Citrix Application Delivery Managementサービス

サービスグラフでのしきい値の設定

管理者は、Kubernetes サービスのしきい値を設定できます。Citrix ADM では、サービスの応答時間とエラー数に基づいて、サービスの状態(重大、レビュー、および良好)が表示されます。デフォルトでは、すべてのサービスに適用される デフォルトのしきい値 (サービス応答時間 = 200 ms、エラー数 = 0)を表示できます。

デフォルトのしきい値は削除できません。

新しいしきい値を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ アプリケーション] > [サービスグラフ] で、[ マイクロサービス ] タブをクリックします。

  2. 設定アイコンをクリックし、[ しきい値 ] タブを選択します。

  3. 新しいしきい値 を設定するには、[New Threshold] をクリックします。

    しきい値の設定

    新しいしきい値 」ページが表示されます。

  4. 次のパラメータを設定します。

    1. 「名前 」— しきい値の名前を指定します。

    2. [ マイクロサービス] で、しきい値を適用するサービスを選択します。

    3. [ しきい値] で、[ シングル ] または [ ダブル ] を選択します。

      • 高い応答時間(平均、P99、P99.9)

      • エラーが高い

      • ハイヒット

    4. しきい値を指定します。

      二重しきい値を選択した場合は、次のことを確認します。

          -  しきい値 1 の値が、しきい値 2 の値より小さくなっています。たとえば、しきい値 1 を 250 ミリ秒に設定する場合、しきい値 2 は 251 ミリ秒以上にする必要があります。
      
          -  しきい値 1 の値は、しきい値 2 の値と同じにすることはできません。  
      
  5. [保存] をクリックします。

    しきい値の設定

    しきい値が正常に作成されました。しきい値の詳細は≪しきい値|Thresh old s|emdw≫・ページで表示できます。

    Citrix ADMは、選択したメトリックに基づいてサービスの最終スコアとステータスを計算します。たとえば、しきい値の構成で[ High Hits]のみを選択した場合、Citrix ADMはデフォルトのしきい値(応答時間 = 200ミリ秒、エラーカウント= 0)と高いヒットを使用してサービススコアとステータスを計算します。

単一しきい値

すべてのメトリックスまたは選択したメトリックスに対して単一のしきい値を構成すると、Citrix ADM:

  • 各メトリックの現在の値を、各メトリックで設定されたしきい値を比較します。

  • 各メトリックで超過したしきい値に基づいて、ペナルティの合計を計算します。

    いずれかのメトリックスがしきい値に違反していない場合、ペナルティはそれに応じて計算されます。

  • ペナルティ計算に基づくサービススコアとサービスステータスを表示します。

二重しきい値

すべてのメトリックスまたは選択したメトリックの二重しきい値を構成すると、Citrix ADM:

  • 各メトリックの現在の値を、各メトリックで設定されたしきい値を比較します。

  • 現在の値が次の値であるかどうかを調べます。

    • しきい値 1 より小さい

    • しきい値 1 としきい値 2 の間

    • しきい値 2 より大きい

  • 各メトリックで超過したしきい値に基づいて、ペナルティの合計を計算します。

    いずれかのメトリックスがしきい値に違反していない場合、ペナルティはそれに応じて計算されます。

  • ペナルティ計算に基づくサービススコアとサービスステータスを表示します。

サービスグラフでのしきい値の設定