Citrix Application Delivery Managementサービス

サブスクリプションの管理

Citrix Application Delivery Management ADM(Citrix ADM)では、Citrix ADCインスタンス、Citrix Gatewayインスタンス、およびサードパーティのロードバランサーを管理および監視するために、検証済みのライセンスが必要です。

Express アカウントを使用しているとき、または有効なライセンスを登録している場合は、任意の数のインスタンスを管理および監視できます。ただし、アプリダッシュボードで検出されたアプリケーションの管理、分析データの表示、ネットワーク機能およびネットワークレポートの監視は、ライセンスを購入した仮想サーバーの数に対してのみ行うことができます。Express アカウントで管理できる ADM リソースの詳細については、「Citrix ADM Expressアカウント」を参照してください 。

インストールされたライセンスごとに、特定の仮想サーバを管理するためのデータと容量が制限されます。ただし、データのみのライセンスを購入して適用し、データストレージを最大化することもできます。

Citrix ADM ライセンスの購入とアップグレードの詳細については、「Citrix Application Delivery Management」を参照してください 。

次の表に、Citrix ADMの一部の機能を使用するために必要なCitrixライセンスを示します。

Citrix ADM機能グループ Citrix ADM 機能 Citrix ADC およびGatewayのライセンス要件
Analytics HDX Insight 詳細(レポート作成時間 1 時間以内)プレミアム(レポート作成時間 = 無制限)
Analytics Security Insight プレミアム(または)アドバンスド(App Firewall)ライセンス
Analytics Gateway Insight 詳細(レポート作成時間 1 時間以内)プレミアム(レポート作成時間 = 無制限)
アプリケーション アプリケーション統計情報(アプリダッシュボード、アプリセキュリティダッシュボード) アプリダッシュボードおよびアプリセキュリティダッシュボードのCitrix Web App Firewall関連情報には、Premium(または)Appファイアウォールライセンスで詳細設定が必要です
アプリケーション API Gateway プレミアム (または) アドバンスライセンス
アプリケーション StyleBook -
アプリケーション インベントリ管理 — インフラストラクチャダッシュボード、インスタンスグループ、インスタンスダッシュボード、サイト -
アプリケーション イベント管理およびsyslog -
アプリケーション 構成ジョブ、構成監査、および構成アドバイス -
アプリケーション ネットワークレポート(インスタンスレベル) -
アプリケーション ネットワークレポート (仮想サーバーレベル) -
アプリケーション ネットワーク機能(仮想サーバ、サービス、サービスグループ、サーバのシンプルな可視性と管理) -
アプリケーション SSL 証明書管理(インスタンスレベル) -
アプリケーション SSL 証明書管理 (仮想サーバーレベル) N/A
システム RBACおよび外部認証(インスタンスレベル) N/A
システム RBAC と外部認証 (仮想サーバーレベル) N/A

サブスクリプションの詳細を表示する

Citrix ADMにインストールされているライセンスを表示するには、[ アカウント ]>[ サブスクリプション]に移動します。サブスクリプションの概要セクションには、サブスクライブしているライセンスの種類、資格のあるデータサブスクリプションと消費されたデータサブスクリプション、 許可および管理されている仮想サーバーとサードパーティ仮想サーバーなどのライセンスの概要も表示できます

サブスクリプションの詳細を表示

サードパーティ仮想サーバーのサブスクリプションの管理

試用期間中または有効なライセンスを購読しているときに、任意の数のHAProxyホストを管理および監視できます。ただし、HAProxy App Dashboard で検出されたアプリケーションの管理、分析データの表示、ネットワーク機能の監視は、ライセンスを購入したサードパーティの仮想サーバーの数に対してのみ実行できます。試用期間中は、サードパーティの仮想サーバーまたはアプリケーションを 10 台だけ監視できます。

このドキュメントでは、サードパーティの仮想サーバーは HAProxy フロントエンドを参照します。

仮想サーバの管理

Citrix ADM を使用して管理および監視する仮想サーバーまたはサードパーティ仮想サーバーを選択できます。

注意事項:

  • デフォルトでは、Citrix ADM は、仮想サーバーのポーリングサイクルごとに仮想サーバーのライセンスをランダムに自動的に付与します。

  • Citrix ADM で検出された仮想サーバーの合計数が、インストールされている仮想サーバーライセンスの数よりも少ない場合、Citrix ADMはデフォルトですべての仮想サーバーをライセンスします。

仮想サーバーを手動で選択するかライセンスの割り当て対象を一部の仮想サーバーのみに制限するには、まず仮想サーバーへの自動ライセンス割り当てを無効化してから、管理する仮想サーバーを選択する必要があります。

