Citrix Application Delivery Managementサービス

セカンダリCitrix ADC インスタンスを強制的にセカンダリとして保持する

高可用性 (HA) セットアップでは、プライマリノードの状態に関係なく、セカンダリノードを強制的にセカンダリ状態にすることができます。

たとえば、プライマリノードをアップグレードする必要があり、アップグレード処理に数秒かかるとします。アップグレード中、プライマリノードが数秒間停止することがありますが、セカンダリノードを引き継ぎたくないため、プライマリノードで障害が検出された場合でも、セカンダリノードのままにします。

セカンダリノードを強制的にセカンダリのままにすると、プライマリノードがダウンしてもセカンダリのままになります。HAペアの一方のノードのステータスをセカンダリのまま強制的に維持すると、そのノードは、HA状態マシン遷移には参加しません。ノードのステータスは、STAYSECONDARYとして表示されます。

システムをセカンダリのまま強制的に維持する場合、その強制を実施するプロセスは、伝播も同期もされません。コマンドを実行するノードのみが対象となります。

Citrix ADMを使用してセカンダリCitrix ADC インスタンスをセカンダリとして保持するように構成するには:

  1. Citrix ADMで、[ ネットワーク ]>[ インスタンス]の順に選択し、インスタンスタイプ(VPX)でインスタンスを選択します。

  2. 選択したインスタンスの種類にリストされているインスタンスから、HAセットアップを構成するインスタンスを選択します。

  3. [ 操作 ] ボックスで、[ セカンダリに維持する] を選択します。

  4. [ はい ] をクリックして、[セカンダリに保存] アクションの実行を確定します。

    二次的に維持する

セカンダリCitrix ADC インスタンスを強制的にセカンダリとして保持する