Citrix Application Delivery Managementサービス

レコードアンドプレイを使用して構成ジョブを作成する

Citrix ADC GUIを使用してCitrix ADCインスタンスを構成することに慣れている場合、構成タスクを作成して複数のCitrix ADCインスタンスで実行するための正確なCLIコマンドを呼び出すことが困難な場合があります。

Citrix Application Delivery Management(ADM)を使用すると、Citrix ADCインスタンスのGUIを使用して実行された構成タスクを記録し、CLIコマンドに変換できます。変換されたCLIコマンドから構成タスクを作成し、複数のインスタンスでそのタスクを実行できます。

GUI構成を記録して設定タスクに変換するには、次の手順を実行します。

  1. [Networks]>[Configuration Jobs] の順に選択してから、[Create Job] をクリックします。

  2. ジョブ名とインスタンスのタイプを指定します。

  3. [ 構成ソース ] リストから [ 記録と再生] を選択し、構成を記録するソースインスタンスを選択します。[Record]をクリックします。

    設定ジョブを記録する

  4. Citrix ADCのGUI が開きます。構成タスクに含める機能と設定を構成します。次に、Citrix ADC GUIウィンドウを閉じ、 構成エディター で「 停止」をクリックします。左ペインにコマンドがリンクとして表示されます。コマンドを右側のウィンドウ枠にドラッグし、[ 次へ] をクリックします。

    構成エディター

    その後、コンフィグレーションエディタでコマンドを並べ替えたり、並べ替えたりすることができます。コマンドラインをドラッグアンドドロップすると、コマンドを別の行に移動できます。テキストボックスでコマンドライン番号を変更するだけで、コマンドラインを 1 行から任意のターゲットラインに移動または再配置することもできます。

  5. 構成ジョブの作成または編集中に定義したすべての変数を、1 つの統合ビューで確認できます。

  6. 次のいずれかの操作を行って、すべての変数を 1 つの統合ビューに表示します。

    • 構成ジョブの作成中に、[ ネットワーク] > [構成ジョブ] に移動し、[ ジョブの作成] を選択します。[ Create Job ] ページでは、構成ジョブの作成時に追加したすべての変数を確認できます。
    • 構成ジョブの編集中に、[ ネットワーク] > [構成ジョブ] に移動し、[ジョブ名] を選択して [ 編集] をクリックします。[ ジョブの構成 ] ページでは、構成ジョブの作成時に追加されたすべての変数を確認できます。
  7. 次に、「 変数のプレビュー 」(Preview Variables) タブをクリックして、設定ジョブの作成または編集中に定義した 1 つの統合ビューで変数をプレビューできます。

    変数をプレビューする

  8. 新しいポップアップウィンドウが表示され、名前、表示名、タイプ、デフォルト値などの変数のすべてのパラメータが表形式で表示されます。これらのパラメータを編集および修正することもできます。パラメータを編集または変更したら、[ 完了 ] ボタンをクリックします。

    変数パラメータをチェックする

  9. [ Add Instances ] をクリックし、設定ジョブを実行するインスタンスを選択します。[OK]をクリックした後、[Next]をクリックします。

    ジョブのインスタンスを選択

  10. コマンドで変数を指定した場合は、[Specified Variable Values ] タブで、次のいずれかのオプションを選択して、インスタンスの変数を指定します。

    • 変数値の入力ファイルをアップロード: [ 入力キーファイルのダウンロード ] をクリックして、入力ファイルをダウンロードします。入力ファイルで、コマンドで定義した変数の値を入力し、Citrix ADM サーバーにファイルをアップロードします。

    • すべてのインスタンスの共通変数値: 変数の値を入力します。選択したテンプレートによって、変数は変わります。

    変数値を含む入力ファイルは、設定ジョブで (同じファイル名で) 保持されます。設定ジョブの作成または編集中に、以前に使用およびアップロードした入力ファイルを表示および編集できます。

    構成ジョブの作成中に実行構成ジョブを表示するには、[ ネットワーク ] > [ 構成ジョブ] に移動し、[ ジョブの作成] をクリックします。[ ジョブの作成 ] ページ。[ 変数値の指定 ] タブで、[ すべてのインスタンスに共通変数値 ] オプションを選択して、アップロードされたファイルを表示します。入力ファイルを編集するには、入力ファイルをダウンロードし、ファイルを編集してアップロードします(同じファイル名を維持します)。

    構成ジョブの編集中にすでに実行されている構成ジョブを表示するには、[ ネットワーク ] > [ 構成ジョブ] に移動し、[ジョブ名] を選択して [ 編集] をクリックします。[ ジョブの設定 ] ページの [ 変数値の指定 ] タブで、[ すべてのインスタンスに共通変数値 ] オプションを選択して、アップロードされたファイルを表示します。入力ファイルを編集するには、入力ファイルをダウンロードし、ファイルを編集してアップロードします (同じファイル名を使用)。10. [ Job Preview ] タブでは、各インスタンスまたはインスタンスグループで実行するコマンドを評価および検証できます。

  11. [ Job Preview ] タブでは、各インスタンスまたはインスタンスグループで実行するコマンドを評価および検証できます。

  12. [Execute] タブでは、ジョブを今すぐ実行するか、後で実行するようにスケジュールするかを選択できます。コマンドが失敗した場合にCitrix ADMが実行する必要があるアクションを選択することもできます。

    また、承認されたユーザーが管理対象インスタンスでジョブを実行できるようにすることもできます。また、ジョブの成功または失敗に関する電子メール通知を他の詳細とともに送信するかどうかを選択できます。

    ジョブを実行する権限のあるユーザー

  13. [ Jobs ] ページでは、すべてのインスタンスでの設定タスク実行の進行状況を表示できます。

    進捗状況を表示

レコードアンドプレイを使用して構成ジョブを作成する