成された仮想 MAC6 の VRID6 に設定します。仮想 MAC6 の属性(プライオリティやプリエンプションなど)は、この VIP6 アドレスにバインドされます。 :他のすべてのCitrix ADCアプライアンスには、同じVIP6アドレスを追加する必要があります。

CLI を使用して仮想 MAC6 アドレスを追加するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add vrID6 <id> [-priority <positive_integer>] [-preemption ( ENABLED | DISABLED )] [-sharing (ENABLED | DISABLED )]
  • show vrID6

CLI を使用して VIP6 アドレスを追加するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add ns ip6 <IPv6Address> -type VIP -vrid <value>
  • show ns ip6

GUI を使用して仮想 MAC6 を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC6] タブで、新しい仮想 MAC6 を追加するか、既存の VMAC6 を編集します。
  2. 次のパラメーターを設定します。
    • 仮想ルータ ID
    • 優先度
    • プリエンプション
    • 共有

GUI を使用して VIP6 アドレスを設定し、VRID をそのアドレスに関連付けるには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、[IPV6s] タブで VIP タイプの IPv6 アドレスを追加します。
  2. VIP6 アドレスを追加するときに、[仮想ルータ ID] ドロップダウンボックスから VRID6 を選択します。

設定例:

以下の構成例は、Citrix ADCアプライアンスのNS1およびNS2をIPv6アクティブ-アクティブモードで展開するためのものです。VIP6 アドレス 2001:db8:: 5001 は、NS1 と NS2 の両方で構成され、アプライアンスごとに異なるプライオリティ値が設定されます。各アプライアンスでは、この VIP6 アドレスは仮想 MAC6 アドレスにバインドされます。NS2 の優先度 (200) が NS1 (100) よりも高いため、NS2 のマスターは 2001: db8:: 5001 は NS2 のマスターです。

    Settings on NS1
    > add vrid6 10 –Priority 100 –Preemption Enable –sharing Enable

    Done
    > add ns ip6 2001:db8::5001 –type VIP –vrid6 10

    Done
    Settings on NS2
    > add vrid6 10 –Priority 200 –Preemption Enable –sharing Enable

    Done
    > add ns ip6 2001:db8::5001 –type VIP –vrid6 10

    Done
アクティブ/アクティブモードの設定