Citrix ADC

IPv6 トラフィックのポリシーベースルート(PBR6)

PBR6 の設定には、次の作業が含まれます。

  • PBR6 を作成します。
  • PBR6 を適用します。
  • (任意)PBR6 を無効または有効にします。
  • (任意)PBR6 のプライオリティを再番号付けします。

PBR6 の作成または変更

同じパラメータで 2 つの PBR6 を作成することはできません。複製を作成しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

PBR6 のプライオリティを設定できます。優先度(整数)は、Citrix ADCアプライアンスがPBR6を評価する順序を定義します。優先順位を指定せずにPBR6を作成すると、Citrix ADCは10の倍数の優先順位を自動的に割り当てます。

パケットがPBR6で定義された条件と一致する場合、Citrix ADCはアクションを実行します。パケットがPBR6で定義された条件と一致しない場合、Citrix ADCは次に高い優先順位を持つPBR6とパケットを比較します。

CLI のプロシージャ

CLI を使用して PBR6 を作成するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

  • add ns pbr6 <name> <action> [-srcIPv6 [<operator>] <srcIPv6Val>] [-srcPort [<operator>] <srcPortVal>] [-destIPv6 [<operator>] <destIPv6Val>] [-destPort [<operator>] <destPortVal>] [-srcMac <mac_addr>] [-protocol <protocol> |-protocolNumber <positive_integer>] [-vlan <positive_integer>] [-interface <interface_name>] [-priority <positive_integer>] [-state ( ENABLED | DISABLED )] [-msr ( ENABLED | DISABLED ) [-monitor <string>]] [-nextHop <nextHopVal>] [-nextHopVlan <positive_integer>]
  • show ns pbr

CLI を使用して PBR6 を変更または削除するには、次の手順を実行します。

PBR6 を変更するには、 set pbr6 <name> コマンドと、変更するパラメータと新しい値を入力します。

CLI を使用して 1 つまたはすべての PBR6 を削除するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドのいずれかを入力します。

  • rm ns pbr6 <name>
  • clear ns pbr6

GUIのプロシージャ

GUI を使用して PBR6 を作成または変更するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [PBR] に移動し、[PBR6s] タブで新しい PBR6 を追加するか、既存の PBR6 を編集します。

GUI を使用して 1 つまたはすべての PBR6 を削除するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [PBR] に移動し、[PBR6s] タブで PBR6 を削除します。

PBR6 の適用

PBR6 をアクティブにするには、PBR6 を適用する必要があります。次の手順では、無効にしていないすべての PBR6 を再適用します。PBR6 は、メモリツリー(ルックアップテーブル)を構成します。たとえば、10 個の PBR6 (p6_1-p6_10) を作成し、別の PBR6 (p6_11) を作成して適用すると、すべての PBR6 (p6_1-p6_11) が新しく適用され、新しいルックアップテーブルが作成されます。セッションに DENY PBR6 が関連付けられている場合、セッションは破棄されます。

PBR6 に変更を加えるたびに、この手順を適用する必要があります。たとえば、PBR6 を無効にした後でこの手順を実行する必要があります。

注: Citrix ADCアプライアンス上に作成されたPBR6は、適用されるまで機能しません。

CLI を使用して PBR6 を適用するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

  • apply ns PBR6

GUI を使用して PBR6 を適用するには、次の手順を実行します。

  1. System > Network > PBRsに移動します。
  2. [PBR6s] タブで PBR6 を選択し、[アクション] リストで [適用] を選択します。

PBR6 の有効化または無効化

デフォルトでは、PBR6 は有効になっています。つまり、PBR6が適用されると、Citrix ADCアプライアンスは送信IPv6パケットと構成済みのPBR6を自動的に比較します。PBR6 がルックアップテーブルで必要ないが、構成内に保持する必要がある場合は、PBR6 を適用する前に無効にする必要があります。PBR6が適用されると、Citrix ADCは着信パケットを無効にしたPBR6と比較しません。

CLI を使用して PBR6 を有効または無効にするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドのいずれかを入力します。

  • enable ns pbr <name>
  • nspbrを無効にする < 名前>

GUI を使用して PBR6 を有効または無効にするには、次の手順を実行します。

  1. System > Network > PBRsに移動します。
  2. [PBR6s] タブで PBR6 を選択し、[アクション] リストで [有効] または [無効] を選択します。

PBR6 の再番号付け

PBR6 の番号を自動的に変更して、優先順位を 10 の倍数に設定できます。

CLI を使用して PBR6 の番号を再設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで入力します。

  • renumber ns pbr6

GUI を使用して PBR6 の番号を変更するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [PBR] に移動し、[PBR6s] タブの [アクション] リストで [優先順位の再番号付け] を選択します。

IPv6 トラフィックのポリシーベースルート(PBR6)