Citrix Application Delivery Managementサービス

インスタンスでの syslog の設定

syslogプロトコルは、Citrix ADCインスタンスがCitrix ADM(Citrix Application Delivery Management)にイベント通知メッセージを送信できるようにするトランスポートを提供します。このプロトコルは、これらのメッセージのコレクタまたはsyslogサーバーとして構成されています。

すべてのsyslogメッセージをCitrix ADMにリダイレクトするようにデバイスを構成している場合は、Citrix ADCインスタンスで生成されたsyslogイベントを監視できます。syslogイベントを監視するには、まずCitrix ADMをCitrix ADC インスタンスのsyslogサーバーとして構成する必要があります。インスタンスの構成後、すべてのsyslogメッセージがCitrix ADMにリダイレクトされるため、これらのログを構造化された方法でユーザーに表示できます。

Syslog は通信に User Datagram Protocol(UDP; ユーザデータグラムプロトコル)ポート 514 を使用し、UDP はコネクションレス型プロトコルであるため、インスタンスに確認応答を返しません。syslog パケットサイズは 1024 バイトに制限され、次の情報が伝送されます。

  • ファシリティ
  • 重大度
  • ホスト名
  • 日時
  • メッセージ

Citrix ADMでは、インスタンスのファシリティとログの重大度レベルを構成する必要があります。

  • 機能 -Syslog メッセージは、それらを生成するソースに基づいて大きく分類されます。これらのソースは、オペレーティングシステム、プロセス、またはアプリケーションです。これらのカテゴリは施設と呼ばれ、整数で表されます。たとえば、0 はカーネルメッセージで使用され、1 はユーザーレベルのメッセージで使用され、2 はメールシステムで使用されます。ローカルユース施設(local0 から local7 まで)は予約されておらず、一般利用が可能です。したがって、ファシリティ値が事前に割り当てられていないプロセスおよびアプリケーションは、8 つのローカル使用施設のいずれかに転送できます。
  • Severity :syslog メッセージを生成する送信元またはファシリティでは、次に示すように、1 桁の整数を使用してメッセージの重大度も指定します。

    1-緊急:システムが使用できません。
    
    2-アラート:アクションは直ちに実行する必要があります。
    
    3-クリティカル:クリティカルな状態。
    
    4-エラー:エラー状態。
    
    5-警告:警告条件。
    
    6-注意:正常だが重大な状態。
    
    7-情報:情報メッセージ。
    
    8-デバッグ:デバッグレベルのメッセージ。
    

Citrix ADCインスタンスでsyslogを構成するには:

  1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ] > [ インスタンス] に移動します。
  2. Syslogメッセージを収集してCitrix ADMに表示するCitrix ADCインスタンスを選択します。
  3. [ アクション ] ドロップダウンリストで、[ Syslog の設定] を選択します。
  4. [ 有効] をクリックします。
  5. [ Facility ] ドロップダウンリストで、ローカルまたはユーザレベルのファシリティを選択します。
  6. syslog メッセージに必要なログレベルを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

これにより、Citrix ADCインスタンス内のすべてのsyslogコマンドが構成され、Citrix ADMがsyslogメッセージの受信を開始します。メッセージを表示するには、[ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ Syslog メッセージ] に移動します。

インスタンスでの syslog の設定