Citrix Application Delivery Managementサービス

システム要件

Citrix ADM(Citrix Application Delivery Management rix ADM)の使用を開始する前に、ソフトウェア要件、ブラウザー要件、ポート情報、ライセンス情報、制限事項を確認する必要があります。

サポートされているブラウザー

Citrix ADMにアクセスするには、ワークステーションにサポートされているWebブラウザが必要です。

次のブラウザーがサポートされています。

Web ブラウザー バージョン
Internet Explorer 11.0以降
Google Chrome Chrome 19以降
Safari Safari 5.1.1以降
Mozilla Firefox Firefox 3.6.25以降

エージェントのインストール要件

ネットワーク環境にエージェントをインストールして構成し、データセンター内のCitrix ADMと管理対象のインスタンス間の通信を有効にします。オンプレミスのデータセンターでは、Citrix XenServer、VMware ESXi、Microsoft Hyper-V、Linux KVM サーバーにエージェントをインストールできます。

エージェント要件は、ハイパーバイザーが各 ADM エージェントに提供する必要がある仮想コンピューティングリソースです。次の表に、すべての ADM 機能を利用するためのエージェント要件を示します。

コンポーネント 条件
RAM 32GB
仮想CPU 8
記憶域 30ギガバイト
仮想ネットワークインターフェイス 1
スループット 1Gbps

プールされたライセンス機能だけを利用するためのエージェント要件については、プールライセンス用の軽量エージェントを参照してください。

Microsoft Azure、AWS、または Google クラウドにエージェントをインストールすることもできます。すべてのADM機能を利用するには、各クラウドマーケットプレイスの次の仮想マシンタイプの使用をお勧めします。

クラウド エージェント要件 優先する仮想マシンの種類
AWS 8 仮想 CPU、32 GB RAM、30 GB のストレージ容量 m4.2xlarge
Microsoft Azure 8 仮想 CPU、32 GB RAM、30 GB のストレージ容量 Standard_D8s_v3
グーグルクラウド 8 仮想 CPU、32 GB RAM、30 GB のストレージ容量 e2-standard-8

エージェントのインストール手順については、次のリンクを参照してください。

プールライセンス用の軽量エージェント

プールされたライセンスだけに ADM サービスを使用する予定の場合は、次の表に示されているように、より低い仕様のエージェントを使用できます。

コンポーネント 条件
RAM 8GB
仮想CPU 4
記憶域 30ギガバイト

より低い仕様(軽量)のこのようなエージェントは、ADM サービスでのみサポートされます。

プールされたライセンス機能のみを利用するには、各クラウドマーケットプレイスの次の仮想マシンタイプを使用することをお勧めします。

クラウド エージェント要件 優先する仮想マシンの種類
AWS 4 仮想CPU、8 GB RAM、30 GB のストレージ容量 m4.xlarge。このインスタンスタイプは、4 つの仮想 CPU、16 GB RAM、30 GB のストレージ容量を提供します。このインスタンスタイプは、既存のインスタンスタイプのエージェント要件の大部分と一致するため、このインスタンスタイプをお勧めします。
Microsoft Azure 4 仮想CPU、8 GB RAM、30 GB のストレージ容量 Standard_F4s_v2
グーグルクラウド 4 仮想CPU、8 GB RAM、30 GB のストレージ容量 e2-standard-4

[ 設定] > [システム設定] > [構成可能な機能]に移動して、既定のスケジューリングジョブを無効にする必要があります。

ポート

Citrix ADCインスタンスとCitrix ADMエージェント、またはCitrix SD-WAN インスタンスとCitrix ADMエージェント間の通信では、Citrix ADMエージェントで次のポートを開く必要があります。

