Citrix Application Delivery Managementサービス

アプリケーション管理

ダッシュボードで [ アプリの管理 ] をクリックして、アプリケーションの詳細を表示し、カスタムアプリケーションの追加、編集、または削除を行います。

アプリケーション管理

アプリケーション詳細の表示

アプリケーションの詳細

  • アプリケーション名 — アプリケーション名を示します。

  • [State ]:現在のアプリケーションのステータス([ Up]、[ Down]、[ 部分的にアップ]、[ Out of Service]、および NAなど)を示します。

    • Up :アプリケーションに関連づけられているすべての仮想サーバが Up です。

    • Down :アプリケーションに関連づけられているすべての仮想サーバがダウンしている

    • 部分的にアップ :アプリケーションに関連づけられている1つの仮想がダウンしているか、またはアウト・オブ・サービスです。

    • Out of Service :アプリケーションに関連づけられているすべての仮想サーバがOut of Service

    • NA :アプリケーション用に仮想サーバが設定されていない

  • 「タイプ 」(Type) — アプリケーションがカスタムまたはディスクリートに属しているかどうかを示します。

  • 「カテゴリ」 (Category) — グループ化されたアプリケーションカテゴリを示します。

  • 仮想サーバ/状態 :構成済みの仮想サーバの合計とすべての仮想サーバのステータスを示します。マウスポインターを合わせると、仮想サーバーの合計、仮想サーバーの種類、仮想サーバーのステータスなどの詳細が表示されます。

    仮想サーバのステータス

  • サービス/状態 :構成されたサービスの合計とすべてのサービスのステータスを示します。

  • Service Goups/state :設定されているサービスグループの合計とすべてのサービスグループのステータスを示します。

  • サーバ/状態 :アプリケーション用に構成されたサーバの合計およびすべてのサーバのステータスを示します。

  • 「アクション」 — カスタムアプリケーションを編集または削除できます。

アプリケーションの追加

  1. [ 新しいアプリケーション ] をクリックして、アプリケーションを作成します。

    アプリケーションを追加します

    アプリケーションの定義 」ページが表示されます。

    アプリの定義

    [ アプリケーション ] をクリックし、[ 新しいアプリケーション] を選択してアプリケーションを作成することもできます

    新規アプリ

  2. 次のパラメーターを設定します。

    フィールド 説明
    名前 カスタムアプリケーションの名前。たとえば、LB_TEST などです。
    カテゴリ アプリケーションをグループ化できるカテゴリ。クリックすると、[アプリケーションカテゴリ] ページが表示されます。カテゴリを選択し、[ 選択] をクリックします。カテゴリを追加するには、次の手順に従います。
      1. [追加] をクリックします。
      2. 選択した名前を入力します。
      3. [ 作成] をクリックします。
    既存のアプリケーションの選択 Citrix ADC インスタンスに追加された既存のアプリケーションを選択できます。
    アプリケーションの追加 インスタンスに設定されているすべての仮想サーバーを表示します。リストからアプリケーションを選択し、[ OK] をクリックします。
    選択条件の定義 仮想サーバーの範囲、または元のサーバー/サービスのIPアドレスの範囲でアプリケーションを定義するオプション。
      - サーバー。サーバーまたはサービスの IP アドレス、サーバー名、またはアプリケーションが実行されているバックエンドサーバーのポートを指定します。1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りでそれらを組み合わせて入力できます。たとえば、「10.102.29.20, 10.102.43.10-60, 10.216.43.45」と入力します。
      - 仮想サーバー。仮想サーバーの IP アドレス、仮想サーバー名、またはアプリケーションが実行されているバックエンドサーバーのポートのいずれかを指定できます。1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りによるそれらの組み合わせで入力できます。たとえば、「10.102.29.20, 10.102.43.10-60, 10.216.43.45」と入力します。
    StyleBookからアプリケーションを作成する StyleBookを使用してアプリケーションを作成できます。詳しくは、「StyleBookを使用してアプリケーションを作成する」を参照してください。
    1. [OK] をクリックします。

    現在、Application Dashboard では、負荷分散とコンテンツスイッチング仮想サーバーのみがサポートされています。

    これで、アプリケーションダッシュボードがカテゴリとともに表示され、すべてのアプリケーションが下にグループ化されます。

    StyleBooksを使用してアプリケーションを作成するときは、アプリケーションの展開中に必要なライセンス消費を確認します。

    確認メッセージが表示されたら、[はい ] をクリックします。ADM は、必要なライセンスをアプリケーションに割り当てます。

StyleBookを使用してアプリケーションを作成する

StyleBookを使用してアプリケーションを作成するには、次の手順に従います。

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ ダッシュボード ]に移動し、[ カスタムアプリケーションの定義 ]をクリックしてカスタムアプリケーションを作成します。

  2. [ アプリケーションの定義 ] ページで、[名前] フィールドにアプリケーションの 名前を入力します

  3. [カテゴリ] セクションからアプリケーションカテゴリを選択します。Citrix ADM では、ユーザー定義のアプリケーションをグループ化するカテゴリを定義できます。必要に応じて、さらにカテゴリを追加することもできます。

  4. [ StyleBookから新しいアプリケーションを作成する] をクリックして選択し、 [ OK] をクリックします。

    「スタイルブックの選択」ページが表示されます。このページには、Citrix ADM で使用可能なデフォルトのスタイルブックがすべて表示されます。

  5. スタイルブックを選択します。 「 構成の詳細 」ページが表示されます。

  6. StyleBookのすべてのパラメータの値を入力します。また、[View Definition] をクリックして、使用する前にStyleBookの構成を表示することもできます。

    詳しくは、「デフォルトのスタイルブックを使用」を参照してください。

  7. [作成] をクリックします。

    必要なライセンスを消費し、アプリケーションをデプロイするための確認メッセージが表示されます。次に、メッセージの例を示します。

    アプリケーションの展開中にライセンスを消費する

  8. [Yes] をクリックします。

[ Dry Run ] をクリックして、選択したCitrix ADCインスタンスでCitrix ADMが作成しようとする構成を確認することもできます。このオプションは、設定の最終チェックを確認するためのテスト目的のためだけです。ドライランオプションが成功した場合でも、選択したCitrix ADC 実際の構成は、さまざまな理由(IPの競合、インスタンスにアクセスできないなど)が原因で失敗することがあります。

アプリケーションの編集または削除

アプリケーション 」ページでは、カスタムアプリケーションを編集または削除できます。アプリケーションを編集するには [編集] ボタンをクリックし、アプリケーションを削除するには [削除] ボタンをクリックします。

アプリを編集または削除する

アプリダッシュボードとセキュリティダッシュボードのレポートのエクスポート

Citrix ADM では、現在のアプリダッシュボードのスナップショットを作成し、レポートとしてエクスポートできます。頻繁な間隔で、アプリ管理者はこれらのレポートを使用して、アプリの使用状況やパフォーマンス上のペナルティについて更新する必要があります。

この機能を使用すると、管理者はこのデータを.png、.jpeg、または.pdf レポートとして抽出できます。

Citrix ADM の他のレポートエクスポートオプションとは異なり、アプリダッシュボードとセキュリティダッシュボードのレポートは、.pdfまたは.pngファイルとしてのみエクスポートできます。.csv 形式は現在サポートされていません。

レポートがシステムにダウンロードされます。[App Dashboard] ページと [App Security Dashboard] ページから、第 2 レベルのページに移動してレポートとしてエクスポートすることもできます。現在、一度に 1 つのアプリケーションのレポートしかダウンロードできません。