Citrix ADC

Citrix ADCアプライアンスでのジャンボフレームサポートの構成

Citrix ADCアプライアンスがジャンボフレームをサポートできるようにするには、インターフェイスまたはLAチャネル、およびCitrix ADCアプライアンスがジャンボフレームをサポートするようにするVLANでMTUを1500以上に設定します。

Citrix ADCアプライアンスのインターフェイス、LAチャネル、またはVLANのMTUを設定する前に考慮すべきポイント

  1. LA チャネルを作成すると、チャネルに MTU が指定されていない場合、チャネルは最初にバインドされたインターフェイスの MTU を使用します。
  2. チャネルの MTU は、すべてのバインドされたインターフェイスに伝播されます。
  3. インターフェイスが MTU がインターフェイスの MTU と異なるチャネルにバインドされると、インターフェイスは非アクティブリストに移動します。
  4. メンバーインターフェイスの MTU を変更すると、インターフェイスは非アクティブリストに移動します。
  5. インターフェイスがチャネルからバインド解除されると、インターフェイスはチャネルの MTU 値を保持します。
  6. インターフェイス、チャネル、または VLAN の MTU は、1500-9216 の範囲の値に設定できます。
  7. デフォルト VLAN では MTU を設定できません。Citrix ADCアプライアンスは、デフォルトのVLANとの間でデータの送受信に使用するインターフェイスのMTUを使用します。
  8. Citrix ADCアプライアンスの負荷分散構成でTCPベースのトラフィックの場合、MSSはジャンボフレームをサポートするために各エンドポイントでそれに応じて設定されます。

    • クライアントとCitrix ADCアプライアンス上の負荷分散仮想サーバー間の接続では、Citrix ADCアプライアンス上のMSSがTCPプロファイルで設定され、負荷分散仮想サーバーにバインドされます。
    • Citrix ADCアプライアンスとサーバー間の接続の場合、NS1のMSSはTCPプロファイルで設定され、このプロファイルはCitrix ADCアプライアンス上のサーバーを表すサービスにバインドされます。
    • デフォルトでは、TCPプロファイルnstcp_default_profileは、Citrix ADCアプライアンス上のすべてのTCPベースの負荷分散サーバーとサービスにバインドされます。
    • ジャンボフレームをサポートするには、TCP プロファイル nstcp_default_profile の MSS 値を変更するか、カスタム TCP プロファイルを作成し、それに応じて MSS を設定し、カスタム TCP プロファイルを目的のロードバランシング仮想サーバーおよびサービスにバインドします。
    • TCP プロファイルのデフォルトの MSS 値は 1460 です。

CLI のプロシージャ

CLI を使用してインターフェイスの MTU を設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set interface <id> -mtu <positive_integer>
  • show interface <id>

例:

> set interface 10/1 –mtu 9000
Done

CLI を使用してチャネルの MTU を設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set channel <id> -mtu <positive_integer>
  • show channel <id>

例:

> set channel LA/1 –mtu 9000
Done

CLI を使用して VLAN の MTU を設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add vlan <id> -mtu <positive_integer>
  • show vlan <id>

例:

> set vlan 20 –mtu 9000
Done

GUIのプロシージャ

GUI を使用してインターフェイスの MTU を設定するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [インターフェイス] に移動し、インターフェイスを開き、[最大伝送ユニット] パラメータを設定します。

GUI を使用してチャネルの MTU を設定するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [チャネル] に移動し、チャネルを開き、[最大伝送ユニット] パラメータを設定します。

GUI を使用して VLAN の MTU を設定するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [VLAN] に移動し、VLAN を開き、[最大伝送ユニット] パラメータを設定します。

Citrix ADCアプライアンスでのジャンボフレームサポートの構成