Citrix ADC

RIP の設定

ルーティング情報プロトコル(RIP)は、ディスタンスベクトルプロトコルです。Citrix ADC は、RFC 1058 および RFC 2453 で定義されている RIP をサポートしています。RIP はどのサブネットでも実行できます。

RIP を有効にした後、RIP ルートのアドバタイズメントを設定する必要があります。トラブルシューティングのために、RIP 伝播を制限できます。RIP 設定を表示して、設定を確認できます。

RIP の有効化および無効化

RIP を有効または無効にするには、次のいずれかの手順を使用します。RIPを有効にすると、Citrix ADCアプライアンスはRIPプロセスを開始します。RIP を無効にすると、アプライアンスは RIP プロセスを停止します。

CLI を使用して RIP ルーティングを有効または無効にするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のいずれかのコマンドを入力して、RIP を有効または無効にします。

  • enable ns feature RIP
  • disable ns feature RIP

GUI を使用して RIP ルーティングを有効または無効にするには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [設定] に移動し、[モードと機能] で [高度な機能の変更] をクリックします。
  2. [RIP ルーティング] オプションを選択または選択解除します。

アドバタイズルート

RIPを使用すると、アップストリームルーターは、2つのスタンドアロンCitrix ADCアプライアンスでホストされている2つの同一の仮想サーバー間でトラフィックを負荷分散できます。ルートアドバタイズメントにより、アップストリームルーターはCitrix ADC 背後にあるネットワークエンティティを追跡できます。

VTYSH コマンドラインを使用してルートをアドバタイズするように RIP を設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドを次の順序で入力します。

コマンド Specifies
VTYSH VTYSH コマンドプロンプトを表示します。
configure terminal グローバル構成モードを開始します。
router rip RIP ルーティングプロセスを開始し、ルーティングプロセスの構成モードを開始します。
redistribute static スタティックルートを再配布します。
redistribute kernel カーネルルートを再配布します。

例:


>VTYSH
NS# configure terminal
NS(config)# router rip
NS(config-router)# redistribute static
NS(config-router)# redistribute kernel
<!--NeedCopy-->

RIP 伝播の制限

設定をトラブルシューティングする必要がある場合は、任意のインターフェイスでリスン専用モードを設定できます。

VTYSHコマンド・ラインを使用して RIP 伝播を制限するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドを次の順序で入力します。

コマンド Specifies
VTYSH VTYSH コマンドプロンプトを表示します。
configure terminal グローバル構成モードを開始します。
router rip RIP ルーティングプロセスを開始し、ルーティングプロセスの構成モードを開始します。
passive-interface < vlan_name> 指定された VLAN にバインドされたインターフェイス上のルーティングアップデートを抑制します。

例:


>VTYSH
NS# configure terminal
NS(config)# router rip
NS(config-router)# passive-interface VLAN0
<!--NeedCopy-->

RIP 設定の確認

ルーティングテーブルと他の RIP 設定を表示できます。

VTYSH コマンドラインを使用して RIP 設定を表示するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドを次の順序で入力します。

コマンド Specifies
VTYSH VTYSH コマンドプロンプトを表示します。
リップ 更新された RIP ルーティングテーブルを表示します。
sh rip interface <vlan_name> 指定された VLAN の RIP 情報を表示します。

例:

NS# VTYSH
NS# sh rip
NS# sh rip interface VLAN0
<!--NeedCopy-->
RIP の設定