Citrix Application Delivery Managementサービス

syslog メッセージの抑制

Syslogサーバーとして構成されている場合、Citrix Application Delivery Management(ADM)は、構成済みのCitrix ADC(Citrix ADC)インスタンスからすべてのsyslogメッセージを受信します。見たくないメッセージが多数あるかもしれません。たとえば、すべての情報レベルのメッセージを表示することに興味がない場合があります。必要のない一部のsyslogメッセージを破棄できるようになりました。いくつかのフィルタを設定することで、ADM に送信される syslog メッセージの一部を抑制できます。Citrix ADMは、条件に一致するすべてのメッセージをドロップします。これらのドロップされたメッセージはCitrix ADM GUIには表示されません。また、これらのメッセージはお客様のCitrix ADMデータベースにも保存されません。

いくつかのフィルタを設定することで、ADM に送信されるロギングされた syslog メッセージの一部を抑制できます。syslogメッセージを非表示にするために使用できる2つのフィルターは、重要度とファシリティです。特定のCitrix ADC インスタンスまたは複数のインスタンスからのメッセージを抑制することもできます。また、Citrix ADM でメッセージを検索および非表示にするテキストパターンを指定することもできます。Citrix ADMは、条件に一致するすべてのメッセージをドロップします。これらのドロップされたメッセージはCitrix ADM GUIには表示されません。また、これらのメッセージは顧客データベースにも保存されません。それにより、ストレージサーバー上のかなりの領域が節約されます。

syslogメッセージを非表示にするためのいくつかのユースケースを次に示します。

  • 情報レベルのすべてのメッセージを無視する場合は、レベル6(情報)を非表示にします。
  • ファイアウォールのエラー条件のみを記録する場合は、レベル3(エラー)以外のすべてのレベルを非表示にします。

フィルタの作成による syslog メッセージの抑制

  1. Citrix ADMで、[ ネットワーク ]>[ イベント ]>[ Syslogメッセージ]に移動します。

  2. [ フィルタを非表示] をクリックします。

    syslog メッセージの抑制

  3. [ フィルタの抑制 ] ページで、[ 追加] をクリックします。

  4. 抑制フィルタの作成 」ページで、次の情報を更新します。

    1. [名前 ]: フィルタの名前を入力します。

      注:

      異なるユーザーが複数のCitrix ADCインスタンスに対して異なるアクセス権を持っている場合は、インスタンスごとに異なるフィルタを作成する必要があります。これは、ユーザーがすべてのインスタンスにアクセスできるフィルタのみを表示できるためです。

    2. 重大度 :メッセージを抑制する必要があるログ・レベルを選択し、追加します。
      たとえば、入ってくる情報メッセージを表示しない場合は、[ 情報 ] を選択してこれらのメッセージを非表示にできます。

    3. インスタンス -syslogメッセージが構成されているCitrix ADC インスタンスを選択します。

      抑制フィルタを作成する

    4. ファシリティ-メッセージを生成するソースに基づいてメッセージを抑制するファシリティを選択します。

    5. メッセージパターン -アスタリスク (*) で囲まれたテキストパターンを入力して、メッセージを非表示にすることもできます。メッセージに対してテキストパターン文字列が検索され、このパターンが含まれているメッセージが非表示になります。

      メッセージパターン

フィルターの無効化

Citrix ADM でメッセージを表示できるようにするには、フィルタを無効にする必要があります。

  1. [ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ Syslog メッセージ] に移動します。

  2. [ フィルタを非表示] をクリックします。

    フィルタを省略

  3. [ フィルタの抑制 ] ページで、フィルタを選択し、[ 編集] をクリックします。

  4. [ フィルタの抑制の構成 ] ページで、[ フィルタを有効にする ] チェックボックスをオフにして、フィルタを無効にします。

syslog メッセージの抑制