Citrix ADC

ディレクトリ単位のクライアント認証を構成する

ディレクトリ単位でクライアント側認証を指定するアクションを作成する場合、アクションに関連付けられたポリシーによって識別されるクライアントは、初期 SSL ハンドシェイクの一部として認証されません。代わりに、クライアントが Web サーバー上の特定のディレクトリにアクセスしようとするたびに認証が実行されます。

たとえば、社内に複数の部門があり、各部門にすべてのファイルが保存されているフォルダがあるとします。ディレクトリのディレクトリごとのクライアント認証を有効にして、そのディレクトリからファイルにアクセスしようとする各クライアントのIDを認識します。

ディレクトリ単位のクライアント認証を有効にするには、まず SSL アクションとしてクライアント認証を設定し、監視するディレクトリを識別するポリシーを作成します。ポリシーを作成するときは、ポリシーに関連付けられたアクションとしてクライアント認証アクションを指定します。次に、SSLトラフィックを受信するSSL仮想サーバーにポリシーをバインドします。

コマンドラインインターフェイスを使用してクライアント認証を有効にするSSLアクションとポリシーを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、クライアント認証を有効にして構成を確認するための SSL アクションを作成します。

add ssl action <name> [-clientAuth ( DOCLIENTAUTH | NOCLIENTAUTH )]  

show ssl action [<name>]  

add ssl policy <name> -rule <expression> [-action <string>] [-undefAction <string>] [-comment <string>]

show ssl policy [<name>]  
<!--NeedCopy-->

例:

add ssl action ssl-action-1 -clientAuth DOCLIENTAUTH
Done

show ssl action ssl-action-1
1)      Name: ssl-action-1
        Client Authentication Action: DOCLIENTAUTH
                                Hits: 0
                            Undef Hits: 0
                                Action Reference Count: 1
Done

add ssl policy ssl-pol-1 -rule 'REQ.HTTP.METHOD==GET' -reqaction ssl-action-1

sh ssl policy ssl-pol-1
                                Name: ssl-pol-1
                                Rule: REQ.HTTP.METHOD == GET
                                Action: ssl-action-1
                                UndefAction: Use Global
                             Hits: 0
                             Undef Hits: 0
Done
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してクライアント認証を有効にする SSL アクションを作成する

  1. Traffic Management > SSL > Policiesに移動してActionsタブでAddをクリックします。
  2. [クライアント認証] の一覧で、[有効] を選択します。

GUI を使用してクライアント認証を有効にするための SSL ポリシーの作成とバインド

  1. [トラフィック管理] > [SSL] に移動し、[ポリシー] タブで [追加] をクリックします。

  2. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、SSL 仮想サーバーを開きます。

  3. [詳細設定] で [SSL ポリシー] を選択し、ポリシーを仮想サーバーにバインドします。