Citrix Application Delivery Managementサービス

Citrix ADC インスタンスの管理パーティションの管理

Citrix ADC(Citrix ADC)インスタンスで管理者パーティションを構成して、組織内の異なるグループに同じCitrix ADCインスタンス上の異なるパーティションを割り当てることができます。ネットワーク管理者を割り当てて、複数のCitrix ADCインスタンス上の複数のパーティションを管理できます。

Citrix Application Delivery Management ADM(Citrix ADM)では、管理者が所有するすべてのパーティションを単一のコンソールからシームレスに管理できます。これらのパーティションは、他のパーティション構成を中断することなく管理できます。

複数のユーザーが異なる管理パーティションを管理できるようにするには、グループを作成し、それらのグループにユーザーとパーティションを割り当てる必要があります。グループまたはユーザーの作成の詳細については、ユーザーの作成およびグループの作成を参照してください。

ユーザーは、そのユーザーが属するグループ内のパーティションのみを表示および管理できます。Citrix ADC インスタンスを検出すると、そのCitrix ADCインスタンスに構成されている管理パーティションが自動的にシステムに追加されます。各管理パーティションは、Citrix ADM ではインスタンスと見なされます。

管理パーティションの表示

Citrix ADC VPXインスタンスが2つあり、各インスタンスには2つの管理パーティションが構成されているとします。たとえば、Citrix ADCインスタンス 10.xx.xx.160 にはパーティション1とパーティション2があり、10.xx.xx.20インスタンスには最初のパーティションと2番目のパーティションがあります。

管理パーティションを表示するには、次の手順を実行します。

  1. [ ネットワーク ] > [ インスタンス ] > [ Citrix ADC] に移動します。

  2. [ VPX ] タブで、[ パーティション] をクリックします。

    Citrix ADC管理パーティション

たとえば、次の条件でグループを作成するとします。

  • [ 承認設定 ] タブで、「10.xx.xx.20-sond パーティション」および「10.xx.xx.160-partition-1」インスタンスが選択されます。

    管理パーティションの選択

  • 「User1」がグループに割り当てられます。

    ユーザーを割り当てる

User1 は、グループに追加されたパーティションのみを表示および管理できます。ただし、グループに追加されないパーティションは、同じインスタンスに属しているにもかかわらず、ユーザーに制限されます。

この例では、10.xx.xx.20-最初のパーティションと 10.xx.xx.160-partition-2 が制限されています。インスタンスは、ユーザーが割り当てられているグループに追加されないためです。

管理者パーティション 10.xx.xx.20-first パーティションおよび 10.xx.xx.160-partition-2 を別のユーザで管理する場合は、次の条件でグループを作成します。

  • [ 認証設定 ] タブで、10.xx.xx.20 の最初のパーティションと 10.xx.xx.160-パーティション 2 インスタンスを選択します。

  • 必要なユーザーをグループに割り当てます。

このグループにより、割り当てられたユーザーは、選択した管理パーティションを表示および管理できます。

リビジョン履歴の違いを表示する

管理パーティションのリビジョン履歴の違いにより 、パーティション化されたCitrix ADCインスタンスの5つの最新の構成ファイルの違いを確認できます。構成ファイルを相互に(構成リビジョン 1 と構成リビジョン-2 の例)、または Configuration Revision を使用して現在実行または保存された構成と比較できます。構成の違いとともに、修正構成も示されています。すべての修正コマンドをローカルフォルダにエクスポートし、設定を修正できます。

改訂履歴の差異を表示する手順は、次のとおりです。

  1. [ ネットワーク] > [構成監査] に移動します。構成監査ダッシュボードには、さまざまなレポートが表示されます。ドーナツグラフの中央に表示されている数字をクリックします。

    構成監査ダッシュボード

  2. パーティション分割されたCitrix ADCインスタンスを選択します。

  3. [アクション] ボックスで、[ リビジョン履歴の相違] をクリックします。

    リビジョン履歴の違い

  4. [ リビジョン履歴の差分 ] ページで、比較するファイルを選択します。たとえば、保存された構成と構成 Revision-2 を比較し、[ 構成の違いを表示] をクリックします。

    次に、選択したパーティション化されたCitrix ADCインスタンスの5つの最新の構成ファイルの違いを確認できます。次に、3 つの設定が保存されている admin パーティションの例を示します。

    保存された構成

    修正構成コマンドを表示し、これらの修正コマンドをローカルフォルダにエクスポートすることもできます。これらの修正コマンドは、構成を目的の状態(比較に使用される構成ファイル)にするために、ベースファイルで実行する必要があるコマンドです。

    修正構成コマンド

管理パーティションとインスタンスに保存された設定は異なります。次の例では、10.xx.xx.20 インスタンスに 5 つの保存済み設定があり、このインスタンスの管理パーティションには 3 つの異なる保存済み設定があります。

管理者パーティションとインスタンスのリビジョン履歴の違い

テンプレートと実行の違いを表示する

パーティションの監査テンプレート を使用すると、カスタム構成テンプレートを作成し、それをパーティションインスタンスに関連付けることができます。監査テンプレートを使用したインスタンスの実行構成のバリエーションは、[ 監査レポート] ページの [テンプレートと実行時の差分 ] 列に表示されます。構成の違いとともに、修正構成も示されています。また、すべての修正コマンドをローカルフォルダにエクスポートして、設定を修正することもできます。

  1. [ ネットワーク] > [構成監査] に移動します。構成監査ダッシュボードには、さまざまなレポートが表示されます。ドーナツグラフの中央に表示されている数字をクリックします。

    構成監査

  2. 監査レポート 」ページで、「テンプレートと実行中の差分」列の下にある「 相違が存在する 」ハイパーリンクをクリックします。

    監査テンプレートと実行構成に違いがある場合、その違いはハイパーリンクとして表示されます。ハイパーリンクをクリックすると、相違点が表示されます(存在する場合)。構成の違いとともに、修正構成も示されています。また、すべての修正コマンドをローカルフォルダにエクスポートして、設定を修正することもできます。

    テンプレートとランニングの違い

このダッシュボードのレポートをエクスポートするには、次の手順に従います。

このページのレポートをエクスポートするには、このページの右上にある エクスポート アイコンをクリックします。[ エクスポート ] ページでは、次のいずれかの操作を実行できます。

  1. [ 今すぐエクスポート ] タブを選択します。レポートを PDF、JPEG、PNG、または CSV 形式で表示して保存します。

  2. [ スケジュールエクスポート ] タブを選択します。レポートを毎日、毎週、または毎月スケジュールし、電子メールまたは余裕期間メッセージでレポートを送信するには。

  • [ 毎週 の繰り返し] を選択した場合は、レポートをスケジュールする平日を選択してください。
  • [ 毎月の繰り返し ] を選択した場合は、レポートをスケジュールするすべての日をカンマで区切って入力します。
Citrix ADC インスタンスの管理パーティションの管理