Citrix Application Delivery Managementサービス

Expressアカウントを使用してCitrix ADMリソースを管理する

Citrix ADM Expressアカウントは、ADMリソースを管理するデフォルトのアカウントです。このアカウントは、Citrix Cloudで簡単に利用できます。

このアカウントには、選択した次の ADM リソースを管理するためのオプションが用意されています。

  • 最大2台の仮想サーバ
  • 最大 2 つの設定ジョブ
  • StyleBookの設定パックを最大2つ

Express アカウントで特定のリソースを管理するには、猶予期間中に必要なリソースを選択する必要があります。リソースを選択しない場合、ADM サービスは Express アカウントで管理できるリソースを自動的に選択します。

重要

  • アカウントを Express アカウントに変換すると、ADM サービスは最大 500 MB または 1 日のデータのいずれか小さい方のストレージデータを保持します。
  • Citrix ADM Expressアカウントが90日間非アクティブのままの場合、アカウントは削除されます。Citrix ADMチームは、非アクティブ状態が60日後にリマインダーを送信します。

ADMリソースを管理するには、次の手順に従います。

  1. 資格情報を使用してCitrix Cloudにログオンします。

  2. Citrix Application Delivery Management]タイルで[管理 ]をクリックします。

    Citrix ADM Expressアカウント

Citrix ADMサブスクリプションライセンスと猶予期間が終了すると、ライセンスを更新しない限り、アカウントはExpressアカウントに変換されます。Expressアカウントを使用すると、Citrix ADMサービスを使用してビジネスを継続できます。Citrix ADM ライセンスを更新するには、Citrix Cloudにアクセスするか、テクニカルサポートにお問い合わせください。

Expressアカウントを使用してCitrix ADMリソースを管理する