Citrix Application Delivery Managementサービス

以前のリリース

このトピックは、Citrix Application Delivery Management(Citrix ADM)の以前のリリースのリストです。

2019年12月03日

新機能と機能強化

サービスグラフでのしきい値の設定

管理者として、Kubernetes サービスのしきい値を設定できるようになりました。Citrix ADM では、サービスの応答時間とエラー数に基づいて、サービスの状態(重大、レビュー、および良好)が表示されます。デフォルトでは、すべてのサービスに適用される デフォルトのしきい値 (サービス応答時間 = 200 ms、エラー数 = 0)を表示できます。

詳しくは、「サービスグラフでのしきい値の設定」を参照してください。

[NSADM-41290]

サービスの TCP および SSL メトリック

Service Graph では、HTTP トランザクションの詳細とは別に、TCP および SSL サービスの依存関係とメトリックを表示できるようになりました。これで、サービスで使用されるプロトコルとともにサービスグラフが表示されます。TCP メトリックと SSL メトリックを使用すると、次のことができます。

  • サービス間の TCP 接続の詳細を表示する

  • TCP関連の問題が送信元サービスまたは宛先サービスにあるかどうかを確認します。

  • SSL エラーが送信元サービスまたは宛先サービスからのものであるかを表示する

  • SSL サービスが使用する SSL プロトコルのバージョンの表示

詳しくは、「サービスグラフ」を参照してください。

[NSADM-41295], [NSADM-41296]

キープアライブインターバルの設定

これで、ADM サービスとエージェント間の接続を維持するために、内部キープアライブを設定できます。内部は 30 ~ 120 秒である必要があります。間隔を構成するには、ADM サービスの GUI から、[設定] > [ システム設定] > [システム構成] > [エージェントとタイムゾーン] に移動します。

[NSADM-43641]

状況依存ヘルプのサポート

ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、Citrix ADM GUIにヘルプパネルが追加されました。ADM サービスにログオンするときに、疑問符 (?) をクリックします。をクリックして、 ヘルプパネルを起動します

このヘルプパネルには、次の情報を表示するオプションがあります。

  • コンテキストヘルプ:表示している UI 画面に固有のコンテンツを起動します。現在、ヘルプリンクは新しいブラウザタブで開き、製品ドキュメントの状況依存コンテンツを表示します。

  • ドキュメント:ADM サービスのドキュメントの概要ページを起動し、必要なコンテンツに移動します。

  • ディスカッションフォーラム:フォーラムサイトを立ち上げ、当社の専門家コミュニティが議論している内容を表示します。

  • 購入方法:ADMサービスを購入できる場所からcitrix.comサイトを起動します。

  • カスタマーサポート:サポートサイトを起動して、サポートチームにお問い合わせください。

コンテキスト

[NSADM-39656]

解決された問題

ネットワーク

[ ADM GUI] > [ネットワーク] > [インフラストラクチャ分析] で、右上隅のCircle Pack 表示または表形式表示をクリックすると 、Firefox ブラウザーでページが正しくレンダリングされません。

[NSADM-40660]

Autoscaleグループを追加するページ(ADM GUI > ネットワーク > Autoscaleグループ > 追加)で、ライセンスエディションを選択するオプション(たとえば、Citrix ADC VPX Advanced Edition-10Mbps)が[ ライセンス ]タブの代わりに[ クラウドパラメータ ]タブに表示されます。

[NSADM-43759]

ADC SSL 証明書の有効期限を設定したメール、SMS、または Slack 通知が機能しません。

[NSADM-44008]

Analytics

AppFlow コレクタにカスタム名がある場合、ADM Analytics 機能が無効になることがあります。

[NSADM-43723]

2019年11月12日

新機能と機能強化

バーストライセンスによる帯域幅の増加

バーストライセンスは、プールされた容量に追加の帯域幅またはインスタンスライセンスを提供する特別なプログラムです。仮想 CPU サブスクリプションでは、仮想 CPU ライセンスが追加されます。基本サブスクリプション制限に達すると、新しいライセンスを調達しなくても、すぐに使用できるライセンスを使用できます。これらのバーストライセンスは、1 か月あたりの実際の使用量に基づいて課金されます。バーストライセンスプログラムは、特定のお客様のみを必要に応じて利用できます。

毎月、年間のサマリーを表示して、プールされた容量の帯域幅使用状況を追跡できます。ライセンスの使用状況を表示するには、Citrix ADM GUIで[ プールされた容量]>[ライセンス使用状況 ]ページに移動します。

[NSADM-36649]

サービスグラフでの入力メトリックとクライアントメトリックの表示

サービスグラフでは、Ingress を介して接続されたサービスとともにネットワークマップが表示されます。これで、次の項目を表示できます。

  • ADCインスタンス(MPX、VPX、CPX)が要求を処理するのに要した平均時間。
  • クライアントと Ingress 間の通信のためのクライアント RTT。

詳しくは、「クラウドネイティブ (Kubernetes) アプリのサービスグラフ」を参照してください。

[NSADM-41287]

Citrix ADM AutoScaleグループの Azure 可用性セットのサポート

Azure クラウドにデプロイされた Citrix ADC VPX インスタンスをAutoscaleするために Citrix ADM サービスでAutoscaleグループを作成する場合、アベイラビリティセットまたはアベイラビリティーゾーンのいずれかを選択できるようになりました。以前は、 アベイラビリティーゾーンが唯一のオプションでした

[ADM AutoScale設定] 領域

詳しくは、「構成」を参照してください。

[NSADM-42598]

解決された問題

ネットワーク

仮想サーバーを選択すると、「 ADM GUI」>「ネットワーク」>「ネットワーク機能」>「コンテンツスイッチング 」の「 ビジュアライザー」タブをクリックすると、 「エラー:Citrix ADC 構成を取得できませんでした。」「

[NSADM-42066]

GSLBネットワーク機能は、Citrix ADCメトリックの処理時間が長くなります。この問題により、GSLBサイトの検出中にレイテンシーが追加され、Citrix ADM分析でADCデバイスの不一致が生じます。この問題は、複数のテナントに対して複数の GSLB デバイスを構成するときに発生することがあります。

[NSADM-40997]

オーケストレーション

Citrix ADMサービスで既存のKubernetesクラスターを編集すると、「応答エラー」と応答ステータス「500」というエラーが表示されます。 今回の修正により、ADM はエージェント上の Kubernetesクラスターを編集した 値で再構成します。また、Citrix ADM GUIには、クラスタの再構成の状態を示すメッセージが表示されます。クラスタ構成のステータスは、次のとおりです。

  • Citrix ADMがKubernetesクラスターに正常に追加されました。
  • トークンには、編集したクラスターを構成するために必要な権限がありません。
  • Citrix ADMがKubernetesクラスターに接続できませんでした。

[NSADM-41023]

Analytics

分析を有効にすると、ADM GUI で Web Insight がデフォルトで選択されます。

[NSADM-40606]

2019年10月17日

新機能と機能強化

新しい指標を追加した強化されたインフラストラクチャ分析

既存のインジケータとは別に、インフラストラクチャ分析で次の新しい指標を表示して、Citrix ADCインスタンススコアを充実させることができます。

  • 不正な IP ヘッダー

  • 不正な L4 チェックサム

  • IP移動によるCPU使用率の向上

  • 過剰なパケットステアリング

  • 再構成制限ヒットによる TCP パケットのドロップ

  • レイヤ 2 ループ

  • タグ付き VLAN の不一致

詳しくは、「新しいインジケータによるインフラストラクチャ分析の強化」を参照してください。

[NSADM-39152]

エージェントイメージのダウンロードオプション

これで、ADM サービスにエージェントが存在しない場合でも、ADM UI から最新のエージェントイメージをダウンロードできます。詳しくは、「エージェントのアップグレード設定の構成」を参照してください。

[NSADM-40097]

複数のクラスターでの Kubernetes Ingress 設定の管理

Kubernetes は、クライアントトラフィックがアプリケーションのマイクロサービスにアクセスするときに使用する Ingress 機能を使用します。Citrix ADCインスタンスは、Kubernetesクラスター内で実行されているアプリケーションへの入力として機能できます。Citrix ADCインスタンスはロードバランサーになり、クライアントから Kubernetes クラスター内のマイクロサービスへの(南北)トラフィックへのプロキシになります。また、インスタンスは、Kubernetes 環境でマイクロサービスのエンドポイントが変更されたときに更新されます。

入力として動作するように複数の ADC インスタンスを設定し、入力ポリシーに基づいて各 ADC を異なるアプリケーションに割り当てることができます。入力設定をデプロイするには、次のように指定します。

  • クラスタ — 入力設定をデプロイする Kubernetes クラスター。Kubernetes クラスターを追加するには、「 オーケストレーション」>「Kubernetes」>「クラスター」を参照してください。

  • ポリシー — ポリシーは、入力設定をデプロイする ADC インスタンス、クラスタ、名前空間を決定します。ポリシーを定義するには、[ オーケストレーション] > [Kubernetes] > [ポリシー]に移動します。

  • 入力設定 :この設定には、コンテンツスイッチングルール、およびマイクロサービスとそのポートの対応する URL パスが含まれます。また、Kubernetes シークレットを使用して SSL/TLS 証明書を指定して、ADC インスタンスの HTTPS トラフィックをオフロードすることもできます。

Citrix ADMは、入力構成とADCインスタンスを自動的にマッピングします。Citrix ADMは、ADCインスタンスを選択し、指定された入力ポリシーに応じて入力構成をホストします。進入デプロイステータスを表示するには、[ オーケストレーション] > [Kubernetes] > [Ingress] に移動します。

成功した入力構成ごとに、Citrix ADMはStyleBooks構成パックを生成します。ConfigPack は、入力設定に対応する ADC インスタンスに適用される ADC 設定を表します。設定パックを表示するには、[ アプリケーション ] > [ StyleBooks ] > [ 構成] に移動します。

詳しくは、「Citrix ADM でKubernetes入力構成を管理する」を参照してください。

[NSADM-40847]

ネットワーク機能エンティティをユーザーに許可する

管理者は、特定のネットワーク機能エンティティを選択し、ユーザーにアクセス権を付与できます。このオプションを使用すると、ネットワーク機能エンティティの個々のレベルでユーザーアクセスを管理できます。この機能を使用すると、エンティティレベルで特定のアクセス許可をユーザーまたはグループに動的に割り当てることができます。

ネットワーク機能エンティティを承認するには、グループの構成時に [個々のエンティティタイプを選択] オプションを選択します。Citrix ADM GUIでは、次のネットワーク機能エンティティタイプを認証できます。

  • アプリケーション(仮想サーバ)

  • サービス

  • サービスグループ

  • サーバー

個々のエンティティを追加するか、必要なエンティティタイプの下にあるすべてのエンティティを選択して、ユーザーにアクセスを許可できます。詳しくは、「Citrix ADMでのグループの構成」を参照してください。

[ バインドされたエンティティにも適用 ] オプションは、選択したエンティティタイプにバインドされているエンティティを承認します。たとえば、アプリケーションを選択し、「バインドされたエンティティにも適用」を選択すると、アプリケーションにバインドされたエンティティも承認されます。

正規表現を使用してネットワーク関数エンティティを選択できます。エンティティは、指定された正規表現に応じて検出されます。検出されたエンティティの [バインドされたエンティティを許可する] オプションを選択すると、ユーザーは選択したエンティティにバインドされているエンティティに自動的にアクセスできます。

バインドされたエンティティを承認する場合は、エンティティタイプを 1 つだけ選択してください。

ネットワーク機能エンティティタイプを承認

[NSHELP-6078]

新しい構成監査グラフ

構成監査]ページに[Citrix ADC構成ファイルの状態** ]グラフが追加されます。このグラフには、 nsconfig フォルダ内に存在するCitrix ADCファイルのステータスが表示されます。Citrix ADM は、 nsconfig フォルダー内のファイルの変更を記録して比較し、相違点を表示します。

このグラフを使用すると、 nsconfig フォルダ内のファイルが追加、変更、または削除されたかどうかを監視できます。

Citrix ADC構成ファイルのステータス

たとえば、ADCインスタンスでライセンス・ファイルが更新された場合、このファイルが最後に更新された日時を確認し、適切なアクションを実行できます。

変更されたファイルステータスイベントに関する通知を受信するようにアラートを設定できます。[ 構成ファイルの相違通知] で、電子メールまたはslackの情報を指定できます。詳しくは、「インスタンス間の設定変更の監査」を参照してください。

[NSADM-36469]

解決された問題

ネットワーク

  • Citrix ADMからダウンロードされたcertkeysが破損しています。

    [NSADM-41630]

  • [ ネットワーク ] > [AutoScaleグループ] で新しいAutoScaleグループを作成すると、HTML タグが [ ライセンス ] タブに表示されます。

    [NSADM-42234]

オーケストレーション

Citrix ADMエージェントが変更または無効になった場合、クラスタを削除することはできません。

[NSADM-41021]

2019年10月03日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 最新ビルドに自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

負荷分散サービスのネットワークレポートの生成

これで、負荷分散サービスのネットワークレポートダッシュボードを作成できます。このダッシュボードには、選択したサービスの次のレポートを表示できます。

  • 接続:クライアントとサーバーの接続カウンタ。

  • スループット:要求バイト数と応答バイトカウンタ。

  • 最初のバイトまでの時間(TTFB):要求パケットをサービスに送信し、サービスから最初のパケットを受信するのに要した平均時間。この応答時間は TTFB と呼ばれます。

TTB 情報を含むネットワークレポートダッシュボード

ネットワークレポートダッシュボードの作成方法の詳細については、「ネットワークレポート作成」を参照してください。

[NSADM-18228]

修正された問題

ネットワーク

RBAC ユーザが ADM GUI にログオンすると、そのユーザが子メニューにアクセスできるが親メニューにアクセスできない場合は、エラーメッセージが表示されます。

[NSHELP-20409]

2019年9月18日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 最新ビルドに自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

Citrix ADMサービスを使用してServiceNowでインシデントを自動生成する

Citrix ADCイベント、SSL証明書イベント、およびCitrix ADMライセンスイベントに対して、ServiceNowインシデントを自動生成できます。

  • Citrix ADC イベント:Citrix ADM は、選択した管理対象のCitrix ADCインスタンスから、選択した一連のCitrix ADC イベントのServiceNoWインシデントを生成できます。

    管理対象インスタンスからCitrix ADC イベントのServiceNow通知を送信するには、イベントルールを構成し、ルールのアクションを「 ServiceNow通知の送信」として割り当てる必要があります。

    [ ネットワーク ] > [イベント] > [ルール] に移動して、ADM サービスでイベントルールを作成します。詳しくは、「サービスノウ通知の送信」を参照してください。

  • SSL証明書とADMライセンスイベント:Citrix ADM は、SSL証明書の有効期限およびADMライセンス有効期限イベントのServiceNoWインシデントを生成できます。

    SSL 証明書の有効期限に関する ServiceNow 通知を送信するには、「SSL 証明書の有効期限」を参照してください。

    ADM ライセンスの有効期限に関する ServiceNow 通知を送信するには、「Citrix ADMライセンスの有効期限」を参照してください。

重要

[NSADM-23783]

ボット攻撃の分析を表示する

Citrix ADCインスタンスで構成されたボット検出テクニックのインサイトを表示できるようになりました。[ 分析 ]>[ ボットインサイト ]の順に選択し、Citrix ADCインスタンスに対するボット攻撃を表示します。ボットインサイトを有効にして 、ボット攻撃の分析を表示します。

詳しくは、「ボットインサイト」を参照してください。

[NSADM-36648]

Expressアカウントを使用してCitrix ADMサービスを管理する

このリリースでは、Citrix ADMサービスアカウントを作成すると、Expressライセンスアカウントが自動的に割り当てられます。別の試用ライセンスは不要です。すでに試用期間に入っている場合、試用期間が終了すると、アカウントは Express アカウントに変換されます。

Citrix ADMライセンスのサブスクリプションと猶予期間が終了すると、アカウントはExpressアカウントに変換されます。

詳しくは、「Citrix ADM Expressアカウント」を参照してください。

[NSADM-31715]

ロールバックコマンドをカスタマイズして設定ジョブを作成する

設定ジョブを作成するときに、コマンドが失敗したときに実行するロールバックコマンドを指定できるようになりました。[ ネットワーク ] > [ 構成ジョブ] に移動して、[ロールバックのカスタマイズ] オプションを有効にできます。

[NSADM-31710]

高度な検索のための情報ヒント

syslog メッセージおよび監査ログメッセージの検索に使用する演算子および論理演算子について説明する情報ヒントが追加されます。情報のヒントを表示するには、ADM GUI の検索バーをクリックし、[ ヘルプが必要] をクリックします。

自己検索ヘルプ

詳しくは、「syslog メッセージの検索」を参照してください。

[NSADM-38406]

解決された問題

ライセンス

  • [ライセンス使用] でタイムゾーンをローカルから GMT に変更しても、カスタム時刻は GMT に変更されません。また、ライセンス使用状況レポートは生成されません。

[NSADM-17670]

ネットワーク

  • ネットワーク]>[ネットワーク機能]から[ 今すぐポーリングする]をクリックすると、Citrix ADM GUIがしばらくハングし、データが回復できません。

[NSHELP-20143]

  • すべてのファイルが削除され、エージェントが追加されていない場合でも、Citrix ADMに「ライセンスの機能には少なくとも1つのエージェントが必要です」というエラーメッセージが表示されます。

[NSADM-38386]

オーケストレーション

  • Citrix ADMでは、複数のクラスターを追加すると、[ **オーケストレーション ] > [クラスタ] にクラスター情報が 1 つだけ表示されます。**

[NSHELP-41020]

2019年9月03日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 最新ビルドに自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

クラウドネイティブ (Kubernetes) アプリのサービスグラフ

Citrix ADM サービスグラフ機能を使用すると、次のことができます。

  • アプリケーション全体のパフォーマンスをエンドツーエンドで監視できます。

  • アプリケーションのさまざまなコンポーネントの相互依存関係によって生成されるボトルネックを特定します。

  • アプリケーションのさまざまなコンポーネントの依存関係に関する洞察を収集します。

  • Kubernetes クラスター内のサービスを監視します。

  • 問題のあるサービスを監視します。

  • パフォーマンスの問題に寄与する要因を確認してください。

  • サービス HTTP トランザクションの詳細な可視性を表示します。

  • 次のメトリックスを分析します。

    • 総ヒット数

    • サービス応答時間

    • データボリューム

    • エラー

詳しくは、「クラウドネイティブ (Kubernetes) アプリのサービスグラフ」を参照してください。

[NSADM-23832]

Citrix ADMでインスタンス設定を変更する

Citrix ADMには、インスタンス設定を変更するオプションがあります。これらの設定は、Citrix ADMが検出したインスタンスに適用されます。インスタンス管理の設定を変更するには、[設定] > [ システム設定] > [インスタンス設定]に移動します。

インスタンス管理の設定

[NSADM-37277]

解決された問題

ネットワーク

  • ネットワーク]>[ネットワーク機能 ]>[ 負荷分散 ]では、Citrix ADM GUIが仮想サーバーを表示するのに時間がかかります。

    [NSHELP-20050]

  • AutoScaleグループの作成中に、[AutoScaleパラメータ]タブにCitrix ADCインスタンスの最小数の情報が表示されませんでした。したがって、Citrix ADM は ADC インスタンスのAutoScaleに失敗します。

    [NSADM-40501]

  • Citrix ADMで、エージェントを介して検出されたCitrix ADCインスタンスに証明書とキーファイルをアップロードしてインストールしようとすると、エラーが表示されることがあります。

    [NSADM-34558]

システム

  • Citrix ADMサービスがエージェントを含むインスタンスを検出すると、NITRO 要求は、プロファイルで構成されたプロトコルの代わりにHTTPプロトコルを使用します。この NITRO 通信は、スケジュールされたインベントリ、統計、またはエンティティの監視中に発生します。

    [NSADM-39555]

  • 次のナビゲーションを使用して分析を有効にすると、Citrix ADM GUIが応答しなくなります。

    1. アカウント 」>「 購読」に移動します。

    2. [ 負荷分散] をクリックします。

    3. [アナリティクスの有効化] をクリックします。

    [NSADM-40760]

2019年8月13日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 最新ビルドに自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

ADM AutoScaleグループのライセンスを ADM からチェックアウトする

これで、Citrix ADMサービスに存在するADCライセンスを使用して、ADMAutoScaleグループ用にプロビジョニングされたCitrix ADCインスタンスのライセンスを取得できます。

新しい [ ライセンス ] タブが [ AutoScaleグループの作成 ] ページに表示されます。このタブでは、AutoScaleグループの作成時に、プールされた容量、VPXライセンス、および仮想CPUライセンスを構成できます。したがって、Autocale グループ用に新しいインスタンスがプロビジョニングされると、既に設定されているライセンスタイプがプロビジョニングされたインスタンスに自動的に適用されます。

プロビジョニングされたインスタンスが破棄またはプロビジョニング解除されると、適用されたライセンスは自動的にCitrix ADM に返されます。

以前は、Autoscale グループの作成時に、各クラウドマーケットプレイスで使用できるCitrix ADCライセンスのみを構成できました。したがって、Autocale グループ用に新しいインスタンスがプロビジョニングされると、ライセンスはクラウドマーケットプレイスから取得されます。

詳細については、次のリンクを参照してください。

[NSADM-37694、NSADM-33422]

StyleBookを使用したCitrix ADCアプリケーション構成の移行を簡素化

注:

この機能はプレビューです

StyleBooks構成ビルダーを使用すると、既存のADC構成からCitrix ADCアプリケーション構成StyleBookを作成できます。この機能により、あるCitrix ADC インスタンスから別のインスタンスへのアプリケーション構成の移行も自動化されます。 移行を開始するには、次のいずれかの構成ソースを指定します。

  • Citrix ADCインスタンス:このオプションは、選択したADCインスタンス上のアクティブなアプリケーションを検出します。

  • CLIコマンドのセット:このオプションは、CLIコマンドを分析し、内のアプリケーションを抽出します。

ソースが指定されると、ADM はソース内で検出されたすべてのアプリケーションを検出します。次に、移行先の ADC インスタンスに移行するアプリケーション構成を選択できます。詳しくは、「Citrix ADCアプリケーション構成の移行」を参照してください。

移行後、対応するStyleBookとともにCitrix ADMでConfigPackが作成されます。ConfigPack を表示するには、[ アプリケーション ] > [ StyleBooks ] > [ 構成] に移動します。

[NSADM-36438]

AutoScaleグループ内のCitrix ADCインスタンスのアップグレードを簡素化

Autocale グループの一部であるクラウドサービス内のすべてのインスタンスをシームレスにアップグレードできるようになりました。詳しくは、「Autoscaleグループのアップグレードをスケジュールする」を参照してください。

アップグレード中、Citrix ADCインスタンスの自動スケーリングは、選択したAutoScaleグループに対して無効になります。

アップグレード後、Autosale グループが新しいインスタンスをプロビジョニングする場合、新しいインスタンスは、アップグレード時に指定されたバージョンと同じになります。

[NSADM-34401、NSADM-34285]

フィルターを使用してCitrix ADM監査ログメッセージを検索する

フィルターを使用してCitrix ADM監査ログメッセージを検索し、結果を絞り込んで探しているものを正確に検索できるようになりました。新しいフィルタカテゴリは、ソース、イベント、重大度、メッセージです。

ADM に存在するすべてのアプリケーションの監査ログメッセージを検索するには、ADM GUI から、[ ネットワーク ] > [ ネットワーク機能 ] > [ 監査] に移動します。

メッセージの監査

ADM の特定のアプリケーションの監査ログメッセージを検索するには、ADM GUI から [ アプリケーション ] > [ ダッシュボード ] に移動し、監査ログメッセージを検索する仮想サーバーを選択します。次に、[ 監査ログ ] タブをクリックします。

監査ログメッセージ

詳しくは、「syslog メッセージの表示とエクスポート」を参照してください。

[NSADM-38705]

解決された問題

アカウント

  • Citrix ADM GUIでは、Syslogサーバーオプションを使用できません

    [NSADM-39256]

Analytics

  • 分析を有効にすると、ジオデータ収集もデフォルトで有効になりますが、ジオマップは Citrix ADM に表示されませんでした。

    [NSADM-39543]

ネットワーク

  • ライセンスされた仮想サーバーのいくつかは、アップグレード後にライセンスなしになります。この問題により、分析データが失われました。

    [NSADM-39379]

  • ネットワーク機能ダッシュボードに仮想サーバーの合計が正しく表示されませんでした。

    [NSADM-39512]

  • [ Schedule Export ] オプションを使用してレポートを構成すると、電子メール/slackで受信したレポートに空白の画面が表示されます。

    [NSADM-38974]

  • イベントサブシステムのスレッド数が15を超えると、Citrix ADMはSyslogsを処理できません。このリリースでは、スレッド制限が 20 に増加しました。

    [NSADM-39518]

2019年7月31日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトで、Citrix ADM 13.0 build 41.12に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

