Citrix Application Delivery Managementサービス

Citrix ADC インスタンスへのSSL証明書のインストール

Citrix ADCインスタンスにSSL証明書をインストールする前に、証明書が信頼できるCAによって発行されていることを確認してください。また、証明書キーのキー強度が 2,048 ビット以上であり、キーが安全な署名アルゴリズムで署名されていることを確認します。

別のCitrix ADCインスタンスからSSL証明書をインストールするには:

選択したCitrix ADCインスタンスから証明書をインポートし、Citrix ADM GUIからターゲットとなる他のCitrix ADCインスタンスに適用することもできます。

  1. [ ネットワーク ] > [ SSL ダッシュボード] に移動します。

  2. SSL ダッシュボードの右上隅にある [ 証明書のインストール] をクリックします。

  3. [Citrix ADCインスタンスへのSSL証明書のインストール ]ページで、次のパラメータを指定します。

    1. 証明書ソース

      [ インスタンスからインポート] オプションを選択します。

      • 証明書のインポート元のインスタンスを選択します

      • インスタンスのすべての SSL 証明書 ファイルのリストから [Certificate] を選択します。

    2. 証明書詳細

      • 証明書名。証明書キーの名前を指定します。

      • パスワード。秘密キーを暗号化するためのパスワード。このオプションを使用して、暗号化された秘密キーをアップロードできます。

  4. インスタンスの選択 ]をクリックして、証明書をインストールするCitrix ADC インスタンスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

    インスタンスを選択

Citrix ADM からSSL証明書をインストールするには:

  1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ SSLダッシュボード]に移動します。

  2. ダッシュボードの右上隅にある [ 証明書のインストール] をクリックします。

  3. [Citrix ADCインスタンスへのSSL証明書のインストール ]ページで、次のパラメータを指定します。
    • 証明書ファイル :[ローカル]( ローカルマシン )または[ アプライアンス ](証明書ファイルはCitrix ADM仮想インスタンス上に存在する必要があります)を選択して、SSL証明書ファイルをアップロードします。

    • Key File - キーファイルをアップロードします。

    • Certificate Name - 証明書のキーの名前を指定します。

    • Password - 秘密キーを暗号化するためのパスワード。このオプションを使用して、暗号化された秘密キーをアップロードできます。

    • インスタンスの選択 -証明書をインストールするCitrix ADCインスタンスを選択します。

  4. 今後使用するために構成を保存するには、[ 構成を保存 ] チェックボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

    構成を保存する

Citrix ADC インスタンスへのSSL証明書のインストール