Citrix Application Delivery Managementサービス

アプリケーションの使用状況と異常

管理者は、アプリケーションがどのように利用されているかを確認する必要があります。アプリケーションキーメトリックは、アプリケーションの使用状況を特定するのに役立ちます。アプリケーションへのトラフィック範囲は予測できないため、特定の期間において、アプリケーションパフォーマンスの異常な偏差が発生することがあります。このようなシナリオでは、管理者として、このような突然の異常を表示および分析し、迅速なトラブルシューティングが必要かどうかを確認することができます。

Citrix ADMは、このような異常を検出し、必要な詳細を提供します。「 アプリケーション」>「ダッシュボード」に移動し、アプリケーションをクリックし、「 キー・メトリック 」タブを選択します。Citrix ADMはトラフィックパターンを監視し、主要なメトリックが予想される範囲内にあるかどうかを分析します。期待される範囲よりも偏差がある場合、Citrix ADMはこれらの偏差を異常として報告します。

次の主要メトリックの異常を表示できます。

  • 応答時間

  • スループット

  • データ量

  • 1 秒あたりのリクエスト数

    異常のあるメトリック

[ 異常のあるメトリック ] タブをクリックして詳細を表示します。

異常のあるメトリック

各メトリックで、[詳細を表示] オプションをクリックして詳細を表示することもできます。次の例は、アプリケーションデータボリューム用です。

もっと見る

次の項目を表示できます。

  • 最大値、合計値、期待範囲、および異常を示すグラフ

  • 問題のトラブルシューティングに推奨される処置

  • [詳細] の下にある時刻と異常の詳細

アプリケーションの使用状況と異常