Citrix Application Delivery Managementサービス

ADM 機能の有効化または無効化

管理者は、[ システム設定] > [構成可能な機能] ページで次の機能を有効または無効にできます

  • エージェントのフェイルオーバー :エージェントのフェイルオーバーは、複数のアクティブなエージェントがあるサイトで実行できます。サイト内でエージェントが非アクティブ(DOWN状態)になると、Citrix ADM サービスは、非アクティブなエージェントのADCインスタンスを他のアクティブなエージェントに再配布します。詳しくは、「マルチサイト展開用にCitrix ADMエージェントを構成する」を参照してください。

  • エンティティ・ポーリング・ネットワーク機能 -エンティティは、ADCインスタンスにアタッチされたポリシー、仮想サーバ、サービス、またはアクションのいずれかです。デフォルトでは、Citrix ADM は60分ごとに構成済みのネットワーク機能エンティティを自動的にポーリングします。詳しくは、「ポーリングの概要」を参照してください。

  • インスタンスのバックアップ -Citrix ADC インスタンスの現在の状態をバックアップし、後でバックアップしたファイルを使用してADCインスタンスを同じ状態に復元します。詳しくは、「Citrix ADC インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

  • インスタンス構成の監査 -管理対象のCitrix ADC インスタンスの構成変更を監視し、構成エラーのトラブルシューティングを行い、未保存の構成を復元します。詳しくは、「監査テンプレートの作成」を参照してください。

  • インスタンスイベン ト-イベントは、管理対象Citrix ADC インスタンスでのイベントまたはエラーの発生を表します。Citrix ADMで受信したイベントは、[ イベントの概要 ]ページ([ネットワーク]>[イベント])に表示されます。また、すべてのアクティブなイベントが [イベントメッセージ] ページ ([ネットワーク] > [イベント] > [イベントメッセージ]) に表示されます。詳しくは、「イベント」を参照してください。

  • インスタンスネットワークレポート -グローバルレベルでインスタンスのレポートを生成できます。また、仮想サーバーやネットワークインターフェイスなどのエンティティ用。詳しくは、「ネットワークレポート作成」を参照してください。

  • インスタンスSSL証明書 -Citrix ADM では、管理対象のすべてのCitrix ADC インスタンスにインストールされたSSL証明書を一元的に表示できます。詳しくは、「SSL ダッシュボード」を参照してください。

  • インスタンスSyslog -すべてのsyslogメッセージをCitrix ADCitrix ADM にリダイレクトするようにデバイスを構成している場合は、Citrix ADCインスタンスで生成されたsyslogイベントを監視できます。詳しくは、「インスタンスでの syslog の設定」を参照してください。

機能を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. リストから有効にする機能を選択します。

  2. [ 有効] をクリックします。

重要:

機能が無効になっている場合、ユーザーはその機能に関連付けられた操作を実行できません。

ADM 機能の有効化または無効化