Citrix ADC

ユースケース1 — ジャンボからジャンボへのセットアップ

たとえば、Citrix ADCアプライアンスNS1で構成されたSIP負荷分散仮想サーバーLBVS-1を使用して、サーバーS1とS2間でSIPトラフィックの負荷分散を行うジャンボからジャンボへのセットアップの例を考えてみましょう。クライアントCL1とNS1の間の接続、およびNS1とサーバ間の接続は、ジャンボ・フレームをサポートします。

NS1 のインターフェイス 10/1 は、クライアント CL1 との間でトラフィックを受信または送信します。NS1のインタフェース10/2は、サーバS1またはS2との間でトラフィックを受信または送信します。NS1 のインターフェイス 10/1 および 10/2 は、それぞれ VLAN 10 および VLAN 20 の一部です。

ジャンボフレームをサポートする場合、NS1 では、インターフェイス 10/1、10/2、VLAN 10、VLAN 20 に対して MTU が 9216 に設定されます。

このセットアップ例では、CL1、S1、S2 を含む他のすべてのネットワークデバイスも、ジャンボフレームをサポートするように設定されます。

jumbo frames uc-1

次の表は、例で使用される設定の一覧です。

エンティティ 名前 詳細
クライアント CL1 の IP アドレス - 192.0.2.10
サーバの IP アドレス S1 198.51.100.19
  S2 198.51.100.20
NS1上のSNIPアドレス   198.51.100.18
NS1 上のインターフェイスおよび VLAN に対して指定された MTU 10/1 9000
  10/2 9000
  VLAN 10 9000
  VLAN 20 9000
サーバを表すNS1上のサービス SVC-S1 IPアドレス: 198.51.100.19, プロトコル: SIP, ポート: 5060
  SVC-S2 IPアドレス: 198.51.100.20, プロトコル: SIP, ポート: 5060
VLAN 10 上の仮想サーバのロードバランシング LBVS-1 IPアドレス: 203.0.113.15, プロトコル: SIP, ポート: 5060, バウンドサービス: SVC-S1, SVC-S2

次に、NS1 への CL1 要求のトラフィックフローを示します。

  1. CL1 は、200 バイトの SIP 要求を作成して、NS1 の LBVS-1 に送信します。
  2. CL1 は、IP フラグメント内の要求データを LBVS-1 に送信します。各 IP フラグメントのサイズは、CL1 がこれらのフラグメントを NS1 に送信するインターフェイスに設定された MTU(9000)以下になります。

    • 最初の IP フラグメントのサイズ = [IP ヘッダー + UDP ヘッダー + SIP データセグメント] = [20 + 8 + 8972] = 9000
    • 2 番目の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 8980] = 9000
    • 最後の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 2048] = 2068
  3. NS1 は、インターフェイス 10/1 で要求 IP フラグメントを受信します。NS1 はこれらのフラグメントを受け入れます。これは、各フラグメントのサイズがインターフェイス 10/1 の MTU(9000)以下であるためです。
  4. NS1 は、これらの IP フラグメントを再構成して、200 バイトの SIP 要求を形成します。NS1はこの要求を処理します。
  5. LBVS-1 の負荷分散アルゴリズムは、サーバー S1 を選択します。
  6. NS1は、要求データをIPフラグメントでS1に送信します。各 IP フラグメントのサイズは、NS1 がこれらのフラグメントを S1 に送信するインターフェイス 10/2 の MTU(9000)と同じか小さくなります。IP パケットの送信元は NS1 の SNIP アドレスです。

    • 最初の IP フラグメントのサイズ = [IP ヘッダー + UDP ヘッダー + SIP データセグメント] = [20 + 8 + 8972] = 9000
    • 2 番目の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 8980] = 9000
    • 最後の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 2048] = 2068

次に、この例の CL1 に対する S1 の応答のトラフィックフローを示します。

  1. サーバ S1 は、30000 バイトの SIP 応答を作成して、NS1 の SNIP アドレスに送信します。
  2. S1 は、IP フラグメントで応答データを NS1 の SNIP アドレスに送信します。各 IP フラグメントのサイズは、S1 がこれらのフラグメントを NS1 に送信するインターフェイスに設定された MTU(9000)以下になります。

    • 最初の IP フラグメントのサイズ = [IP ヘッダー + UDP ヘッダー + SIP データセグメント] = [20 + 8 + 8972] = 9000
    • 2 番目と 3 番目の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 8980] = 9000
    • 最後の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 3068] = 3088
  3. NS1 は、インターフェイス 10/2 で応答 IP フラグメントを受信します。NS1 はこれらのフラグメントを受け入れます。これは、各フラグメントのサイズがインターフェイス 10/2 の MTU(9000)以下であるためです。
  4. NS1 は、これらの IP フラグメントを再構成して 30000 バイトの SIP 応答を形成します。NS1はこの応答を処理します。
  5. NS1 は、IP フラグメントで応答データを CL1 に送信します。各 IP フラグメントのサイズは、NS1 がこれらのフラグメントを CL1 に送信するインターフェイス 10/1 の MTU(9000)と同じか小さいかのいずれかです。IP フラグメントは、LBVS-1 の IP アドレスでソースされます。

    • 最初の IP フラグメントのサイズ = [IP ヘッダー + UDP ヘッダー + SIP データセグメント] = [20 + 8 + 8972] = 9000
    • 2 番目と 3 番目の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 8980] = 9000
    • 最後の IP フラグメントのサイズ[IP ヘッダーと SIP データセグメント] =[20 + 3068] = 3088

構成タスク

次の表に、Citrix ADCアプライアンスで必要な構成を作成するタスク、Citrix ADCコマンド、および例を示します。

タスク Citrix ADC コマンド構文
ジャンボフレームをサポートするための目的のインターフェイスの MTU を設定します。 set interface <id> -mtu <positive_integer>, show interface <id> set int 10/1 -mtu 9000 set int 10/2 -mtu 9000
ジャンボフレームをサポートするために VLAN を作成し、目的の VLAN の MTU を設定します。 add vlan <id> -mtu <positive_integer>, show vlan <id> add vlan 10 -mtu 9000 add vlan 20 -mtu 9000
インターフェイスを VLAN にバインドする bind vlan <id> -ifnum <interface_name>, show vlan <id> bind vlan 10 -ifnum 10/1 bind vlan 20 -ifnum 10/2
SNIP アドレスを追加する add ns ip <IPAddress> <netmask> -type SNIP, show ns ip add ns ip 198.51.100.18 255.255.255.0 -type SNIP
SIP サーバを表すサービスの作成 add service <serviceName> <ip> SIP_UDP <port>, show service <name> add service SVC-S1 198.51.100.19 SIP_UDP 5060 add service SVC-S2 198.51.100.20 SIP_UDP 5060
SIP ロードバランシング仮想サーバを作成し、そのサーバにサービスをバインドする add lb vserver <name> SIP_UDP <ip> <port> bind lb vserver <vserverName> <serviceName>, show lb vserver <name> add lb vserver LBVS-1 SIP_UDP 203.0.113.15 5060 bind lb vserver LBVS-1 SVC-S1 bind lb vserver LBVS-1 SVC-S2
構成を保存します save ns config, show ns config  
ユースケース1 — ジャンボからジャンボへのセットアップ