Webトランザクション分析

ウェブトランザクション分析により、複数の詳細なトランザクションを検索して、誤った 5xx レスポンスコードを表示できます。[ トランザクションの概要 ] ページでは、応答時間を短縮するために、詳細なトランザクションを表示することもできます。この機能を使用すると、詳細なトランザクションを調べることができるだけでなく、クライアント、ADC、サーバー間で分割されたレスポンス・タイム・メトリックを視覚的に理解できます。

この機能は、アプリケーションダッシュボードと統合されており、サーバーエラー-5XX の [トランザクションの概要] ページにアクセスできます。詳しくは、「サーバーエラーのWebトランザクション分析」を参照してください。

[NSADM-34701]

マーカー用の 2 つの新しいインジケータ

**クリティカルイベントとメジャーイベントは** 、マーカーに追加された新しい指標です。[ ネットワーク ]>[ インスタンス]では、マップ上のマーカーはCitrix ADMで作成されたサイトを表します。これで、インスタンスで発生したクリティカルイベントとメジャーイベントの数がマーカーに表示されます。この情報は、注意が必要なイベントを迅速に評価するのに役立ちます。

マーカーのクリティカルイベントおよび主要なイベントインジケータ

詳しくは、「Citrix ADMでグローバルに分散したサイトの監視」を参照してください。

[NSADM-38638]

機械学習とルールベースのアルゴリズムを使用したインテリジェントなアプリケーション分析

Intelligent App Analyticsでは、機械学習とルールベースのアルゴリズムを使用して、アプリケーションのパフォーマンスの問題を特定できます。管理者は、これらのアルゴリズムを使用して、アプリケーションのパフォーマンスの根本原因分析をより迅速に特定できます。以前は、アプリケーションをダブルクリックすると、応答時間、平均 CPU 使用率、メモリ使用量などのコンポーネントの分析を表示できました。これで、次の新しい指標を表示できます。

  • サーバ遅延の異常(機械学習アルゴリズムを使用)

  • セッションビルドアップイベント(ルールベースのアルゴリズムを使用)

  • サービスフラップイベント(ルールベースのアルゴリズムを使用)

詳しくは、「インテリジェントなアプリケーション分析」を参照してください。

[NSADM-33674]

新しいインジケータによるインフラストラクチャ分析の強化

以前は、Citrix ADM インフラストラクチャ分析を使用して、複数のデータソースを関連付けることで、Citrix ADCインスタンスのスコアを監視することができました。インフラストラクチャ分析で新しい指標を表示して、Citrix ADCインスタンススコアを充実させられるようになりました。これらの新しいインジケータは、管理者が問題の根本原因をすばやく分析するのに役立ちます。

Citrix ADM で、[ ネットワーク ] > [ インフラストラクチャ分析 ] に移動して、次のインジケータを表示します。

  • ポート割り当ての失敗

  • デフォルトのルート設定なし

  • IP の競合

  • VRID の競合

  • VLAN の不一致

  • TCPスモールウィンドウ攻撃

  • GSLBサイト名の不一致

詳しくは、「インフラストラクチャ分析」を参照してください。

[NSADM-30188]

解決された問題

システム

イベントサブシステムのスレッド数が15を超えると、Citrix ADMはSyslogsを処理できません。このリリースでは、スレッド制限が 20 に増加しました。

[NSADM-39518]

2019年7月16日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド40.24に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

ジョブのスケジューリングを有効または無効にするオプション

インスタンスバックアップ、インスタンス設定監査、インスタンスネットワークレポート、インスタンス SSL 証明書などのスケジューリングジョブを有効または無効にできます。以前は、これらのジョブはデフォルトで有効になっていましたが、無効にするオプションはありません。

スケジュールジョブを有効または無効にするには、Citrix ADM GUIから、[設定]、[ システム設定]、[構成可能な機能]の順に選択します。

[NSADM-36650]

Logstream によるパーティションの分析をトランスポートモードとして有効にする

管理対象インスタンスに管理パーティションを作成する場合、管理パーティションごとに別々に Citrix ADM の分析レポートを表示できます。以前のCitrix ADMは、インスタンスのIPアドレスに基づいて統合分析レポートを表示し、 IPFIXをトランスポートモードとして使用していました 。トランスポートモードとして Logstream を選択して、管理者パーティションの分析レポートを取得できるようになりました。

13.0 36.27より前のバージョンのCitrix ADC では、 IPFIXトランスポートモードのデフォルトのオプションです。13.0 36.27より後のCitrix ADC では、トランスポートモードとして[ ログストリーム]または [ IPFIX ]を選択できます。

  1. ネットワーク ]>[ インスタンス]>[Citrix ADC]の順に選択し、インスタンスのタイプを選択します。たとえば、VPX です。

  2. パーティション」をクリックします。

  3. [ 管理パーティション ] ページで、パーティションを選択し、[ アクションの選択 ] リストから [ Analytics の設定] を選択します。

  4. 仮想サーバーを選択し、[ アナリティクスを有効にする] をクリックします。

  5. [ Analyticsの有効化 ] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. インサイトタイプの選択 (Web Insight)

      パーティションの場合、Web Insight のみがサポートされます。

    2. 転送モードとして Logstream を選択します

    3. 式はデフォルトでtrueです

    4. [OK] をクリックします。

[NSADM-30252]

仮想サーバーライセンスを適用し、単一のワークフローで分析を実現

仮想サーバーのライセンスを取得し、ライセンス取得済みの仮想サーバーで分析を有効にするプロセスが簡素化されました。以前は、仮想サーバーの分析を有効にするには、[ ネットワーク ]>[ インスタンス]>[Citrix ADC]の順に選択し、仮想サーバーを選択して分析を有効にする必要があります。インスタンスに対して仮想サーバーのライセンスがない場合は、次のようにします。

  • まず、[ アカウント ] > [ サブスクリプション] の順に選択して、仮想サーバーのライセンスを取得する必要があります

  • 次に、[ ネットワーク ] > [ インスタンス ] > [ Citrix ADC ] の順に選択し、仮想サーバーの分析を有効にします。

Citrix ADMでは、この二重プロセスを排除し、仮想サーバーのライセンスを取得し、単一のワークフローで分析を適用できます。

詳しくは、「Analyticsの有効化」を参照してください。

[NSADM-32893]

複数のデータセンターにまたがるプール容量ライセンスのサポート

ライセンスプールを複数のデータセンターで共有できるようになりました。Citrix ADMに追加されたプールライセンスを使用して、管理対象のCitrix ADCインスタンスにライセンスを割り当てることができます。

Citrix Cloudアカウントからライセンスを自動インポートするには:

  1. [ ネットワーク ] > [ ライセンス] に移動します。

  2. [ ライセンスファイル ] タブで、[ ライセンスファイルを追加] をクリックします。

  3. [ライセンスアクセスコードを使用] オプションを選択します。

  4. [ライセンスの取得] をクリックします。

  5. リストから製品を選択します。

  6. [Download] をクリックします。

詳しくは、「プール容量を構成する」を参照してください。

[NSADM-36695]

ユーザーへの有効化/無効化パーミッションの付与

ユーザー定義のアクセスポリシーは、ユーザー、グループ、またはロールに適用できます。これらのポリシーでは、Citrix ADM機能に対するユーザー権限を定義できます。

このリリースでは、 Enable-Disable オプションは、有効または無効 のアクションを許可する ネットワーク機能 にのみ追加されています。この権限では、[ 今すぐポーリング ] アクションを実行することもできます。

ユーザーに Enable-Disable パーミッションを付与すると、 表示権限も付与されます 。このオプションの選択を解除することはできません。機能の「 有効/無効化 」アクセス許可を付与するには、「Citrix ADMでのアクセスポリシーの構成」を参照してください。

アップグレード前に、 機能に対する編集権限が付与されている場合は 、有効化/無効化および表示権限も付与されます 。自動選択オプションの選択を解除することはできません。

[NSADM-37684, NSHELP-18635]

Citrix ADM でのCitrix ADC BLX インスタンスの追加サポート

Citrix ADC BLXアプライアンスは軽量ソフトウェアパッケージで、使用するサーバーハードウェア上で動作します。これで、Citrix ADM を使用して、Citrix ADC BLX インスタンスを管理できます。詳細については、インスタンスの追加およびプール容量を構成するを参照してください。

[NSADM-29983]

RBAC ユーザーに対するアプリケーションベースの認証の簡素化

Citrix ADMでは、管理者として、必要なアプリケーションの他の管理者を、必ずしもインスタンスを選択しなくても、承認できるようになりました。以前は、インスタンスを選択してから、それらのインスタンスからアプリケーションを選択する必要がありました。また、アプリケーションがホストされているCitrix ADCインスタンスを管理者が知る必要がない場合もあります。この機能を使用すると、アプリケーションを直接選択できます。

アプリケーションをグループに追加するには

  1. [ アカウント ] > [ ユーザー管理 ] > [ グループ] に移動します。

  2. [追加] をクリックします。

    「 システム・グループの作成 」ページが表示されます。

  3. [ グループ設定 ] ページで必要な詳細を指定し、[ 次へ] をクリックします。

  4. [ 承認設定 ] ページで、[ アプリケーションの選択 ] リストから次のいずれかのオプションを選択します。

    • すべてのアプリケーション: このオプションはデフォルトで選択されています。Citrix ADMに存在するすべてのアプリケーションが追加されます。

    • [選択したインスタンスのすべてのアプリケーション]: このオプションは、[ すべてのインスタンス] カテゴリからインスタンスを選択した場合にのみ表示されます 。これは、インスタンス上に存在するすべてのアプリケーションを追加します。

    • 特定のアプリケーション: このオプションを使用すると、ユーザーがアクセスする必要なアプリケーションを追加できます。「 アプリケーションの追加 」をクリックし、リストから必要なアプリケーションを選択します。

  5. [Create Group] をクリックします。

    詳しくは、「Citrix ADMでのグループの構成」を参照してください。

[NSADM-37213]

ホスト名をクリックして、Citrix ADC インスタンスGUIにアクセスします

以前は、IP アドレスのみを使用して GUI にアクセスできました。これで、インスタンスのホスト名またはIPアドレスをクリックすると、Citrix ADMからCitrix ADCインスタンスのGUIにアクセスできます。

詳しくは、「インスタンスの追加」を参照してください。

[NSADM-37503]

フィルタを使用した syslog メッセージと監査ログメッセージの検索

これで、フィルタを使用して syslog メッセージと監査ログメッセージを検索し、結果を絞り込み、探しているものを正確に見つけることができます。新しいフィルタカテゴリは、インスタンス、モジュール、イベント、重大度、およびメッセージで、syslog メッセージと監査ログメッセージの両方で同じです。

Syslog メッセージを検索するには、ADM GUI から、[ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ Syslog メッセージ] に移動します。

監査ログメッセージを検索するには、ADM GUI から [ アカウント] > [ 監査ログメッセージ] に移動します。

検索方法の詳細については、「syslog メッセージの表示とエクスポート」を参照してください 。

[NSADM-25835]

エンティティの自動検出

Citrix ADMで構成されたCitrix ADCインスタンスにエンティティを追加すると、そのエンティティは10分以内にADMに自動的に表示されます。また、エンティティの変更はすぐに ADM に反映されます。

この機能を使用するには、ADM を介して ADC インスタンスで SNMP を有効にする必要があります。SNMPを有効にするには、ADM GUIから[ ネットワーク ]>[ インスタンス]>[Citrix ADC]の順に移動します。インスタンスを選択し、[ Select Action ] メニューの [ SNMP の設定] をクリックします。

また、Citrix ADCインスタンスで仮想サーバーを一括構成した場合、一部の仮想サーバーは10分以内に自動的に表示されます。他の仮想サーバーが表示されるまでに時間がかかることがあります (最大 20 分)。

[NSADM-23622]

クラウドでCitrix ADCインスタンスをプロビジョニングするための新しいタブ

これで、Citrix ADM GUI で [プロビジョニング] をクリックすると、Microsoft Azure クラウドと AWS クラウドで Citrix ADC VPX インスタンスをすばやくプロビジョニングできます 。[ ネットワーク ]>[ インスタンス]>[Citrix ADC]の順に選択し、[プロビジョニング]オプションを表示します。以前は、プロビジョニングオプションは[アクションの選択] リストにネストされていました。プロビジョニングを解除するには、インスタンスを選択し、[ プロビジョニング解除] をクリックします。

詳しくは、次のトピックを参照してください:

AWS での Citrix ADC VPX インスタンスのプロビジョニング

Microsoft Azure でのCitrix ADC VPXインスタンスのプロビジョニング

[NSADM-38057]

エージェント列とサイトの列

ネットワーク]>[インスタンス]>[Citrix ADC]の順に選択し、インスタンスを表示するときに、サイトとエージェントの情報を表示できるようになりました。

[NSADM-38057]

解決された問題

ネットワーク

  • Citrix ADM 遅延値は0ミリ秒と表示され、これは1ミリ秒未満に変更されました。

[NSADM-38207]

  • Citrix ADMは、CPXインスタンスをMPXインスタンスとして検出しました。この問題は修正されました。

[NSADM-37725]

  • エージェントでmasd再起動コマンドが失敗しました。この問題は修正されました。

[NSADM-37447]

設定

  • アクセス制御ダッシュボードには、Citrix ADMサービスのサブスクリプションの有効期限が切れた後の期間のデータは表示されません。この問題は、アクセス制御サービスのサブスクリプションも持っている場合に発生します。

[NSADM-37827]

2019年7月02日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトで、Citrix ADM 13.0ビルド39.14に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

バックアップファイルを外部システムに転送する

予防措置として、バックアップファイルのコピーを別のシステムに転送できます。構成を復元する場合は、まずバックアップファイルをCitrix ADMサーバーにアップロードしてから、復元操作を実行する必要があります。

Citrix ADM バックアップファイルを転送するには:

  1. ネットワーク]>[インスタンス]>[Citrix ADC ]の順に選択し、インスタンスタイプを選択します。たとえば、VPX です。

  2. インスタンスを選択し、 [アクションの選択] リストから [ バックアップ/復元] を選択します。

  3. バックアップファイルを選択し、[ 転送] をクリックします。

    [ バックアップファイルの転送 ] ページが表示されます。次のパラメータを指定します。

    1. サーバ :バックアップファイルを転送するシステムのIPアドレス。

    2. ユーザー名パスワード :バックアップ・ファイルのコピー先となる新しいシステムのユーザー資格情報。

    3. Port :ファイルの転送先となるシステムのポート番号。

    4. 転送プロトコル :バックアップファイルの転送に使用されるプロトコル。バックアップファイルを転送するには、SCP、SFTP、または FTP プロトコルを選択できます。

    5. ディレクトリパス :バックアップファイルが新しいシステム上で転送される場所。

  4. [OK] をクリックします。

[NSADM-31702]

ライセンスタイプの名前の変更

次のライセンスタイプの名前が変更されます。

既存のライセンス名 新しいライセンス名
標準 Standard(変更なし)
Enterprise 詳細設定
Platinum Premium

[NSADM-36694]

インストールされた SSL 証明書を更新し、CSR を作成する

これで、インストールされた SSL 証明書を更新し、証明書署名要求 (CSR) を作成できます。

  • インストールされた証明書を更新する

認証局(CA)から更新された証明書を受け取った後、Citrix ADMから既存の証明書を更新できます。各Citrix ADCインスタンスにログオンする必要はありません。 Citrix ADM からSSL証明書、キー、またはその両方を更新するには:

  1. [ ネットワーク] > [SSL ダッシュボード] に移動します。

  2. いずれかのグラフをクリックして、SSL証明書の一覧を表示します。

  3. [SSL 証明書] ページで、証明書を選択し、[ 更新] をクリックします。または、 SSL 証明書をクリックして詳細を表示し 、[SSL 証明書] ページの右上隅にある [ 更新 ] をクリックします。

  4. [ SSL 証明書の更新 ] ページで、要件に応じて証明書、キー、またはその両方を変更し、[ OK] をクリックします。

アップデートインストール済み証明書

  • CSRを作成する

証明書署名要求 (CSR) は、証明書が使用されているサーバーで生成される暗号化されたテキストのブロックです。これには、組織名、共通名 (ドメイン名)、地域、国など、証明書に含まれる情報が含まれています。

Citrix ADM を使用してCSRを作成するには:

  1. [ ネットワーク] > [SSL ダッシュボード] に移動します。

  2. グラフのいずれかをクリックして、インストールされている SSL 証明書のリストを表示し、CSR を作成する証明書を選択し、[Select Action] リストから [ Create CSR] を選択します 。

  3. [Create Certificate Signing Request (CSR)]ページで、CSRの名前を指定します。

  4. 次のいずれかを行います:

    1. キーのアップロード:キーファイルをアップロードするには、[ローカル](ローカルマシン)または[アプライアンス](キーファイルがCitrix ADM仮想インスタンスに存在する必要があります)を選択します。

    2. キーを作成する -次のパラメータを指定します。

      暗号化アルゴリズム キーのタイプ(RSA など)
      キーファイル名 RSAキーが保存されたファイル名。
      キーサイズ キーサイズ(ビット)。
      公開指数値 表示されたリストから [3] または [F4] を選択します。この値は、RSAキーを作成するのに必要な暗号アルゴリズムの一部です。
      キーの形式 デフォルトではPEMが選択されています。SSL証明書には、PEMが推奨されるキーの形式です。
      PEMエンコーディングアルゴリズム リストから、生成された RSA キーの暗号化に使用するアルゴリズム(DES または DES3)を選択します。このアルゴリズムを選択する場合は、PEMパスフレーズを指定する必要があります。
      PEMパスフレーズ 「PEM エンコーディングアルゴリズム」を選択した場合は、パスフレーズを入力します。
      PEMパスフレーズの確認 PEMパスフレーズを確認します。
  5. [続行] をクリックします。

  6. 次のページで、詳細を入力します。デフォルト値を変更せずにCSRを作成する場合は、[Continue]をクリックします。

    大半のフィールドには、選択した証明書のサブジェクトから抽出したデフォルト値が設定されます。サブジェクトには、共通名、組織名、州、国などの詳細が含まれています。

    ほとんどのCAが電子メールによる証明書の送信を受け付けています。CA から CSR を送信した電子メールアドレスに、有効な証明書が送信されます。

[NSADM-37278]

Citrix ADM分析の新しい洞察

Citrix ADMの[分析]で次のインサイトを表示できるようになりました。

[NSADM-36692]

AWS と Azure で高可用性モードでの Citrix ADC インスタンスのプロビジョニング

これで、Citrix ADM を使用して、AWS および Microsoft Azure クラウドの高可用性モードで Citrix ADC インスタンスをプロビジョニングしました。 展開するには、次の手順を実行します。

  1. [ ネットワーク] > [インスタンス] > [Citrix ADC] に移動します。

  2. VPXで「アクションの選択」 をクリックし、「 パブリッククラウドでのプロビジョニング」を選択します。

  3. [Citrix ADC VPXのプロビジョニング] ページで、Citrix ADC VPXインスタンスをプロビジョニングするクラウドサービスを選択します。

  4. [基本パラメータ] で、[ インスタンスのタイプ ] リストから [HA] を選択します。

  5. 次のオプションから [ Zone] タイプを選択します

    • 単一ゾーン:このオプションは、Citrix ADC VPXインスタンスを同じゾーンに展開します。

    • マルチゾーン:このオプションは、Citrix ADC VPXインスタンスを複数のゾーンに展開します。クラウド上に作成される各ゾーンについて、 [クラウドパラメータ] でネットワークの詳細を指定します。

    詳しくは、AWS での Citrix ADC VPX のプロビジョニングまたはMicrosoft Azure でCitrix ADC VPXをプロビジョニングするを参照してください。

[NSADM-31108、NSADM-30099]

Citrix ADMからCitrix ADCインスタンスを表示する新しいオプションフィールド

Citrix ADMからCitrix ADCインスタンスを表示するために、次の新しいオプションフィールドが追加されました。これらのフィールドを選択するには、 [Citrix ADM GUI]>[ネットワーク]>[インスタンス]>[Citrix ADC]の順に選択し、[設定]アイコンをクリックします。

  • HA マスターの状態

  • HA 同期の状態

  • 管理プロファイル

  • 状況

  • アップタイム

  • モデル ID

  • パケットエンジン

  • SSLカード

  • CPU

  • ハードウェアバージョン

  • LOM バージョン

  • ホスト ID

  • シリアル番号

  • エンコードされたシリアル番号

  • UUID

次に、設定アイコンと新しいフィールドが強調表示されている例を示します。

アップデートインストール済み証明書

[NSHELP-6170]

解決された問題

ネットワーク

  • Citrix ADMを使用してCitrix ADC SDXインスタンスをアップグレードしようとすると、アップグレードが失敗し、次のエラーメッセージが表示されます。

    "SCP: Unable to open a session on <IP address of the SDX instance>. Agent id not found"

    [NSHELP-19767]

  • 同じリージョンに複数のAutoScaleグループを作成すると、そのようなAutoScaleグループのアプリケーション展開が失敗することがあります。この問題は、これらのAutoScaleグループのトラフィック分散モードとして ALB を選択するときに発生します。

    [NSLB-4934]

システム

  • Citrix ADMスーパー管理者がCitrix Cloudから他のユーザーを招待した場合、招待されたユーザーのデフォルトの権限は管理者です(ユーザー管理を除く)。(ユーザー管理を表示するには、 Citrix ADM GUI >[システム]>[ユーザー管理]に移動します)。以前は、既定のアクセス許可は読み取り専用でした。詳しくは、「ロールベースのアクセス制御の設定」を参照してください。

    [NSADM-37914]

2019年6月19日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド38.20に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

[GSLB サービスグループ] タブ

Citrix ADM GUIの[ ネットワーク]>[ ネットワーク機能]>[GSLB]の下に[サービスグループ] タブが表示されるようになりました。 このタブには、ADM で検出されたインスタンスのすべてのサービスグループが表示されます。[ Service Groups] タブを使用すると、サービスグループエンティティの有効化と無効化、そのエンティティにバインドされているメンバーと仮想サーバーの確認などのタスクを実行できます。また、エンティティをポーリングして最新のステータスを取得することもできます。

2019年5月31日

Citrixアプリケーションデリバリーマネージャー(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド 37.26に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

インフラストラクチャ分析 — 概要パネル

これで、[概要]パネルに、 SSL構成および構成の偏差に関するCitrix ADCインスタンス統計を表示できます。

  • SSL 設定 — SSL 証明書がインストールされたインスタンスを表示します。

    • 発行者:非推奨 -Citrix 証明書の発行者は推奨しません。

    • アルゴリズム:非推奨 -ADCインスタンスにインストールされているSSL証明書の署名アルゴリズムがCitrix標準を満たしていません。

    • キー強度:非推奨 -SSL証明書のキー強度がCitrix標準を満たしていません。

  • [Config Deviation ] — 次の設定の偏差があるインスタンスのリストを表示します。

    • 保存済みと実行中 -インスタンスに保存された設定と、同じインスタンス上で現在実行されている設定の違い。

    • 実行とテンプレート-テンプレートと実行中テンプレートには保存されたテンプレートと実行中以外のすべてのテンプレートが含まれます

[NSADM-24161]

Citrix ADMでの署名ルールの通知

署名ベースの脅威は、割り当てられたシグニチャに基づく既知の脅威の検出を示します。Citrix ADC Web AppFirewall に署名オブジェクトを追加するたびに、Citrix ADM は電子メール、slack、PagerDuty、イベントメッセージ、およびセキュリティインサイトを通じて通知を送信します。詳しくは、「署名」を参照してください。

Citrix ADMでイベントルールを作成すると、 AppfwNewSignatuReaddedという新しいカテゴリを表示できるようになりました。Citrix ADC Web AppFirewallに追加された新しい署名オブジェクトの通知を有効にするには、イベントルールを作成します。

  1. [ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ ルール] に移動し、[ 追加] をクリックします。

  2. カテゴリ パネルで、検索バー にsignatureと入力し、「 AppFWNewSignatureDed」を選択します。

    シグニチャルールカテゴリ

  3. イベントルールを作成するには、「イベントルールの作成」を参照してください 。

イベントルールの作成後、設定されたイベントルールのアクションに基づいて通知を受け取ります。通知を表示するには:

  • [ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ イベントメッセージ] に移動します。

    イベントメッセージで署名通知を表示する

  • [ 分析 ] > [ Security Insight] に移動し、署名通知を表示するインスタンスを選択します。

    Security Insight での署名通知の表示

    シグニチャ通知は、[ イベント履歴 ] タブに表示されます。

[NSADM-34153]

StyleBooksへのラベルの追加をサポート

Citrix ADMで任意のStyleBookにラベルを追加できるようになりました。ラベルはキーと値のペアで、異なる基準を使用してStyleBookをグループ化できます。Citrix ADMでStyleBooksを検索またはフィルタリングするときに、これらのラベルを使用できます。詳しくは、「スタイルブックのラベルを作成する」を参照してください。

[NSADM-34877]

