Citrix Application Delivery Managementサービス

ピークとリーンの使用状況の分析

Web アプリケーションは、トラフィックが多いか、低いトラフィックを受信でき、1 日または 1 時間のトラフィック範囲は予測できません。同様に、Web アプリケーションでも、スケジュールされたメンテナンスまたはアップグレード中に、特定の期間のダウンタイムが必要になります。管理者は、トラフィックを分析し、次の適切な時間を見つける必要があります。

  • ウェブアプリケーションのスケールアップ

  • ウェブアプリケーションのダウンタイムを計画する

Citrix ADM ピーク使用量とリーン期間分析機能を使用すると、選択した期間の主要なメトリックを分析できます。これらのメトリックから、トラフィックを分析し、ウェブアプリケーションをスケールアップするか、スケジュールされたダウンタイムを計画するタイミングを決定できます。

アプリのスケール制限の評価

[ App Dashboard ] からアプリケーションをクリックし、[ Key Metrics ] タブを選択して、すべてのメトリックの統合ビューを表示します。メトリックを分析する期間をリストから選択します。

[主要メトリック] タブ

各メトリックについて、次の項目を表示できます。

  • 最大 」— 選択した期間の最大値を示します

  • Average — 選択した期間の平均値を示します。

画像の例では、応答時間の最大値は1.3秒を示しています。グラフチャートから、選択した期間で応答時間が長くなる回数を分析できます。同様に、他のメトリックスの詳細を表示し、アプリケーションがピーク使用量を受けているかどうかを分析し、本番環境のスケールアップを決定することもできます。

上位 5 つのアプリのメンテナンスウィンドウを特定する

アプリケーションダッシュボードからアプリケーションをクリックし 、[ Key Metrics ] タブを選択して、アプリケーションのリーン期間を表示します。アプリケーションの一般的なダウンタイムは、要件に応じて、1 時間、2 時間、または 4 時間になります。ダウンタイムを計画する時間(1 時間、2 時間、または 4 時間)をリストから選択できます。リストから時間を選択すると、総リクエスト数、スループット、データボリュームなどのメトリックスのトラフィックを分析できます。アプリケーションの使用量が少ない場合に、ダウンタイムをスケジュールする適切な時刻を選択できます。 次の例では、1 時間のダウンタイムを分析します。

無駄のない使用状況分析

ヒートマップビューには、選択した期間におけるアプリケーションの使用状況が表示されます。色が濃い (青) は、アプリケーションの使用率が高いことを示します。

ヒートマップビューでは、アプリケーションのダウンタイムを計画するために、上位 5 つの最小期間 (1、2、3、4、5) も表示されます。

1 — 水曜日の午後4時から午後5時までの最初の提案を示します

2 — 木曜日の午後9時から午後10時までの2番目の提案を示します

3 — 日曜日の午前7時から午後8時までの3番目の提案を示します

4 — 水曜日の午後12時から午後1時までの4番目の提案を示します

5 — 月曜日の午前7時から午後8時までの5番目の提案を示します

他のすべての日のトラフィックを分析した後、ダウンタイムをスケジュールする他の日および時刻を選択することもできます。

[ 詳細を表示 ] をクリックして、詳細情報を表示します。[ Total Requests]、[ スループット]、または [ Data Volume ] タブをクリックして、上位 5 つの最小期間と他の日の詳細を表示します。

無駄な使用状況の詳細

ピークとリーンの使用状況の分析