Citrix Application Delivery Managementサービス

サービスグラフ

Citrix ADM サービスグラフ機能を使用すると、すべてのサービスをグラフィカルに監視できます。この機能では、サービスの詳細な分析と実用的なメトリックを表示することもできます。「 アプリケーション」>「サービスグラフ 」の順にナビゲートして、次のサービスグラフを表示します。

すべてのCitrix ADCインスタンスにおけるアプリケーションのサービスグラフ

グローバルサービスグラフ機能を使用すると、 clients to infrastructure to applicationビューの全体的な視覚化を取得できます。この単一ペインのサービスグラフビューでは、管理者として、次の操作を実行できます。

  • ユーザーが特定のアプリケーション (3 層の Web アプリとマイクロサービスアプリ) にアクセスしているリージョンを理解する
  • クライアント要求が処理されたというインフラストラクチャ(Citrix ADCインスタンス)ビューの視覚化
  • 問題がクライアント、インフラストラクチャ、またはアプリケーションから発生しているかどうかを把握
  • さらにドリルダウンして、問題のトラブルシューティングを行います。

アプリケーション」>「サービスグラフ 」の順に選択し、「 グローバル 」タブをクリックして以下を表示します。

  • クライアントからバックエンドサーバに接続されたすべてのアプリケーションのエンドツーエンドの詳細

  • 各データセンターに接続されているすべてのCitrix ADCインスタンス

    GSLB アプリがある場合にのみ、データセンターを表示できます。

  • クライアントのメトリック情報

  • Citrix ADCメトリックス情報

  • 個別のアプリケーション、カスタムアプリケーション、および個別のマイクロサービスアプリケーションを持つすべてのCitrix ADCインスタンス

  • カスタムアプリ、個別アプリ、マイクロサービスアプリに属する上位 4 つの低スコアアプリケーション

  • 上位4台の低スコア仮想サーバのメトリック情報

  • クリティカルレビュー良い適用できないなどのアプリケーション(個別のアプリ、カスタムアプリ、マイクロサービスアプリ) のステータス。

詳しくは、「サービスグラフでのアプリケーションの総合的なビュー」を参照してください。

Kubernetes アプリケーションのサービスグラフ

[ アプリケーション] > [サービスグラフ ] に移動し、[ マイクロサービス ] タブをクリックして以下を表示します。

  • エンド・ツー・エンドのアプリケーション全体のパフォーマンスを確保

  • アプリケーションのさまざまなコンポーネントの相互依存性によって生み出されるボトルネックの特定

  • アプリケーションのさまざまなコンポーネントの依存関係に関するインサイトを収集

  • Kubernetes クラスタ内のサービスの監視

  • どのサービスに問題があるかを監視する

  • パフォーマンスの問題に寄与する要因を確認する

  • サービス HTTP トランザクションの詳細な可視性の表示

  • HTTP、TCP、SSL メトリックの分析

  • クライアント・メトリックとクライアント・トランザクション・サマリーの詳細の表示

Citrix ADMでこれらのメトリックを視覚化することで、問題の根本原因を分析し、必要なトラブルシューティングアクションを迅速に行うことができます。サービスグラフは、アプリケーションをさまざまなコンポーネントサービスに表示します。Kubernetes クラスター内で実行されるこれらのサービスは、アプリケーション内外のさまざまなコンポーネントと通信できます。はじめに、「サービスグラフの設定」を参照してください。

3層Webアプリケーションのサービスグラフ

[ アプリケーション] > [サービスグラフ ] に移動し、[ Web アプリケーション ] タブをクリックして以下を表示します。

  • アプリケーションの構成方法の詳細(コンテンツスイッチング仮想サーバーと負荷分散仮想サーバーを使用)

    GSLB アプリケーションの場合は、データセンター、ADC インスタンス、CS、および LB 仮想サーバーを表示できます。

  • クライアントからサービスへのエンド・ツー・エンドのトランザクション

  • クライアントがアプリケーションにアクセスしている場所

  • クライアント要求が処理されるデータセンターの名前と、関連するデータセンターCitrix ADCメトリック(GSLBアプリケーションのみ)

  • クライアント、サービス、仮想サーバーのメトリックの詳細

  • エラーがクライアントまたはサービスからのものである場合

  • 重大」、「 レビュー」、「 良好」などのサービスステータス。Citrix ADM は、サービスの応答時間とエラー数に基づいてサービスのステータスを表示します。

    • クリティカル(赤色) :平均サービス応答時間が200ミリ秒を超える場合とエラー数が0より大きいことを示します。

    • 確認(オレンジ) :平均サービス応答時間が200ミリ秒を超えるか、エラー数が0より大きいことを示します。

    • 良好(緑) :エラーがなく、平均サービス応答時間が200ミリ秒未満であることを示します。

  • 重大」、「 レビュー」、「 良好」などのクライアントのステータス。Citrix ADM は、クライアントのネットワーク遅延とエラー数に基づいてクライアントのステータスを表示します。

    • Critical(赤色)-平均クライアントネットワーク遅延が 200 ミリ秒を超える場合とエラーカウントが 0 より大きいことを示します。

    • 確認(オレンジ) -クライアントのネットワーク遅延の平均が 200 ミリ秒を超えるか、エラー回数が 0 を超えることを示します。

    • 良好(緑) :エラーがなく、クライアントのネットワーク遅延の平均が 200 ミリ秒未満であることを示します。

  • 重大」、「 確認」、「 良好」などの仮想サーバのステータス。Citrix ADM は、アプリのスコアに基づいて仮想サーバーのステータスを表示します。

    • クリティカル(赤) -アプリのスコアが 40 未満であることを示します。

    • レビュー(オレンジ) -アプリのスコアが 40 から 75 の間であることを示します。

    • Good(緑) -アプリのスコアが 75 を超えることを示します。

注意事項:

  • 負荷分散、コンテンツスイッチング、GSLB仮想サーバーのみがサービスグラフに表示されます。

  • カスタムアプリケーションにバインドされた仮想サーバーがない場合、そのアプリケーションのサービスグラフに詳細は表示されません。

  • 仮想サーバーと Web アプリケーションの間でアクティブなトランザクションが発生した場合にのみ、サービスグラフでクライアントとサービスのメトリックを表示できます。

  • 仮想サーバーとWebアプリケーション間で有効なトランザクションがない場合は、負荷分散、コンテンツスイッチング、GSLB仮想サーバー、サービスなどの構成データに基づいて、サービスグラフの詳細のみを表示できます。

  • アプリケーション構成に変更が加えられた場合、サービスグラフに反映されるまで10分かかることがあります。

詳しくは、「アプリケーションのサービスグラフ」を参照してください。