Microsoft Azure のCitrix ADM自動スケーリングは、トラフィック分散のためのAzure ロードバランサーをサポート

Microsoft Azure の Citrix ADC インスタンスの自動スケーリングは、次の 2 つのモードのトラフィック分散をサポートしています。

  • Azure トラフィックマネージャーを通じて
  • Azure ロードバランサー経由で

詳しくは、「Citrix ADMを使用したMicrosoft Azure におけるCitrix ADC VPXの自動スケーリングアーキテクチャ」を参照してください。

[NSADM-33423]

解決された問題

ネットワーク

  • 中止された設定ジョブを実行しようとすると、「無効な要求」エラーが表示されることがあります。

    [NSADM-34242]

  • エージェントの追加 ]ページで[ サイトの接続 ]オプションを選択すると、Citrix ADMはそのサイトまたはエージェントに属するインスタンスのサイトを更新しません。

    [NSADM-35049]

  • インスタンスグループの作成または構成時に、Citrix ADM GUIに、高可用性Citrix ADCインスタンスの 2 倍のIPアドレスが表示されることがあります。いずれかの IP アドレスを選択すると、両方のインスタンスがインスタンスグループに追加されます。

    この修正は、アップグレード後のインスタンスグループの作成に適用されます。以前に作成したグループについては、重複したエントリをグループから削除する必要があります

    [NSHELP-19176]

設定

Citrix ADMエージェントがアプリケーションサーバーから正しい時刻値を受け取らない場合、分析情報は Citrix ADM に表示されません。

[NSHELP-18898]

2019年4月25日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド36.21に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

デフォルトのランディングページを設定する機能

Citrix Application Delivery Management(ADM)ポータルでは、優先ページをデフォルトのランディングページとして設定できます。既定のランディングページとして設定するタブで、ブックマークアイコンをクリックします。

SSLダッシュボードをデフォルトのランディング・ページとして設定する例を次に示します。

ランディングページ Citrix ADM

[NSADM-21938]

Citrix ADMエージェント用のテクニカルサポートファイルを生成する

GUIから、選択したCitrix ADMエージェントのテクニカルサポートファイルを生成できます。また、このファイルをダウンロードしてCitrixテクニカルサポートに送信して、調査とトラブルシューティングを行うこともできます。

Citrix ADMサービスエージェントのテクニカルサポートファイル

[NSADM-30238]

インフラストラクチャ分析ダッシュボードの改善

インフラストラクチャ分析ダッシュボードが更新され、主題の変更が反映され、テーブル列も読みやすくなるようにサイズが変更されました。これで、ホスト名をクリックして、インスタンス化されたダッシュボード内のインスタンスにナビゲートできます。UI には、インフラストラクチャ分析ダッシュボードを使用するユーザーエクスペリエンスが向上する、いくつかのマイナーな更新もあります。

[NSADM-30191]

解決された問題

Analytics

  • HDX Insight 」>「 ユーザー」では、「現在のセッション」テーブルで選択したセッションに、「現在のセッション」テーブルに表示されるIPアドレスとは異なるクライアントIPアドレスが表示されます。

    [NSHELP-6395, TSK0715071]

アプリケーション

  • 特定のケースでは、複数の仮想サーバーに対してAppFlow を有効にすると、Citrix ADM GUIが応答しなくなります。この問題は、通常、TCP を含む複数の種類の負荷分散サーバーを選択し、TCP がリストの先頭にある場合に発生します。

    回避策:「サービスタイプ」列を昇順でソートします。したがって、TCP の種類は、リストの一番下に移動し、AppFlow を有効にします。

    [NSADM-35039]

  • 現在、Citrix ADMから送信された電子メールには、違反したしきい値が含まれていません。

    [NSHELP-6093]

ネットワーク

  • [種類] 検索条件を使用して構成テンプレートを検索すると、Citrix ADMでは [True] または [False] と表示されます。「True = デフォルト設定テンプレート」と「False = カスタム構成テンプレート」ことに注意してください。それに応じて選択する必要があります。

    [NSADM-34802]

  • [Suppress Action] を使用してイベントルールを作成すると、エージェントを介して検出されたインスタンスについては、スケジュールされた時間が経過してもイベントが抑制されます。

    [NSADM-35023]

  • Slack チャンネルにレポートを送信している間、Slack プロファイルは Config Job モジュールに表示されません。

    [NSADM-35079]

  • パーティションを持つCitrix ADC VPXをCitrix SDXから削除すると、ADC VPXはCitrix ADMから削除されますが、パーティションは保持されます。

    [NSADM-34829]

2019年4月04日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド35.17に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

設定ジョブを中止する場合の UI の強化

[エラーを無視して続行] アクションの [中止] オプションが削除されました。コマンド失敗実行モードの [ エラーを無視して続行 ] オプションを選択すると、実行中の構成ジョブを中止できません。

[NSADM-32836]

Citrix ADMテーブルの列でソートの種類を表示する機能

Citrix ADM デフォルトビューでは、列を必要な順序で並べ替えることができますが、列ヘッダーにレコードが昇順または降順のどちらで配置されているかを示すインジケータが表示されるようになりました。この変更は、該当するCitrix ADMページに適用されます。

[NSADM-21463]

Citrix ADM GUIでのテーマの変更

Citrix ADM GUIが更新され、いくつかのページでテーマが変更されました。確認ウィンドウとエラーウィンドウには、新しいカラーテーマと一連の新しいフォントが表示されます。

[NSADM-22535]

解決された問題

Analytics

  • [ ユーザー ] > [ トランザクション] に移動すると、0.1 万を超えるトランザクションのトランザクションレポートが表示されない場合があります。

    [NSHELP-18785]

  • Citrix ADMが同じ名前の2つのCitrix ADCゲートウェイを管理する場合、Citrix ADMは、これらのCitrix ADCゲートウェイに属するセッションを区別できません。

    [NSHELP-18716]

  • Citrix ADCの高可用性ペアで構成されたアプリケーションのアプリケーションの概要パネルに、アプリケーションダッシュボードに適切なメトリックが表示されない。

    [NSHELP-18733]

  • アプリケーションダッシュボードでは、文字列の長さが長いと、データボリュームなどの一部の文字が正しく表示されません。

    [NSADM-31818]

  • ノードからの CPU とメモリの情報がすべての仮想サーバーに追加されないため、アプリケーションダッシュボードに正しいデータが表示されません。

    [NSHELP-18736]

  • AppFlow は、キャッシュリダイレクト仮想サーバーではサポートされていません。したがって、Citrix ADMでCR仮想サーバーの「AppFlow を有効にする」オプションは削除されます。

    [NSHELP-18817]

ライセンス

  • Citrix ADMは、ライセンスサーバーとして構成されている場合、ライセンスポート構成を読み取れません。

    [NSADM-33966]

システム

  • 既定のビューでは、列を必要な順序で並べ替えたときに、並べ替えが昇順または降順のどちらであるかを示すインジケータが列に表示されません。レコードが昇順または降順のどちらに配置されているかを示すインジケーターが提供されるようになりました。この変更は、該当するCitrix ADMページに適用されます。

    [NSHELP-18647]

2019年4月01日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトで、Citrix ADM 13.0ビルド34.25に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

ADMでCitrix SDXインスタンスのネットワークレポートを生成するためのサポート

Citrix ADMでは、グローバルレベルのインスタンスだけでなく、仮想サーバーやネットワークインターフェイスなどのエンティティについてもレポートを生成できます。インスタンスファミリーは、Citrix ADC、Citrix SDX、および Citrix SD-WAN インスタンスで構成されます。

[NSADM-25092]

インスタンスを選択せずにStyleBooksを使用して構成パックを作成するサポート

Citrix ADMでは、インスタンスを選択せずに、StyleBooksを使用して構成パックを作成できます。その後、構成をデプロイするターゲットインスタンスを選択して、後で構成パックを更新できます。この機能を使用すると、インスタンスにアクセスできない場合でも、アプリケーション用の設定パックを作成できます。

[NSADM-25552]

Microsoft AzureのCitrix ADM自動スケーリングは、Azureトラフィックマネージャを使用してDNSトラフィックのみをサポートします

注:

この機能は現在プレビュー中です。

Citrix ADM自動スケーリングは、ネットワークリソースの実際の使用状況に応じて、Azure のCitrix ADCクラスターノードを追加または削除します。Citrix ADMは、AutoScaleプロビジョニングされたクラスターから統計(CPU使用率、メモリ使用率、スループット)を収集します。これらの統計情報は、カスタマーが設定したしきい値に対して評価されます。スケールインまたはスケールアウトは、統計情報が最大しきい値を超えているか、最小しきい値を下回っているかに応じてトリガーされます。

自動スケーリング機能の利点は次のとおりです。

  • トラフィック要求に関係なく、アプリケーションが常に起動し、実行されていることを確認します。
  • Citrix ADCインスタンスは動的に追加および削除され、ゼロタッチ手動構成になります。
  • DNS 管理は自動で行われます。
  • コスト管理を向上させます。

Microsoft Azureのオートスケーリングは、Azureトラフィックマネージャを使用して、DNSトラフィックのみをサポートしています。

現在、ALB を使用したトラフィック分散はサポートされていません。

AutoScale機能を使用するには、StyleBooks を使用してAutoScaleグループを作成し、アプリケーションをデプロイする必要があります。このリリースでは、Microsoft Azure 仮想マシンスケールセットでのアプリケーションの自動スケーリングがサポートされています。詳細については、「AutoScaleグループのアプリケーションを構成する」を参照してください。

[NSADM-31259]

Citrix ADMユーザーインターフェイスエクスペリエンスの向上

このリリースでは、Citrix ADMポータルのユーザーインターフェイスエクスペリエンスが向上します。このような UI の変更のハイライトを次に示します。

LOMバージョンは、Citrix ADC SDXアプライアンスのみに適用されます。したがって、[インスタンスダッシュボード]ページでは、Citrix ADC SDXアプライアンスのLOMバージョンのみが表示されます。

[ フィルタの抑制 ] ボタンは、[Syslog メッセージ] ページに表示されます。以前は、このオプションは左側のナビゲーションの Syslog メッセージの下に表示されていました。

[NSADM-32322]

時間に基づいてデータを表示するGUIの機能強化

時間間隔リストを使用し、期間を選択して、アプリケーション分析とイベントレポートの詳細を表示できるようになりました。

[NSADM-22529]

Citrix ADMでのPagerDutyサポート

以前のCitrix ADM GUIでは、メール、SMS、Slackを使用して通知を送信できます。PagerDuty で行った設定に基づいて PagerDuty に通知を送信できるようになりました。PagerDuty では、電子メール、SMS、プッシュ通知、登録番号への電話などの通知を設定できます。

PagerDuty プロファイルをオプションの 1 つとして選択して、次の機能に関する通知を受け取ることができます。

  • イベント — Citrix ADC インスタンスに対して生成されるイベントのリスト。
  • [Licenses]:現在アクティブで、期限切れが近づいているなどのライセンスのリスト。
  • 「SSL 証明書」— 現在アクティブな、有効期限が近い、など、SSL 証明書のリスト。

Citrix ADMでPagerDutyプロファイルを追加する前に、PagerDutyで必要な構成が完了していることを確認してください。詳しくは、「ページデューティのドキュメント」を参照してください。

[NSADM-25940]

解決された問題

Analytics

  • キャッシュリダイレクト仮想サーバーのAppFlow を有効にすると、エラーメッセージが表示され、その仮想サーバーに対してAppFlow を有効にできないことがあります。

    [NSHELP-18817]

アプリケーション

  • アプリケーションダッシュボード情報パネルとアプリケーション詳細ダッシュボードページで、「トランザクション」タイトルの下のデータが異なって表示されていました。これは、1つの場所の累積データであり、他の場所での取引率でした。今回の修正により、データはトランザクション合計として正しく表示されるようになり、[Key Metric Trends] セクションに 1 秒あたりのトランザクションが表示されます。

    [NSHELP-18799]

ネットワーク

  • ADMサービスエージェントがCPX自動登録要求を許可していないため、Citrix ADMでCPX登録に失敗することがあります。

    [NSADM-33020]

  • 既存の SSL 証明書を更新する場合は、[ ネットワーク ] > [ SSL ダッシュボード] に移動します。SSLダッシュボードには、Citrix ADC SSL証明書、SSL仮想サーバー、SSLプロトコルの詳細が表示されます。SSL 証明書、SSL 仮想サーバー、または SSL プロトコルに関連する詳細を表示するには、[合計] 証明書リンクをクリックします。これで、証明書を選択して [ 更新] をクリックしたときに、更新する証明書の形式を指定する必要はありません。Citrix ADMは、以前にアップロードした証明書ファイルから形式を取得できるようになりました。

    [NSHELP-18763]

システム

  • [ システム ] > [ イベント ] に移動してイベントを選択し、[ 履歴] をクリックすると、[ イベント履歴 ] にはメインの [イベント] 画面が表示され、そのイベントの予想される履歴は表示されません。[Events History] ページを閉じて選択を繰り返して、そのイベントの正しい履歴を表示する必要があります。この問題は修正されました。

    [NSHELP-18651]

  • 特殊文字を使用してCitrix ADMテーブルを検索できませんでした。ADM では、$、&、’などの特殊文字を使用して検索できるようになりました。

    [NSHELP-5927]

2019年2月28日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド33.23に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

Microsoft AzureにデプロイされたCitrix ADC インスタンスの自動スケーリングのサポート

注:

この機能はプレビューです。

Citrix ADM自動スケーリング機能は、Microsoft Azure のCitrix ADCインスタンスのスケーリングをサポートするようになりました。Citrix ADM自動スケーリング機能は、ネットワークリソースの実際の使用状況に応じて、Azure にデプロイされたCitrix ADCクラスターノードを追加または削除します。Citrix ADMは、AutoScaleプロビジョニングされたクラスターから統計(CPU使用率、メモリ使用率、スループット)を収集します。これらの統計情報は、カスタマーが設定したしきい値に対して評価されます。統計が最大しきい値を超えるか、最小しきい値を下回っているかによって、スケールインまたはスケールアウトがトリガーされます。

自動スケーリング機能の利点は次のとおりです。

  • トラフィック要求に関係なく、アプリケーションが常に起動し、実行されていることを確認します。
  • Citrix ADCインスタンスは動的に追加および削除され、ゼロタッチ手動構成になります。
  • DNS 管理は自動で行われます。
  • コスト管理を向上させます。

Microsoftのオートスケーリングでは、次の 2 つのモードのトラフィック分散がサポートされています。

  • Azure トラフィックマネージャーを通じて
  • Azure ロードバランサー経由で

AutoScale機能を使用するには、StyleBooks を使用してAutoScaleグループを作成し、アプリケーションをデプロイする必要があります。

注:

バックエンドAutoScaleは、このCitrix ADMバージョンではサポートされていません。

[NSADM-24780]

ライセンス仮想サーバーページでの分析の有効化表示のサポート

Citrix ADMで、分析が有効になっている仮想サーバーの一覧が表示されるようになりました。[ ネットワーク ] > [ ライセンス] に移動し、[ライセンスされた仮想サーバー] セクションで、ボタンをクリックして、ライセンスを取得する仮想サーバーを選択します。仮想サーバのタイプを選択し、[ ライセンス ]タブを選択します。[ AppFlow Logging ] 列には、仮想サーバーで有効になっている分析が表示されます。

[NSADM-25857]

[ライセンス仮想サーバ]ページにすべての仮想サーバの統合表示

Citrix ADMでは、ネットワーク内のすべての仮想サーバーの統合ビューが表示されるようになりました。これで、[ ネットワーク ] > [ ライセンス] に移動し、[ライセンスされた仮想サーバー] セクションで、ボタンをクリックしてライセンスを取得する仮想サーバーを選択できます。[ ライセンス仮想サーバー ] ページには、[ すべての仮想サーバー] タブが表示されます。このタブには、負荷分散、コンテンツスイッチング、またはその他の仮想サーバーの種類に関係なく、すべての仮想サーバーが表示されます。必要な仮想サーバを選択し、そのサーバにライセンスを適用できます。

[NSADM-25194]

インフラストラクチャ分析ページからインスタンスの詳細を表示するサポート

Citrix ADM インフラストラクチャ分析機能は、インスタンスで問題を引き起こした、または引き起こす可能性のある要因を視覚化するのに役立ちます。これで、表形式のビューでインスタンスの IP アドレスをクリックすると、そのインスタンスの詳細をダッシュボードとして表示できます。インスタンスダッシュボードには、インスタンスの概要が表示され、インスタンスの CPU、メモリ、ディスク使用量を確認できます。SSL 証明書管理、設定監査、ネットワーク機能、およびインスタンスの詳細なネットワーク使用状況を示すネットワークレポートに関連する詳細も確認できます。

[NSADM-30194]

解決された問題

Analytics

  • ADC インスタンスでの分析の設定時に、仮想サーバーの詳細を検索してから検索をキャンセルすると、ADM は他の ADC インスタンスからの仮想サーバーも一覧表示されることがあります。

    [NSHELP-18623]

  • 「読み取り専用」権限を持つユーザーの場合、診断関連のアイコンはどのアナリティクスページにも表示されません。

    [NSHELP-6407]

  • Citrix ADMでSD-WAN WOインスタンスのAppFlow owを構成すると、サービスエージェントのIPアドレスはコレクタIPアドレスとして構成されません。この修正により、エージェントは SD-WAN WO インスタンスから AppFlow データを受信するように構成されています。

    [NSADM-32565]

ハイブリッドクラウドとマルチクラウド

  • AWS AutoScale: Citrix ADC リリース 12.1 ビルド 51.16 イメージを使用して、AutoScaleグループを作成できます。

ネットワーク

  • [ ネットワーク ] > [ 構成監査] で、[構成変更による上位 10 インスタンス] セクションでインスタンスをクリックすると、ADM がそのインスタンスのデータが表示されない場合があります。また、「毎日」などの特定の期間を選択し、「構成変更による上位 10 インスタンス」セクションでインスタンスを選択すると、ADM は異なる期間のデータが表示されることがあります。

    [NSHELP-18452]

  • [ ネットワーク ] > [ 構成の監査] に移動するときのシナリオを検討します。「構成変更による上位10インスタンス」セクションで、ADCの上にマウスを置いたときに、ツールチップに完全なADC情報が表示されないことがあります。これは、ツールチップで表示できる文字数の制限によるものです。

    [NSHELP-18470]

  • Citrix ADMは、ADCインスタンスから受信したSNMPv3パケットを断続的に処理できません。このエラーは、Citrix ADCインスタンスまたはCitrix ADM自体をアップグレードした後、またはADCインスタンスを再起動した後に発生する可能性があります。このような障害は、他のメモリ割り当てに無効なメモリ (解放されたメモリ) が使用されているために発生します。

    [NSHELP-5880]

システム

  • この問題は、Citrix ADMリリース12.1ビルド50.28にアップグレードした後に発生します。[ システム ] > [ ユーザ管理 ] > [ グループ] に移動し、ユーザグループを作成することを検討します。そこで、まず [ Authorization ] タブのすべてのオプションの選択を解除し、手動でいくつかのインスタンスを選択し、グループの作成を完了します。後で同じグループを編集して [ Authorization ] タブを選択すると、インスタンスは表示されなくなります。

    [NSHELP-18442]

  • 次の 2 つのシナリオでは、ユーザーグループに GSLB 仮想サーバーを追加できないことがあります。

    1. グループの作成中:GSLB仮想サーバーの既存のリストに、さらにいくつかのGSLB仮想サーバーを追加しようとすると。
    2. 既存のグループの編集中:GSLB仮想サーバーの一覧をすでに持っている既存のグループにGSLBサーバーを追加しようとすると。

    [NSHELP-18152]

2019年2月8日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド32.32に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

このリリースは、以前のCitrix ADM 13.0ビルド 32.30 リリースに対する拡張機能です。このリリースでは、Citrix ADM パフォーマンスをさらに強化するために、プラットフォームと分析を含むさまざまな改善が行われました。

2019年1月28日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトで、Citrix ADM 13.0ビルド32.30に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

AutoScaleダッシュボード上のすべてのアクティブノードの表示をサポート

Citrix ADM は、AWS で作成されたクラスターのすべてのアクティブノードの表示をサポートするようになりました。アベイラビリティーゾーンに含まれるアクティブなノードの数は、いつでも表示できます。詳しくは、「Autoscaleダッシュボード」を参照してください。

[NSADM-25785]

ネットワークレポートダッシュボードのエクスポートのサポート

ネットワークレポート ダッシュボードページのエクスポートは、定期的にスケジュールできます。たとえば、過去 1 時間のダッシュボードレポートを毎週生成するオプションを設定できます。レポートは、現在のダッシュボードに基づいていない、ユーザーが設定した時刻と日付スタンプについて毎週生成されました。新しい機能強化では、レポートは設定された時刻と日付スタンプを上書きし、ダッシュボードの状態を表示します。詳しくは、「ネットワークレポートのエクスポート」を参照してください。

[NSADM-20017]秒

承認されたアプリケーションについてのみインサイトレポートの表示をサポート

Citrix ADM 分析では、仮想IPアドレスベースの認証がサポートされるようになりました。特定のアプリケーションまたは仮想サーバーのセットに対してユーザーを認証すると、ユーザーは承認されているアプリケーション(仮想サーバー)の分析レポートのみを表示できます。

[NSADM-17971]

Citrix ADMでのレポートのエクスポートのスケジュールをサポート

Citrix ADMは、さまざまなページのレポートのエクスポートのスケジュールをサポートしています。レポートのエクスポートをスケジュールするときに、さまざまなアクションを実行できます。

  • レポートの生成とエクスポートを定期的にスケジュールします。

  • レポート生成の繰り返し設定を指定し、レポートのエクスポート先のメールプロファイルを作成します。

  • 指定した Slack チャンネルにレポートを書き出します。

この拡張機能は、Citrix ADMソフトウェアにある機能に似ています。

[NSADM-24829]

2019年1月16日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド30.15に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

このリリースでは、パフォーマンスを向上させるために、プラットフォームの改良が行われました。

2019年1月4日

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド30.14に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

2018年12月07日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

Citrix Application Delivery Manager(ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 13.0ビルド30.14に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

インフラストラクチャ分析

注:

この機能は現在プレビューで利用できます。

Citrix ADMインフラストラクチャ分析機能は、Citrix ADCインスタンスから収集されたすべてのデータを、Citrix ADM上の単一ページで視覚的に表現します。Infrastructure Analytics 機能は、インスタンスで問題が発生した、または発生する可能性のある要因を視覚化するのに役立ちます。この視覚化は、 問題とその再発を防ぐために実行する必要があるアクションを決定するのにも役立ちます。

インフラストラクチャ分析を円パック表示で表示するには、次の手順を実行します。

  1. [ ネットワーク] > [インフラストラクチャ分析] に移動します。

  2. 円パックビューアイコンを選択します。

詳しくは、「インフラストラクチャ分析」を参照してください。

[NSADM-23680]

Citrix ADMとCitrix Virtual Citrix Directorの統合

Citrix ADMはCitrix Director と統合されました。これにより、Directorは[ネットワーク]および[ユーザーの詳細]ページにCitrix ADMからのHDX Insightレポートを表示し、ユーザー、アプリケーション、デスクトップ、インスタンス、ライセンス固有の情報を表示できます。 詳細については、「Citrix ADMとCitrix Virtual Citrix Directorの統合」を参照してください。

[NSADM-17085]

SSL 証明書のダウンロードのサポート

これで、[ ネットワーク ]>[ SSLダッシュボード]の順に選択して、Citrix ADMからSSL証明書をダウンロードできます。SSL 証明書を選択し、[アクション] リストから [ ダウンロード ] をクリックします。詳しくは、「SSL 証明書のダウンロード」を参照してください。

[NSADM-19790]

Citrix ADC SDXインスタンスのバックアップと復元のサポート

Citrix ADM から Citrix ADC SDX インスタンスをバックアップおよび復元できるようになりました。詳しくは、「Citrix ADC インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

[NSADM-19882]

解決された問題

アプリケーション

  • アプリケーションダッシュボード集約ロジックでは、最新のデータボリューム値は総カウンタとして保持されます。しかし、時には値が高く見られ、最新の値よりもかなり高いことがあります。

    [718359]

2018年11月19日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

Citrix Application Delivery Manager(Citrix ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 12.1ビルド505.130に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

複数の仮想サーバー上でAppFlow を構成し、進行状況情報を表示します

複数の仮想サーバーで AppFlow を同時に構成すると、ポップアップウィンドウに AppFlow 構成の進捗状況が表示されます。この情報には、インスタンスレベルで構成されている仮想サーバーの数が表示されます。進行状況情報は、多くの仮想サーバーで AppFlow を構成するときに役立ちます。

注:

Citrix ADMは、仮想サーバー上でAppFlow を構成する際に、デフォルトのトランスポートモードとしてIPFIXをサポートしています。Citrix ADC 12.0リリース以降では、Citrix ADMはログストリームをサポートするため必要に応じてログストリームを明示的に選択する必要があります