種類 ポート 詳細 コミュニケーションの方向
TCP 80/443 Citrix ADM からCitrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスへのNITRO 通信用です。443。高可用性モードのCitrix ADM サーバー間のNITRO 通信用。 Citrix ADM からCitrix ADC へ、Citrix ADC からCitrix ADMへ
TCP 22 Citrix ADM からCitrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスへのSSH通信用です。高可用性モードで展開されたCitrix ADM サーバー間の同期用。また、このポートは、ADMエージェントとCitrix ADC間のSSH通信に必要です。 Citrix ADM からCitrix ADCに、Citrix ADM エージェントはCitrix ADCに
UDP 4739 Citrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスからCitrix ADM へのAppFlow ow通信の場合。 Citrix ADC またはCitrix SD-WAN からCitrix ADMへ
ICMP 予約されているポートなし 高可用性モードで展開されたCitrix ADM とCitrix ADC インスタンス、SD WANインスタンス、またはセカンダリCitrix ADMサーバー間のネットワーク到達可能性を検出するため。  
UDP 161、162 Citrix ADCインスタンスからCitrix ADM にSNMPイベントを受信する。 ポート161 -Citrix ADM からCitrix ADC へ
      ポート162 -Citrix ADC からCitrix ADM へ
UDP 514 Citrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスからCitrix ADM へのsyslogメッセージを受信する。 Citrix ADC またはCitrix SD-WAN からCitrix ADMへ
TCP 25 Citrix ADM からユーザーにSMTP通知を送信する場合。  
TCP 5563 Citrix ADCインスタンスからCitrix ADC ADCitrix ADM へのADCメトリック(カウンタ)、システムイベント、監査ログメッセージを受信する。 Citrix ADC からCitrix ADM へ
TCP 5557/5558 Citrix ADCからCitrix ADMへのログストリーム通信 (Security Insight、Web Insight インサイト、HDX Insight 用)の場合。 Citrix ADC からCitrix ADM へ
TCP 5454 高可用性モードのCitrix ADM ノード間の通信およびデータベース同期用のデフォルトポート。 Citrix ADMプライマリノードからCitrix ADMセカンダリノードへ
TCP 27000と7279 Citrix ADMライセンスサーバーとADCインスタンス間の通信用のライセンスポート。これらのポートは、ADCプールされたライセンスにも使用されます。 Citrix ADC からCitrix ADM へ
TCP 443/8443/7443 Citrix ADMエージェントとCitrix ADM間の通信用のポート。ADMエージェントは、Citrix ADMとの通信を開始します。 Citrix ADMエージェントからCitrix ADMへの接続

Citrix ADMエージェントとCitrix ADM間の通信では、Citrix ADMエージェントで次のポートが開いていることを確認します。

種類 ポート 詳細
HTTPS 443 Citrix ADMエージェントからCitrix ADMへの通信用。

注:

Citrix ADM エンドポイントは、エージェントを登録するときに生成された「サービスURL」と同じです。エージェントはサービスURLを使用してCitrix ADMを検索します。

次のエンドポイントがホワイトリストに登録されていることを確認します。

  • ダウンロードサービス:

     https://download.citrixnetworkapi.net
     <!--NeedCopy-->
    
  • 信頼サービス:

     *.citrixnetworkapi.net
     <!--NeedCopy-->
    
  • サービス URL:

     *.agent.adm.cloud.com
     *.adm.cloud.com
     adm.cloud.com
     <!--NeedCopy-->
    
  • ADCバックアップサービス:

     adm-prod-backup-\*.s3.amazonaws.com
     adm-prod-backup-\*.s3.*amazonaws.com
     <!--NeedCopy-->
    

Citrix ADMエージェントとCitrix Analytics Services間の通信では、次のエンドポイントがホワイトリストに登録されていることを確認します。

エンドポイント USリージョン EUリージョン
Event Hub https://cas-eh-ns-alias.servicebus.windows.net https://cas-eh-ns-eu-alias.servicebus.windows.net

非推奨の FQDN

一部の FQDN は、次の ADM サービスの使用のために廃止される予定です。中断せずに新しい FQDN に切り替えるために、非推奨の FQDN はしばらくの間動作し続け、徐々に段階的に廃止されます。

ADM サービスエンドポイント 古い完全修飾ドメイン名 新しい FQDN
ADM サービスの UI アクセス netscalermas.cloud.com adm.cloud.com
サービスURL agent.netscalermgmt.net *.agent.adm.cloud.com : * の値は、データが使用できる PoP (プレゼンスポイント) によって異なります。
API インタラクション netscalermas.cloud.com api.adm.cloud.com

最低限必要なCitrix ADCバージョン

Citrix ADCバージョン 10.5、11.0、および12.0はすでに終了日(EOL)に達しています。詳しくは「製品マトリクス」を参照してください。推奨されるADCバージョンは 12.1 です。

