Citrix Application Delivery Managementサービス

API エンドポイントの検出

API Gateway を使用して、組織内に検出された API エンドポイントを表示できます。Citrix ADMは、ADCインスタンスおよびAPI展開で受信したAPIトラフィックに基づいて、APIエンドポイントを検出します。

Citrix ADMでは、[ アプリケーション]>[APIゲートウェイ]>[API検出 ]ページに、検出されたAPIエンドポイントが表示されます。

  • 仮想サーバー -[ 仮想サーバー ] タブには、ADC インスタンスの仮想サーバーが表示されます。仮想サーバーは、指定された期間の API リクエストを受信すると、このタブに表示されます。

    API検出-仮想サーバ

  • API デプロイ - このタブには、API 定義を使用して ADM からデプロイされた API デプロイメントが表示されます。このタブは、API デプロイが指定された期間の API リクエストを受信したときに API エンドポイントを検出します。API 定義を追加およびデプロイするには、「API 定義を追加する」および「API 定義のデプロイ」を参照してください 。

    API ディスカバリ-API デプロイ

  • 分析を構成し、仮想サーバーで Web インサイトを有効にしてください。API インスタンスでWeb Insight を有効にするを参照してください。

  • ポリシーを追加できるのは、[API deployments] タブで検出された API エンドポイントのみです。

API エンドポイントの表示

[ API Discovery] で、仮想サーバーまたは API 配置を選択すると、ADM GUI に API エンドポイントとその詳細が表示されます。

  • メソッド -それは、APIエンドポイントで使用されるメソッドを表示します。たとえば、 GETおよびPOSTメソッド
  • リクエスト合計 -それは、APIエンドポイント上のAPIリクエストの数を表示します。
  • 応答ステータス -それは、各応答ステータスのカウントを表示します。たとえば、2xx3xx4xx5xxなどです。
  • 仕様で見つかりました -この列は API デプロイにのみ表示されます。場合によっては、API 定義の一部ではない内部 API が外部からのトラフィックを受信することがあります。この列は、API エンドポイントと観測されたメソッドが API 定義の一部であるかどうかを識別するのに役立ちます。

仮想サーバ:

仮想サーバーの API エンドポイント

API デプロイ:

仮想サーバーの API エンドポイント

必要な API エンドポイントを選択して、詳細な分析レポートを表示することもできます。

詳細な API エンドポイントレポート

各セクションの詳細については、API アナリティクスの表示を参照してください 。

API エンドポイントの検出