Citrix GatewayインスタンスでAppFlow を有効にするときに、トランスポートモードとしてICAまたはTCPのいずれかを選択してください。両方を選択した場合、ICAはTCPよりも優先されます。ICA または TCP とともに HTTP を選択できます。ADM を使用して AppFlow を有効にする方法の詳細については、「Citrix ADMを使用してAppFlow を有効にする」を参照してください。

解決された問題

Analytics

  • 仮想サーバーの名前が 60 文字を超えると、AppFlow アクション名は 128 文字を超えます。このようなアクション名を設定可能にすると、ADC インスタンスが動作しなくなる可能性があります。

    [717663]

  • ADCインスタンス上の複数の仮想サーバーに対してAppFlow の設定をクリアするには、より長い時間がかかります。

    [717675]

ネットワーク

  • ローカルストレージシステムからCitrix ADMに証明書または証明書キーファイルをアップロードできますが、ADMでは「読み取り」権限は保持されません。このようなファイルが ADM によって各 ADC インスタンスにアップロードされると、ADC はそのファイルを無効なファイルとして表示します。

    [716691]

  • 不適切な例外処理が原因で、Citrix ADMがCitrixの信頼できるサービスと通信できないことがあります。Citrix ADMサービスにログオンできない場合があります。ADM サービスでも、リソースリークが発生する可能性があります。

    [717571]

  • 同じイベントに対応するイベント期間が異なる2つのイベントルールを構成すると、Citrix ADMでは、イベント経過日数よりも短いルールのみが考慮されます。この修正により、Citrix ADMは両方のイベントルールを考慮しました。

    [716930]

  • Syslogメッセージは、Citrix ADMで複数のページに表示されます。キーワードを入力して 1 つのページで Syslog メッセージを検索する場合、別のページに移動しても同じ検索結果は保持されません。同じキーワードを入力して再度検索する必要があります。この修正により、Citrix ADMは検索の結果をすべてのページに表示します。

    [715671]

2018年10月27日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

Citrix Application Delivery Manager(Citrix ADM)エージェントは、デフォルトでCitrix ADM 12.1ビルド504.131に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

表示される Syslog メッセージの数を制御する機能

デフォルトでは、Citrix ADMは各ページに50個のSyslogメッセージを表示します。1 ページあたり 100、250、500、または 1,000 メッセージを選択することで、1 ページに複数のメッセージを表示できるようになりました。

解決された問題

Analytics

  • 読み取り専用の権限がある場合、どのアナリティクスビューにも診断アイコンが表示されません。

    [715785]

アプリケーション

  • Citrix ADMでは、GSLBアプリケーションのトランザクション数とデータフロー量がアプリケーションダッシュボードに表示されません。

    [716878]

  • Citrix ADMでは、高可用性で展開されたADCインスタンスに作成されたアプリケーションに関連する仮想サーバーの情報は表示されません。

    [716906]

ネットワーク

  • Citrix ADMパフォーマンスサブシステムが数時間ごとにクラッシュし、これはネットワークレポートに影響します。

    [715483]

  • Citrix ADMパフォーマンスサブシステムは、ネットワークレポートに影響を与える高いCPU使用率を報告します。

    [716235]

  • ASG が複数のアベイラビリティーゾーンにデプロイされている場合、バックエンドサーバーのグレースフル/非グレースフル削除は Amazon EC2 Auto Scaling グループをサポートしない可能性があります。

    [716031]

  • 検索オプションに基づいて SSL 証明書をエクスポートすると、検索条件に関係なく、すべての SSL 証明書が CSV レポートに表示されます。

    [714674]

  • [ネットワーク] > [イベント] に移動すると、イベントは初めて順序で表示されません。[日付] 列見出しをクリックすると、イベントが時系列順に表示されます。

    [716615]

  • Citrix ADMは断続的に、日次レポートのデータポイントの収集を見逃すことがあります。これは、週次レポートと月次レポートに影響します。

    [716778]

システム

  • Citrix ADM GUIでファイルを文字列としてソートするのではなく、日付に従ってファイルをソートできるようになりました。

    [715491]

2018年10月12日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントは自動的にCitrix ADM 12.1ビルド 502.127にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

HDX Insight レポートでのEDTセッションのサポート

HDX Insight には、アクティブなセッションレポートの一部としてEDTセッションと非EDTセッションの数が表示されるようになりました。「ユーザー」(Users) テーブルには、システム内のすべてのユーザーの詳細なレポートが表示されます。また、新しいドーナツチャートが導入され、ユーザーが消費した帯域幅と、ユーザが使用するプロトコルのタイプに基づく総バイト数を確認できます。

Web Insight レポートでの負荷分散とコンテンツスイッチングの両方の仮想サーバーの表示のサポート

Web Insight レポートには、コンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドされた負荷分散仮想サーバーのデータが表示されるようになりました。両方の仮想サーバーのデータを個別に表示できます。詳しくは、「コンテンツスイッチングサーバーにバインドされた負荷分散サーバー」を参照してください。

Web Insightレポートの高可用性とクラスターの両方でのCitrix ADCインスタンスの表示をサポート

Citrix ADM Analytics レポートに、高可用性モードとクラスターモードの両方に展開された ADC インスタンスのレポートが表示されるようになりました。これら 2 つのシナリオにおける合計セッション起動数とアプリケーション数の合計は、グループ内の各インスタンスの個別のレポートではなく、結合されたレポートとして表されます。

  • Citrix ADM 12.1 build 503.xにアップグレードする前に収集されたすべてのデータは、データが保持されるまで、独立したレポートとして引き続き表示されます。

  • クラスタモードでデプロイされた ADC インスタンスの場合、観測ドメイン ID/観測ドメイン名は、CLIP ホスト名と CLIP に置き換えられます。以前に収集されたすべてのデータは、引き続き観測ドメインID/観測ドメイン名を報告します。詳しくは、「高可用性モードおよびクラスターモードで展開されたCitrix ADCインスタンス」を参照してください。

Citrix ADMでのCitrix ADC CPXインスタンスの追加

Citrix ADMは、CPX機能で達成された機能強化をサポートするように拡張されました。Citrix ADC CPXインスタンスは、以下の2つの方法のいずれかでCitrix ADMに追加されるようになりました。

  • CPX インスタンスが南北トラフィックの管理に使用されている場合、CPX の IP アドレスをデバイスプロファイルとともに提供する

  • Citrix ADMからCitrix ADC CPXインスタンスにアクセスできない場合、DockerホストのIPアドレスを指定します。これは、データセンター内のEast-West方向のトラフィックを管理するために CPX が必要な場合です。

デバイスが Docker IP 経由で検出された場合、データベース内の IP アドレスは NSIP_DOCKERIP として表されます。デバイスが CPX の到達可能な NSIP を介して検出された場合、IP アドレスは ADM データベース内の CPX の NSIP で表されます。

CPXインスタンスの追加プロセスは、ADMでVPXやMPXなどの他のADCタイプを追加する方法と似ています。デバイスプロファイルを指定すると、明示的に設定するのではなく、デバイスプロファイルに SSH、HTTP、HTTPS ポートを設定できます。また、ADMにおけるCPXの登録が強化されました。CPXが起動すると、Citrix ADM は自動的にCPXインスタンスを検出して登録します。

Citrix ADM で Docker ホストを追加してCitrix ADC CPXインスタンスを検出する必要はありません。

AWS にデプロイされた Citrix ADC インスタンスの自動スケーリングのサポート

Citrix ADM 自動スケーリング機能は、AWS で Citrix ADC インスタンスのスケーリングをサポートするようになりました。Citrix ADM 自動スケーリング機能は、バックエンドサーバーをAutoScaleするタイミングと範囲に応じて、AWS にデプロイされた Citrix ADC クラスターノードを追加または削除します。Citrix ADMは、AutoScaleプロビジョニングされたクラスターから統計(CPU使用率、メモリ使用率、スループット)を収集します。これらの統計は、カスタマーが設定した値に対して評価されます。統計が最大しきい値を超えるか、最小しきい値を下回っているかによって、スケールインまたはスケールアウトがトリガーされます。

自動スケーリング機能の利点は次のとおりです。

  • トラフィック要求に関係なく、アプリケーションが常に起動し、実行されていることを確認します。
  • Citrix ADCインスタンスは動的に追加および削除され、ゼロタッチ手動構成になります。
  • DNS 管理は自動で行われます。
  • コスト管理を向上させます。

AutoScale機能を使用するには、StyleBooks を使用してAutoScaleグループを作成し、アプリケーションをデプロイする必要があります。詳しくは、「Citrix ADM を使用した AWS での Citrix ADC の自動スケーリング」を参照してください。

解決された問題

Analytics

  • [Security Insight] > [違反合計] レポートの [アプリケーションの概要] テーブルでは、すべての履歴レコードに対して攻撃時間は「NA-」として表示されます。

    [715905]

ネットワーク

  • 仮想サーバーが高可用性で展開されているCitrix ADCインスタンスの一部である場合、仮想サーバーの統計は表示されません。

    [715243]

  • カスタムアプリケーションの一部であるCitrix ADMでGSLB仮想サーバーを追加すると、ADMは追加したGSLBサーバーの統計情報を正しく表示しないことがあります。

    [715639]

  • ADMにCitrix ADC SDXプラットフォームを追加すると、ADC SDXのバージョンが11.0未満の場合、Citrix ADMに表示されるSDXのダッシュボードにエラーが表示されることがあります。

    [715803]

システム

  • 場合によっては、Citrix ADMからCitrix ADCインスタンスを再起動できないことがあります。これは、一部のインスタンスの再起動に10分以上かかり、Citrix ADMがインスタンスの再起動に10分しか待機しないためです。この修正により、Citrix ADMの再起動時間を30分まで構成できるようになりました。

    [716178]

2018年9月14日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントは自動的にCitrix ADM 12.1ビルド 502.127にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

Security Insight レポートに集約された攻撃時間を含める

Security Insight の [ 違反合計 ] レポートには、選択した期間が 1 時間を超える場合、攻撃時間が「NA」と表示されます。これで、リストから「1 日」を選択すると、集約されたすべての攻撃がレポートに表示され、攻撃時間が 1 時間の範囲で表示されます。「1週間」または「1ヶ月」を選択すると、すべての攻撃が集計され、攻撃時間が1日の範囲で表示されます。詳しくは、「Security Insight」を参照してください。

[686874]

解決された問題

システム

  • Citrix ADMでは、ユーザー管理者プロファイルを変更しても、Citrix ADCインスタンスは再検出されず、Citrix ADCインスタンスにログオンできなくなります。インスタンスは新しいユーザー詳細で更新されず、インスタンスは最初に適用された管理者プロファイルを使用します。

    [699435]

ネットワーク

  • 仮想サーバーに関連するCitrix ADMでは、次の2つの問題が認識されます。

    • 複数のIPアドレスを持つDNSサーバーを使用して仮想サーバーを構成すると、Citrix ADMはそれらの仮想サーバーを検出できません。

    • 仮想サーバーのコメントまたはその他のフィールドに英語以外の文字が含まれていると、Citrix ADMはエラーを返し、そのインスタンスの仮想サーバーを検出できません。

    [713472]

2018年8月23日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントは自動的にCitrix ADM 12.1ビルド 501.123 にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能と機能強化

NetScaler Management and Analytics Service 名前の変更

NetScaler Management and Analytics Service、Citrix Application Delivery Management(ADM)に名前が変更されました。これは、Citrix統合製品ポートフォリオの一部です。

製品および製品ドキュメントに新しい名前が表示される場合があります。これは、Citrix ポートフォリオとクラウド戦略の拡張の結果です。Citrix 統合ポートフォリオについて詳しくは、「シトリックス製品名ガイド」を参照してください。 現在、製品と製品ドキュメントで移行作業が行われています。

  • 製品内のコンテンツおよびドキュメントには、以前の名前が含まれている場合があります。たとえば、コンソールのテキスト、メッセージ、ディレクトリ名またはファイル名、スクリーンショット、図に以前の名前が含まれている場合があります。

  • 既存の顧客スクリプトが壊れないようにするため、一部の項目(コマンドなど)は引き続き以前の名前を保持する可能性があります。

  • 関連する製品ドキュメントや、この製品のドキュメントからリンクされているその他のリソース(ビデオやブログの投稿など)には、以前の名前が含まれている場合があります。

[715090]

解決された問題

ネットワーク

  • 重複したエントリは、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクトなど、ネットワーク機能でリストされているすべてのエントリをフィルタリングすると表示されます。

    [704095]

  • [ ネットワーク ] > [ インスタンス ] に移動し、[Citrix ADC インスタンスのAnalytics の構成] を選択して仮想サーバーでインサイトを有効にした場合、仮想サーバーに名前の入った「スペース」がある場合[Analyticsの構成]ページは仮想サーバーの詳細を反映しません。

    [713945]

  • Citrix ADCインスタンス上で直接構成したコレクタを構成する場合、[分析の構成]ページの[ トランスポートモード ]列フィールドにデータが表示されません。

    [713946]

2018年8月03日

このリリースには、機能強化とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントは自動的にCitrix ADM 12.1ビルド 500.126にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

StyleBooks用のGitHubのインポートと同期

Citrix ADMの「リポジトリ」機能を使用して、GitHubリポジトリからStyleBookを直接インポートおよび同期できるようになりました。複数の GitHub リポジトリから StyleBooks を同期できます。GitHubで作成され、GitHubリポジトリからインポートされたStyleBookは、手動でインポートしたStyleBookと同様に、Citrix ADM RBACポリシーに依存しています。GitHub のユーザー名とパスワードまたは API トークンのいずれかを使用して GitHub リポジトリを設定できます。

  • StyleBookをインポートおよび同期できるのは、依存するStyleBookが関連付けられていない(つまり、StyleBookがそのファイルで定義されているすべての構成を持っている必要があります)。
  • GitHubリポジトリからの同期は、Citrix ADM GUIまたはAPIから手動で開始する必要があります(つまり、StyleBooksのインポートは、GitHubコミットアクティビティに基づいて自動的に行われません)。

詳しくは、「GitHubリポジトリからのStyleBookのインポートと同期」を参照してください。

[699790]

StyleBooksを使用してアプリケーションファイアウォールで負荷分散仮想サーバーを作成する

Citrix ADMの新しいデフォルトのWAF StyleBookを使用して、Citrix WAF(Webアプリケーションファイアウォール)機能の構成を自動化できるようになりました。このStyleBookでは、アプリケーションファイアウォールのポリシーと設定を関連づけて、負荷分散仮想サーバーを作成できます。

注:

App Firewall署名を構成する前に、適切なデフォルトの署名オブジェクトテンプレートからCitrix ADC インスタンスで署名オブジェクトを作成する必要があります。WAF StyleBook を使用してデフォルトのシグニチャオブジェクトを設定または変更することはできません。

詳しくは、「Web アプリケーションファイアウォール StyleBook」を参照してください。

[708597]

Citrix ADMエージェントのパスワードを変更する機能

これで、コマンドラインでスクリプト “change_agent_system_password.py” を実行できるようになります。これにより、エージェントを展開した後にCitrix ADMエージェントのパスワードを更新できます。詳しくは、「エージェント登録後のエージェントパスワードの変更」を参照してください。

[712517]

解決された問題

ネットワーク

  • マスター設定テンプレートを使用して設定ジョブを作成するときに、ファイルを編集した後に同じ設定ファイルを複数回アップロードしなければならない場合があります。このファイルは初めて正常にアップロードできます。後でアップロードすると、ユーザー通知なしで失敗します。

    回避策:これは、ブラウザのデフォルトの動作が原因で発生しています。変更後に同じファイルを再度アップロードする場合は、[戻る] をクリックして [Select Instances] タブに移動し、[次へ] をクリックして同じファイルを再度アップロードします。

    [711593]

  • Citrix ADMは、バインドされたすべてのサービスグループメンバーを解析できない

    [712022]

Analytics

  • Citrix ADMに「読み取り専用」権限でアクセスすると、Web Insightで情報を表示することはできません。

    [713404]

  • [ 分析 ] > [ 設定 ] の [ IP ブロックの構成 ] ページで、都市、地域、および国を変更して以前に作成した IP ブロックを編集し、設定を再度編集しようとすると、[IP ブロックの設定] ページに以前の都市の名前が表示されます。このビルドでは、この問題は修正されます。

    [712110]

  • Citrix ADMは1ページに25行のエントリしか表示されないため、テーブルが複数のページにオーバーオーバーする状況が発生する可能性があります。以前は、現在のページでのみ行エントリをソートできました。他のページには、ソートされたエントリが表示されませんでした。これで、任意のページでテーブルをソートすることができ、そのテーブルのすべてのページにソートされた結果が表示されます。

    注: この機能は、テーブル内のレコード数が 25,000 未満の場合のみ機能します。

    [689564]

既知の問題

アプリケーション

  • [ ネットワーク ] > [ インスタンス ] に移動し、[Citrix ADC インスタンスのAnalytics の構成] を選択して仮想サーバーでインサイトを有効にした場合、仮想サーバーに名前の入った「スペース」がある場合[Analyticsの構成]ページは仮想サーバーの詳細を反映しません。たとえば、AppFlow ログは仮想サーバー上で有効になっていても、[ 分析の設定 ] ページで [無効] と表示される場合があります。

    [713945]

  • Citrix ADCインスタンスでコレクタを直接構成する場合、[分析の構成]ページの[トランスポートモード]列フィールドにデータが表示されません。

    [713946]

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。

    回避策:ページを更新して、もう一度試してください。

    [690327]

ネットワーク

  • 重複したエントリは、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクトなど、ネットワーク機能でリストされているすべてのエントリをフィルタリングすると表示されます。

    [704095]

  • [ネットワーク]>[インスタンス]の順に選択し、Citrix ADCインスタンスの[分析の構成]を選択して仮想サーバーでインサイトを有効にした場合、仮想サーバーの名前に「スペース」が含まれている場合、[分析の構成]ページに仮想サーバーの詳細は反映されません。

    [713945]

  • Citrix ADCインスタンス上で直接構成したコレクタを構成する場合、[分析の構成]ページの[トランスポートモード]列フィールドにデータが表示されません。

    [713946]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。

    [686581]

2018年7月12日

このリリースには、バグの修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド516.126に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

Citrix ADMイベント通知の電子メール構成のテストボタン

イベント通知の電子メールを送信するときに、テスト電子メールを送信して、構成済みの設定をテストすることができます。「テスト」ボタンを使用すると、電子メールサーバー、関連する配布リスト、およびその他の設定を構成した後、テストメールを送信できるようになりました。この機能により、設定が正常に動作することが保証されます。詳しくは、「イベントルールの作成」を参照してください。

[684948]

イベント通知メールの件名のカスタマイズ

多数の仮想サーバーが構成されている大規模なネットワークでは、管理者として毎日大量のメールを受信することがあります。ただし、メールを受信したときに影響を受けるエンティティの名前がメールポップアップに表示され、電子メールを開かなくても影響を受けるエンティティを特定できます。[ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ ルール] で、ルールを作成して電子メール通知ルールを設定するときに、影響を受けるエンティティ (障害オブジェクト) の名前などの追加情報を含めるオプションが追加されました。詳細については、「イベントルールの作成」を参照してください。

[705142]

プールされた容量機能の向上

Citrix VPXインスタンス用のCitrix ADMの[プールライセンス]ページで、いくつかの変更が行われました。ライセンスプール内のライセンスをCitrix ADCインスタンスにオンデマンドで割り当てるときに、新しい状態セットが導入されました。州は次のとおりです。

  • 割り当て済み
  • グレイス
  • 同期中
  • 部分的に割り当てられた
  • デバイスが管理されていません
  • 割り当て済み。デバイスに適用されない
  • 接続が失われました

また、ライセンス割り当ての状態に関する詳細がCitrix ADMに追加されました。詳しくは、「プールされた容量」を参照してください。

[709975]

Citrix ADMでのライセンス機能の可用性

Citrix ADMは、Citrix ADM で追加されたCitrix VPXおよびMPXインスタンスをサーバーとする共通の帯域幅とインスタンスプールをホストするようになりました。この共通プールから、データセンター内の各Citrix ADCインスタンスは、プラットフォームやフォームファクタに関係なく、1つのインスタンスライセンスをチェックアウトし、必要な帯域幅だけをチェックアウトします。詳しくは、「プールされた容量」を参照してください。

[709679]

アドレス指定できない仮想サーバに対する構成可能な自動ライセンスサポート

デフォルトでは、Citrix ADM は、アドレス指定できない仮想サーバーにライセンスを自動的に適用しません。アドレス指定不可の仮想サーバをライセンスする場合は、自動ライセンスオプションを無効にし、アドレス指定不可の仮想サーバを手動で選択する必要があります。これにより、ライセンスを適用するとき、およびネットワークに追加されるたびにアドレス指定できない新しい仮想サーバを選択する必要があるときに、アドレス指定できないサーバを手動で選択する手間がかかります。

Citrix ADMの[ ネットワーク ]>[ ライセンス ]>[ システムライセンス ]の新しいオプションは、[アドレス指定できない仮想サーバーの自動選択]です。このオプションを有効にすると、アドレス指定できない仮想サーバもライセンスに含める必要があることを明示的に指定できるようになりました。

  • Citrix ADMは、デフォルトでは、アドレス指定できない仮想サーバーをライセンス用に自動選択しません。
  • アプリケーション分析(App Dashboard)は、ライセンスされたアドレス指定不可能な仮想サーバーで現在サポートされている唯一の分析です。詳しくは、「サブスクリプションの管理」を参照してください。

[707843]

Citrix ADM を使用して AWS で Citrix ADC VPX インスタンスをプロビジョニングする機能

Citrix ADM では、スタンドアロンデプロイとして、Amazon Web Services(AWS)プラットフォームで Citrix ADC VPX インスタンスをプロビジョニングできるようになりました。Citrix ADC VPX on AWS では、AWS クラウドコンピューティング機能を使用し、ビジネスニーズに合わせて Citrix ADC の負荷分散およびトラフィック管理機能を使用できます。Citrix ADC on AWS は、物理 Citrix ADC アプライアンスのすべてのトラフィック管理機能をサポートします。詳しくは、「AWS での Citrix ADC VPX インスタンスのプロビジョニング」を参照してください。

[680526]

解決された問題

高可用性

  • 高可用性モードでCitrix ADC インスタンスのペアの1つのノードを構成し、IPアドレスが171.31.200.xの範囲である場合、このペアのCitrix ADCインスタンスはCitrix ADM によって検出されません。

    [710589]

ネットワーク

  • マスター設定テンプレートを使用して設定ジョブを作成するときに、ファイルを編集した後に同じ設定ファイルを複数回アップロードしなければならない場合があります。このファイルは初めて正常にアップロードできます。後でアップロードすると、ユーザー通知なしで失敗します。

    回避策:これは、ブラウザのデフォルトの動作が原因で発生しています。変更後に同じファイルを再度アップロードする場合は、[戻る] をクリックして [Select Instances] タブに移動し、[次へ] をクリックして同じファイルを再度アップロードします。

    [711593]

  • ネットワークイベントダイジェストレポートデータは、書式設定の問題により切り捨てられます。

    [704980]

  • Citrix ADMをバージョン12.1にアップグレードすると、SNMP v3ベースのイベントレポートが機能しない。Citrix ADMで追加されたバージョン12.1、48.13のCitrix ADCインスタンスでは、次の回避策をお勧めします。

    回避策:SNMP v3 の問題が修正され、リリースされるまで SNMP v2 トラップを使用します。

    [710564]

  • 高可用性モードで展開したときにCitrix ADCインスタンスがフェイルオーバーすると、 mas_afdecoderプロセスはライセンス情報を更新するための通知を受信しません。mas_afdecoderプロセスは、プライマリノードから受信したデータパケットをドロップし、その結果、Web InsightレポートはCitrix ADM GUIに表示されません。

    [711503]

システム

  • 都市の名前に Unicode 文字が含まれていると、エージェント登録が失敗します。

    [711737]

  • 新しいCitrix ADMエージェントをアクティブ化しようとすると、「無効なインスタンスID」というエラーメッセージが表示されることがあります。

    [706527]

StyleBook

  • Sharepoint StyleBookは、すべてのバックエンドサービスでSSLプロトコルをサポートする必要があります。

    [706507]

  • 作成者フィールドには、StyleBookに関する情報を取得するために使用される API レスポンスに null が表示されます。

    [711021]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。

    回避策:ページを更新して、もう一度試してください。

    [690327]

ネットワーク

  • 重複したエントリは、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクトなど、ネットワーク機能でリストされているすべてのエントリをフィルタリングすると表示されます。

    [704095]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。

    [686581]

2018年6月14日

このリリースには、バグの修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド 515.116 に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

GSLBドメインでのロールベースのアクセス制御

現在、GSLBドメインでもRBACがサポートされているため、StyleBooksを使用してGSLB構成の実行を許可する権限のあるユーザーのみを許可できるようになりました。

Citrix ADMでは、「DNSドメイン名」という新しいエンティティがサポートされるようになりました。Citrix ADMで、[ ネットワーク ]>[ DNSドメイン名 ]の順に選択し、DNSドメイン名のエントリーを追加します。[ システム ] > [ ユーザー管理 ] > [ グループ] に移動します。使用可能なドメイン名の一覧から、選択したドメイン名のユーザーグループの RBAC 設定を定義します。

