Citrix ADC

優先の遅延

デフォルトでは、バックアップ VIP アドレスは、マスター VIP アドレスよりもプライオリティが高くなった直後にマスター VIP アドレスをプリエンプトします。バックアップ VIP アドレスを設定する場合、プリエンプションを遅延させる時間を指定できます。プリエンプション遅延時間は、各バックアップ VIP アドレスのノード単位の設定です。

バックアップ VIP のプリエンプション遅延設定は、次の条件では適用されません。

  • マスター VIP のノードがダウンします。この場合、バックアップ VIP のノードにDeadインターバルが設定された後、バックアップ VIP がマスター VIP として引き継がれます。
  • マスター VIP のプライオリティは 0 に設定されます。バックアップ VIP のノードで設定されたDeadインターバルの後、バックアップ VIP がマスター VIP として引き継がれます。

例:プリエンプションの遅延

Citrix ADCアプライアンスNS1とNS2で構成されるアクティブ/アクティブ展開を考えてみましょう。仮想 IP アドレス VIP1 は、これらのアプライアンスごとに設定されます。VIP1 は優先順位があるため、NS2 ではマスターです。この 2 つのノードで VIP1 にプリエンプションが有効になり、プリエンプション遅延時間が設定されます。

次の表に、この例で使用される設定を示します。

エンティティとパラメータ NS1での設定 NS2での設定
VIP1 (参照目的のみ) IPアドレス: 192.0.1.10, VRID: 10, 優先度: 100, プリエンプション: 有効, プリエンプション遅延時間: 1000 秒 IPアドレス: 192.0.1.10、 VRID:10優先度: 200、 プリエンプション: 有効、 プリエンプション遅延時間: 2000秒
Deadインターバル 1 秒 2 秒

この設定で発生する可能性のあるプリエンプト動作の例を次に示します。

  • NS1 の VIP1 のプライオリティが NS2 の VIP1 よりも高い値(たとえば、210)に設定されている場合、NS1 の VIP1 は、設定されたプリエンプション遅延時間(1000 秒)後にマスターとして引き継ぎます。
  • 次の VRRP 設定を持つ 3 番目のノード NS3 がこのデプロイメントに追加されると、設定されたプリエンプション遅延時間(3000 秒)の後、NS3 の VIP1 がマスターになります。
    • VIP1
      • VRID: 30
      • IP アドレス:
      • 優先度 = 300
      • プリエンプション遅延時間 = 3000 秒
  • NS2 がダウンすると、NS1 の VIP1 が 1 秒後にマスターとして引き継がれます(NS1 でDeadインターバルが設定されます)。この場合、NS1 上の VIP1 のプリエンプション遅延時間は適用されません。
  • NS2が停止し、NS1が再起動すると、NS1が起動した後、NS1上のVIP1がマスター1秒になります(NS1ではDeadインターバルが設定されます)。この場合、NS1 上の VIP1 のプリエンプション遅延時間は適用されません。
  • NS2 の VIP1 のプライオリティが 0 に設定されている場合、VIP1 はスタンバイモードになります。NS1 の VIP1 は、1 秒後にマスターとして引き継がれます(NS1 でDeadインターバルを設定)。この場合、NS1 上の VIP1 のプリエンプション遅延時間は適用されません。

IPv4 アクティブ/アクティブモードの遅延プリエンプションの設定

VIP アドレスのプリエンプション遅延時間を設定するには、関連付けられた仮想 MAC アドレスのプリエンプション遅延タイマーパラメータを設定します。このパラメータは、アドレスを追加するときに設定することも、既存の仮想 MAC アドレスを変更することもできます。

CLI を使用してプリエンプション遅延時間を設定するには、次の手順を実行します。

  • 仮想 MAC の追加中にプリエンプト遅延時間を設定するには、コマンドプロンプトで次のように入力します。
    • add vrID <id> -preemptiondelaytimer <secs>
    • show vrID
  • 仮想 MAC の変更中にプリエンプト遅延時間を設定するには、コマンドプロンプトで次のように入力します。
    • set vrID <id> -preemptiondelaytimer <secs>
    • show vrID

GUI を使用してプリエンプション遅延時間を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ システム ] > [ ネットワーク ] > [ VMAC] に移動します。
  2. [VMAC] タブで、[VMAC] タブをクリックします。新しい仮想 MAC を追加するとき、または既存の仮想 MAC を編集するときに、 プリエンプション遅延タイマー パラメータを設定します。

設定例:

次の構成では、「例:プリエンプションの遅延」の表に示す設定を使用します。

    Settings on NS1

    > set vrid param –deadInterval 1

    Done

    > add ns ip 192.0.1.10 255.255.255.255 –type VIP

    Done

    > add vrid 10 –Priority 100 –Preemption Enable –preemptiondelaytimer 1000

    Done

    > bind ns ip 192.0.1.10 255.255.255.255 –vrid 10

    Done

    Settings on NS2

    > set vrid param –deadInterval 2

    Done

    > add ns ip 192.0.1.10 255.255.255.255 –type VIP

    Done

    > add vrid 20 –Priority 200 –Preemption Enable –preemptiondelaytimer 2000

    Done

    > set ns ip 192.0.1.10 255.255.255.255 –vrid 10

    Done
<!--NeedCopy-->

IPv6 アクティブ/アクティブモードの遅延プリエンプションの設定

VIP6 アドレスのプリエンプション遅延時間を設定するには、関連付けられた仮想 MAC6 アドレスのプリエンプション遅延タイマーパラメータを設定します。このパラメータは、仮想 MAC6 アドレスを追加するときに設定することも、既存の仮想 MAC6 アドレスを変更することもできます。

CLI を使用してプリエンプション遅延時間を設定するには、次の手順を実行します。

  • 仮想 MAC6 の追加中にプリエンプト遅延時間を設定するには、コマンドプロンプトで次のように入力します。
    • vrID6を追加 < id>-preemptiondelaytimer < 秒>
    • show vrID6
  • 仮想 MAC6 の変更中にプリエンプト遅延時間を設定するには、コマンドプロンプトで次のように入力します。

    • set vrID6 <id> -preemptiondelaytimer <secs>
    • show vrID6

GUI を使用してプリエンプション遅延時間を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ システム ] > [ ネットワーク ] > [ VMAC] に移動します。
  2. [VMAC6] タブで、仮想 MAC6 アドレスを追加する場合、または既存の仮想 MAC6 アドレスを編集する場合は、 プリエンプション遅延タイマー パラメータを設定します。
優先の遅延