Citrix Application Delivery Managementサービス

アプリケーション

Citrix ADM アプリケーション分析および管理機能を使用すると、アプリケーション中心のアプローチでアプリケーションを監視できます。このアプローチは、次のことを支援します。

  • スコアを確認し、アプリケーションの全体的なパフォーマンスを分析する

  • サーバーまたはクライアントで発生する問題がないか確認します。

  • アプリケーショントラフィックフローの異常を検出し、是正措置を講じます。

    アプリケーションは、インスタンス(Citrix ADC)で構成された 1 つ以上の仮想サーバーを指します。

1 時間、1 日、1 週間、1 か月などの期間、アプリケーションを監視できます。

前提条件

  • Citrix ADMでCitrix ADC インスタンスを追加していることを確認します。

  • Citrix ADC インスタンスの有効なライセンスがあることを確認してください。詳しくは、「ライセンス」を参照してください。

  • 仮想サーバのライセンスを適用していることを確認します。詳しくは、「仮想サーバでのライセンスの管理」を参照してください。

アプリケーションの概要

アプリケーションには、次のものがあります。

  • ディスクリートアプリケーション

  • カスタムアプリケーション

  • マイクロサービスアプリケーション (k8s_Discrete)

ディスクリートアプリケーション

ライセンスが付与されているすべての仮想サーバは、個別のアプリケーションと呼ばれます。

カスタムアプリケーション

1 つのカテゴリの仮想サーバは、カスタムアプリケーションと呼ばれます。管理者は、カテゴリに基づいてカスタムアプリケーションを追加する必要があります。その後、ダッシュボードからアプリケーションを管理および監視できます。1 つのカテゴリにグループ化されている特定のアプリケーションを簡単に監視できます。

たとえば、データセンター1のカテゴリを作成し、そのADCインスタンスを追加することができます。カテゴリを定義し、データセンター 1 のインスタンスを追加すると、データセンター 1 に関連するすべてのアプリケーションで構成される別のカテゴリがアプリケーションダッシュボードに表示されます。

注意事項

  • カスタムアプリケーションに追加された個別アプリケーションは、個別のアプリケーションから削除されます。

  • どのカテゴリにも追加されていないアプリケーションは、すべて 「その他」として利用できます。

  • デフォルトでは、Citrix ADM では最大2つのアプリケーションのライセンスを追加できます。ライセンスに応じて、監視するアプリケーションのライセンスを選択して適用できます。

マイクロサービスアプリケーション

Kubernetesクラスタでは、Citrix ADC MPX(ハードウェア)、Citrix ADC VPX(仮想化)、およびCitrix ADC CPX(コンテナ化)用のIngress Controller を提供します。詳しくは、「Citrix Ingress Controller」を参照してください。

Citrix ADC CPXインスタンスを使用して構成される個別のアプリケーションは、マイクロサービスアプリケーションと呼ばれます。

アプリケーション