このRBAC設定は、ユーザーがStyleBooksを使用してGSLBを構成しようとしているときに適用されます。ユーザーは、使用が許可されている 1 つ以上の DNS ドメイン名のみを使用できます。

[706988]

Citrix ADCインスタンスの検索機能の向上

Citrix ADMが多くのCitrix ADCインスタンスを管理しているシナリオを考えてみましょう。いくつかの検索パラメータに基づいてインスタンスのインベントリを検索できる柔軟性が必要な場合があります。Citrix ADMでは、検索パラメーターを修飾するCitrix ADCインスタンスのサブセットを効率的に検索するためのタグとプロパティという2つの検索条件が提供されました。

:バージョン12.0にあり、UP状態にあるすべてのCitrix ADCインスタンスを検索するとします。詳しくは、「タグを作成してインスタンスに割り当てる」を参照してください。

[709997]

Citrix ADCインスタンスにタグを付ける機能

タグは、Citrix ADCインスタンスに割り当てて、Citrix ADCインスタンスに関する追加の説明を関連付けることができる用語またはキーワードです。Citrix ADMでは、Citrix ADCインスタンスをタグに関連付けることができるようになりました。これらのタグを使用すると、Citrix ADCインスタンスをグループ化、識別、検索できます。詳しくは、「タグを作成してインスタンスに割り当てる」を参照してください。

[708603]

Slack にイベント通知を送信する機能

以前は、Citrix ADM GUIでは、イベントの電子メール通知を送信するオプションがありました。Slack チャンネルにもイベント通知を送信できるようになりました。

Citrix ADM GUIでプロファイル名とWebhook URLを指定して、必要なSlack チャネルを構成します。イベント通知はこのチャンネルに送信されます。詳しくは、「イベントルールの作成」を参照してください。

[656472]

解決された問題

ネットワーク

  • Citrix ADMが0/1以外のインターフェイスで構成されている場合、仮想サーバー上でAppFlow を構成することはできません。 [705330]

  • 構成監査テンプレート名には空白を含めない。[708003]

StyleBook

  • StyleBookでカスタムヘッダーを定義している場合は、StyleBooksを使用してエンティティを作成することはできません。 [709094]

設定

  • ユーザーのログアウトに関するシステム通知は表示できますが、電子メール通知を受信しない場合があります。 [704344]

  • NTPの詳細がrc.netscalerファイルに追加された場合、Citrix ADMはCitrix ADCインスタンスの事前検証に失敗します。これで、これらのCitrix ADCインスタンスを選択し、インスタンスのアップグレード中に削除できます。 [708466]

  • Citrix ADCは、同じアプリケーションの「複数のアプリケーション終了」レコードをエクスポートします。これにより、Citrix afdcoder ADMプロセスがクラッシュします。 [709462]

高可用性

  • 高可用性モードのCitrix ADCインスタンスがユーザーグループに割り当てられ、インスタンスペアがフェイルオーバーすると、インスタンスはユーザーグループに割り当てられなくなります。 [709202]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • 重複したエントリは、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクトなど、ネットワーク機能でリストされているすべてのエントリをフィルタリングすると表示されます。 [704095]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

2018年5月24日

このリリースには、バグの修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド514.117に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

解決された問題

ネットワーク

  • ネットワーク、分析、およびシステムノードにのみRBACアクセス権があるシナリオを考えてみましょう。デフォルトの動作では、ナビゲーションペインの最初のノード(つまり、Citrix ADMにアクセスするときに、[ネットワーク]がランディングページである必要があります)。しかし、現在は [アナリティクス] ノードがランディングページになっています。 [705347]

  • Internet Explorer 11.0、Firefox バージョン 31.0、および Google Chrome バージョン 31.0 を使用して構成ジョブを作成すると、次のエラーが表示されます。

     SCRIPT5017: Syntax error in regular expression rdx.js (61,583910)"
     <!--NeedCopy-->
    

    [707767]

  • Citrix ADC監査テンプレート違反グラフに、同じインスタンスをポーリングする2つのスケジュール済み監査テンプレートに、違反のあるインスタンスが1つある場合、「相違なし」ステータスメッセージが表示されます。 [708404]

  • 監査テンプレート名は変更または編集できません。[708407]

  • 監査テンプレートでは、変数値の ‘&’ 文字は、入力ファイルの ‘&’ 文字に置き換えられます。[708766]
  • [ネットワークレポート] でインスタンスのしきい値を設定すると、インスタンスの一覧には、Citrix ADC インスタンスに加えて Citrix ADC SDX インスタンスが含まれます。 [707980]
  • Citrix SD WAN WOインスタンスをCitrix ADMに追加すると、SNMP接続は成功せず、GUIが応答しなくなります。 [709146]

Analytics

  • ユーザー名に基づいてGateway Insightレポートをフィルタリングすると、Citrix ADM はユーザー固有の詳細をフィルタリングできません。 [701514]
  • 大量の HTTP トランザクションがあると、mas_afdecoder プロセスが失敗することがあります。 [706509]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • 重複したエントリは、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクトなど、ネットワーク機能でリストされているすべてのエントリをフィルタリングすると表示されます。 [704095]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

2018年5月04日

このリリースには、バグの修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド513.120に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

解決された問題

Analytics

  • HDX Insightの組み合わされたグラフィカルビューには、誤ったタイムゾーンが表示されます。 [703906]

  • HTTP POST トランザクションの応答時間の計算が正しくないため、Web Insight レポートの生成が停止します。 [707146]

ネットワーク

  • レポートを.csv形式でエクスポートすると、時間列にはユーザーが読める形式ではなく、「エポック」形式でデータが表示されます。 [704828]

  • 構成ジョブの実行サマリーは、Citrix ADCインスタンス上で構成ジョブのコマンドが完全に実行されていない場合でも、Citrix ADMでは完了として表示されます。 [707317]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • 重複したエントリは、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクトなど、ネットワーク機能でリストされているすべてのエントリをフィルタリングすると表示されます。 [704095]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

2018年4月12日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド512.119に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

Citrix ADMからデフォルトのStyleBookを非表示にする機能

Citrix ADMで使用可能なStyleBookのリストから、デフォルトのStyleBookをすべて非表示にできるようになりました。[ アプリケーション ] > [ 構成 ] > [ 設定]に移動します。[ 既定の StyleBooks を隠す] チェックボックスを有効にします 。デフォルトのStyleBookはすべて非表示になり、ユーザーはアクセスできなくなります。さらに、 [設定 ] ページ自体をユーザーから非表示にすることができます。RBAC 機能を使用すると、[設定] ページにアクセスできないようにする適切なアクセスポリシーを作成できます。[ アカウント ] > [ ユーザー管理 ] > [ アクセスポリシー] に移動します。ポリシーを作成し、[権限] セクションで [ すべて ] > [ アプリケーション ] > [ 構成] の [設定] の選択を解除します。詳しくは、「すべてのデフォルトスタイルブックを非表示にする」を参照してください。

[686914]

Citrix ADMでユーザー定義のStyleBookをすべて検索する機能

Citrix ADMでは、タイプに基づいてStyleBookを検索できるようになりました。つまり、Citrix ADMの[StyleBooks]一覧ページで、すべてのカスタムStyleBookを検索できるようになりました。詳しくは、「カスタムStyleBookを使用する」を参照してください。

[681949]

解決された問題

Analytics

  • AppFlow トラフィックがCitrix ADCクラスタからのものである場合、Citrix ADMは7日を超えてデータを格納しません。 [706348]

ネットワーク

  • テンプレートをインポートするとき、または構成テンプレートを使用してジョブを作成すると、変数の値は表示されません。プレビュー後に [ 完了 ] をクリックして、変数の値を表示します。 [705884]
  • 複数の構成ジョブが多数のコマンドおよび複数のインスタンスで同時に実行されている場合、構成ジョブは完全には実行されません。ジョブの実行が停滞し、「進行中」状態に表示されます。 [706201]
  • 構成テンプレートのインポートがキャンセルされた場合でも、構成テンプレートはCitrix ADMにアップロードされます。 [706219]
  • Citrix ADMでは、[ ネットワーク ]>[ イベント ]>[ Syslogメッセージ]に移動すると、最も古いメッセージが最初に表示されますが、[並べ替え]ウィンドウの[新しい順]オプションが表示されます。「古い順」を選択し、「新しい順」を選択した場合のみ、メッセージが正しく表示されます。 [702305]
  • 他のイベントルールに加えて、イベントに対して「抑制」イベントルールを構成すると、Citrix ADMは、構成されたすべてのイベントルールを実行します。 [702517]

システム

  • シングルサインオン資格情報を使用しているにもかかわらず、同じCitrix ADCインスタンスを閉じた後に再度アクセスすることはできません。 [699435]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は、Citrix ADMの[ 設定 ]>[ ユーザー管理 ]>[ ユーザー]に表示されます。 [686581]

2018年3月22日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド 511.118 に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

Citrix ADM ヘルプセンターのご紹介

Citrix ADMにはヘルプセンターがあり、実行中のさまざまなタスクのリンクにアクセスできます。たとえば、Citrix ADMを初めてオンボードする方法を学ぶことができます。また、最新のリリースノートを表示したり、サブスクリプションの管理方法を確認することもできます。

[706025]

StyleBookを使用してCitrix ADCインスタンスをADFSプロキシとして構成する

StyleBooks を使用して、Active Directory フェデレーションサービス (ADFS 2.0) のリバースプロキシとして機能するように Citrix ADC インスタンスを構成できるようになりました。Citrix ADCインスタンスは、Active Directory認証クライアントのシングルサインオン(SSO)エクスペリエンスをエンタープライズデータセンター外のリソースまで拡張できるようになりました。これで、インスタンスはアクティブとパッシブの ADFS 認証の両方をサポートできます。詳しくは、「Microsoft ADFS proxy StyleBook」を参照してください。

[696203]

インスタンスダッシュボードの改善

Citrix ADM インスタンスごとのダッシュボードには、特定のインスタンスからポーリングされたデータが表示されます。デフォルトでは、1 分ごとに、マネージインスタンスがデータ収集のためにポーリングされます。NITRO呼び出しを使用して、状態、HTTPリクエスト/秒、CPU使用率、メモリ使用量、スループットなどの統計情報を継続的に収集します。管理者は、この収集されたすべてのデータを 1 つのページで表示できます。また、インスタンス内の問題を特定し、即座に修正するアクションを実行することもできます。

特定のインスタンスのダッシュボードを表示するには、[ ネットワーク] > [インスタンス] > (インスタンスタイプ) に移動します。表示するインスタンスを選択し、[ Dashboard] をクリックします。

[ Overview ] タブには、特定のインスタンスの CPU、メモリ使用量、イベントが表示されます。他のインスタンス固有のダッシュボードを表示して、インスタンスの詳細情報を確認できます。その他のタブには、SSL、設定監査、ネットワーク機能、ネットワークの使用状況があります。

[687676]

ネットワークインベントリの改善

Citrix ADMによって維持されるインスタンスの完全なリストを表示できるようになりました。インベントリレポートを表示するには、[ ネットワーク] > [ダッシュボード ] に移動し、画面の右上隅にある [ すべてのインスタンス ] をクリックします。新しいインベントリレポートには、次の情報が表示されます。

  • すべてのインスタンス
  • インスタンスのバージョン
  • シリアル番号

[687676]

ポーリングの進行状況インジケータ

Citrix ADMでインスタンスのポーリングアクションのステータスを表示できるようになりました。以前は、[ Poll Now ] アクション(証明書、構成監査、検出など)を選択すると、GUI はポーリングが開始されたときだけ表示されていました。これで、ポーリングの進行状況、実行中および完了のかどうか、およびポーリングアクション中にインスタンスから取得された情報が確認できます。

詳しくは、「Citrix ADC インスタンスとエンティティのポーリング」を参照してください。

[688916]

解決された問題

  • [ 設定] > [サブスクリプション] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix ADM 506.119 ビルドから Citrix SD-WAN WO または Citrix ADC SDX インスタンスをアップグレードすることはできません。 [699814]
  • Internet Explorer 11を使用してログオンすると、Citrix Cloudナビゲーションバーは表示されません。 [702339]

既知の問題

ネットワーク

  • Citrix ADMでは、[ネットワーク]>[イベント]>[Syslogメッセージ]に移動すると、最も古いメッセージが最初に表示されますが、[並べ替え]ウィンドウの[新しい順]オプションが表示されます。「古い順」を選択し、「新しい順」を選択した場合のみ、メッセージが正しく表示されます。 [702305]

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

設定

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

2018年3月3日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド510.120に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

ネットワークレポートダッシュボードの改善

異なるレポートデータを表示する複数のウィジェットを使用して、カスタマイズされたダッシュボードを作成できるようになりました。カスタマイズしたダッシュボードでは、任意の数の仮想サーバーおよび最大 10 個のインスタンスについて、複数のレポートを表示できます。また、レポートの期間をカスタマイズし、詳細な分析のためにエクスポートすることもできます。詳しくは、「ネットワークレポート」を参照してください。

[702016]

レポート期間のカスタマイズ

スライダーを使用して、Citrix ADM GUIで生成されるレポートの継続時間をカスタマイズできるようになりました。以前は、1 時間、日、週、または 1 か月のレポートを生成して表示することができました。詳しくは、「ネットワークレポート」を参照してください。

[666018]

新しいネットワークレポート

選択したCitrix ADCインスタンスの各インターフェイスについて、パフォーマンスレポートを生成およびエクスポートできるようになりました。収集されるパフォーマンスデータは、選択したカウンタと、Citrix ADCインスタンスが送受信するデータに基づいています。詳しくは、「ネットワークレポート」を参照してください。

[683417]

選択したCitrix ADCインスタンスについて、スループットと帯域幅に関するレポートを生成できるようになりました。生成されたスループットレポートを使用して、[Network Reporting] ダッシュボードで特定のインスタンスごとにネットワークレポートデータを監視できます。詳しくは、「ネットワークレポート」を参照してください。

[687555]

StyleBookを使用したCitrix ADCインスタンスへのOracle E-Businessスイートのデプロイ

StyleBooksを使用して、Citrix ADCでOracle E-Business Suite 12.2の負荷分散展開プロセスを定義できるようになりました。ロード・バランシングの構成は、LB仮想サーバーにリンクされ、個々のOracle E-Business Suiteサーバーにバインドされる負荷分散仮想サーバーおよびサービスの定義で構成されます。詳しくは、「Oracle 電子ビジネススタイルブック」を参照してください。

[679553]

StyleBooksとアプリケーションダッシュボードを統合して、Citrix ADCインスタンス上で構成を作成する

Citrix ADMでは、デフォルトまたはカスタムStyleBookを使用してカスタムアプリケーションを作成できるようになりました。StyleBookは、アプリケーションの複雑なCitrix ADC 構成の管理作業を簡素化します。したがって、アプリケーションダッシュボードページでカスタムアプリケーションを定義するときに、Citrix ADMに存在するStyleBookを選択できるようになりました。次に、Citrix ADMは、選択したStyleBookに基づいて、ターゲットCitrix ADCインスタンス上に構成を作成します。Citrix ADMは、構成パック内のすべての仮想サーバーで構成されたカスタムアプリケーションも作成します。

注:

十分なCitrix ADMライセンスが利用可能で、仮想サーバーのライセンスが[手動]に設定されていない場合は、カスタムアプリケーションと構成パックが作成されます。詳しくは、「アプリケーション定義の作成」を参照してください。

[684460]

既存の構成パックを別のStyleBookに移行する機能

Citrix ADMでは、構成パックを削除して再作成することなく、構成パックを新しいStyleBookへ移行(またはアップグレード)できるようになりました。この機能を使用すると、ターゲットインスタンス上のすべての設定を保持できます。

新しいStyleBookのパラメータは、既存のStyleBookのパラメータのスーパーセットであることを考えてみましょう。その後、Citrix ADMは、パラメータ値を再入力しなくても、構成パックを新しいStyleBookに移行できます。

注:

これは、新しいStyleBookの一部である新しいパラメータは任意であることを前提としています。

移行中、Citrix ADMは、既存の構成と新しいStyleBookによって生成された新しい構成との間で構成差分を実行します。Citrix ADMは、ターゲットCitrix ADCインスタンスで追加、削除、または更新する必要がある構成オブジェクトを決定します。

Citrix ADM内の2つのStyleBook間で構成パックを移行する際に制限はありません。移行した設定パックを以前のStyleBookに戻すこともできます。詳しくは、「StyleBookの設定パックを別のStyleBookに移行する」を参照してください。

[699789]

Security Insight レポートでの署名のルール ID の表示

署名違反の Security Insight レポートに、各シグニチャのルール ID が含まれるようになりました。

詳しくは、「Security Insight」を参照してください。

[701416]

解決された問題

Analytics

  • NITRO 呼び出しが増加すると、Citrix ADMが応答を停止します。 [696032]

ネットワーク

  • Citrix ADMの[システムバックアップ設定]ページにバックアップファイルの数が表示されません。 [703421]
  • [ ネットワーク ] > [ ライセンス設定 ] > [ システムライセンス] で、許可された仮想サーバの数を超える仮想サーバが選択されている場合、送信前にユーザーにプロンプト警告メッセージが表示されます。 [687058]

既知の問題

ネットワーク

  • Citrix ADMでは、[ネットワーク]>[イベント]>[Syslogメッセージ]に移動すると、最も古いメッセージが最初に表示されますが、[並べ替え]ウィンドウの[新しい順]オプションが表示されます。「古い順」を選択し、「新しい順」を選択した場合のみ、メッセージが正しく表示されます。 [702305]

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]
  • Citrix ADMからCitrix SD-WAN WOまたはCitrix ADC SDXインスタンスをアップグレードすることはできません。 [699814]

GUIの問題

  • Internet Explorer 11を使用してログオンすると、Citrix Cloudナビゲーションバーは表示されません。 [702339]

2018年2月9日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド509.119に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

アプリケーションダッシュボードの改善

Citrix ADM GUIでは、アプリケーションダッシュボードの使いやすさを向上させるために、次の変更が加えられています。

  1. 0 アプリスコアは 、停止中または停止中のアプリケーション仮想サーバーの数を表します。この 0 アプリスコアは 、アプリケーションダッシュボードビューの既存のアプリスコアの凡例の一部になりました。

  2. アプリの概要パネルに、以前の「合計アプリ数 N/N」 ではなく、「N/N アプリを表示」というテキストが表示されるようになりました。アプリのスコアグラフで 60 を選択する例を考えてみましょう。アプリスコアが40~60のアプリケーションの合計26個のうち、16個のアプリケーションがあります。アプリの概要パネルに「16/26 アプリを表示」と表示されます。条件が選択されていない場合、アプリの概要パネルに「26/26 アプリを表示」と表示されます。

  3. アプリケーションの概要パネルに、適用可能なカテゴリに基づいてアプリケーションをフィルタリングするための新しいグラフが表示されるようになりました。アプリケーションの概要パネルに新しいアプリケーションカテゴリグラフが追加されます。このグラフには、Citrix ADMで定義されているすべてのカテゴリのヒストグラムが表示されます。すべての個別アプリケーションが [その他] カテゴリに表示され、カスタムアプリケーションはそれぞれのカテゴリ名の下に表示されます。これらのカテゴリ名は、カスタムアプリケーションの定義時に割り当てられます。

詳しくは、「アプリケーションの分析と管理」を参照してください。

[695980]

アプリケーションをフィルタリングするためのパラメータとして、負荷分散仮想サーバの状態とヘルスのパーセンテージを選択する機能

仮想サーバーの正常性棒グラフでは、Citrix ADMは仮想サーバーの正常性の割合に基づいてアプリケーションを分類します。棒グラフには、ヘルス値が 0% ~ 100% の範囲でグループ化されているアプリケーションの数が表示されます。

仮想サーバーの正常性とは、個別のアプリケーションの下にグループ化された仮想サーバーの正常性を表します。ただし、複数の仮想サーバで構成されるカスタムアプリケーションがある場合は、グループ間で仮想サーバのヘルスの最小数が考慮されます。

これで、フィルタを適用し、選択条件に一致するアプリケーションのみをアプリケーションダッシュボードに表示できます。

詳しくは、「アプリケーションの分析と管理」を参照してください。

[694425]

Citrix ADCインスタンスへの組み込みのCitrix ADMエージェント

リリース12.0ビルド56.20以降を実行しているCitrix ADCインスタンスには、Citrix ADM組み込みエージェントが含まれています。このエージェントは、インスタンスとCitrix ADM間の通信を有効にします。外部エージェントをインストールする必要はありません。

管理、監視、およびアプリケーションダッシュボード機能は、組み込みエージェントを使用するCitrix ADCインスタンスでサポートされます。Webインサイト、SSL Insight、HDX Insight、Citrix Gatewayインサイト、Security Insight、インテリジェントアプリ分析の機能はサポートされていません。

この組み込みエージェントを使用するには、Citrix ADCインスタンスをリリース12.0ビルド56.20にアップグレードし、エージェントを開始する必要があります。

注:

組み込みエージェントは、次のCitrix ADCインスタンスタイプでのみ使用できます。

  • Citrix ADC MPXアプライアンス
  • Citrix ADC VPXアプライアンス
  • Citrix Gateway
  • Citrix Secure Web Gateway

組み込みエージェントの使用方法の詳細と手順については、次の記事を参照してください。

[694701]

Web Insight サポート

Citrix ADMは、Web Insight をサポートするようになりました。Web Insight 機能は、エンタープライズ Web アプリケーションを可視化します。IT管理者は、アプリケーションの統合されたリアルタイム監視を提供することにより、Citrix ADCが提供するすべてのWebアプリケーションを監視できます。詳しくは、「Web Insight」を参照してください。

Web Insightは、近似アルゴリズムを使用してCitrix ADCからのデータを処理します。企業内の Web アプリケーションに関連するメトリックの上位 1,000 レコードを提供します。

[688206]

SSL インサイトのサポート

Citrix ADMはSSL Insight をサポートするようになりました。SSL インサイト機能は、Web 上のセキュアなトランザクション (HTTPS) を可視化します。IT管理者は、統合されたリアルタイムのWebトランザクション監視を提供することにより、Citrix ADCによって提供されるすべてのWebアプリケーションを監視できます。詳しくは、「SSL Insight」を参照してください。

SSLインサイトは、近似アルゴリズムを使用してCitrix ADCからのデータを処理します。企業内の Web トランザクションに関連するメトリックの上位 1,000 レコードを提供します。

[688206]

Citrix Gateway InsightでのSAML認証レコードのサポート

Citrix Gateway Insightは、SAML認証失敗に関する洞察を提供するようになりました。SAML認証の失敗は、[ 分析]>[Citrix Gatewayインサイト]>[概要 ]ページの[ 認証 ]タブに表示されます。

[634094]

場所情報を提供してサイトへのCitrix ADCインスタンスの追加機能

Citrix ADMでは、Citrix ADCインスタンスを追加してサイトに関連付けることができるようになりました。インスタンスの検出時に、サイトを作成するか、既存のサイトを選択できます。Citrix ADMエージェントの詳細を指定し、常にエージェントをサイトに関連付けます。

インスタンスを追加するには、次の手順に従います。

  1. [ ネットワーク ] > [ インスタンス] に移動します。
  2. Citrix ADCインスタンスのタイプを選択し、[ 追加]をクリックします。
  3. IP アドレスを入力し、プロファイルを選択します。
  4. サイトとエージェントを選択します。
  5. [Agent] フィールドの横にある編集アイコンをクリックします。
  6. エージェントを選択し、[ Attach Site ] をクリックし、必要なサイトを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

これで、インスタンスはサイトに関連付けられます。[ネットワークダッシュボード] に移動して、関連付けられたサイトの下に新しく追加されたインスタンスを表示します。

詳しくは、「グローバルに分散されたサイトを監視する方法」を参照してください。

[702019]

同じプライベート IP アドレスでCitrix ADCインスタンスを検出する機能

Citrix ADMを使用して組み込みエージェントを使用してインスタンスを登録するときに、異なるネットワーク上の同じプライベート IP アドレスを持つCitrix ADCインスタンスを検出できるようになりました。

[699962]

解決された問題

ネットワーク

  • 異なるプロパティを含む SSL プロファイルが SSL 仮想サーバーに接続されている場合、DH (Diffie-Hellman) および一時的な RSA キーの値が正しく表示されません。値は、SSL プロファイルを持たない SSL 仮想サーバー IP に対してのみ正しく表示されます。 [702680]

  • Citrix ADC フェイルオーバー後、各パーティションのサービスまたはサービスグループについて、重複するサービスまたはサービスグループのエントリが表示されます。この問題は、既定のパーティションに属するサービスまたはサービスグループでは発生しません。 [699224]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]
  • Citrix ADMからCitrix SD-WAN WOまたはCitrix ADC SDXインスタンスをアップグレードすることはできません。 [699814]

