Citrix ADC

インターフェイスステートに基づくヘルストラッキングの設定

現在のマスター VIP アドレスのノードが完全にダウンする前に、バックアップ VIP アドレスがマスター VIP として引き継がれるようにするには、ノードのインターフェイスの状態が変わったときに VIP アドレスのプライオリティを変更するようにノードを設定できます。たとえば、ノードは、インターフェイスの状態が DOWN に変わると VIP アドレスのプライオリティを下げ、インターフェイスの状態が UP に変わるとプライオリティを上げます。この機能は、各 VIP アドレスのノードごとの構成です。

Citrix ADC NS1、NS2、NS3で構成されるアクティブ/アクティブ展開を考えてみましょう。仮想 IP アドレス VIP1、VIP2、VIP3、および VIP4 は、これらの各 ADC 上で構成されます。優先順位により、VIP1 と VIP4 は NS1 上でアクティブになり、VIP2 は NS2 上でアクティブになり、VIP3 は NS3 上でアクティブになります。

NS1が完全にダウンする前に、NS1上のアクティブなVIPアドレスがNS2またはNS3によって引き継がれるように、NS1上のVIP1およびVIP4アドレスに対してインターフェイスベースのヘルス・トラッキングが設定されます。VIP アドレスのインターフェイスベースのヘルストラッキングの設定には、必要なインターフェイスの関連付け、VIP アドレスの関連付けられた VRID の低プライオリティ(trackifNumPriority)パラメータの設定が含まれます。たとえば、NS1 では、インターフェイス 1/2、1/3、および 1/5 が VIP1 の VRID に関連付けられ、低優先度は 20 に設定されます。

3 つのノードすべてで、これらの VIP アドレスに対してプリエンプションが有効になります。

次の表に、この例で使用される設定を示します。ヘルストラッキングの設定例

vrrp health priority

NS1 上の複数のインターフェイスがダウンした場合、NS1 で実行フローは次のようになります。

  1. インターフェイス 1/3 がダウンすると、インターフェイス 1/3 が VIP1 に関連付けられているため、アドレス VIP1 のプライオリティが 20(VIP1 の減少プライオリティ値)減少します。
    • VIP1 の有効優先度 = (現在の優先度-低優先度) = (90-20) = 70
  2. 同様に、インターフェイス 1/5 がダウンすると、アドレス VIP1 のプライオリティがさらに低下します。
    • VIP1 の有効優先度 = (現在の優先度-低優先度) = (70-20) = 50
  3. この時点で、NS1 での VIP1 の有効プライオリティは NS3 での VIP1 のプライオリティより小さくなります。NS3 は NS1 を VIP1 用にプリエンプトします。NS3 上の VIP1 が引き継ぎ、アクティブ(マスター)になります。
  4. また、インターフェイス 1/5 も VIP4 に関連付けられているため、VIP4 のプライオリティは VIP4 の減少プライオリティ値(55)によって減少します。
    • VIP4 の有効プライオリティ =(250-55)= 195
  5. インターフェイス 1/7 がダウンすると、VIP4 のプライオリティがさらに低下します。
    • VIP4 の有効優先度 = (現在の優先度-低優先度) = (195-55) = 145
  6. この時点で、NS1 上の VIP4 の実効プライオリティは NS2 上の VIP4 のプライオリティよりも低くなります。NS2 は NS1 を VIP4 用にプリエンプトします。NS3 上の VIP4 が引き継ぎ、アクティブ(マスター)になります。この構成により、NS1が完全にダウンする前に、4つのVIPアドレスのいずれもアクティブになりません。

IPv4 アクティブ/アクティブモードの設定手順

VIP アドレスのノードでこの機能を設定するには、Reduced Priority(trackifNumPriority)パラメータを設定し、VIP アドレスのプライオリティを変更するためにステートを追跡するインターフェイスを関連付けます。関連付けられたインターフェイスのいずれかの状態が DOWN または UP に変化すると、ノードは VIP アドレスのプライオリティを、設定済みの Reduced Priority(trackifNumPriority)値だけ減少または増加させます。

CLI を使用して低プライオリティを設定し、インターフェイスを仮想ルータ ID にバインドするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set vrID <id> [-trackifNumPriority <positive_integer>]
  • bind vrID <id> -trackifNum <interface_name>
  • show vrID <id>

例:

    > set vrID 125 -trackifNumPriority 10
    Done

    > bind vrID 125 -trackifNum 1/4 1/5
    Done

GUI を使用して低プライオリティを設定し、インターフェイスを仮想ルータ ID にバインドするには、次の手順を実行します。

  1. システムに移動 > 通信網 > VMAC。
  2. [VMAC] タブで、仮想ルータ ID を選択し、[Edit] をクリックします。
  3. [仮想 MAC の設定] で、[優先度の低下] パラメータを設定します。
  4. VRID オプションで [追跡される インターフェイス] を選択し、[Associate Interfaces] で仮想ルータ ID にインターフェイスを追加します。

IPv6 アクティブ/アクティブモードの設定手順

VIP6 アドレスのノードでこの機能を設定するには、Reduced Priority(trackifNumPriority)パラメータを設定し、VIP6 アドレスのプライオリティを変更するためにステートを追跡するインターフェイスを関連付けます。関連付けられたインターフェイスのいずれかの状態が DOWN または UP に変更されると、ノードは、設定された優先度の低下(trackifNumPriority)値によって、VIP6 アドレスの優先順位を下げたり増やしたりします。

CLI を使用して VIP アドレスのプライオリティを自動的に変更するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のいずれかのコマンドセットを入力します。

  • 新しい仮想 MAC6 を追加する場合:

    • vrID6を追加 < id> [-trackifNumPriority <positive_integer>]
    • bind vrID6 <id> -trackifNum <interface_name>
    • show vrID6 <id>
  • 既存の仮想 MAC6 を再設定する場合:

    • set vrID6 <id> [-trackifNumPriority <positive_integer>]
    • bind vrID6 <id> -trackifNum <interface_name>
    • show vrID6 <id>

例:

    > set vrID6 130 -trackifNumPriority 10
    Done

    > bind vrID6 130 -trackifNum 1/4 1/5
    Done
インターフェイスステートに基づくヘルストラッキングの設定