Citrix Application Delivery Managementサービス

repeat構造

コンポーネントの repeat 構造を使用して、同じタイプの複数の構成オブジェクトを作成できます。

次の例では、members-svcg-compコンポーネントは、親コンポーネントが作成したサービスグループにサービス一覧をバインドするために使用されます。各サーバーをサービスグループにバインドする設定オブジェクトを作成するには、 repeat 構造を使用して、パラメータ svc-serversに指定されているサービスのリストを反復処理します。反復処理中、コンポーネントはサービスグループ内の各サービスに対して servicegroup_servicegroupmember_binding 型の NITRO オブジェクト (repeat-item** 構造体では **srv と呼ばれます) を作成し、各 NITRO オブジェクトの ip 属性を対応するサービスの IP アドレス。

:

components:
  -
      name: my-lbvserver-comp
      type: ns::lbvserver
      properties:
           name: $parameters.name + "-lb"
           servicetype: HTTP
           ipv46: $parameters.ip
           port: 80
           lbmethod: $parameters.lb-alg
           components:
                -
                   name: my-svcg-comp
                   type: ns::servicegroup
                   properties:
                        name: $parameters.name + "-svcgrp"
                        servicetype: HTTP
                   components:
                         -
                         name: lbvserver-svg-binding-comp
                         type: ns::lbvserver\servicegroup\binding
                         properties:
                               name: $parent.parent.properties.name
                               servicegroupname: $parent.properties.name
                         -
                         name: members-svcg-comp
                         type: ns::servicegroup\servicegroupmember\binding
                         repeat:
                           repeat-list: $parameters.svc-servers
                           repeat-item: srv
                         properties:
                                ip: $srv
                                port: $parameters.svc-port
                                servicegroupname: $parent.properties.name
<!--NeedCopy-->

ピート はそれ自体でオブジェクトであり、 リピートリストリピートアイテム はリピートオブジェクトの属性です。

  • repeat-listは、コンポーネントが反復する一覧を識別する必須の属性です。
  • repeat-itemはオプションで、反復処理中の現在の項目にフレンドリ名を付けるために使用されます。

指定しない場合、 $ repeat-item という式を使用して現在の項目にアクセスできます。上の例の最後のコンポーネントは、次のように記述することもできます。

          -

          name: members-svcg-comp

          type: ns::servicegroup_servicegroupmember_binding

          repeat:

            repeat-list: $parameters.svc-servers

          properties:

                 ip: $repeat-item

                 port: $parameters.svc-port

                 servicegroupname: $parent.properties.name
<!--NeedCopy-->

リストを反復処理する現在のアイテムを参照できるだけでなく、 repeat-indexを使用してリスト内のアイテムの現在のインデックスを参照することもできます。次の例では、 repeat-index を使用して、現在のインデックスに基づいてポート番号を計算します。

             name: services

             type: ns::service

             repeat:

                repeat-list: $parameters.app-services

                repeat-item: srv

             properties:

                 ip: $parameters.app-ip

                 port: $parameters.base-port + repeat-index

                 servicegroupname: $parent.properties.name
<!--NeedCopy-->

repeat-item 構造と同様に、別の変数名を割り当てて、反復の現在のインデックスを参照できます。前の例は次の例と同等です。

     -

             name: services

             type: ns::service

             repeat:

                repeat-list: $parameters.app-services

                repeat-item: srv

                repeat-index: idx

             properties:

                 ip: $parameters.app-ip

                 port: $parameters.base-port + $idx

                 servicegroupname: $parent.properties.name
<!--NeedCopy-->
repeat構造