Citrix Application Delivery Managementサービス

複合スタイルブックの作成

StyleBookの重要かつ便利な特徴の1つは、別のStyleBookの構築ブロックとして使用できる点です。StyleBookは別のStyleBookにインポートすることができ、それはNITRO 組み込みStyleBookに似た2番目のStyleBookのコンポーネントで使用されるタイプと呼ぶことができます

たとえば、前のセクションで構築した basic-lb-config StyleBook を使用して、 複合例と呼ばれる別のStyleBookを作成できます。「basic-lb-config」StyleBookを使用するには、新しいStyleBookのインポート・スタイルブックセクションにインポートする必要があります。

スタイルブックを構築する

新しいStyleBookは、次のようになります。

name: composite-example
namespace: com.example.stylebooks
version: "0.1"
display-name: Load Balancing Virtual Server (HTTP/RoundRobin)
description: This StyleBook defines a RoundRobin load balancing configuration with a monitor.
schema-version: "1.0"
import-stylebooks:
  -
   namespace: netscaler.nitro.config
   version: "10.5"
   prefix: ns
  -
   namespace: com.example.stylebooks
   version: "0.1"
   prefix: stlb
parameters:
  -
    name: name
    type: string
    label: Application Name
    description: Give a name to the application configuration.
    required: true
  -
    name: ip
    type: ipaddress
    label: Application Virtual IP (VIP)
    description: The Application VIP that clients access
    required: true
  -
    name: svc-servers
    type: ipaddress[]
    label: Application Server IPs
    description: The IP addresses of all the servers of this application
    required: true

  -
    name: response-code
    type: string[]
    label: List of Response Codes
    description: List of Response Codes - Provide a list of response codes in integer.

components:
  -
    name: basic-lb-comp
    type: stlb::basic-lb-config
    description: This component's type is another StyleBook that builds the NetScaler lbvserver, servicegroups and services configuration objects.
    properties:
     name: $parameters.name
     ip: $parameters.ip
     svc-servers: $parameters.svc-servers
  -
     name: monit-comp
     type: ns::lbmonitor
     description: This component is a basic Nitro type (a Builtin StyleBook) that builds the NetScaler monitor configuration object.
     properties:
       monitorname: $parameters.name + "-mon"
       type: HTTP
       respcode: $parameters.response-code
       httprequest: "'GET /'"
       lrtm: ENABLED
       secure: "YES"

     components:
        -
          name: monit-svcgrp-bind-comp
          type: ns::servicegroup_lbmonitor_binding
          properties:
            servicegroupname: $components.basic-lb-comp.outputs.servicegroup-comp.properties.servicegroupname
            monitor_name: $parent.properties.monitorname
<!--NeedCopy-->

import-stylebooks セクションでは、プレフィックスstlbで参照される名前空間とバージョンを使用して、基本の lb-config StyleBookをインポートします。

Componentsセクションでは、2つのコンポーネントが定義されています。最初のコンポーネントは stlb:: basic-lb-config型です。ここで、「basic-lb-config」はStyleBookによる基本的な負荷分散構成の作成で作成したスタイルブックの名前です。このコンポーネントで定義されているプロパティは、basic-lb-config StyleBookで宣言されている必須パラメーターに対応しています。ただし、StyleBookの任意のパラメータを使用できます(必須とオプションの両方)。lbvserver、サービスグループ、サービスおよびサービスグループバインディングを再構築する代わりに、これらすべてをコンポーネントとして実行する StyleBook をインポートし、それを使用して新しいStyleBookにこれらの設定オブジェクトを作成します。

StyleBookは、NITRO リソースlbmonitorの属性(組み込みStyleBook) を使用してモニター設定オブジェクトを作成する2番目のコンポーネントmonit-compを追加します。また、最初のコンポーネントで作成されたservicegroupにモニターをバインドするバインディング設定オブジェクトを作成するためのサブコンポーネントmonit-svcgrp-bind-compもあります。「basic-lb-config」StyleBook作成されたコンポーネントservicegroupは出力として公開されるため、この StyleBook は $components.basic-lb-comp.outputs.servicegroup-compという式を使用してアクセスできます。この例では、インポート先のStyleBookが、Outputsセクションを使用してインポート元のStyleBookのコンポーネントにアクセスする方法を示しています。この方法以外でアクセスすることはできません。

次に、StyleBookの内容をコピーしてテキストエディタに貼り付け、ファイルを コンポジット-example.yamlとして保存します。Citrix ADM でファイルをインポートする前に、必ずYAMLの内容を検証してください。次に、それをCitrix ADM にインポートし、このStyleBookを使用して1つまたは複数の構成を作成します。

StyleBooksに組み込みのYAMLバリデータを使用して、YAMLコンテンツを検証およびインポートすることをお勧めします。

複合スタイルブックの作成