Citrix Application Delivery Managementサービス

マルチサイト展開用にCitrix ADMエージェントを構成する

エージェントは、異なるデータセンターやパブリッククラウドにまたがるCitrix ADMサービスと検出されたインスタンスの間の仲介者として動作します。Citrix ADMは、データセンターまたはパブリッククラウド内でのエージェントのフェイルオーバーをサポートします。

エージェントをインストールすると、次のようなメリットがあります。

  • エージェントに対して構成されたインスタンスは、処理されていないデータをCitrix ADMサービスの代わりにエージェントに直接送信します。エージェントは第1レベルのデータ処理を行い、処理されたデータを圧縮形式でCitrix ADMに送信して保管します。

  • エージェントとインスタンスは同じデータセンターまたはクラウドに共存しているため、データ処理が高速化されます。

  • エージェントをクラスタリングすると、エージェントのフェイルオーバー時にCitrix ADC インスタンスが再配布されます。サイト内の1つのエージェントに障害が発生すると、Citrix ADCインスタンスからのトラフィックは、同じサイト内の別の利用可能なエージェントに切り替わります。

アーキテクチャ

次の図は、エージェントのフェイルオーバーを実現するために、データセンターおよびパブリッククラウド内の複数のエージェントで構成されたCitrix ADCインスタンスを示しています。

マルチサイト展開用に構成されたCitrix ADMエージェント

パブリッククラウドには、4 つの ADC インスタンスと 2 つの ADM エージェントがあります。エンタープライズデータセンターには、4 つの ADC インスタンスと 2 つの ADM エージェントがあります。各エージェントは、2 つの ADC インスタンスで構成されます。

エージェントは、構成されたインスタンスから直接データを受信します。エージェントがデータを受信すると、エージェントはデータを処理し、圧縮形式でCitrix ADMサービスに送信します。エージェントは、安全なチャネルを介してCitrix ADMサーバーと通信します。

パブリッククラウドでは、 Citrix ADM Agent 1 が非アクティブ(DOWN 状態)になると、エージェントのフェイルオーバーが発生します。Citrix ADM サービスは、Citrix AD Mエージェント1のADCインスタンスをCitrix ADMエージェント2で再配布します。インスタンスの再配布は、データセンターでエージェントの 1 つに障害が発生した場合に、エンタープライズデータセンターで実行されます。

Citrix ADM エージェントをインストールするには、Citrix ADMエージェントをインストールするを参照してください。

Citrix ADM エージェントのフェイルオーバー

エージェントのフェールオーバーは、2 つ以上の登録済みエージェントがあるサイトで発生する可能性があります。サイト内でエージェントが非アクティブ(DOWN状態)になると、Citrix ADM サービスは、非アクティブなエージェントのADCインスタンスを他のアクティブなエージェントに再配布します。

重要

  • Citrix ADMエージェントのフェイルオーバーでは、CPXインスタンスは考慮されません。

  • アカウントで、エージェントのフェイルオーバー機能が有効になっていることを確認します。この機能を有効にするには、ADM 機能の有効化または無効化を参照してください。

  • エージェントがスクリプトを実行している場合は、サイト内のすべてのエージェントにスクリプトが存在することを確認します。したがって、変更されたエージェントは、エージェントのフェイルオーバー後にスクリプトを実行できます。

Citrix ADM GUIでサイトをエージェントに接続するには:

  1. [ ネットワーク] > [エージェント]に移動します。

  2. サイトに接続するエージェントを選択します。

  3. リストからサイトを指定します。新しいサイトを追加する場合は、[ 追加] をクリックします。

  4. [保存] をクリックします。

エージェントのフェイルオーバーを実現するには、Citrix ADM エージェントを1つずつ選択し、同じサイトに接続します。

たとえば、2 つのエージェント 10.106.1xx.2x と 10.106.1xx.7x がバンガロールサイトで接続され、動作しています。1つのエージェントが非アクティブになると、Citrix ADM はエージェントを検出し、その状態を down と表示します。

サイトでCitrix ADMエージェントが非アクティブ(ダウン状態)になると、Citrix ADMエージェントがアクティブ(アップ状態)になるまで数分間待機します。エージェントが非アクティブのままである場合、Citrix ADM は、同じサイト内の利用可能なエージェント間でインスタンスを自動的に再配布します。この再配布には、約 10 ~ 15 分かかります。

Citrix ADM では、30分ごとにインスタンスの再配布がトリガーされ、サイト内のアクティブなエージェント間で負荷が分散されます。

インスタンスは、トラップ宛先、syslog サーバー、および分析用に同じサイトのエージェントにアタッチされ、自動的に再構成されます。

マルチサイト展開用にCitrix ADMエージェントを構成する