Citrix Application Delivery Managementサービス

構成パックを作成および編集する

Citrix Application Delivery Management(ADM)では、StyleBookから構成パックを作成できます。また、構成パックは、作成元の StyleBook に関連付けられています。構成パックへの更新は、それが結び付けられているStyleBookを通じて行われます。

構成パックを作成する

StyleBookから構成パックを作成するには、次の手順に従います。

  1. [ アプリケーション] > [StyleBooks] > [構成]に移動します

  2. [追加] をクリックします。

  3. 「StyleBooks」で、構成パックを作成する必要なStyleBookを選択します。

    このページでは、StyleBookをデフォルトとカスタムStyleBookに分類しています。それぞれのタブを選択して、必要なStyleBookを見つけます。

  4. アプリケーション名、IPアドレス、ポート、プロトコルタイプなど、必要な詳細を指定します。

    GUIフィールドは、あるStyleBookから別のStyleBookによって異なります。

  5. [ ターゲットインスタンス] で、設定を実行するインスタンスまたはインスタンスグループを選択します。

    注:

    必要な数のターゲットインスタンスを指定することで、複数のCitrix ADCに構成を展開できます。

  6. [ ドライラン] をクリックします。

    オブジェクト ]ページには、Citrix ADCインスタンスから作成、変更、または削除されたオブジェクトが表示されます。

  7. [ 作成] をクリックします。

    設定パックは、 StyleBook > [構成] ページに表示されます。

既存の構成パックを編集する場合は、構成パックを選択して [ 編集] をクリックします。

設定パックのStyleBookを変更する

機能を追加したり、問題を解決したりするために、StyleBookを更新する必要がある場合があります。古いStyleBookを使用して構成パックをすでに作成している場合は、新しい更新されたStyleBookを使用するように構成パックを更新することができます。新しいStyleBookを使用するには、構成パックの既存のStyleBookを変更します。

ADC インスタンスに基本的なロードバランサー設定をデプロイする StyleBook example-lb の例を考えてみましょう。そして、このStyleBookから構成パックCP1を作成します。

基本的なロードバランサー設定でモニターを構成する場合は、新しいStyleBookが必要です。したがって、基本的なロードバランサー設定とともにモニターを構成する機能を含む、 例 lb-mon StyleBook を作成します。

StyleBookを作成したら、既存の構成パックCP1を更新してモニターを追加します。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [ アプリケーション] > [StyleBooks] > [構成]に移動します

  2. StyleBookを変更する構成パックを選択します。

    この例では、リストから CP1 を選択します。

  3. StyleBookの変更」をクリックします。

  4. リストから必要なStyleBookを選択します。次に、[ 選択を保存] をクリックします。

  5. [変更]をクリックします。

    この例では、リストから example-lb-mon を選択します。

    設定パックのStyleBookを変更すると、新しいStyleBookのパラメータが既存のStyleBookとは異なる構造になることがあります。パラメータ構造が以前のStyleBookに似ている場合、パラメータの値はそれぞれのフィールドに自動的に保持されます。それ以外の場合は、2つのStyleBook間で同じ構造を持つパラメータのみが転送されます。たとえば、同じパラメータ名、タイプ、パラメータの親など。

    設定パックのStyleBookを変更する

    新しいStyleBookに新しい必須パラメータを追加する場合は、StyleBookを変更した後、そのようなパラメータの値を手動で指定する必要があります。

    この例では、 example-lb StyleBook の設定ページに表示されるパラメータは次のとおりです。

    負荷分散構成パックの例

    新しい example-lb-mon StyleBook の設定ページに表示されるパラメーターは次のとおりです。

    構成パックの移行後のパラメーターの例

    この場合、新しいStyleBookは既存のパラメータを変更していないため、StyleBooksは基本的なロードバランサー設定の古い値を保持します。そして、それは新しいパラメータだけを追加します。モニタパラメータの場合は、必要な値を手動で指定します。

  6. [ ターゲットインスタンス] で、選択したインスタンスを確認し、必要に応じてリストを更新します。

  7. [ ドライラン] をクリックします。

    オブジェクト ]ページには、Citrix ADCインスタンスから作成、変更、または削除されたオブジェクトが表示されます。

  8. [OK] をクリックします。

    StyleBook」>「構成」 ページの「 StyleBook名 」列に、選択した構成パックの新しいStyleBook名が表示されます。この場合、 example-lb-monと表示されます。

複数の構成パックがあるStyleBookを変更する

複数の構成パックを含む既存のStyleBookを変更する場合は、次の操作を行います。

  1. 新しいStyleBookをADMにインポートします。

    通常、新しいStyleBookの名前と名前空間は、既存のStyleBookよりも高いバージョンを持ちます。ただし、名前、名前空間、またはバージョンが異なる場合は、この手順を省略できます。

  2. 既存のStyleBookに関連付けられている構成パックのStyleBookを変更します。

    選択した構成パックが同じStyleBookに関連付けられている場合にのみ、StyleBookの変更を選択できます。

    同じStyleBookに関連付けられている構成パックを選択します

    選択した構成パックについて、次の条件が満たされると、ADMはStyleBookを正常に変更します。

    • 既存のStyleBookの設定パラメータはすべて、選択したStyleBookに存在する必要があります。

    • 選択したStyleBookの新しいパラメータはオプションです。

    選択した構成パックの進行状況を確認するには、[ 構成] ページの [進行中/失敗 ] の [ 構成 ] を選択します。

    構成パックの進行状況ステータス

  3. すべての構成パックを新しいStyleBookに関連付けたら、古いStyleBookをADMから削除します。

構成パックのエクスポートまたはインポート

StyleBooksのような構成パックをエクスポートまたはインポートできます。この機能を使用すると、StyleBook設定を別のADMサーバーに簡単に共有できます。構成パックをエクスポートすると、 tgzまたはzipバンドルがローカルコンピュータにダウンロードされます。このバンドルには、設定パックで定義されたすべてのパラメーターを含む JSON ファイルが含まれます。

