Citrix Application Delivery Managementサービス

構成テンプレートを使用した監査テンプレートの作成

以前に構成テンプレートとして保存した構成コマンドを使用して、特定のCitrix ADC インスタンスに適用できる監査テンプレートを作成できるようになりました。監査テンプレートの作成中に、以前に保存した設定テンプレートを [ Commands ] フィールドにドラッグし、要件に合わせてテンプレートを編集できます。その後、監査テンプレートを特定のCitrix ADC インスタンスに適用できます。Citrix Application Delivery Management(ADM)は、これらのインスタンスを監査テンプレートと比較し、不一致があれば報告します。このプロセスは、エラーを識別し、直ちに修正するために役立ちます。

ジョブを作成し、一連の構成コマンドをテンプレートとして保存するときに、構成テンプレートを作成できます。これらのテンプレートを [ ジョブの作成 ] ページに保存すると、[ テンプレートの作成 ] ページに自動的に表示されます。

たとえば、負荷分散仮想サーバーを追加し、2つのサービスを追加し、それらのサービスをその仮想サーバーにバインドするという、基本的な負荷分散構成を考えてみましょう。

この例では、次のコマンドを使用します。

add lb vserver **servername** HTTP **ipaddress portnumber**

add service **servicename1 ipaddress1** HTTP 80

add service **servicename2 ipaddress2** HTTP 80

bind lb vserver **servername servicename1**

bind lb vserver **servername servicename2**

Citrix ADM で構成テンプレートを保存するには:

  1. [ ネットワーク ] > [ 構成ジョブ] に移動し、[ ジョブの作成] をクリックします。

  2. [ Create Job ] ページで、ジョブ名とインスタンスタイプを指定します。

  3. [ 設定ソース] として [設定テンプレート ] を選択し、[コマンド] フィールドに、前述の例のようなコマンドを入力します。

  4. [ 構成テンプレートとして保存 ] チェックボックスをオンにし、テンプレートの名前を指定します。同じ名前が付いた他のテンプレートが存在する場合はそれを上書きすることを選択できます。

  5. [保存] をクリックします。

    テンプレートを保存する

構成テンプレートを使用してCitrix ADM で監査テンプレートを作成するには:

  1. [ ネットワーク ] > [ 構成監査 ] > [ 監査テンプレート] に移動し、[ 追加] をクリックします。

  2. [ テンプレートの作成 ] ページで、テンプレート名の名前を指定し、説明を入力します。

  3. [ 構成ソース ] ボックスの一覧から [ 構成テンプレート] を選択し、右側のペインの [コマンド] フィールドにテンプレートをドラッグします。構成を編集し、テンプレートを別の名前で保存することもできます。[ 次へ] をクリックします。

  4. [ Select Instances ] タブで、[ Add Instances] をクリックし、設定を実行するインスタンスを追加します。[OK] をクリックします。

  5. [完了] をクリックします。

    監査テンプレートの作成

    監査テンプレートは、[Audit Templates]ボックスの一覧に表示され、指定したインスタンスの構成に対して12時間ごとに実行されます。

構成テンプレートを使用した監査テンプレートの作成