Citrix ADM 機能 Citrix ADC ソフトウェアのバージョン
StyleBook 10.5以降
ジョブを使用した監視/レポート作成と構成 10.5以降
Analytics  
HDX Insight 10.1以降
Gateway Insight 11.0.65.31以降
Security Insight 11.0.65.31以降

Citrix SD-WAN インスタンス管理の要件

最低限必要なCitrix SD-WAN WANOP バージョン

Citrix ADM 機能 Citrix CloudBridge/Citrix SD-WAN WO
ジョブを使用した監視/レポート作成および構成 Citrix CloudBridge 7.4.0 以降
Analytics  
HDX Insight Citrix CloudBridge 7.4.0 以降
WAN Insight Citrix CloudBridge 7.4.0 以降

Citrix SD-WANプラットフォームエディションとCitrix ADM 機能の操作性マトリックス

Platform Editions 検出中 構成 監視 レポート イベント管理(SNMPトラップ) HDX InsightとWAN Insight分析 マルチホップインサイト
Citrix SD-WAN WANOP はい はい はい はい はい はい はい

Citrix SD-WANインスタンスでサポートされるシンクライアント

Citrix ADM は、Citrix SD-WAN 展開を監視するために、次のシンクライアントをサポートしています。

  • Dell Wyse WTOSモデルR10L Rx0Lシンクライアント
  • NComputing N400
  • Dell Wyse WTOS Model CX0 C00X Xenith
  • Dell Wyse WTOS Model TXO T00X Xenith2
  • Dell Wyse WTOS Model CX0 C10LE
  • Dell Wyse WTOS Model R00LX Rx0L HDX Thin Client
  • Dell Wyse Enhanced SUSE Linux Enterprise, Model Dx0D, D50D
  • Dell Wyse ZX0 Z90D7 (WES7) Thin Client

Citrix ADM分析ソリューションの要件

最低限必要なCitrix Virtual Apps and Desktops のバージョン

Citrix ADM 機能 Citrix Virtual Apps and Desktops バージョン
HDX Insight Citrix Virtual Apps and Desktops 7.0以降

Citrix ADCインスタンスでは、Citrix Gateway機能(バージョン9.3および10.xではアクセスゲートウェイエンタープライズとしてブランドされている)が使用可能である必要があります。Citrix ADM では、スタンドアロンのアクセスゲートウェイ標準アプライアンスはサポートされません。

Citrix ADMでは、Citrix Virtual Appまたはデスクトップに公開され、Citrix Receiver経由でアクセスされるアプリケーションのレポートを生成できます。ただし、この機能はReceiverがインストールされているオペレーティングシステムによって異なります。現在、Citrix ADC は、iOSまたはAndroid オペレーティングシステム上で動作するCitrix Receiverを介してアクセスされるアプリケーションやデスクトップのICAトラフィックを解析しません。

HDX Insightでサポートされるシンクライアント

Citrix ADMは、ソフトウェアバージョン11.0ビルド65.31以降で実行されているCitrix ADCインスタンスを監視するために、次のシンクライアントをサポートしています。

  • Dell Wyse Windowsベースのシンクライアント
  • Dell Wyse Linuxベースのシンクライアント
  • Dell Wyse ThinOS ベースのシンクライアント
  • 10ZiG Ubuntu ベースのシンクライアント

HDX Insight にはCitrix ADCインスタンスライセンスが必要です

Citrix ADM for HDX Insightによって収集されるデータは、監視対象のCitrix ADCインスタンスのバージョンとインストールされているライセンスによって異なります。HDX Insightレポートは、ソフトウェアバージョン10.5以降で実行されているCitrix ADCプレミアムおよびエンタープライズアプライアンスに対してのみ表示されます。

           
Citrix ADC ライセンス/期間 5 分 1 時間 1日 1週間 1か月超
標準 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
詳細設定 はい はい いいえ いいえ いいえ
Premium はい はい はい はい はい

サポートされているオペレーティングシステムとCitrix Receiver バージョン

次の表に、Citrix ADM でサポートされているオペレーティングシステムと、各システムで現在サポートされているCitrix Receiverのバージョンを示します。

オペレーティングシステム Receiverバージョン
Windows 4.0 Standard Edition
Linux 13.0.265571以降
Mac 11.8、Build 238301以降
HTML5 1.5*
Chromeアプリ 1.5*

* Citrix CloudBridgeリリース7.4以降に適用されます。