Citrix Application Delivery Managementサービス

アップグレードアドバイザリ

ネットワーク管理者は、Citrix ADM 異なるADCリリースで実行されている多数のADCインスタンスを管理できます。各 ADC インスタンスのライフサイクルの監視は、面倒な作業になります。シトリックスの製品マトリクスにアクセスして、サポート終了(EOL)または保守終了(EOM)に達している ADC インスタンスを特定する必要があります。その後、アップグレードを計画します。

このプロセスを容易にするために、Citrix ADMアップグレードアドバイザリは、次の方法でADCインスタンスのライフサイクルを監視するのに役立ちます。

  • EOL または EOM に達または到達したインスタンスを識別します。そのため、EOL または EOM の日付より先に ADC のアップグレードを計画できます。

  • 最新のリリースまたはビルドにないインスタンスを強調表示します。これらのインスタンスは、最新のリリースまたはビルドにアップグレードできます。このアップグレードでは、新機能や修正された問題に関する更新プログラムを受け取ります。

  • 優先ADCビルド上にないインスタンスを強調表示します。組織によっては、インスタンス用に優先 ADC ビルドを使用している場合があります。ADM では、ビルドの安定性、機能、およびその他の考慮事項に応じて、組織で優先ビルドを設定することを実行できます。次に、優先ビルドにないインスタンスを確認し、アップグレードします。優先ビルドを実行しているインスタンスは、星形のアイコンで示されます。

  • 最も人気のあるリリースまたはビルドで実行されているインスタンスを強調表示します。一般的なビルドを実行しているインスタンスは、リボンアイコンで示されます。

アップグレードアドバイザリには、対応するリリースノートへのリンクが記載されています。この情報を使用して、アップグレード用の ADC ビルドを確認および決定できます。[Upgrade Advisory] ページから、ADC インスタンスをアップグレードするためのメンテナンスジョブの作成に進むことができます。

重要:

アップグレード・アドバイザリは、ADCソフトウェア・リリースのEOLのみを監視します。ADCアプライアンスのEOLをチェックしません。

アップグレードアドバイザリを表示

ネットワーク」>「インスタンス・アドバイザ」>「アップグレード・アドバイザ 」の順にナビゲートし、次の情報を表示します。

  • ADCインスタンスの総数。
  • インスタンスは、寿命の終わりに達しました。
  • インスタンスがメンテナンスの終了に達しました。
  • 古いビルドのインスタンス。
  • インスタンスは、優先ビルドにありません。
  • 各種ADCリリースの製品寿命と保守終了日

アップグレードアドバイザリのページ

アップグレードアドバイザ 」ページには、リリースごとにADCインスタンスがグループ化されます。Release Notes リンクをクリックすると、特定の ADC リリース・ノートにアクセスできます。アップグレードを決定する前に、新機能、修正された問題、既知の問題を確認します。異なるリリース間で複数の ADC インスタンスを選択して、一度にアップグレードできます。アップグレードを続行すると、アップグレードジョブが作成されます。ADCインスタンスのアップグレードを参照してください。

優先ビルドを設定する

管理者は、組織用に優先する ADC ビルドを定義できます。次の手順を実行して、優先ビルドを設定します。

  1. [ ネットワーク] > [インスタンスアドバイザリ] > [アップグレードアドバイザ] で、[ 設定] をクリックします

  2. 優先リリースとビルドを選択します。

    優先ビルドを設定する

    この例では、優先ビルドは13.0-58.3013.0-67.39です。

  3. [保存] をクリックします。

ADCインスタンスのアップグレード

[ Upgrade Advisory ] ページで、確認後、次の手順を実行して、必要な ADC インスタンスをアップグレードします。

  1. アップグレードするインスタンスビルドを選択し、[ アップグレードするインスタンスを選択] をクリックします。

  2. アップグレードする ADC インスタンスを選択し、[ Proceed to upgrade workflows] をクリックします。

    アップグレードのワークフロー

    このワークフローでは、アップグレードジョブが作成されます。

  3. [ インスタンスの選択 ] タブで、

    1. アップグレードジョブの名前を指定します。

    2. (オプション)他のインスタンスを追加する場合は、[ Add Instances] をクリックします。

      アップグレード保守ジョブへのインスタンスの追加

    3. [次へ] をクリックします。

    アップグレード前の検証が開始されます。

  4. [ アップグレード前の検証 ] タブで、失敗したインスタンスを削除して続行します。

    インスタンスで十分なディスク領域が発生した場合は、ディスク領域を確認してクリーンアップできます。ADCディスク領域のクリーンアップを参照してください。

  5. 必要に応じて、[ Custom scripts ] タブで、インスタンスのアップグレードの前後に実行するスクリプトを指定します。

    カスタムスクリプト

    詳しくは、「カスタムスクリプトを使用する」を参照してください。

  6. スケジュールタスク」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    • 今すぐアップグレード -アップグレードジョブはすぐに実行されます。
    • [後でスケジュール ]: このアップグレードジョブを後で実行する場合は、このオプションを選択します。インスタンスをアップグレードする場合は、[ 実行日] と [開始時刻] を指定します。

    ADC 高可用性ペアを 2 段階でアップグレードする場合は、[HA のノードに対して 2 段階アップグレードを実行する] を選択します。

    2段階アップグレードの実行

    詳しくは、「ADC 高可用性ペアのアップグレード」を参照してください。

  7. [ ジョブの作成 ] タブで、次のいずれかのオプションを指定します。

    • ADC ソフトウェアイメージを選択:リストからADCイメージを選択します。このオプションでは、CitrixダウンロードWebサイトで使用可能なすべてのADCイメージが一覧表示されます。

      ADCイメージ

    • ADC ソフトウェアイメージのアップロード:ローカルコンピュータまたは ADC アプライアンスからイメージをアップロードできます。ADC アプライアンスを選択すると、/var/mps/mps_imagesに存在するインスタンスファイルが ADM GUI に表示されます。ADM GUI からイメージを選択します。

    アップグレードジョブをスケジュールする場合、インスタンスにイメージをアップロードするタイミングを指定できます。

    • 今すぐアップロード: 画像をすぐにアップロードするには、このオプションを選択します。ただし、アップグレードジョブは、スケジュールされた時刻に実行されます。

    • [ 実行時にアップロード]: アップグレードジョブの実行時にイメージをアップロードするには、このオプションを選択します。

    画像をアップロードしたいときはいつですか?

その他のオプションの詳細については、ADCアップグレード・オプションを参照してください。

アップグレードアドバイザリ