Citrix Application Delivery Managementサービス

アプリダッシュボードのトラブルシューティング

アプリケーションダッシュボードにアプリケーションを追加すると、ダッシュボードにアプリケーションの基本構成の詳細がすぐに表示されます。アプリスコア、主要指標、問題などのアプリケーション分析の詳細が、数分 (約 10 ~ 15 分) 以内に読み込まれます。詳しくは、「アプリケーション」を参照してください。

Citrix ADCインスタンスからのメトリックスデータフロー(AppFlow コレクターまたはアナリティクスプロファイル)に問題がないことを確認する必要があります。AppFlow コレクタと分析プロファイルの詳細については、このドキュメントを参照してください。

このドキュメントでは、次の場合に実行する必要があるトラブルシューティング手順について説明します。

  • アプリケーションをクリックすると、指定した期間 (10 ~ 15 分) の後でも、選択したアプリケーションの分析に必要なデータが表示されません。

  • CSまたはLBアプリケーションは、アプリケーションダッシュボードで常に灰色(適用不可ステータス )を示します。

この文書に記載されているトラブルシューティング手順は、 コンテンツスイッチングおよび負荷分散仮想サーバにのみ適用されます

トラブルシューティングのシナリオ

トラブルシューティングのシナリオ

アプリケーションはライセンス供与されています

アプリケーションがライセンスされているかどうかを確認する必要があります。

  • ADM サービス - [アカウント] > [サブスクリプション] に移動し、[ 仮想サーバーライセンスの概要] でアプリケーションがライセンスされているかどうかを確認します。アプリケーションにライセンスが付与されていない場合は、 仮想サーバーでのライセンスの管理および分析の有効化 を参照して仮想サーバのライセンスを取得してください。

  • ADM オンプレム[システム] > [ライセンス & 分析 ] に移動し、[ 仮想サーバーライセンスの概要] でアプリケーションがライセンスされているかどうかを確認します。アプリケーションにライセンスが付与されていない場合は、 仮想サーバーでのライセンスの管理および分析の有効化 を参照して仮想サーバのライセンスを取得してください。

メトリックスコレクタが有効です

Citrix ADCインスタンスでメトリックスコレクタが有効になっているかどうかを確認する必要があります。

Citrix ADCバージョン13.0以降では、ADCインスタンスがADMに正常に追加されると、メトリックコレクターがデフォルトで有効になります。メトリック・コレクタが有効になっているかどうかを確認するには、次の手順に従います。

  1. [ ネットワーク] > [インスタンス]に移動します。[インスタンス]で、インスタンスの種類(Citrix ADC VPXなど)を選択します。

  2. Citrix ADCインスタンスを選択します。

    1. 「アクションの選択」 リストから、「 メトリック・コレクター」を選択します。

      メトリックスコレクタ

  3. メトリック・コレクタ設定の構成 」ページで、「 有効 」オプションが選択されていることを確認します。そうでない場合は、「 有効 」オプションを選択し、 「OK」をクリックします。

    Enable-metrics-collector

メトリック・コレクタを有効にした後でデータを表示できない場合は、次のことを検証します。

Citrix ADCインスタンスの以前のビルド

Citrix ADC の場合:

  1. 次のコマンドを実行して、 コレクタが起動し 、ポート 5563 で実行されていることを確認します。

    sh appflow collector af_collector_rest_<adm_receiver_ip>

    AppFlow

  2. 使用可能なコレクタがない場合は、Citrix ADMでインスタンスの手動ポーリングを実行します。

    1. [ ネットワーク] > [ネットワーク機能] > [今すぐ投票]に移動します

    2. インスタンスを選択し、[ Start Polling] をクリックします。

      ポーリング

      ポーリングに失敗した場合は、ADM から ADC インスタンスを削除してから、もう一度 ADC インスタンスを追加します。ADC インスタンスを追加すると、コレクタは ADC に追加されます。

コレクタに「 Down 」ステータスが表示されている場合:

  1. SNIPが構成されているかどうかを確認します。

    SNIP

    SNIP が構成されていない場合は、SNIP を構成する必要があります。詳しくは、「SNIPの構成」を参照してください。

  2. ADC インスタンスが ADM に到達可能であることを確認してください。

    ping テストを実行することで検証できます。ping -S <SNIP> <adm_receiver_ip>を実行します。

    pingテスト

Citrix ADCインスタンスは後でビルド

Citrix ADMで、メトリックスコレクタサービスが使用可能であることを確認します。

  1. [ ネットワーク] > [ネットワーク機能] > [負荷分散] > [サービス]に移動します。

  2. 検索バーで、[ インスタンス:(IP アドレス) ] と [ 名前:ADM] でフィルタリングします。

  3. adm_metric_collector_svc_<adm_receiver ip> が使用可能かどうか確認します。IP アドレスは、ADM 管理 IP またはエージェント IP のいずれかになります。

    このサービスが UP ステータスで、ポート 5563 で実行されていることを確認します。

    メトリックスコレクタサービス

それでもデータを表示できない場合は、コレクタサービスがCitrix ADC 時系列分析プロファイルにバインドされていることを確認します。

  1. Citrix ADCにログオンする

  2. 次のコマンドを実行します。

    sh analytics profile ns_analytics_time_series_profile

    時系列

コレクタに「 Down 」ステータスが表示されている場合:

  1. SNIPが構成されているかどうかを確認します。

    SNIP

    SNIP が構成されていない場合は、SNIP を構成する必要があります。詳しくは、「SNIPの構成」を参照してください。

  2. ADC インスタンスが ADM に到達可能であることを確認してください。

    ping テストを実行することで検証できます。ping -S <SNIP> <adm_receiver_ip>を実行します。

    pingテスト

  3. Telnet を介したトラフィック接続がサービスを接続できることを確認します。

    テルネット

    telnet がサービスに接続できる場合は、ファイアウォールが存在し、メトリックデータフローをブロックしています。ファイアウォールブロックの問題を解決する必要があります。

Citrix ADCで時系列分析プロファイルにコレクタサービスがバインドされていない場合、コレクタは空白として表示されます。

コレクタサービスなし

Citrix ADMでインスタンスの手動ポーリングを実行する必要があります。

  1. [ ネットワーク] > [ネットワーク機能] > [今すぐ投票]に移動します

  2. インスタンスを選択し、[ Start Polling] をクリックします。

    ポーリング

    ポーリングが失敗した場合は、次のコマンドを使用して、Citrix ADCインスタンスでコレクタサービスを直接追加します。

    add service adm_metric_collector_svc_<adm_receiver_ip> <adm_receiver_ip> HTTP 5563

    unset analyticsprofile ns_analytics_time_series_profile -collectors

    set analytics profile ns_analytics_time_series_profile -collectors adm_metric_collector_svc_<adm_receiver_ip> -metrics enabled -events enabled

    分析時系列プロファイルが更新されます。

    コレクタサービスの更新

上記のトラブルシューティング手順をすべて実行しても問題が解決しない場合は、 Citrixサポートにお問い合わせください

アプリダッシュボードのトラブルシューティング