自動ライセンス仮想サーバーを無効にするには、次の手順に従います。

  1. アカウント」>「購読」に移動します。

    ダッシュボードには、使用可能な仮想サーバライセンス、管理対象仮想サーバ、および仮想サーバタイプ、およびライセンスの有効期限情報が表示されます。

  2. [ 仮想サーバーライセンス割り当て] で、 自動ライセンス仮想サーバー を無効にし、 アドレス指定できない仮想サーバーを自動的に選択します

    自動ライセンスを無効にする

ライセンスを取得するサードパーティ仮想サーバーを選択するには、次の手順に従います。

  1. アカウント 」>「 購読」に移動します。

    ダッシュボードには、使用可能な仮想サーバライセンス、管理対象仮想サーバ、および仮想サーバタイプ、およびライセンスの有効期限情報が表示されます。

  2. [ サードパーティ仮想サーバーの概要] で、 [サードパーティ仮想サーバーの自動選択]を無効にします。

    サード・パーティ仮想サーバの選択

ライセンスされた仮想サーバの表示

ライセンスが仮想サーバーに適用されると、ライセンスされた仮想サーバーまたはサードパーティ仮想サーバーを [ サブスクリプション ] ページから表示できます。ライセンスされた仮想サーバーを表示するには、[ アカウント] > [サブスクリプション ] に移動し、[仮想サーバー ライセンスの概要][ ライセンス合計 ] セクションで仮想サーバータイプをクリックします。

ライセンスされた仮想サーバの表示

仮想サーバライセンスを手動で適用する

個々の仮想サーバにライセンスを手動で適用できます。

  1. [ 仮想サーバーライセンスの割り当て] で、[ ライセンスの構成] を選択します。

    仮想サーバライセンスを手動で構成する

    [ すべての仮想サーバー ] ページが表示されます。

  2. プロパティを使用して、ライセンスされていない仮想サーバをフィルタリングします。Licensed: No

    ライセンスされていない仮想サーバリスト

  3. ライセンスを取得する仮想サーバーを選択します。

  4. [ ライセンス] をクリックします。

ポリシー・ベースの仮想サーバ・ライセンスの構成

仮想サーバーにライセンスを適用するポリシーを設定できます。このポリシーは、自動ライセンスを取得する仮想サーバの数を制御します。また、選択したインスタンスの仮想サーバーにのみライセンスが適用されます。

ポリシー・ベースの仮想サーバ・ライセンス

[ ポリシーの編集 ] をクリックすると、次の項目を指定できます。

  • CPX インスタンスに仮想サーバーの制限を個別に設定して、ライセンスを適用します。ADM は、指定された制限まで CPX インスタンス上の仮想サーバーにライセンスを適用します。

  • ライセンスを適用するために、選択したADCインスタンス(MPX/VPX/BLX)に仮想サーバーの制限を設定します。ADM は、指定された制限まで ADC インスタンス上の仮想サーバーにライセンスを適用します。

  • 仮想サーバライセンスを適用する優先順位 ADC インスタンスを選択します。したがって、ADM は、選択したインスタンスの仮想サーバーにのみライセンスを適用できます。

仮想サーバーにライセンスを適用するポリシーの編集

アドレス指定できない仮想サーバーの自動ライセンスサポートを構成する

デフォルトでは、Citrix ADM は、アドレス指定できない仮想サーバーにライセンスを自動的に適用しません。アドレス指定不可の仮想サーバをライセンスする場合は、自動ライセンスオプションを無効にし、アドレス指定不可の仮想サーバを手動で選択する必要があります。これにより、ライセンスを適用するときに、最初にアドレス指定できないサーバを手動で選択する必要がなくなります。また、ネットワークに追加されるたびに、アドレス指定不可能な新しい仮想サーバを手動で選択する必要があります。

Citrix ADM は、Citrix ADM 仮想サーバーライセンス割り当てのオプションを提供します。アドレス指定不可仮想サーバーの自動選択 オプションを有効にすると、アドレス指定不可仮想サーバーのライセンスを自動的に適用します。

アドレス指定できない仮想サーバの自動選択を有効にする

  • Citrix ADMは、デフォルトでは、アドレス指定できない仮想サーバーをライセンス用に自動的に選択しません。

  • アプリケーション分析(App Dashboard)は、ライセンスされたアドレス指定不可能な仮想サーバーで現在サポートされている唯一の分析です。

仮想サーバーサブスクリプションの有効期限チェックの表示

Citrix ADMでは、インストールされているライセンスの状態を、有効期限と許可されたストレージ制限とともに表示できます。

ライセンスのステータスを表示するには、次の手順に従います。

  1. アカウント 」>「 購読」に移動します。

  2. [ Entitlements ] セクションでは、ライセンスされた仮想サーバーの詳細と有効期限の日付を表示できます。

    • 資格のある仮想サーバー: ライセンス取得可能な仮想サーバーの数。

    • 資格のあるサードパーティ仮想サーバー: ライセンスで管理できるサードパーティ仮想サーバーの数。

    • 資格のあるストレージ: ライセンスのストレージ制限。

    • 有効期限までの日数: ライセンスの有効期限までの残り日数。

      ライセンスステータスの表示

仮想サーバーで有効になっている分析の種類を表示する

選択した仮想サーバーで AppFlow を有効にした後、ライセンスされた仮想サーバーまたはサードパーティ仮想サーバー上で有効になっている分析の種類を [ サブスクリプション ] ページから表示できます。

  1. アカウント 」>「 購読」に移動します。

  2. [ 仮想サーバー分析の概要 ] セクションで、ライセンスされた仮想サーバーのタイプを選択します。

    仮想サーバ分析の概要

  3. [ライセンスされた仮想サーバ]ページには、ライセンスされた仮想サーバのリストが表示されます。このページの [ Analytics Status ] 列には、仮想サーバーで有効になっている分析の種類が表示されます。

    アナリティクスが有効なロードバランサー