GUIの問題

  • Internet Explorer 11を使用してログオンすると、Citrix Cloudナビゲーションバーは表示されません。 [702339]

2018年1月18日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド508.116に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

特定のCitrix ADCインスタンスから証明書をインポートする

特定のCitrix ADCインスタンスから証明書をインポートし、Citrix ADM GUIから他のターゲットCitrix ADCインスタンスに適用できるようになりました。この機能強化では、証明書をローカルシステムにダウンロードしてから、選択したインスタンスにダウンロードした証明書を適用する必要がありません。詳しくは、「Citrix ADCインスタンスにSSL証明書をインストールする方法」を参照してください。

[688029]

複数のCitrix ADCインスタンスのネットワークレポートを表示する

Citrix ADMでは、ネットワークレポートを生成しながら、複数のCitrix ADCインスタンス(および最大5台の仮想サーバー)を選択できます。複数のインスタンスのネットワークレポートデータを同時に監視できるようになりました。

Citrix ADM ネットワークレポート機能から生成されたレポートをエクスポートしてスケジュールすることもできます 。詳しくは、「ネットワークレポート作成」を参照してください。

[665989]

高可用性モードでCitrix ADCインスタンスをアップグレードする

高可用性モードでCitrix ADCインスタンスをCitrix ADMからアップグレードするプロセスが改善されました。メンテナンスタスクを作成して、HA ペアを 2 段階でアップグレードできます。最初に最初のノードでアップグレードをスケジュールまたは実行し、その後で 2 番目のノードのアップグレードをスケジュールできます。管理者は、最初のノードのアップグレードが成功した場合のみ、2 番目のノードのアップグレードを続行できます。

  • 現在、HA ペアの 2 番目のノードが最初にアップグレードされ、最初のノードのアップグレードは後でスケジュールされます。
  • ノードの同期と伝播は、両方のノードが正常にアップグレードされるまで無効になります。
  • 最初のノードのアップグレード時に、HA ペアのノードが異なるビルドまたはバージョン上にある場合、警告が表示されます。2 番目のノードが同じビルドとバージョンになるまで、2 番目のノードのアップグレードプロセスをキャンセルできます。または、ノードが同じビルドとバージョンにある後で、後でスケジュールすることもできます。

詳しくは、「Citrix ADCインスタンスをアップグレードする方法」を参照してください。

[694907]

サーバーのバインドされたエンティティの表示

これで、管理対象Citrix ADCインスタンス上の特定のサーバーのバインドされたエンティティを表示できます。これで、次の項目が表示されます。

  1. これで、選択した負荷分散サーバーのバインドされたサービスおよびバインドされたサービスグループを表示できます。

    [ ネットワーク ] > [ ネットワーク機能 ] > [ 負荷分散 ] > [ サーバー] に移動します。サーバーを選択し、[ バインドされたサービスの表示] または [ **バインドされたサービスグループの表示**] をクリックします。[バインドされたサービス] ページで、サービスを有効または無効にし、エンティティをポーリングできます。同様に、[バインドされたサービスグループ] ページでは、サービスグループを有効または無効にしたり、バインドされたサービスグループのメンバーを表示したり、エンティティをポーリングしたりできます。

  2. コンテンツスイッチング仮想サーバー上のサーバーのバインドされた LB 仮想サーバーを表示できます。

    [ ネットワーク ] > [ ネットワーク機能 ] > [ コンテンツスイッチング] に移動します。サーバーを選択し、[ バインドされた LB 仮想サーバーの表示] をクリックします。[バインドされた LB サーバー] ページでは、仮想サーバーを有効または無効にしたり、ポーリングしたりできます。

    注: コンテンツスイッチング仮想サーバーを選択し、[ バインドされた LB 仮想サーバーの表示] をクリックします。Citrix ADMには、デフォルトのLBサーバーとポリシーベースのターゲットLB仮想サーバーが表示されます。

  3. キャッシュリダイレクト仮想サーバー上のサーバーのバインドされたターゲット LB 仮想サーバーを表示できます。

    [ ネットワーク ] > [ ネットワーク機能 ] > [ キャッシュリダイレクト] に移動します[ キャッシュリダイレクト仮想サーバー] ページに、新しい [ターゲットLB 仮想サーバー] 列が表示されます。このページには、ターゲットの LB 仮想サーバーの名前が表示されます。

[698772]

ライセンスされた仮想サーバーのスループットの詳細の表示

スループットの詳細(要求バイト数と応答バイトの合計)に基づいて、仮想サーバーに対するライセンスを管理および割り当てることができます。これは、[ システムライセンス ] ページの列として表示されます。[ スループット] 列を並べ替えて、スループットの使用量が少ない仮想サーバを確認し 、それに応じてライセンスを割り当てることができます。

スループットの詳細を表示する手順は、次のとおりです。

  1. [ ネットワーク ] > [ ライセンス ] > [ システムライセンス] に移動します。
  2. [ システムライセンス ] ページの [ 管理対象仮想サーバー] で、 [仮想サーバーの自動選択]オプションがオフになっていることを確認します。これで、管理する仮想サーバーを明示的に選択できます。
  3. 仮想サーバを選択するには、 [クリックして選択] を選択します
  4. [ 仮想サーバーの選択] ページで、各仮想サーバータブの下の列として [スループット] の詳細が表示されます。

[687056]

エージェントの設定とCitrix ADCインスタンスの追加に関する新しい構成フロー

Citrix ADMでは、Citrix ADMエージェントを設定したり、Citrix ADCインスタンスをCitrix ADMに追加したりするための、直感的な新しいGUIが提供されるようになりました。詳しくは、「はじめに」を参照してください。

[700033]

スタイルブックのPython SDKサポート

Citrix ADMでは、Python SDKはStyleBooksのNITRO 呼び出しをサポートするようになりました。

[672420]

Citrix ADCインスタンスに関する追加情報の表示

Citrix ADM上のCitrix ADCインスタンスの次のパラメータに関する情報を表示できるようになりました。

  • モデルID:Citrix ADCインスタンスに適用されるライセンスのタイプから派生したモデルIDが表示されます。モデル ID は、[インスタンス] ページと [インスタンスダッシュボード] に表示されます。
  • ホストID:ホストIDが表示されます。ホストIDは、Citrix ADCインスタンスのMac IDです。ホスト ID は、インスタンスのライセンスを生成するために使用されます。ホスト ID は、[インスタンス] ページと [インスタンスダッシュボード] で確認できます。
  • NetScaler UUID:一意のインターネットデバイスまたはデータを識別する汎用一意識別子(UUID)。アルゴリズムは、インスタンスのネットワークアドレスに基づく値を使用して UUID を生成します。インスタンスダッシュボードでNetScaler UUIDを表示できます。
  • CPU: CPUの現在の周波数を表示します。CPU は、負荷容量に応じて異なる周波数で動作します。MHzの増加/減少は、CPU、マザーボードのアーキテクチャ、および温度によって決まります。インスタンスダッシュボードで CPU 使用率の詳細を表示できます。
  • 製造日:インスタンスダッシュボードにCitrix ADCインスタンスの製造日を表示します。

注: デフォルトでは、インスタンスのモデル ID とホスト ID は [インスタンス] ページに表示されません。

新しいパラメータを表示するには:

  1. ネットワーク ]>[ インスタンス]に移動し、パラメータ情報を表示するCitrix ADCインスタンスのタイプを選択します。

  2. モデル ID とホスト ID を表示するには、次の手順を実行します。

    1. 右上にある [ 検索 ] の横にある [ 設定] アイコンをクリックします。

    2. [モデル ID] と [ホスト ID] を選択し、[ 完了] をクリックします。 次の図に示すように、モデル ID とホスト ID の値が表示されます。

    3. ホストID、NetScaler UUID、CPU、および製造日をダッシュボードに表示するには、次の手順を実行します。

      1. インスタンスを選択し、[ Dashboard] をクリックします。

      2. 情報 ]セクションでは、次の図に示すように、 モデルIDホストIDNetScaler UUIDCPUおよび製造の上の詳細を表示できます

[699550, 700266]

解決された問題

Analytics

  • HDX Insightでセッションレポートにアクセスすると、Citrix ADMが断続的に失敗します。 [701042]

ネットワーク

  • デバイスAPIプロキシ要求がCitrix ADMに送信されると、応答ヘッダーにコンテンツ長と転送エンコードが返されます。これはRFC 2616に反します。 [700717]

  • 現在、一部の依存リソース (ns_lbvserver、ns_csvserver など) に対するアクセス許可は、ネットワークレポート機能のアクセス許可の一部として与えられています。しかし、新しい機能強化の一環として、これらの権限は、[ネットワーク機能] の下の対応するノードにアクセスできる場合にのみ付与する必要があります。たとえば、負荷分散仮想サーバーでレポートを実行する場合は、[ネットワーク機能] の下の [負荷分散仮想サーバー] にのみアクセスでき、その逆も同様です。 [700859]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]
  • Citrix ADMからCitrix SD-WAN WOまたはCitrix ADC SDXインスタンスをアップグレードすることはできません。 [699814]

2017年12月28日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド507.114に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

ネットワーク機能サブノード用のCitrix ADMでのRBACのアクセスポリシーの構成

Citrix ADM ロールベースのアクセス制御(RBAC)のアクセスポリシー管理では、ネットワーク機能のサブノードの権限も構成できるようになりました。アクセスポリシー設定は、仮想サーバ、サービス、サービスグループ、サーバなど、すべてのサブノードに対して構成できます。現時点では、負荷分散ノードの下のサブノード、および GSLB ノードの下のサブノードに対してのみ、このような細かいレベルのアクセス許可を提供できます。詳細については、「Citrix Application Delivery Management アクセスポリシーの構成」を参照してください。

[692034]

選択したネットワーク機能のレポートをエクスポートおよびスケジュールする機能

Citrix ADM では、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクト、グローバルサーバー負荷分散(GSLB)、認証、Citrix Gatewayなどの特定のネットワーク機能に関する包括的なレポートを生成できます。このレポートでは、ネットワークに存在するCitrix ADCインスタンス、パーティション、および対応するバインドされたエンティティ(仮想サーバー、サービスグループ、サービス)間のマッピングの高レベルなビューを表示できます。これらのレポートは、.csv ファイル形式でエクスポートできます。

このレポートには、次の仮想サーバデータが表示されます。

  • NetScaler の IP アドレス
  • ホスト名
  • パーティション・データ
  • 仮想サーバのタイプ
  • 仮想サーバ名
  • ターゲット LB 仮想サーバー
  • サービス名
  • サービスグループ名。

詳細については、「ネットワーク機能レポートのエクスポートまたはエクスポートをスケジュールする方法」を参照してください。

[696259]

ファイルまたはZIPバンドルを使用したStyleBooksのインポート

Citrix ADMでは、複数のStyleBookをYAML形式でインポートできます。複数の YAML StyleBook ファイルを Zip 形式 (.zip) 形式または tarball (.tgz, .gz) 形式で圧縮できます。詳しくは、「ユーザー定義スタイルブックの使用方法」を参照してください。

[694938]

SSLダッシュボードでのデフォルトのCitrix ADC証明書の除外

Citrix ADM では、SSLダッシュボードのグラフに表示されるデフォルトのCitrix ADC 証明書の表示と非表示を切り替えることができます。SSL ダッシュボードでデフォルトの証明書を表示または非表示にするには:

  1. Citrix ADM GUIで[ ネットワーク ]>[ SSLダッシュボード ]に移動します。
  2. [ SSL ダッシュボード ] ページで、[ 設定] をクリックします。
  3. [ 設定 ] ページで、[編集] アイコンをクリックします。
  4. [ 証明書フィルタの設定] セクションで、[ 既定の証明書を表示する ] チェックボックスをオフにします。

詳細については、「SSLダッシュボードのデフォルトのCitrix ADC証明書を除外する」を参照してください。

[687609]

解決された問題

ネットワーク

  • テンプレートリストからユーザー定義テンプレートを使用して設定ジョブを作成するには、テンプレートをエディタにドラッグし、新しい値を指定して変数を編集する必要があります。しかし、設定ジョブが実行されると、変数はユーザーが指定した新しい値に置き換えられません。 [698812]
  • Citrix ADMでは、イベントのルールにイベント経過期間が設定されている場合、それらのイベントはGUIに表示されません。また、EntityUp、entityDown、および entityYOFS エンティティは相関関係にあるため、同じイベントに対して更新する必要があります。しかし、これらのトラップはイベントメッセージで別々に見られます。 [699487]
  • Citrix ADMがHDX Insightレポートをエクスポートすると、チャネル帯域幅の値が正しくありません。 [700011]
  • Citrix ADMは、[イベント]に、ライセンスが今後30日以内に期限切れになることを示すメッセージを表示します。ただし、ライセンスはそれより早く期限切れになる可能性があります。 [696976]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、HDX Insight ノードとCitrix GatewayインサイトノードがCitrix ADM GUIに表示されないことがあります。

回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • 現在、一部の依存リソース(ns\_lbvserver,ns\_csvserver etc)に対するアクセス許可は、ネットワークレポート機能のアクセス許可の一部として与えられています。しかし、新しい機能強化の一環として、これらの権限は、[ネットワーク機能] の下の対応するノードにアクセスできる場合にのみ付与する必要があります。たとえば、負荷分散仮想サーバーでレポートを実行する場合は、[ネットワーク機能] の下の [負荷分散仮想サーバー] にのみアクセスでき、その逆も同様です。 [700859]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]
  • Citrix ADM 506.119 ビルドから Citrix SD-WAN WO または Citrix ADC SDX インスタンスをアップグレードすることはできません。 [699814]

2017年12月07日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド506.122に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

親子デプロイおよび統計ベースの GLB アルゴリズムをサポートするためのマルチクラウド GLB StyleBook の機能強化

Global Load Balancing(GLB)ソリューションにより、ユーザーはクライアント要求を複数のデータセンターおよびアプリケーションサーバーに分散できます。データセンターは複数のクラウドに分散され、アプリケーションサーバーはオンプレミスでデプロイされます。このソリューションでは、次の機能をサポートしています。

  • 親子トポロジ。トポロジは、統計情報ベースの GLB アルゴリズムを使用して GLB ノードと LB ノードを設定する場合に使用されます。このトポロジは、LBノードが別のCitrix ADCインスタンスに展開されている場合にも使用されます。
  • スピルオーバーの持続性。プライマリへの負荷がしきい値を下回った後も、バックアップ仮想サーバは、受信した要求を処理し続けます。
  • インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6)。
  • メトリックベース、非メトリックベース、および近接ベースの GLB メソッド。

「マルチクラウドGLB StyleBook」バージョン1.1を使用して、選択したGLB Citrix ADCインスタンスでGLB構成を実行します。次のいずれかの場合に、マルチクラウド GLB StyleBook for LB ノードを使用して、一度に 1 つの LB ノードを設定して GLB 親子トポロジを作成します。

  • メトリックベースの GLB アルゴリズム(最小パケット、最小接続、最小帯域幅)を使用して GLB ノードと LB ノードを構成する場合
  • LBノードが別のCitrix ADCインスタンスに展開されている場合
  • サイトの永続性を構成する場合

最大 1024 の子サイトを構成できます。

詳しくは、「ハイブリッドおよびマルチクラウド環境向けのCitrix ADCグローバル負荷分散」を参照してください。

[694250]

グループ作成時のStyleBookのRBACサポート

Citrix ADMでは、ユーザーがユーザーグループの作成中にアクセスできる選択したStyleBookを追加できます。

選択したStyleBookをグループに追加するには:

  1. Citrix ADM で、[ システム ]>[ ユーザー管理 ]>[ グループ]に移動します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. [ グループ名 ] ボックスに、グループの名前を入力し、必要なロールを選択します。
  4. [ アプリケーションとテンプレート ] タブで、[StyleBooks] チェックボックスをオフにし、ユーザーがアクセスできる必須の StyleBooks を選択します。
  5. [ ユーザーの選択 ] タブで、グループに追加するユーザーを選択します。
  6. [完了] をクリックします。

詳しくは、「Citrix Application Delivery Management でのグループの構成」を参照してください。

[657834, 664844]

グループの説明の提供

Citrix ADMでは、グループを作成するときに、[グループの説明] ボックスにグループの説明を入力できるようになりました 。グループの適切な説明を入力します。良い説明は、後でより良い方法でグループの役割と機能を理解するのに役立ちます。詳しくは、「Citrix Application Delivery Management でのグループの構成」を参照してください。

[685186]

Citrix ADMインテリジェントアプリ分析の統合

Citrix ADM インテリジェントなアプリケーション分析機能は、アプリケーション用に構成された仮想サーバーとサービスを監視し、それらに関する重要な情報を表示します。この機能を使用すると、システム停止やその他のイベント時の監視、管理、および意思決定を行うことができます。インテリジェントアプリ分析のいくつかの主要な機能は次のとおりです。

  • 機械学習アルゴリズムを活用
  • トラフィック動作を学習します
  • 許容可能なパターンと許容できないパターンを区別する
  • 管理者に明確な洞察を提供
  • 管理者が適切なアクションを実行できるようにする

詳しくは、「インテリジェントなアプリケーション分析」を参照してください。

[698730]

AWS の Citrix ADM エージェントを Citrix ADM に自動的に登録する

Amazon Web Services(AWS)で Citrix ADM エージェントをデプロイするときに、Citrix ADM のサービス URL とアクティベーションコードの詳細を指定することで、Citrix ADM エージェントを Citrix ADM に自動的に登録できるようになりました。詳しくは、「AWS に Citrix ADM エージェントをインストールする」を参照してください。

[688901]

Citrix ADMがChangeConfig SNMPトラップを受信したときの構成監査

ネットワーク内のCitrix ADCインスタンスで構成が変更されると、インスタンスによって構成が更新されます。その後、インスタンスは、ConfigChange SNMPトラップをCitrix ADMに送信します。Citrix ADMを有効にして、そのインスタンスに対して構成監査を実行できます。ConfigChange SNMPトラップを受信するたびに、構成監査差分を生成するようにCitrix ADMを構成できます。詳しくは、「ConfigChange SNMP トラップの構成監査差分を生成する方法」を参照してください。

[682007]

メンテナンスタスクのスケジューリングのサポート

Citrix ADMを使用して、次のすべてのメンテナンスタスクを特定の日時にスケジュールできるようになりました。

  • Citrix ADC インスタンスのアップグレード
  • Citrix SDWAN-WO インスタンスのアップグレード
  • Citrix ADC SDXインスタンスのアップグレード
  • Citrix ADC インスタンスのHAペアを構成する
  • HA インスタンスのペアをクラスターに変換する

メンテナンスタスクのスケジューリング中に電子メール通知を設定することもできます。設定が完了すると、ジョブが実行またはスケジュールされるたびに、電子メール通知が送信されます。

[681934]

StyleBookの定義を表示/作成するための組み込みのYAMLビューア/エディタ

Citrix ADMには、YAMLガイドラインに対応するStyleBookを作成できる組み込みのYAMLエディタが用意されています。コンテンツはYAML標準に照らして検証され、偏差が強調表示されます。その後、コンテンツを修正し、StyleBookをCitrix ADMにインポートできます。組み込みのYAMLエディタは、独自のStyleBookを作成する際に2つの利点を提供します。

  • 色分けされています。コンテンツの色分けは、YAML コンテンツで定義されているキーと値を簡単に区別するのに役立ちます。
  • YAML 検証です。入力時にコンテンツが YAML エラーに対して検証され、偏差が即座に強調表示されます。

詳しくは、「ユーザー定義スタイルブックの使用方法」を参照してください。

[695951]

Citrix ADM GUIでのプライベートスタイルブックの表示

StyleBooks(パブリックとプライベートの両方)の数が増えるにつれて、アクセスしたい特定のStyleBookを検索する機能が必要です。また、両方のタイプのStyleBookを別々に表示する機能も必要です。Citrix ADM GUIで[アプリケーション]>[StyleBooks]に移動すると、システムに存在するStyleBookのリストを表示できます。両方のタイプのStyleBookには、プライベートまたはパブリックとして宣言する個別のアイコンがあります。詳しくは、「StyleBookの異なるグループを表示する方法」を参照してください。

[686913]

HAProxy アプリダッシュボードの統合

Citrix ADMでは、アプリケーション分析と管理機能が拡張され、HAProxyアプリケーションがサポートされます。アプリケーションダッシュボードには、Citrix ADMによって監視されるすべてのアプリケーション、つまりCitrix ADC とHAProxyの両方のアプリケーションの完全なビューが表示されます。HAProxy 個別のアプリケーションは、管理対象の HAProxy フロントエンドごとに自動的に作成されます。これらのアプリケーションをグループ化して、Citrix ADCアプリケーションと同様のカスタムアプリケーションを形成することもできます。

注:

HAProxy アプリケーションではアプリアクティビティ調査員を利用できません。詳しくは、「アプリケーションダッシュボードの HAProxy アプリケーション」を参照してください。

[693309]

アプリダッシュボードとセキュリティダッシュボードのレポートのエクスポート

Citrix ADMでは、[アプリダッシュボード]ページと[セキュリティダッシュボード]ページをレポートとしてエクスポートできます。

  1. [ アプリケーションダッシュボード ] ページで、ページの右上にある [エクスポート] アイコンをクリックします。

  2. エクスポートオプションを.pdf または.png ファイルとして選択します。

  3. [OK] をクリックします。

レポートがシステムにダウンロードされます。現在、一度に 1 つのアプリケーションのレポートしかダウンロードできません。詳しくは、「アプリダッシュボードとセキュリティダッシュボードのレポートをエクスポートする」を参照してください。

[693753]

Citrix ADMでのアプリスコアの構成

Citrix ADMでは、アプリスコアを構成できます。アプリスコアの計算は、次の 3 つの主要コンポーネントの平均値に基づいています。

  • パフォーマンススコア(アプリケーションのAPDEXスコア)
  • Citrix ADCインスタンスリソース
  • サーバリソース

検出されたすべてのアプリケーションと、アプリケーションダッシュボードで定義したカスタムアプリケーションについて、アプリケーションスコアが表示されます。詳しくは、「アプリケーションのパフォーマンス分析」を参照してください。

[693758]

アプリアクティビティ調査官の AppScore コンポーネントのしきい値違反の詳細の表示

[ダッシュボード] タブの [App Activity Investigator] には、App Score コンポーネント、エラー、イベント、異常など、選択したアプリケーションの主要な情報が表示されます。各凡例は、選択した期間が 1 時間の場合は 1 分間隔で、選択した期間が 1 日の場合は 1 時間間隔で集計されます。これらの偏差は、グラフ上に長方形の凡例として表示されます。これらの凡例は集計され、発生したイベントの数に応じて色分けされます。

[693769]

HDX Insightのしきい値の作成とルールとアラートの構成

Citrix ADM HDX Insightのしきい値管理では、設定したしきい値を超えるたびにアラートをプロアクティブに構成できます。このしきい値管理は、しきい値ルールのグループを設定し、個々のルールではなくグループをモニタするように拡張されます。しきい値ルールグループは、期待値を持つユーザー、アプリ、デスクトップなどのエンティティから選択されたメトリックのユーザー定義しきい値ルールを 1 つ以上構成します。

[652441]

HDX Insightのしきい値の作成とルール、アラート、ジオロケーションの構成

Citrix ADM HDX Insightのしきい値管理では、設定したしきい値を超えるたびにアラートをプロアクティブに構成できます。このしきい値管理は、しきい値ルールのグループを設定し、個々のルールではなくグループをモニタするように拡張されます。しきい値ルールグループは、期待値を持つユーザー、アプリ、デスクトップなどのエンティティから選択されたメトリックのユーザー定義しきい値ルールを 1 つ以上構成します。しきい値グループは、ユーザーエンティティの地理固有のモニタリングのために、ジオロケーションにバインドすることもできます。

[652447]

解決された問題

ネットワーク

  • Citrix ADM GUIでは、Citrix ADCインスタンスのホスト名が[SSL証明書]の詳細ページに表示されません。この修正により、ホスト名が表示されます。

    1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ SSLダッシュボード]に移動します。

    2. [ SSL ダッシュボード ] ページで、円の 1 つをクリックします。

    3. [ SSL 証明書] ページで証明書を選択し 、[ 詳細] をクリックします。 [670374]

  • インスタンスバックアップ設定をスケジュールする場合、スケジュールされたバックアップ時刻とCitrix ADM GUIに表示される時刻には数時間の差があります。 [695489]

  • Citrix ADM GUIの[ネットワークレポート]ページから2つのグラフをエクスポートする場合、最初のグラフのみがレポートとしてエクスポートされます。この修正により、[ネットワークレポート] ページのすべてのグラフがエクスポートされるようになりました。

    注:

    レポートは、.pdf、.png、または.jpeg 形式でエクスポートされます。 [699380]

  • Citrix ADMで、[ ネットワーク ]>[ 構成ジョブ ]>[ メンテナンスタスク]の順に選択し、[ NetScalerアップグレード]を選択すると、Citrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。 [692538]

