Citrix ADC

Citrix ADCアプライアンスで使用可能な空きポートを監視して、新しいバックエンド接続がないか確認します

Citrix ADCアプライアンスは、物理サーバーまたは他のピアデバイスとの通信に、Citrixが所有するIPアドレスをソースIPアドレスとして使用します。Citrix ADCアプライアンスはIPアドレスのプールを維持し、サーバーとの接続中にIPアドレスを動的に選択します。物理サーバが配置されているサブネットに応じて、アプライアンスは使用するIPアドレスを決定します。このアドレスプールは、トラフィックおよびモニタプローブの送信に使用されます。

新しいバックエンド接続でCitrix ADCが所有するIPアドレスで使用可能な空きポートの総数を表示できます。この情報は、使用可能な空きポートが枯渇しそうになった場合に、Citrix が所有するIPアドレスを増やす必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

Citrix ADCアプライアンスに次の情報を入力して、新しいバックエンド接続に使用できる空きポートの総数を計算できます。

  • Citrix が所有するIPアドレス(オプション)
  • 宛先 IP アドレス
  • Destination port
  • TCP または非 TCP プロトコル

Citrix が所有するIPアドレスを指定する以外のすべての情報を指定すると、次のようになります。

  • Citrix ADCアプライアンスは、宛先IPアドレスに接続できるすべてのCitrix が所有するIPアドレスを検索するためのルートルックアップを実行します。アプライアンスは、指定された新しいバックエンド接続について、これらのCitrix が所有するIPアドレスで使用可能な空きポートの総数を検出して表示します。

    注:

    Citrix ADCアプライアンスは、宛先IPアドレスに接続できるCitrixが所有するIPアドレスを検索するために、ECMPルックアップ、LLBルックアップパス、またはPBRルックアップパスを実行しません。

Citrix が所有するIPアドレスを指定するなど、すべての情報を指定すると、次のようになります。

  • Citrix ADCアプライアンスには、指定された新しいバックエンド接続について、指定されたIPアドレスで使用可能な空きポートの数が表示されます。

はじめに

新しいバックエンド接続で使用できる空きポートの総数を表示する前に、次の点に注意してください。

  • Citrix ADCアプライアンスは、宛先IPアドレスに接続できるCitrixが所有するIPアドレスを検索するために、ECMPルックアップ、LLBルックアップパス、またはPBRルックアップパスを実行しません。

  • Citrix ADCアプライアンスは、リンクローカルIPアドレスで使用可能な空きポートの表示をサポートしていません。

Citrix ADCアプライアンスで新しいバックエンド接続に使用できる空きポート数を表示する手順

Citrix ADCアプライアンスで新しいバックエンド接続に使用できる空きポートの総数を表示するには:

コマンドプロンプトで次のように入力します。

  • ポートアロケーションを表示 [-**srcIP** \ <ip_addr|ipv6_addr>]-destIP <ip_addr|ipv6_addr>-destPort <port>-プロトコル <1 for TCP, 0 for non-TCP protocol>

例-スタンドアロンCitrix ADCアプライアンスで使用可能な空きポートの総数

> show portallocation -destip 198.51.100.30 -destport 80 -protocol 1

        Freeports available : 64505
 Done


> show portallocation -srcip 192.0.2.30 -destip 198.51.100.30 -destport 80 -protocol 1

        Freeports available for IPAddress 192.0.2.30 : 20505
 Done
<!--NeedCopy-->

例-クラスタ設定で使用可能な空きポートの総数:

次の出力例は、2 ノードクラスタセットアップの各ノードで使用可能な空きポートの総数を示しています。

> show portallocation -destip 198.51.100.30 -destport 80 -protocol 1

    Node Id: 1
    Freeports available : 32321

    Node Id: 0
    Freeports available : 32184

Done
<!--NeedCopy-->

SNMPを使用して、Citrix ADCアプライアンスのバックエンド接続のポート使用量を監視する

PORT-ALLOC-EXCEED SNMPアラームを使用して、Citrix ADCアプライアンスのバックエンド接続のポート使用率を監視できます。

PORT-ALLOC-EXCEED SNMP アラームには、Citrix が所有する IP アドレスの割り当て済みポートの合計をパーセンテージで指定するhigh-thresholdパラメータとnormal-thresholdパラメータが含まれます。たとえば、 high-threshold パラメータが90に設定されている場合、Citrix ADCアプライアンスは次のイベントが発生するとトラップメッセージを生成して送信します。

  • Citrix ADCが所有するバックエンド接続のIPアドレスのいずれかで、ポート割り当ての割合が90%を超える場合

SNMPアラートは、使用可能な空きポートが枯渇しそうな場合に、Citrix が所有するIPアドレスを増やす必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

SNMPを使用してCitrix ADCアプライアンスのバックエンド接続のポート使用量を監視するには

コマンドプロンプトで次のように入力します。

  • set snmp alarm PORT-ALLOC-EXCEED -logging ( ENABLED | DISABLED ) -severity <severity> -state ( ENABLED | DISABLED ) -thresholdValue <positive_integer> [-**normalValue** \<positive_integer>] -time <secs>

  • sh snmp アラームポート割り当て超過

:

> set snmp alarm PORT-ALLOC-EXCEED -logging ENABLED  -severity Major -state ENABLED -thresholdValue 90 -time 1200
Done

> sh snmp alarm port-alloc-EXCEED

Alarm                   Alarm Threshold     Normal Threshold    Time    State       Severity        Logging
-----                   ---------------     ----------------    ----    --------    -------------   --------
1) PORT-ALLOC-EXCEED    80                  80                  7200    ENABLED     Major           ENABLED
Done

<!--NeedCopy-->

SNMPアラームとSNMPトラップリスナーの構成について詳しくは、「 SNMPトラップを生成するためのCitrix ADC 構成」を参照してください。

Citrix ADCアプライアンスで使用可能な空きポートを監視して、新しいバックエンド接続がないか確認します