Citrix Application Delivery Managementサービス

メンテナンス・ジョブを使用したCitrix ADC SDXインスタンスのアップグレード

Citrix ADC リリース11.0以降を実行しているCitrix ADC SDXインスタンスのシングルバンドル・アップグレードを実行できます。シングルバンドルアップグレードを実行するには、Citrix Application Delivery Management(ADM)の組み込みタスクを使用します。この組み込みタスクを使用すると、Citrix ADC SDX管理サービス、XenServerハイパーバイザー、およびCitrix Hypervisor 用のサプリメンタルパックと修正プログラムをアップグレードできます。

Citrix ADMを使用してCitrix ADC SDXインスタンスをアップグレードするには:

  1. Citrix ADMで、[ ネットワーク ]>[ 構成ジョブ ]>[ メンテナンスジョブ]に移動します。
  2. [ ジョブの作成] をクリックします。[ジョブの作成]ページで、 [Citrix ADC SDX組み込みのアップグレード ]タスクを選択して、Citrix ADC SDXインスタンスをアップグレードします。[ 続行] をクリックします。
  3. [Citrix ADCアプライアンスのアップグレード] ページの[ インスタンスの選択 ]タブで、 ジョブ名を指定し 、[ インスタンスの追加]をクリックします。
  4. アップグレードするターゲットインスタンスまたはインスタンスグループを選択します。
  5. Citrix ADCインスタンスまたはインスタンスグループを追加したら、[ 次へ ]をクリックして、選択したインスタンスでアップグレード前の検証を開始します。画面には、各Citrix ADC インスタンスの事前検証の進行状況が報告されます。
  6. [アップグレードCitrix ADCアプライアンスの変更 ]ページで、[ アップグレード ]タブを選択します。[ ソフトウェアイメージ ]ドロップダウンメニューから、[ ローカル ](ローカルマシン)または[ アプライアンス ](ビルドファイルはCitrix ADM上に存在する必要があります)を選択します。
  7. また、検証前のアップグレードエラーが発生しているインスタンスがあるかどうかを確認することもできます。これらのエラーは、メッセージの形式で表示されます。メッセージでは、ディスクスペース、ハードディスクドライブ、およびユーザーのカスタマイズに関するエラーが示されます。事前検証アップグレードチェックに失敗したインスタンスの使用を続行しない場合は、そのインスタンスを削除できます。インスタンスを削除するには、インスタンスを選択し、[ Delete] をクリックします。
  8. [ タスクのスケジュール ] タブでは、アップグレードプロセスを今すぐ実行したり、後でスケジュールしたりできる実行の詳細を設定することもできます。また、Citrix ADC SDXインスタンスのバックアップ、電子メールによる実行レポートの受信、高可用性ノードの2段階アップグレードの実行を選択することもできます。

HA のノードの 2 段階アップグレードでは、アップグレードをすぐに実行するか、ノードを次々に更新する時間をスケジュールするかを選択できます。ノードの同期と伝播は、両方のノードが正常にアップグレードされるまで無効になります。

ADM を使用して SDX をアップグレードする

メンテナンス・ジョブを使用したCitrix ADC SDXインスタンスのアップグレード