高可用性

  • Citrix ADCインスタンスバックアップは、インスタンスが高可用性で展開されると、プライマリおよびセカンダリCitrix ADCインスタンスの両方に対してトリガーされます。 [698903]

  • 高可用性セットアップのCitrix ADCインスタンスがフェイルオーバーし、新しいプライマリにCitrix ADMからアクセスできない場合、そのインスタンスはCitrix ADM GUIに表示されなくなります。 [697017]

設定

  • Citrix ADM メンテナンスタスクが機能していません。 [696952]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]
  • Citrix ADM 506.119 ビルドから Citrix SD-WAN WO または Citrix ADC SDX インスタンスをアップグレードすることはできません。 [699814]

2017年11月17日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド505.117に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

Citrix ADMでのエージェントのプロキシサーバーのサポート

これで、プロキシサーバーを使用してエージェントをCitrix ADMに接続できます。この機能強化を使用すると、エージェントはすべてのデータをプロキシサーバーに転送し、プロキシサーバーはそのデータをインターネット経由でCitrix ADMに送信します。

プロキシ・サーバを使用してデータを転送するには、次のスクリプトを使用してエージェント上のプロキシ・サーバの詳細を入力し、スクリプトの指示に従って詳細情報を入力します。proxy_input.py エージェントは、プロキシサーバーを使用してCitrix ADMに接続している間、この情報を取得します。

ユーザー名とパスワード情報を入力して、プロキシサーバーを認証できます。エージェントがデータを送信すると、プロキシサーバーはユーザー資格情報を認証してから、Citrix ADMに転送します。

注:プロキシサーバーは、基本認証のみをサポートしています。

[697617]

StyleBookを使用してCitrix ADCインスタンスでGoogle Apps シングルサインオンを有効にする

Citrix ADMのデフォルトのSSO Google Apps StyleBookでは、Citrix ADC インスタンスでGoogleアプリケーションのシングルサインオンを有効にできます。StyleBookは、ユーザーがGoogle Appsにアクセスできるように認証するためのSAMLアイデンティティプロバイダとしてCitrix ADC インスタンスを構成します。詳しくは、「SSOGoogle Apps 使い方StyleBook」を参照してください。

[697027]

アプリケーションのピーク使用率トレンドをアプリケーションのパフォーマンスで評価する機能

これで、アプリケーションのピーク使用傾向を評価できます。Citrix ADMの[アプリケーションダッシュボード]から、アプリケーションスコアに基づいてアプリケーションのパフォーマンスへの影響を比較することもできます。アプリケーション情報に対するピーク使用傾向とパフォーマンスの影響を使用して、展開で必要な変更を加えることができます。これは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

アプリケーションのピーク使用傾向を表示するには、「アプリケーション」>「 App Dashboard 」に移動します。アプリケーションを選択し、[ ピーク使用量] をクリックします。

詳しくは、「アプリケーション使用率のトレンド」を参照してください。

[688208]

解決された問題

ネットワーク

  • Citrix ADM構成ジョブ ]>[ジョブ]ページで、背景が青色の行の場合、[ ジョブの作成 ]ボタンは無効になります。今回の修正により、[ Create Job ] ボタンがアクティブになり、無効になりません。 [695397]
  • Citrix ADM Networks]>[ イベント]>[イベントメッセージ]で、日付に基づいてイベントメッセージをソートしようとすると、ソートが正しく行われません。メッセージは、ソート矢印の方向と逆の順序でソートされます。たとえば、メッセージを新しいものから古い順にソートすると、矢印は上向きになります。 [696737]
  • 構成のアドバイスのためにns.confファイルをCitrix ADMにアップロードすると、検証エラーが発生します。 [696920]
  • Citrix ADMに送信されたトラップメッセージには、エンティティの名前と、トラップの発信元の仮想サーバーのIPアドレスとポートが表示されます。次の例は、Citrix ADMが受信したトラップメッセージのエンティティ名を示しています。

        Entity Name
         server_svc_NSSVC_IPFIX_10.102.29.150:4739       (service_10.102.29.150_33554)_DOWN
     <!--NeedCopy-->
    
  • Citrix ADM では、[ネットワーク]>[イベント]>[イベントメッセージ]テーブルの[メッセージ]列に、エンティティの名前、IPアドレス、およびポート番号が個別のパラメーターとして表示されません。[696639]

  • イベントルールでは、スペース (“ “) を含むメッセージを持つスクリプトを実行すると、スクリプトはアクティブになりません。 [696896]
  • 一部のネットワークレポートは、Citrix ADMで生成するのに長い時間がかかります。このようなレポートのエクスポートがスケジュールされている場合、不完全なレポートがエクスポートされます。この修正により、Citrix ADMはレポートが完全に生成されるまで待機してからエクスポートします。 [695500]
  • Citrix ADMでは、一部の表形式のビューとダッシュボードのレポートをエクスポートできません。この修正により、テーブルとダッシュボードのコンテンツをエクスポートできるようになりました。 [670226]
  • Citrix ADMでは、リストビューに表示され、さらに特定のページに移動したとします。GUI の左側にあるナビゲーションペインを使用して戻ることはできません。ページの上部にあるパンくずリストを使用して移動する必要がある場合があります。たとえば、現在 [ ネットワーク ] > [ インスタンス ] > [ NetScaler VPX ] > [ バックアップ/復元 ] ページが表示されているとします。[ ネットワーク ]>[インスタンス]で[Citrix ADCインスタンスタイプ]を選択すると、ナビゲーションペインで[NetScaler VPX]をクリックした後、対応するCitrix ADCインスタンスリストページが開きません。 [684922]
  • Citrix ADMでは、Citrix ADMを使用したCitrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。[ ネットワーク ]>[ 構成ジョブ ]>[ メンテナンスタスク]の順に選択し、[ NetScalerアップグレード]を選択すると、Citrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。 [692538]
  • 特定の時刻に実行するようにスケジュールされている構成監査テンプレートは、グローバルポーリング中にも実行され、構成監査テンプレートが繰り返し実行されます。 [697157]
  • 特定の変数値を使用した構成監査は、高可用性モードのCitrix ADCインスタンスでは機能しません。 [696990]
  • 設定監査テンプレートの作成中は、変数値の入力ファイルをアップロードできません。 [697137]
  • Citrix ADMでは、構成監査レポートの処理中にエラーが発生すると、メールの受信者に空のメールが送信されます。 [697138]

設定

  • 高可用性でのCitrix ADMでのノードの登録と展開時に、両方のノードのパスワードはデフォルトのパスワード「ns root」である必要があります。パスワードがnsrootと異なる場合、ノードの登録は失敗します。 [691836]

  • Citrix ADMでは、名前や説明などの入力フィールドに「&」などの特殊文字を入力すると、「&」が「&」に置き換えられます。 [692656]

  • Citrix ADMでは、名前や説明などの入力フィールドに「&」などの特殊文字を入力すると、「&」が「&」に置き換えられます。 [692656]

  • グループにアプリケーションを追加したり、正規表現を指定して検索条件を適用してグループにアプリケーションを追加することもできます。このような場合、グループを複数回編集すると、アプリケーションの名前が無効な regex 式に変換されます。これにより、RBAC が失敗し、ユーザーはすべてのアプリケーションを表示できます。

    1. Citrix ADMで、[ システム ]>[ ユーザー管理 ]>[ グループ]の順に選択し、[ 追加]をクリックします。グループ名を入力し、[ 承認設定 ] タブで、必要なアプリケーションを選択してグループに追加し、[ グループの作成] をクリックします。

    2. 正規表現を追加する場合は、[グループ] ページに移動し、 グループを選択して [ 編集] をクリックします。

    3. [ 承認設定 ] タブで、[ 正規表現の追加] テキストボックスに正規表現を追加し 、設定を保存します。

    4. グループを再度編集する場合は、[ 承認の設定 ] タブで、以前に追加したアプリケーションの名前が正規表現に変換されることがあります。これは無効な正規表現であるため、RBAC は失敗し、ユーザーはすべてのアプリケーションを見ることができます。 [696515]

高可用性

  • 高可用性セットアップのCitrix ADCインスタンスがフェイルオーバーし、新しいプライマリにCitrix ADMからアクセスできない場合、そのインスタンスはCitrix ADM GUIに表示されなくなります。 [697017]
  • 高可用性セットアップ内のあるCitrix ADCインスタンスから、同じペアの別のインスタンスにバックアップファイルを復元すると、IPアドレスが競合するため、そのCitrix ADCインスタンスにアクセスできなくなります。Citrix ADMは、バックアップファイル内のIPアドレスと復元を実行するインスタンスのIPアドレスが同じかどうかをチェックします。IP アドレスが一致しない場合は、エラーメッセージが表示され、復元が停止します。 [686829]
  • 高可用性にあるCitrix ADCインスタンスのペアをアップグレードすると、Citrix ADCインスタンスは不安定になります。インスタンスは、Citrix ADMから送信されたNITRO 呼び出しに応答する前に、しばらく待たなければならない場合があります。
  • この修正により、インスタンスプロファイルで待機時間を設定して、Citrix ADMがインスタンスに NITRO 呼び出しを送信する前に、設定された時間を待つようにすることができます。デフォルトの待機時間は 60 秒です。 [690860]

既知の問題

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • Citrix ADMで、[ ネットワーク ]>[ 構成ジョブ ]>[ メンテナンスタスク]の順に選択し、[ NetScalerアップグレード]を選択すると、Citrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。 [692538]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]

  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

  • Citrix ADM メンテナンスタスクが機能していません。 [696952]

2017年10月27日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

デフォルトでは、Citrix ADMエージェントはビルド504.115に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます 。また、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定することもできます。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

新機能

構成テンプレートをインポートおよびエクスポートする機能

構成テンプレートをエクスポートして、Citrix ADM内の同じテナントまたは別のテナントにテンプレートをインポートできます。エクスポートされたテンプレートデータ(構成コマンド、変数定義、パラメータなど)は、インポート後も失われません。

構成テンプレートをエクスポートするには、[ ネットワーク] > [構成ジョブ] > [構成テンプレート] に移動します。構成テンプレートを選択し、[ Export] をクリックします。エクスポートされた構成テンプレートは、 JSON ファイル形式でローカルシステムに保存されます。その後、Citrix ADM内の同じテナントまたは別のテナントにこのファイルをインポートして、構成テンプレートを作成できます。設定テンプレートをインポートするには、[ Import ] をクリックし、ローカルに保存した JSON ファイルを選択します。

詳しくは、「構成テンプレートのインポートとエクスポート方法」を参照してください。

[691585]

管理者パーティションのリビジョン履歴差分と監査テンプレートのサポート

Citrix ADMでは、リビジョン履歴の違いと管理者パーティションの監査テンプレートがサポートされるようになりました。

管理者パーティションのリビジョン履歴の違いにより、パーティション化されたCitrix ADCインスタンスの5つの最新の構成ファイルの違いを確認できます。構成ファイルを相互に(構成リビジョン 1 と構成リビジョン-2 の例)、または Configuration Revision を使用して現在実行または保存された構成と比較できます。構成の違いとともに、修正構成も示されています。すべての修正コマンドをローカルフォルダにエクスポートし、設定を修正できます。

パーティションの監査テンプレート を使用すると、カスタム構成テンプレートを作成し、それをパーティションインスタンスに関連付けることができます。監査テンプレートを使用したインスタンスの実行構成の変化は、[Audit Reports] ページの [Template vs Running diff] 列に表示されます。構成の違いとともに、修正構成も示されています。また、すべての修正コマンドをローカルフォルダにエクスポートして、設定を修正することもできます。

[657300]

構成ジョブに異なるタイプの複数のテンプレートを追加する機能

設定ジョブの作成中に、設定ジョブエディタで異なるタイプの複数のテンプレートを追加できるようになりました。複数のテンプレートを追加するには、[ ネットワーク] > [構成ジョブ ] に移動し、[ ジョブの作成] をクリックします。[ Create Job ] ページで、ジョブ名を入力し、インスタンスタイプを選択します。[ Configuration Source ] ドロップダウンリストから、必要なソースを選択し、必要な複数のテンプレートを構成エディタにドラッグできます。テンプレートのソースタイプは、設定テンプレート作成テンプレートマスター構成レコードと再生インスタンスファイルです

詳しくは、「Citrix ADM で構成ジョブを作成する方法」を参照してください。

[686881]

設定ジョブの入力変数値を保持する機能

Citrix ADMでは、構成ジョブの作成中に、入力ファイルを含む指定された入力変数値が永続化されるようになりました。これらの値と、構成ジョブの作成時に以前にアップロードした入力ファイルも表示および編集できます。入力変数の値を表示するには、[ ネットワーク] > [構成ジョブ] に移動し、ジョブを選択して [ 編集] をクリックします。[ 変数値の指定 ] タブでは、永続的な変数値を表示できます。以前にアップロードした入力ファイルも保持されます。入力ファイルをダウンロードし、ファイルを編集してから、名前を変更せずに同じ入力ファイルをアップロードできます。

[691584]

構成ジョブエディタでコマンドを並べ替える機能

これで、構成ジョブエディタでコマンドを並べ替えたり、順序を変更したりできます。これで、コマンドラインをドラッグして、コマンドを 1 行から別の行に移動できます。コマンドライン番号を変更するだけで、コマンドラインを 1 行から任意のターゲット行に移動または並べ替えることもできます。

[684164]

Citrix ADM ネットワークレポートプルーンの設定の構成

Citrix ADMでネットワークレポートデータのプルーニング間隔を構成できるようになりました。これにより、Citrix ADMサーバーのデータベースに保存されるネットワークレポートデータの量が制限されます。デフォルトでは、ネットワークが履歴データをレポートする場合、プルーニングは 24 時間ごと(01.00 時間ごと)実行されます。

[692461]

設定ジョブで変数をプレビューおよび変更する機能

Citrix ADMでは、単一の統合ビューで構成ジョブを作成または編集するときに定義したすべての変数をプレビューできるようになりました。

[ 構成ジョブエディタ ] の [ 変数のプレビュー ] タブをクリックして、単一の統合ビューで変数をプレビューします。新しいポップアップウィンドウが表示され、名前、表示名、タイプ、デフォルト値などの変数のすべてのパラメータが表形式で表示されます。これらのパラメータを編集および修正することもできます。パラメータを編集または変更したら、[ 完了 ] をクリックします。

次のいずれかの操作を実行して、単一の統合ビューですべての変数をプレビューできます。

  • 設定ジョブの作成[ ネットワーク] > [構成ジョブ] に移動し、[ ジョブの作成] を選択します。[ ジョブの作成 ] ページでは、すべての変数をプレビューできます。

  • 設定ジョブの編集[ ネットワーク] > [構成ジョブ] に移動し、ジョブ名を選択して [ 編集] をクリックします。[ ジョブの構成 ] ページでは、構成ジョブの作成時に追加されたすべての変数をプレビューできます。

[684166]

Citrix ADMでアプリケーションをグループに動的に追加するためのワイルドカードサポート

Citrix ADMでグループにアプリケーションを追加する場合、正規表現を使用して、正規表現の条件を満たすアプリケーションを検索し、グループに追加できます。これらのグループにバインドされているユーザーは、それらの特定のアプリケーションにのみアクセスできます。指定された正規表現式は、Citrix ADMに保持されます。新しいアプリケーションがシステムに追加されると、Citrix ADMは新しいアプリケーションに検索条件を適用し、条件に一致するアプリケーションが動的にグループの一部になります。新しいアプリケーションをグループに手動で追加する必要はありません。アプリケーションはシステム内で動的に更新され、各グループのユーザーは、Citrix ADM 適切なモジュールの下にあるアプリケーションを表示できます。

詳しくは、「Citrix ADMでのグループの構成」を参照してください。

[692032]

設定監査テンプレートでの特定の変数値の割り当て

Citrix ADMでは、構成監査テンプレートの作成中に変数を作成し、変数に値を割り当てることができます。[ ネットワーク ] > [ 構成監査] > [ 監査テンプレート ] > [ 追加 ] > [ テンプレートの作成 ][ 変数値の指定] タブで、変数に値を割り当てる 2 つのオプションがあります。

  1. すべてのインスタンスの共通の変数値。選択したインスタンスについて、このページにリストされている変数に共通の値を入力するには、このオプションを選択します。

  2. 変数値の入力ファイルをアップロードします。ファイルをダウンロードし、変数の値を入力し、ファイルをCitrix ADMにアップロードするには、このオプションを選択します。

詳しくは、「監査テンプレートの作成」を参照してください。

[691127]

設定監査相違レポートのエクスポート

Citrix ADMでは、構成監査セクションで構成監査差分レポートをダウンロードできます。[Configuration Audit] セクションでは、すべてのインスタンスおよびインスタンスごとにサマリーレポートをエクスポートできます。また、インスタンステンプレートペアごとに詳細な差分レポートをエクスポートすることもできます。

詳しくは、「監査レポートの表示」を参照してください。

[679736]

構成監査テンプレートと電子メール設定相違レポートをスケジュールする機能

Citrix ADMでは、[ ネットワーク ] > [ 構成監査 ] > [ 監査テンプレート] のすべての監査テンプレートを 、要件に応じて個別またはグローバルにスケジュールした時刻に実行できます。システムによって設定されたデフォルトの時刻にテンプレートを実行するのではなく、設定監査テンプレートを特定の時刻に実行するようにスケジュールできます。[ テンプレートのスケジュールをカスタマイズ ] オプションを選択すると、毎日、週の特定の日、または月の特定の日にテンプレートを実行するようにスケジュールできます。各オプションについて、Citrix ADMでテンプレートを実行する必要があるスケジュール時刻も入力する必要があります。Citrix ADMでは、構成監査差分レポートのエクスポートをスケジュールするために、次のオプションが用意されています。

  • グローバルポーリング間隔を使用します。Citrix ADM でグローバルに構成されたインスタンスでテンプレートを一度に実行するには、このオプションを選択します。

  • テンプレート集計表をカスタマイズします。このオプションを使用して、テンプレートを実行する必要がある時刻と頻度を設定します。

  • 電子メールでレポートを送信します。このオプションを使用して、差分レポートの送信先となるメールプロファイルをメール添付ファイルとして構成します。

詳しくは、「監査テンプレートの作成」を参照してください。

[681957]

StyleBookの依存関係をグラフとして視覚化する機能

StyleBookのすべての依存関係、つまり選択したStyleBookが依存している他のStyleBookを視覚化できるようになりました。依存関係は、既存のStyleBookを使用して新しいStyleBookを構成した結果として作成されます。依存関係は、ボックスと矢印のグラフとして視覚化されます。各ボックスは StyleBook を表し、各矢印は StyleBook から依存する方向への依存を表します。「 アプリケーション 」>「 構成 」>「 StyleBooks 」の順に選択し、右側のパネルに表示されるStyleBookのリストで、表示するStyleBookの「 依存関係の表示 」リンクをクリックします。

[697175]

カスタムStyleBookと依存カスタムStyleBookのダウンロード

カスタムStyleBookとその依存StyleBookをYAML形式でZIPまたはTGZファイルとしてシステムにダウンロードできるようになりました。Citrix ADMで、[ アプリケーション ]>[ 構成 ]>[ StyleBooks]の順に選択し、右側のパネルに表示されているStyleBookのリストから、 ダウンロードするStyleBookの [ダウンロード]リンクをクリックします。

注: 既定の StyleBooks をダウンロードすることはできません。

[696383]

カスタムStyleBookと依存するカスタムStyleBookの削除

カスタムStyleBookとその依存するStyleBookは、Citrix ADMフォルダシステムから削除できます。「 アプリケーション 」>「 構成 」>「 StyleBooks」の順に選択し、右側のパネルに表示されているStyleBookのリストから、削除するStyleBookの右側にある「X」アイコンをクリックします。ファイルだけを削除するか、依存しているすべてのStyleBookを削除するかを選択できます。

注: デフォルトのStyleBookは削除できません。

[696384]

HAProxy インスタンスの管理と監視

Citrix ADMを使用して、展開内のHAProxyインスタンスを管理および監視できるようになりました。HAProxyホストをCitrix ADMに追加すると、ホスト上のHAProxyインスタンスが自動的に検出され、以下の情報を指定して管理および監視できるようになります。

  • HAProxy アプリケーションダッシュボード: HAProxy インスタンスのフロントエンドのリアルタイム統計を表示します。ダッシュボードには、検出されたアプリケーションとしてフロントエンドが表示され、リアルタイムトランザクション、スループット、およびアプリケーションに関するセッション情報が表示されます。

  • HAProxyインスタンスを再起動する機能:Citrix ADM GUIからHAProxyインスタンスを再起動できます。また、Citrix ADM GUIからHAProxyインスタンスをハード再起動またはソフト再起動することもできます。

詳しくは、「HAProxy インスタンスの管理とモニタリング」を参照してください。

[637830]

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

Analytics

  • Citrix ADMでCitrix ADC CPXインスタンスを追加した場合、分析機能にはデータが表示されません。 回避策:Citrix ADC CPXインスタンスをCitrix ADMに追加しないでください。 [694792]

エージェント

  • [ ネットワーク ] > [ エージェント ] に移動し、[エージェント] 画面からエージェントをダウンロードしようとすると 、「ファイルが見つかりません」などのエラーが表示されることがあります。 回避策:エージェントをダウンロードするには、[ 設定] > [ エージェントの設定] に移動し、ハイパーバイザーを選択して [ イメージのダウンロード] をクリックします。 [695998]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • Citrix ADMでは、Citrix ADMを使用したCitrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。[ ネットワーク ]>[ 構成ジョブ ]>[ メンテナンスタスク]の順に選択し、[ NetScalerアップグレード]を選択すると、Citrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。 [692538]
  • 特定の時刻に実行するようにスケジュールされている構成監査テンプレートは、グローバルポーリング中にも実行され、構成監査テンプレートが繰り返し実行されます。 [697157]
  • 特定の変数値を使用した構成監査は、高可用性モードのCitrix ADCインスタンスでは機能しません。 [696990]
  • 設定監査テンプレートの作成中は、変数値の入力ファイルをアップロードできません。 [697137]
  • Citrix ADMでは、構成監査レポートの処理中にエラーが発生すると、メールの受信者に空のメールが送信されます。 [697138]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

  • Citrix ADMでは、名前や説明などの入力フィールドに「&」などの特殊文字を入力すると、「&」が「&」に置き換えられます。 [692656]
  • Citrix ADM メンテナンスタスクが機能していません。 [696952]
  • グループにアプリケーションを追加したり、正規表現を指定して検索条件を適用してグループにアプリケーションを追加することもできます。このような場合、グループを複数回編集すると、アプリケーションの名前が無効な regex 式に変換されます。これにより、RBAC が失敗し、ユーザーはすべてのアプリケーションを表示できます。

    1. Citrix ADMで、[ 設定 ]>[ ユーザー管理 ]>[ グループ]の順に選択し、[ 追加]をクリックします。グループ名を入力し、[ 承認設定 ] タブで、必要なアプリケーションを選択してグループに追加し、[ グループの作成] をクリックします。

    2. 正規表現を追加する場合は、[グループ] ページに移動し、 グループを選択して [ 編集] をクリックします。

    3. [ 承認設定 ] タブで、[ 正規表現の追加] テキストボックスに正規表現を追加し 、設定を保存します。

    4. グループを再度編集する場合は、[ 承認の設定 ] タブで、以前に追加したアプリケーションの名前が正規表現に変換されることがあります。これは無効な正規表現であるため、RBAC は失敗し、ユーザーはすべてのアプリケーションを見ることができます。

    [696515]

2017年10月7日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

Citrix ADMエージェントは、ビルド503.115に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます

新機能

このリリースでは、次の機能強化が使用できます。

エージェントのアップグレード時間の構成

デフォルトでは、新しいバージョンが利用可能になると、エージェントは自動的にアップグレードされます。ただし、エージェントのアップグレードを実行する時刻を指定できます。特定の時刻を選択すると、エージェントはその指定された時刻にアップグレードされますが、エージェントが展開されているタイムゾーンでアップグレードされます。アップグレード中に、約 30 分のダウンタイムが発生することがあります。エージェントのアップグレード時刻を指定するには、[ ネットワーク ] > [ エージェント] に移動し、[ アップグレード設定の構成] をクリックし、エージェントをアップグレードするタイミングを指定します。詳しくは、「エージェントアップグレード設定の構成」を参照してください。

Citrix ADMから管理されたCitrix ADCインスタンスのGUIへのアクセス

Citrix ADMから管理対象Citrix ADCインスタンスのGUIにアクセスできるようになりました。Citrix ADCインスタンスを管理および監視するには、それらをCitrix ADMに追加します。その後、Citrix ADMからアクセスできます。Citrixネットワークに接続していることを確認します。

Citrix ADMからCitrix ADCインスタンスGUIにアクセスするには、[ ネットワーク ]>[ インスタンス]に移動します。[インスタンス]で、表示するインスタンスの種類(Citrix ADC VPXなど)を選択し、アクセスするインスタンスのIPアドレスをクリックします。

[693970]

