Citrix Application Delivery Managementサービス

GCPにCitrix ADMエージェントをインストールする

Citrix Application Delivery Management(Citrix ADM)エージェントは、Citrix ADMとデータセンターまたはクラウドで検出されたインスタンスの間の仲介として機能します。エージェントをGoogle Cloud Platform(GCP)にデプロイすると、Citrix ADMを介してGoogleクラウド仮想ネットワーク内にデプロイされたCitrix ADCインスタンスの安全なリモート管理が容易になります。GCP の ADM エージェントが IT 管理者に提供する方法の詳細については、ブログCitrix ADMエージェントがGoogle Cloud Platform マーケットプレイスで利用できるようになりましたを参照してください。

前提条件

GCP に ADM エージェントをインストールするには、GCP アカウントが必要です。

GCPにCitrix ADMエージェントをインストールする

GCP に ADM エージェントをインストールする手順は、次のとおりです。

  1. 認証情報を使用して GCP コンソール (console.cloud.google.com) にログオンし、マーケットプレイスに移動します。

  2. 検索フィールドに「 Citrix ADMエージェント」と入力します。

  3. 結果フィールドから [Citrix ADM Agen]をクリックし、[ 起動]をクリックします。

    ADMエージェントを起動する

  4. 新しいCitrix ADMエージェント展開 ]ページでは、ほとんどのオプションがデフォルトで設定されます。必要に応じてデフォルト設定を変更し、[ Deploy] をクリックします。

    エージェントを展開する

  5. エージェントがデプロイされたら、インスタンスリンクをクリックし、 仮想マシンインスタンスの詳細ページで詳細を確認します

    VM インスタンスの詳細

  6. エージェントの外部 IP アドレスを使用して SSH クライアント経由でエージェントにログインします。次のコマンドを使用します。

    ssh nsrecover@<external IP address of the agent>

    パスワード:インスタンス ID

    VM インスタンスの詳細ページで 、外部 IP アドレスとインスタンス ID を確認できるか。

    外部 IP アドレス

    エージェントインスタンス ID

  7. 次のコマンドを入力して、展開画面を起動します。 deployment_type.py

  8. はじめにの説明に従って、Citrix ADM の[ エージェントの設定 ]ページからコピーして保存した サービスURLアクティベーションコード を入力します。エージェントは、サービス URL を使用してサービスを検索し、アクティベーションコードを使用してサービスに登録します。

    ADM サービスの展開

エージェントの登録に成功すると、エージェントは再起動してインストールプロセスを完了します。

エージェントが再起動したら、Citrix ADMにアクセスし、[ エージェントの設定 ]ページの[ 検出されたエージェント]で、エージェントの状態を確認します。

GCPにCitrix ADMエージェントをインストールする