Citrix Application Delivery Managementサービス

ヘッダー

StyleBookの先頭の6行は、Headerセクションです。このセクションでは、StyleBookのIDを定義し、StyleBookの実行内容を記述できます。これは必須セクションです。

次の表は、Headerセクションの属性について説明しています。

属性 説明
名前 StyleBookを識別する名前。この属性は必須です。
説明 StyleBookの実行内容を定義する説明。この説明は、Citrix Application Delivery Management(ADM)GUIに表示されます。これはオプションの属性です。
display-name StyleBookを識別するための任意の名前。この名前は、Citrix ADM GUIに表示されます。これはオプションの属性です。
author StyleBookを作成した作成者また組織。これはオプションの属性です。
namespace 名前空間は、StyleBookの一意の識別子の一部で、これにより名前の衝突を回避できます。namespaceには任意の文字列を指定できますが、StyleBookのセットを作成したまたは所有している会社、部門または部署の名前を使用することをお勧めします。たとえば、次の形式を使用できます。<company>.<department>.<unit>.stylebooks これは必須属性です。
version StyleBookのバージョン番号。バージョン番号は、StyleBookの更新時に変更できます。異なるバージョンのStyleBookを共存させることができます。これは必須属性です。
schema-version StyleBookスキーマのバージョン。現在のリリースの Citrix ADM では、値「1.0」が使用されます。これは必須属性です。
private この属性をtrueに設定すると、Citrix ADM GUIにスタイルブックは表示されません。これは、他のStyleBookの構築ブロックであるStyleBookで有用な設定であり、ユーザーが直接使用するものではありません。これはオプションの属性です。デフォルト値は、falseです。

:


    name: lb

    description: "This stylebook defines a sample load balancing configuration."

    display-name: "Load Balancing StyleBook (HTTP)"

    author: Mike Smith (ACME Infra team)

    namespace: com.example.stylebooks

    schema-version: "1.0"

    version: "0.1"
<!--NeedCopy-->

name、namespace、およびversionの組み合わせにより、システム内でStyleBookが一意に識別されます。Citrix ADM では、名前、名前空間、およびバージョンの同じ組み合わせを持つ2つのStyleBookを使用することはできません。ただし、nameとversionが同じであってもnamespaceが異なる場合、またはnamespaceとversionが同じであってもnameが異なる場合は、それらの2つのStyleBookを使用できます。

ヘッダー