Citrix Application Delivery Managementサービス

Citrix ADMサービス接続を使用したCitrix ADCインスタンスのロータッチオンボーディング

ハイブリッドマルチクラウド(HMC)インフラストラクチャが拡大すると、ADC インスタンスの管理、監視、分析、トラブルシューティングに関する課題は複数になります。インフラストラクチャ全体とその上で実行されているすべてのアプリケーションを可視化できる一元化されたコントローラが、時間の必要性になります。

今日の世界では、インスタンスをセントラルコントローラにオンボーディングすることは、迅速、簡単、かつ低タッチな方法で行う必要があります。このニーズを念頭に置いて、Citrix ADMサービスは新しいオンボーディングワークフローを開始します。これにより、HMCの展開を完全に可視化するための迅速な方法が提供されます。

概要:ADM サービスのオンボーディングワークフローのコンポーネント

このワークフローの構成要素は、ADC側の2つのコンポーネント(ADCサービス接続とCall Home)です。

  • ADMサービス接続:これは、Citrix ADCインスタンスのCitrix ADMサービスへのシームレスなオンボーディングを可能にするADCの新機能です。この機能により、Citrix ADCインスタンスは自動的にCitrix ADMサービスと接続し、システム、使用状況、およびテレメトリデータをADMサービスに送信できます。Citrix ADMサービスは、このデータに基づいて、Citrix ADCインフラストラクチャに関する洞察と推奨事項を提供します。パフォーマンスの問題、高いリソース使用率、重大なエラーの迅速な特定など。

    ADM サービス接続は、次の ADC バージョンで使用できます。

  • Call Home:これはADCの既存の機能であり、定期的にインスタンスを監視し、Citrixテクニカルサポートサーバーにデータを自動的にアップロードします。詳しくは、「Call Home」を参照してください。Call Home によって収集されたデータは、この新しいワークフローを有効にするために ADM サービスにもルーティングされます。

インターネット接続またはCall Home を備えたすべての ADC インスタンス、または ADM サービス接続で有効なインスタンスが ADM サービスに接続されます。ADM サービスは、Call Home ルート、ADM サービス接続ルート、またはその両方を通じて、これらの ADC インスタンスから関連するメトリックの収集を開始します。詳しくは、「MPXおよびVPXインスタンスのデータガバナンス」および「SDXインスタンスのデータガバナンス」を参照してください。

ADM サービスは、このデータを使用して、すべての顧客(一意の組織 ID)の ADC インスタンスのインベントリを作成し、ADC インスタンスの統合リストを表示します。また、ADM サービスはこのデータを使用して ADC インスタンスと Gateway インスタンスに関するインサイトを作成します。これにより、HMC 展開に関する有意義な洞察が得られ、問題を特定し、問題を軽減するためのアクションが推奨されます。問題を軽減する前に、ADC インスタンスを ADM サービスにオンボードする必要があります。 [ オンボードする ADC および Gateway インスタンスを選択 ] をオンにして、ADM サービスにオンボードする ADC インスタンスを選択できます。を開始すると、オンボーディングプロセスが表示されます。

自動オンボーディングプロセスでは、ADM サービスコネクトが使用されます。これにより、エクスペリエンスが自動化され、シームレスかつ迅速になります。ADM サービス接続および自動オンボーディングをサポートしないバージョンの ADC インスタンスでは、ADM サービスではスクリプトベースのオンボーディングを使用できます。これは半自動化されたプロセスです。

注:

自動およびスクリプトベースのオンボーディングでは、組み込みエージェントを使用します。ただし、このワークフローでは、外部エージェントをオンボーディングに柔軟に使用できます。プールライセンスを使用するか、ADM サービスで完全な分析スイートを使用する場合は、外部エージェントベースのオンボーディングを使用できます。または、プールライセンスと完全な分析スイートの両方を使用する場合です。組み込みエージェントは、管理と監視のみをサポートします。

オンボーディングのクイックツアー

オンボーディングの最初のタッチポイントは、製品開始メールです。オンボーディングの旅のクイックツアーは次のとおりです。

  1. Citrix製品が開始するメール:ADMサービスから電子メールを受信し、ADCインフラストラクチャに関する主要な洞察を示し、ADMサービスの使用を開始するよう促します。メールに記載されているリンクをクリックします。
  2. Citrix Cloudのログインページ自分のCitrix資格情報を使用してCitrix Cloudにサインインする必要があります。
  3. Citrix ADMサービスのウェルカムページ:ADMサービスとそのメリットの概要が表示されます。

  4. ADC および Gateway インスタンスに関する洞察: セキュリティアドバイザリ (現在の Citrix CVE に関するアドバイス)、アップグレードアドバイザリ (EO/EOL タイムラインに基づくアドバイス)、主要なメトリック、傾向、および ADC パフォーマンスに影響する問題のハイライトなど、ADC インフラストラクチャ全体に関する詳細な洞察を得ることができます。健康状態であり、問題を軽減する方法を推奨しています。

  5. オンボードするADCおよびゲートウェイインスタンスを選択: ADCインベントリの統合ビューが表示されます。ADM サービスにオンボードする ADC インスタンスを選択できます。

  6. オンボードADCインスタンスからADMへ:オンボーディング用に選択したADCインスタンスに基づいて、ADMはオンボーディングプロセスをガイドします。デフォルトでは、組み込みエージェントが自動オンボーディング用に選択されます。

  7. ADM GUI ダッシュボード: 初期登録が完了すると、ADM インスタンスダッシュボードが表示されます。

注:

このワークフローは、カナリアリリースによって段階的に展開されます (GA)。ADM サービス環境でこの機能が利用可能になると、電子メールが送信されます。

これらの各オンボーディング方法の詳細については、「Citrix ADMサービス接続を使用してCitrix ADCインスタンスをオンボードする」を参照してください。

Citrix ADMサービス接続を使用したCitrix ADCインスタンスのロータッチオンボーディング