Citrix ADMからCitrix SWGインスタンスを管理する

Citrix ADMは、Citrix Secure Web Gateway(SWG)インスタンスの検出、管理、および監視をサポートするようになりました。次の図に示すように、[ ネットワーク ]>[インスタンス]でCitrix SWGインスタンスを表示できます

[692493]

ライセンス有効期限後の猶予期間のサポート

ライセンスの有効期限が切れた後、Citrix ADMは90日間の猶予期間を提供します。猶予期間中、Citrix ADMによって収集されたデータは30日間保持され、構成は90日間保持されます。猶予期間中は、Citrix ADMにアクセスできません。

[691069]

エンティティ固有のポーリングのサポート

Citrix ADMでは、インスタンスに構成されている特定のエンティティをポーリングできます。これにより、Citrix ADMがインスタンスにバインドされたエンティティの最新の状態を表示するために必要な更新時間が短縮されます。サービス、サービスグループ、負荷分散仮想サーバー、キャッシュ削減仮想サーバー、コンテンツスイッチング仮想サーバー、認証仮想サーバー、VPN 仮想サーバー、GSLB 仮想サーバー、およびアプリケーション・サーバー。詳細なドキュメントについては、Citrix ADCインスタンスとエンティティをポーリングする方法を参照してください。

[692958]

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

エージェント

  • Microsoft Azure クラウドでプロビジョニングされたエージェントを使用している場合、このエージェントに関連付けられた管理対象インスタンスはCitrix ADM GUIでダウン状態で表示されます。 [690941]
  • エージェントの登録が完了すると、ハイパーバイザーコンソールからエージェントにログオンできなくなる場合があります。 [691181]

ネットワーク

  • Citrix ADMでは、構成ジョブの作成中にファイルが自動的にアップロードされません。アップロードするファイルを選択し、[アップロード] ボタンをクリックする必要があります。[ アップロード ] ボタンは現在使用できません。アップロードするファイルを選択すると、ファイルが自動的にアップロードされます。 [686889]
  • [ ネットワーク ] > [ 構成ジョブ ] > [ プレビュー] で、[プレビュー] ページで構成ジョブに関連付けられたロールバックコマンドを表示できます。 [687621]

設定

  • Citrix ADMでは、Citrix SD-WAN WOの高度なプラットフォームバックアップは、ユーザー定義のデバイスプロファイルと互換性がありません。 [690508]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

エージェント

  • [ ネットワーク ] > [ エージェント ] に移動し、[エージェント] 画面からエージェントをダウンロードしようとすると 、「ファイルが見つかりません」などのエラーが表示されることがあります。 回避策:エージェントをダウンロードするには、[ 設定] > [ エージェントの設定] に移動し、ハイパーバイザーを選択して [ イメージのダウンロード] をクリックします。 [695998]

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]
  • Citrix ADMでCitrix ADC CPXインスタンスを追加した場合、分析機能にはデータが表示されません。 回避策:Citrix ADC CPXインスタンスをCitrix ADMに追加しないでください。 [694792]

ネットワーク

  • Citrix ADMでは、Citrix ADMを使用したCitrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。[ネットワーク]>[構成ジョブ]>[メンテナンスタスク]の順に選択し、NetScalerアップグレード]を選択すると、Citrix ADCインスタンスのアップグレードが失敗します。 [692538]

  • Citrix ADMでは、フォーム入力テキストボックスに名前や説明などの入力フィールドに「&」などの特殊文字を入力すると、「&」が「&」に置き換えられます。 [692656]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年9月14日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

Citrix ADMエージェントは、ビルド 502.119 に自動的にアップグレードされます。[ ネットワーク ] > [エージェント] ページでエージェントの詳細を表示できます

新機能

このリリースでは、次の機能強化が使用できます。

ハイブリッドおよびマルチクラウド環境向けのCitrix ADCグローバル負荷分散ソリューション

グローバル負荷分散 (GLB) ソリューションを使用すると、ユーザーはクライアント要求を複数のクラウド内の複数のデータセンターに分散したり、オンプレミスにデプロイされたアプリケーションサーバーに分散したりできます。このソリューションは、マルチクラウドとハイブリッドクラウドの両方の展開をサポートします。このソリューションの主な利点は次のとおりです。

  • 単一の統合コンソールから、地理的な場所全体で GLB ノードを作成、管理、監視できます。
  • インフラストラクチャの一部をクラウドに移動できる柔軟性を提供します。
  • ディザスタリカバリ用のアクティブ/パッシブ・トポロジをサポート
  • 静的近接、ラウンドロビン、送信元 IP ハッシュ、ラウンドトリップ時間など、複数のグローバル負荷分散方式をサポートします。

Citrix ADMに関連付けられた「マルチクラウドGLB StyleBook」は、複数のデータセンターにあるすべてのGLBノードを管理するための単一のユーザーインターフェイスを提供します。StyleBookを使用する利点は次のとおりです。

  • 変更は1か所で行う必要があるため、既存の構成の変更は簡単です。
  • StyleBooksを使用してすべてのGLBノードに設定をプッシュする方が速くなります。

完全なドキュメントについては、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境向けのCitrix ADCグローバル負荷分散を参照してください。

[691937]

HAProxy インスタンスの管理と監視 (プレビュー)

Citrix ADMを使用して、展開内のHAProxyインスタンスを管理および監視できるようになりました。HAProxyホストをCitrix ADMに追加すると、ホスト上のHAProxyインスタンスが自動的に検出され、以下の情報を指定して管理および監視できるようになります。

  • HAProxy アプリケーションダッシュボード: HAProxy インスタンスのフロントエンドのリアルタイム統計を表示します。ダッシュボードには、検出されたアプリケーションとしてフロントエンドが表示され、リアルタイムトランザクション、スループット、およびアプリケーションに関するセッション情報が表示されます。
  • HAProxyインスタンスを再起動する機能:Citrix ADM GUIからHAProxyインスタンスを再起動できます。また、Citrix ADM GUIからHAProxyインスタンスをハード再起動またはソフト再起動することもできます。

詳しくは、「HAProxy インスタンスの管理とモニタリング」を参照してください。

[637830]

Citrix ADM初回ユーザーエクスペリエンス画面のスキップオプション

Citrix ADMでは、エージェント登録手順をスキップして、Citrix ADMアプリのダッシュボードに直接移動できるようになりました。エージェント登録をスキップするには、[ エージェントの設定 ] ページで [ スキップ] をクリックします。

さらに、Citrix ADM初回ユーザーエクスペリエンスページには、このCitrix Cloudサービスの概要を示すビデオが表示されるようになりました。

[693963]

[サブスクリプション] ページの機能強化

[サブスクリプション] ページに、サブスクリプションの概要、仮想サーバー、およびサードパーティ仮想サーバーが表示されます。[ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、次の変更を表示できます。

  • 仮想サーバの種類ごとのライセンスの概要
  • サードパーティのロードバランサーのライセンス。
  • 自動ライセンス仮想サーバを選択または選択解除できます。

仮想サーバの種類をクリックして、ライセンスが適用されている仮想サーバの一覧を表示することもできます。

詳細については、サブスクリプションの管理の「ライセンスされた仮想サーバの表示」を参照してください。

[693954]

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 [687027]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]
  • Citrix ADMでは、[ナビゲーション]ドロップダウンメニューをクリックして開くと、ハンバーガーアイコン(左隅のメニューアイコン)が[閉じる]アイコン(X)に変わります。この修正により、[インスタンスの追加]、[インサイトの構成] などの設定ページを開くと、ナビゲーションメニューパネルは非表示になり、[X] アイコンが無効になります。 [687203]
  • [ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ イベントメッセージ] で、イベントを選択して [ 詳細 ] タブをクリックすると、[ユーザー名]、[構成コマンド]、[承認ステータス]、[実行ステータス]、[エンティティタイプ] などのパラメータの値が[ イベントの詳細 ] ページ。 [686791]
  • [ ネットワーク] > [ネットワーク機能] > [負荷分散] > [サービスグループ] で、アプリケーションを ID でフィルタリングし、Python SDK で使用できるようになりました。 [692061]
  • [ ネットワーク] > [ネットワーク機能] > [負荷分散] > [仮想サーバー] で、248 日以上の UP 状態にある一部の負荷分散仮想サーバーでは、[ UP] 列には正しくない値が表示されます 。 [693146]

設定

  • Citrix ADM でスペースを含むグループ名を作成すると、アプリの取得など、アクセス許可にグループ名を使用する特定の機能が期待どおりに機能しないことがあります。[ 692629]
  • セカンダリノードの再起動に時間がかかり、プライマリからの強制フェールオーバーが失敗するため、Citrix ADM からの高可用性モードのCitrix ADCitrix ADC インスタンスのアップグレードは失敗します。[ 693119]

StyleBook

  • *」は、CLIコマンドのtcp-portパラメータの有効な入力として受け入れられます。 [694155]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

エージェント

  • Microsoft Azure クラウドでプロビジョニングされたエージェントを使用している場合、このエージェントに関連付けられた管理対象インスタンスはCitrix ADM GUIでダウン状態で表示されます。 [690941]
  • エージェントの登録が完了すると、ハイパーバイザーコンソールからエージェントにログオンできなくなる場合があります。 回避策:SSH クライアントを使用してエージェントにログオンします。 [691181]

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]
  • Citrix ADMでCitrix ADC CPXインスタンスを追加した場合、分析機能にはデータが表示されません。 回避策:Citrix ADC CPXインスタンスをCitrix ADMに追加しないでください。 [0694792]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続きCitrix ADMの[設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー]に表示されます。[ 686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年8月25日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

新機能

このリリースでは、次の機能強化が使用できます。

Citrix ADMエバーグリーンエージェントのアップグレード

Citrix ADMでは、ソフトウェアバージョン12.0ビルド501.117以降で実行されているエージェントは、Citrix ADMによって新しい推奨バージョンに自動的にアップグレードされます。 Citrix ADMエージェントに対してこの機能を有効にするには、既存のエージェントを手動でCitrix ADMエージェントバージョン12.0ビルド501.117にアップグレードする必要があります。

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

ネットワーク

  • Citrix ADMで、検出されたCitrix ADCインスタンスのデフォルト証明書を削除しようとすると、エラーメッセージが表示されます。これで、デフォルトの証明書を選択すると、「削除」ボタンが無効になります。 [687610]
  • Citrix ADMでは、Citrix ADCインスタンスを削除しても、対応するCitrix ADCインスタンスに関連付けられた障害オブジェクトは削除されません。 [690059]
  • 選択した期間が「1 ヶ月」の場合、イベントレポート ([ネットワーク] > [イベント] > [レポート]) は表示されません。 [692054]
  • Citrix ADMでは、エンティティのポーリングの実行中に、検出されるCitrix ADCインスタンスの数が非常に多い場合、Citrix ADM UIが応答しなくなることがあります。 回避策:Webブラウザを閉じ、10〜15分後にCitrix ADMに再ログオンします。 [692617]

オンボーディング

  • Citrix ADMで新しいテナントをオンボードし、[管理] ボタンをクリックすると、初めて「ページが機能していません」というエラーが表示されることがあります。 [691018]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

エージェント

  • Microsoft Azure クラウドでプロビジョニングされたエージェントを使用している場合、このエージェントに関連付けられた管理対象インスタンスはCitrix ADM GUIでダウン状態で表示されます。 [690941]
  • エージェントの登録が完了すると、ハイパーバイザーコンソールからエージェントにログオンできなくなる場合があります。 回避策:SSH クライアントを使用してエージェントにログオンします。 [691181]

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 回避策:Citrix ADMへの接続が確立されたときに、 masd restart エージェントで実行します。 [687027]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年8月13日

これはバグ修正リリースです。このリリースには新機能はありません。

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

Analytics

  • Citrix ADMでHDXインサイトを使用している間、プライベートIPブロックを介して作成されたIPブロックではジオマップが機能しないことがあります。 [691947]
  • 2 つの IP ブロックサイトを作成している間、最初の IP サイトの地ジオロケーションが正しく表示されません。最初の IP サイトを削除して再作成すると、ジオマップには最初の IP サイトに関する情報が表示されません。 [691965]

ネットワーク

Citrix ADMで簡単にデバッグできるように、サブシステムのログファイルには、スローされたデータベース例外のテナント名が表示されます。 [692663]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

エージェント

  • Microsoft Azure クラウドでプロビジョニングされたエージェントを使用している場合、このエージェントに関連付けられた管理対象インスタンスはCitrix ADM GUIでダウン状態で表示されます。 [690941]
  • エージェントの登録が完了すると、ハイパーバイザーコンソールからエージェントにログオンできなくなる場合があります。 回避策:SSH クライアントを使用してエージェントにログオンします。 [691181]

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 回避策:Citrix ADMへの接続が確立されたときに、 masd restart エージェントで実行します。 [687027]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]

オンボーディング

  • Citrix ADMで新しいテナントをオンボードし、[管理] ボタンをクリックすると、初めて「ページが機能していません」というエラーが表示されることがあります。 回避策: 1 時間(60 分)待ってから、再度ログインします。この遅延は、新しいテナントのプロビジョニングに要した時間が原因です。 [691018]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年8月10日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

新機能

このリリースでは、次の機能強化が使用できます。

Citrix ADMでSyslogメッセージを抑制する

Citrix ADMは、管理対象Citrix ADCインスタンスによって送信されたすべての構成済みSyslogを受信します。syslog メッセージの数が多いため、syslog はデータベース内の大きな領域を占有します。これらのメッセージの多くは、ユーザにとって重要ではないため、重要な syslog メッセージだけを取得したい場合があります。

フィルタを設定することで、Citrix ADMで受信したsyslogの一部を抑制できるようになりました。syslog を抑制するために使用できる 2 つのフィルタは、重大度とファシリティです。1つ以上のCitrix ADCインスタンスからのメッセージを抑制できます。

テキストパターンを使用して、メッセージを検索および抑制することもできます。Citrix ADMは、指定された条件に一致するすべてのメッセージをドロップします。ドロップされたsyslogはCitrix ADMに表示されず、顧客データベースにも保存されません。したがって、ストレージサーバー上に大量の領域が保存されます。

詳しくは、次のトピックを参照してください: Citrix ADMでSyslogメッセージを抑制する方法

[6779274]

Citrix ADCインスタンスで構成された負荷分散エンティティのレポートを生成および表示する

管理対象のCitrix ADCインスタンスに構成されている仮想サーバーやサービスなど、負荷分散エンティティのレポートを生成できます。すべてのエンティティの統合レポートを表示できます。これらのレポートでは、次の概要を表示できます。

  • Citrix ADC インスタンス
  • 仮想サーバの負荷分散
  • 管理パーティション
  • サービス
  • サービスグループ

統合レポートを使用すると、これらのエンティティ間のマッピングを作成できます。詳しくは、次のトピックを参照してください: 負荷分散エンティティのレポートを生成する方法

[663174]

後で実行するために設定ジョブを保存するときに変数値を保存する

構成ジョブを作成するときは、変数の値を指定できますが、後でジョブを保存して実行するか、後で実行するようにジョブをスケジュールします。このようなシナリオでは、Citrix ADMは保存されたジョブに変数値を保持するようになりました。

[637830]

Citrix ADCインスタンス用のカスタマイズされたSSHポートのサポート

Citrix ADMとCitrix ADC インスタンス間の通信にユーザー定義のSSHポートを指定できるようになりました。

インスタンスプロファイルの SSH ポートを設定するには

  1. サポートされているWebブラウザを使用してCitrix ADMにログオンします。
  2. ネットワーク ]に移動し、Citrix ADMで検出するCitrix ADCインスタンスのインスタンスタイプを選択します。
  3. [ プロファイル] をクリックします。
  4. [ 管理者プロファイル ] ページで、[ 追加] をクリックします。
  5. SSHポート]に、Citrix ADCインスタンスがCitrix ADM と通信するための構成済みのカスタムSSHポート番号を入力します。
  6. [OK] をクリックします。

[689369]

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

エージェント

デフォルトでは、エージェントをサービスに登録するために必要なアクティベーションコードを生成する権限は、スーパー管理者ユーザー(組織で最初にサインアップしてCitrix ADMにログオンしたユーザー)だけです。委任された管理者 (ログオンする後続のすべてのユーザー) には、アクティベーションコードを生成するアクセス許可がありません。委任された管理者が [アクティベーションコードの生成] をクリックすると、次のエラーが表示されます。「この操作を実行する権限がありません。」 [690576]

アプリケーションの分析と管理

Citrix ADMのアプリケーションダッシュボードには、カスタム定義アプリケーションの誤ったセキュリティメトリックが表示されます。

[689041]

ネットワーク

  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、SNMPトラップは外部トラップ送信先に送信されません。 [689018]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、指定したフィルタ条件に一致するイベントに対してジョブは実行されません。 [688986]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、構成された期間はイベントは抑制されません。 [688988]
  • [設定]>[ユーザー管理]>[グループ]の順に選択し、Citrix ADMでグループを作成すると、ウィザードのすべての手順が完了する前に、グループが作成されたことを示す成功メッセージが表示されます。 [684944]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

エージェント

  • Microsoft Azure クラウドでプロビジョニングされたエージェントを使用している場合、このエージェントに関連付けられた管理対象インスタンスはCitrix ADM GUIでダウン状態で表示されます。 [690941]
  • エージェントの登録が完了すると、ハイパーバイザーコンソールからエージェントにログオンできなくなる場合があります。 回避策:SSH クライアントを使用してエージェントにログオンします。 [691181]

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 回避策:Citrix ADMへの接続が確立されたときに、 masd restart エージェントで実行します。 [687027]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]

オンボーディング

  • Citrix ADMで新しいテナントをオンボードし、[管理] ボタンをクリックすると、初めて「ページが機能していません」というエラーが表示されることがあります。 回避策: 1 時間(60 分)待ってから、再度ログインします。この遅延は、新しいテナントのプロビジョニングに要した時間が原因です。 [ 691018]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年7月23日

これはバグ修正リリースです。このリリースには新機能はありません。

解決された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

Citrix Cloud

citrix.cloud.comにログオンした後、Citrix ADM タイルの[ 管理 ]ボタンをクリックすると、次のエラーが表示されます。”page not available.” [690267]

ネットワーク

Citrix ADCインスタンスでセキュアオンリーのアクセスを有効にした場合、これらのインスタンスはCitrix ADMで正しく検出されず、検出プロセスの完了後にステータスが「サービス外」と表示されることがあります。 [690431]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

エージェント

  • Microsoft Azure クラウドでプロビジョニングされたエージェントを使用している場合、このエージェントに関連付けられた管理対象インスタンスはCitrix ADM GUIでダウン状態で表示されます。 [690941]
  • エージェントの登録が完了すると、ハイパーバイザーコンソールからエージェントにログオンできなくなる場合があります。 回避策:SSH クライアントを使用してエージェントにログオンします。 [691181]
  • デフォルトでは、エージェントをサービスに登録するために必要なアクティベーションコードを生成する権限は、スーパー管理者ユーザー(組織で最初にサインアップしてCitrix ADMにログオンしたユーザー)だけです。委任された管理者 (ログオンする後続のすべてのユーザー) には、アクティベーションコードを生成するアクセス許可がありません。委任された管理者が [ アクティベーションコードの生成] をクリックすると、次のエラーが表示されます:「この操作を実行する権限がありません。」 回避策: スーパー管理者は、委任された管理者に必要なアクセス許可を割り当てる必要があります。詳しくは、「委任された管理者ユーザーに追加のアクセス許可を割り当てる方法」を参照してください。 [690576]

Analytics

  • 場合によっては、Citrix ADM GUIにHDX Insight サイトノードとGateway Insightノードが表示されないことがあります。 回避策:ページを更新して、もう一度試してください。 [690327]

アプリケーションの分析と管理

  • Microsoft Windows オペレーティングシステムで Safari ブラウザーを使用している場合、アプリダッシュボードとセキュリティ分析ダッシュボードは読み込まれません。Citrix ADM その他の機能を見ることができます。[ 688617]
  • Citrix ADMのアプリケーションダッシュボードには、カスタム定義アプリケーションの誤ったセキュリティメトリックが表示されます。 [689041]

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 回避策:Citrix ADMへの接続が確立されたときに、 masd restart エージェントで実行します。 [687027]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、指定したフィルタ条件に一致するイベントに対してジョブは実行されません。 [688986]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、構成された期間はイベントは抑制されません。 [688988]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、SNMPトラップは外部トラップ送信先に送信されません。 [689018]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix ADMから突然ログアウトすることがあります。 回避策:Citrix ADMに再度ログオンします。 [ 689012]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年7月16日

これはバグ修正リリースです。このリリースには新機能はありません。

解決された問題

このリリースでは、次の問題が解決されています。

Analytics

  • AWS(AWS)で Citrix ADM エージェントを使用している場合、ULFD 機能を含む Telemetry パッケージがエージェント AMI にないため、分析データは表示されません。 [690225]

  • Citrix ADMでは、PDF/JPEG/PNGへのレポートのエクスポートが機能しません。 [683778]

  • Citrix ADMからインサイトを有効にすると、AppFlow の横のチェックマークは有効になりません。ただし、AppFlow を有効にする構成は、Citrix ADCインスタンスにプッシュされます。 [688309]

ネットワーク

  • 構成ジョブの作成中にコマンドファイルをアップロードすることはできません。ただし、[ ネットワーク ] > [ 設定ジョブ ] > [ ジョブの作成 ] を選択すると、ファイルをアップロードするオプションが表示されます。 [688967]

  • カスタマー名にタイトルの大文字と小文字を使用すると、エージェント登録が失敗します。たとえば、 HaroldmaskimiRKN。 [689648]

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

アプリケーションの分析と管理

  • Microsoft Windows オペレーティングシステムで Safari ブラウザーを使用している場合、アプリダッシュボードとセキュリティ分析ダッシュボードは読み込まれません。Citrix ADM その他の機能を見ることができます。[688617]
  • Citrix ADMのアプリケーションダッシュボードには、カスタム定義アプリケーションの誤ったセキュリティメトリックが表示されます。 [689041]

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 回避策:Citrix ADMへの接続が確立されたときに、 masd restart エージェントで実行します。 [687027]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、指定したフィルタ条件に一致するイベントに対してジョブは実行されません。 [688986]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、構成された期間はイベントは抑制されません。 [688988]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、SNMPトラップは外部トラップ送信先に送信されません。 [689018]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix ADMから突然ログアウトすることがあります。 回避策:Citrix ADMに再度ログオンします。 [689012]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除されたユーザー名は引き続き Citrix ADM 設定]>[ユーザー管理]>[ユーザー ]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。

2017年6月30日

これは、Citrix ADMの最初のリリースです。使用可能な機能の一覧については、機能とソリューションを参照してください。

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

Analytics

  • Citrix ADMでは、PDF/JPEG/PNGへのレポートのエクスポートが機能しません。 [683778]
  • Citrix ADMからインサイトを有効にすると、AppFlow の横のチェックマークは有効になりません。ただし、AppFlow を有効にする構成は、Citrix ADCインスタンスにプッシュされます。 [688309]

アプリケーションの分析と管理

  • Microsoft Windows オペレーティングシステムで Safari ブラウザーを使用している場合、アプリダッシュボードとセキュリティ分析ダッシュボードは読み込まれません。Citrix ADMの他の機能を確認できます。 [688617]
  • Citrix ADMのアプリケーションダッシュボードには、カスタム定義アプリケーションの誤ったセキュリティメトリックが表示されます。 [689041]

ネットワーク

  • エージェントの起動プロセス中に制御プロキシが使用できない場合、エージェントはCitrix ADMからSNMPトラップ設定を取得できず、Citrix ADC インスタンスから受信されたすべてのトラップがドロップされます。 回避策:Citrix ADMへの接続が確立されたときに、 masd restart エージェントで実行します。 [687027]
  • 構成ジョブの作成中にコマンドファイルをアップロードすることはできません。ただし、[ ネットワーク ] > [ 設定ジョブ ] > [ ジョブの作成 ] を選択すると、ファイルをアップロードするオプションが表示されます。 [688967]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、フィルタ条件に一致するイベントの電子メールは送信されません。 [688985]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、指定したフィルタ条件に一致するイベントに対してジョブは実行されません。 [688986]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、構成された期間はイベントは抑制されません。 [688988]
  • Citrix ADMで特定のイベントを監視するようにルールを構成すると、SNMPトラップは外部トラップ送信先に送信されません。 [689018]
  • メンテナンスタスクのCitrix ADC機能のアップグレードは、Citrix ADMではサポートされていません。しかし、あなたはまだGUIでオプションを見ることができます。 [689068]

設定

  • [ 設定 ] > [ サブスクリプション ] ページで、ストレージデータ消費が 5 GB という資格のあるストレージ制限よりも大きく表示されることがあります。 [689330]
  • Citrix ADMから突然ログアウトすることがあります。 回避策:Citrix ADMに再度ログオンします。 [689012]
  • Citrix Cloudからユーザーを削除すると、削除したユーザー名は、Citrix ADMの[ 設定 ]>[ ユーザー管理 ]>[ ユーザー]に表示されます。 [686581]

[XXXXXX] ラベルは、Citrix ADMチームが使用する内部トラッキングIDです。