設定のエクスポート

構成パックをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. [ アプリケーション] > [StyleBooks] > [構成]に移動します

  2. エクスポートする構成パックを選択します。

  3. 「アクションの選択」で、「 構成のエクスポート」を選択します。

    エクスポート構成オプション

  4. [ 構成のエクスポート ] ペインで、次の項目を指定します。

    • 設定がデプロイされるターゲットインスタンス情報: エクスポートバンドルにターゲットインスタンスの情報を含めるには、このオプションを選択します。

    • 設定に関連付けられたStyleBook: StyleBookをエクスポートバンドルに含めるには、このオプションを選択します。

    • エクスポート設定データを保護するためのパスフレーズ:エクスポートバンドルを暗号化するためのパスフレーズを指定します。このパスフレーズは、構成パックの機密データを保護します。

    • 圧縮ファイルの種類: ZIP または TGZ ファイルタイプを選択します。

    構成パックのエクスポート

  5. [エクスポート] をクリックします。

    エクスポートバンドルをローカルコンピューターに保存します。

設定のインポート

ローカルコンピューターから別の ADM サーバーに構成パックをインポートできます。構成パックをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. [ アプリケーション] > [StyleBooks] > [構成]に移動します

  2. [ 構成のインポート] を選択します。

    インポート構成オプション

  3. コンピュータからインポートファイルバンドルを選択します。

  4. エクスポート時に指定したパスフレーズを使用します。

  5. オプションで、[詳細オプション] で、[ ADC にすべての設定オブジェクトが存在する場合にのみ、新しい構成の作成を許可する] を選択します。

    このオプションでは、ADC インスタンスにすでに作成されているオブジェクトは変更されません。

    同じ ADC インスタンスを 2 つの ADM サーバに追加したとします。また、あるADMサーバーから別のサーバーへ構成パックを移行する場合。このオプションは、ADC インスタンス上の設定オブジェクトを変更せずに構成パックをインポートする場合に使用します。

    重要:

    このオプションを使用するには、指定された設定バンドルにターゲットインスタンス情報が含まれていることを確認してください。設定のエクスポートを参照してください。

    このオプションは、すべてのオブジェクトがターゲットインスタンスに存在する場合のみ、設定を移行します。

  6. [インポート] をクリックします。

設定のインポート

構成パックをインポートすると、ADM は次のことを検証します。

  • 関連した StyleBook: 関連するStyleBookがADMにない場合、StyleBookを構成パックとともにインポートします。

  • ターゲットインスタンス: ターゲットインスタンスをチェックし、指定したターゲットインスタンスに設定をデプロイします。上記の ADC インスタンスが ADM に存在しない場合、構成パックはターゲットインスタンスなしでインポートされます。

  • ソース ADM: 同じ ADM サーバー上に構成パックをインポートする場合、選択したバンドルによって既存の構成パックが更新されます。

スタイルブックを構築する

example-lb StyleBook の全コンテンツは、以下の参照用に提供されています。

name: example-lb
namespace: examples.stylebooks
version: "1.0"
display-name: Basic Load Balancer App
description: This is an example StyleBook that creates a load balancer application
schema-version: "1.0"
import-stylebooks:
  -
    namespace: com.citrix.adc.stylebooks
    prefix: stlb
    version: "1.0"
parameters-default-sources:
  - stlb::lb
components:
  -
    name: lb-comp
    type: stlb::lb
    description: Uses the default lb StyleBook to build the typical lb configuration objects
    properties-default-sources:
      - $parameters
<!--NeedCopy-->

example-lb-mon StyleBook の全コンテンツは、参照用に次のように提供されます。

name: example-lb-mon
namespace: examples.stylebooks
version: "1.0"
description: This is an example StyleBook that creates a load balancer application with monitors
display-name: Basic Load Balancer App with Monitors
schema-version: "1.0"
import-stylebooks:
  -
    namespace: netscaler.nitro.config
    prefix: ns
    version: "10.5"
  -
    namespace: com.citrix.adc.stylebooks
    prefix: stlb
    version: "1.0"
  -
    namespace: com.citrix.adc.commontypes
    prefix: cmtypes
    version: "1.0"
parameters-default-sources:
  - stlb::lb
parameters:
  -
    name: monitors
    label: "List of Monitors"
    description: "List of Monitors to monitor Application Servers"
    type: cmtypes::monitor[]
substitutions:
  mon-name(appname, monname): $appname + "-mon-" + $monname
components:
  -
    name: lb-comp
    type: stlb::lb
    description: Uses the default lb StyleBook to build the typical lb configuration objects
    properties-default-sources:
      - $parameters
  -
    name: monitors-comp
    type: cmtypes::monitor
    condition: $parameters.monitors
    repeat: $parameters.monitors
    repeat-item: mon
    repeat-index: ndx
    description: Builds a list of Citrix ADC monitor objects and binds them to the servicegroup of this LB config
    properties-default-sources:
      - $mon
    properties:
        monitorname: $substitutions.mon-name($parameters.lb-appname, $mon.monitorname)
    components:
      -
        name: monitor-svcg-binding-comp
        condition:  $parameters.svc-servers
        type: ns::servicegroup_lbmonitor_binding
        properties:
          servicegroupname: $components.lb-comp.outputs.servicegroup.properties.servicegroupname
          monitor_name: $parent.properties.monitorname
<!--NeedCopy-->
構成パックを作成および編集する