Citrix ADC

OSPF 固有の問題のトラブルシューティング

OSPF固有の問題のデバッグを開始する前に、Citrix ADCアプライアンスおよび影響を受けるLAN内のすべてのシステム(アップストリームおよびダウンストリームルータを含む)から情報を収集する必要があります。開始するには、次のコマンドを入力します。

  1. show interface from both nscli and VTYSH
  2. show ip ospf interface
  3. show ip ospf neighbor detail
  4. show ip route
  5. show ip ospf route
  6. show ip ospf database summary

    • データベースに LSA が少数しかない場合は、show ip ospf データベースルータ、show ip ospf データベース A ネットワーク、show ip ospf データベース外部、およびその他のコマンドを入力して、LSA の完全な詳細を取得します。
    • データベース内に多数の LSA がある場合は、show ip ospf database 自己生成コマンドを入力します。
  7. show ip ospf
  8. show ns ip. これにより、関心のあるすべての VIP の詳細が確実に含められます。
  9. ピアリングデバイスからログを取得し、次のコマンドを実行します。

    gcore -s -c xyz.core /netscaler/ospfd <pid>
    

    注: gcore コマンドは中断を伴いません。

以下の手順に従って、Citrix ADCから追加情報を収集します。

  1. VTYSH のグローバル構成ビューから次のコマンドを入力して、エラーメッセージのロギングを有効にします。

    ns(config)# log file /var/ospf.log
    <!--NeedCopy-->
    
  2. ospf イベントのデバッグを有効にし、次のコマンドを使用してログに記録します。

    ns(config) #log file /var/ospf.log
    <!--NeedCopy-->
    

    データベース内の LSA の数が比較的少ない(500 未満)場合にだけ debug ospf lsa パケットを有効にします。

OSPF 固有の問題のトラブルシューティング