Citrix Application Delivery Management

アプリケーション

Citrix ADMのアプリケーション分析と管理機能は、アプリケーション中心のアプローチを強化し、さまざまなアプリケーション配信の課題に対処するのに役立ちます。この方法ではアプリケーションの正常性スコアが視覚的に表示されるため、セキュリティ上のリスクを判断し、アプリケーションのトラフィックフローにおける異常を検出して、適切な措置を講じることができます。

次の図は、アプリケーション管理および分析に対して実行できるさまざまなタスクの概要を示しています。

アプリケーションは、検出されたアプリケーション、HAProxy アプリケーション、またはカスタムアプリケーションのいずれかになります。

検出されたアプリケーション

管理対象のすべての仮想サーバーに自動的に作成されるアプリケーション。検出済みのアプリケーションには常に1台の仮想サーバーがあり、これらのアプリケーションを直接編集したり削除することはできません。

カスタムアプリケーション

検出済みのアプリケーションからユーザーによって作成されたアプリケーション。Citrix ADMでは、これらのアプリケーションの追加、編集、削除を行うことができます。カスタムアプリケーションは次のユーザーによって作成されます。

  • 1 台以上の仮想サーバ

  • 1 つ以上の HAProxy フロントエンド。

カスタムアプリケーションを作成すると、そのカスタムアプリケーションに追加されたすべての検出アプリケーションがアプリケーションダッシュボードから削除されます。

注意事項

  • 検出されたアプリケーションは、複数のカスタムアプリケーションにわたって追加できません。

  • すべての検出済みのアプリケーションが既に他のカスタムアプリケーションに割り当てられている場合は、カスタムアプリケーションを作成できません。既存のカスタムアプリケーションを削除して検出済みのアプリケーションの割り当てを解除し、新しいカスタムアプリケーションの作成で使用できるようにする必要があります。

  • 仮想サーバーと HAProxy フロントエンドを含むカスタムアプリケーションを作成することはできません。

HAProxy アプリケーション

HAProxy 別個のアプリケーションは、管理対象の HAProxy フロントエンドごとに自動的に作成されます。これらのアプリケーションをグループ化して、Citrix ADCアプリケーションと同様のカスタムアプリケーションを形成することもできます。詳細については、「Citrix ADMを使用したHAProxyインスタンスの管理と監視」を参照してください。

注意事項

HAProxy アプリケーションでは、以下のアプリケーションダッシュボードの機能または指標はサポートされていません。

  • アプリアクティビティ調査官

  • App Score

  • 脅威指数

  • ピーク使用トレンド

  • スループット

  • サーバー接続

  • トランザクション

カスタムアプリケーションの作成

アプリケーションの定義時に1つまたは複数の検出済みのアプリケーションを追加することで、カスタムアプリケーションを作成できます。

カスタム・アプリケーションを作成するには、次の手順に従います。

  1. [ アプリケーション ] > [ ダッシュボード] に移動し、[ カスタムアプリケーションの定義] をクリックします。

  2. アプリケーションの定義画面で、次のパラメーターを設定します。

    フィールド 説明
    Name カスタムアプリケーションの名前
    カテゴリ このカテゴリに関連するすべてのアプリケーションが、アプリケーションダッシュボードでグループ化されるカテゴリの名前。
    既存のアプリケーションの選択 定義基準がCitrix ADMによって監視されるライセンス付き仮想サーバーに基づいている場合に、仮想サーバーを追加するオプション。
    選択条件の定義 仮想サーバーの範囲、または元のサーバー/サービスのIPアドレスの範囲でアプリケーションを定義するオプション。
      - サーバー。アプリケーションが動作するサーバーかサービスのIPアドレス、サーバー名、またはバックエンドサーバーのポートを指定します。1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りでそれらを組み合わせて入力できます。たとえば、「10.102.29.20, 10.102.43.10-60, 10.216.43.45」と入力します。
      - 仮想サーバー。アプリケーションが動作する仮想サーバーIPアドレス、仮想サーバー名、バックエンドサーバーのポートのいずれかを指定できます。1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りによるそれらの組み合わせで入力できます。たとえば、「10.102.29.20, 10.102.43.10-60, 10.216.43.45」と入力します。
  3. [OK] をクリックします。

    現在、Application Dashboard では、負荷分散とコンテンツスイッチング仮想サーバーのみがサポートされています。

    ローカライズされた画像

アプリケーションをグループ化する

アプリケーションをグループ化すると、アプリケーションの管理と監視を簡略化できます。アプリケーションを定義するときにカテゴリーを選択または作成して、アプリケーションをグループ化できます。カテゴリを作成または選択するには、アプリケーションを定義しながら、[カテゴリ]** フィールドの横にある [**>] ボタンをクリックします。

どのカテゴリにも追加されていないアプリケーションは、[ その他 ] カテゴリに表示されます。

ローカライズされた画像

アプリケーションダッシュボード

アプリケーションダッシュボードには、Citrix ADMによって監視されるすべてのアプリケーションの全体像が表示され、すべてのアプリケーションに関連する重要な情報が表示されます。たとえば、ダッシュボードには、パフォーマンスおよびセキュリティの測定基準、カウンター、アプリケーションのヘルス状態が表示されます。特定のアプリケーションに関する情報を表示するには、該当するアプリケーションを選択します。[Summary]パネルに、監視対象のすべてのアプリケーションのアプリスコアや脅威指数などの測定基準が棒グラフで表示されます。

アプリケーションの表示

アプリケーションダッシュボードでは、アプリケーションはツリーマップ上のノードとして表示され、そのサイズはアプリケーションのデータボリュームに応じて決まります。タイルの色はアプリケーションのアプリスコアを表し、赤色の場合は正常性が最も低く、青色の場合は正常性が良好であることを表します。

あなたは、カードの形でアプリケーションの詳細を見ることができるアプリケーションダッシュボード画面からオプションのいずれかを選択することにより、ツリーマップまたはタイルにアプリケーションのダッシュボードビューを切り替えることができます。デフォルトでは、250のアプリケーションがアプリケーションダッシュボードに表示されます。 さらに多くのアプリケーションを表示するには、次のページのオプションをクリックします。

アプリケーションは、アプリケーションの定義時に選択したカテゴリ別にグループ化されます。アプリケーションを分類または表示するには、アプリケーションの[Summary]パネルでアプリケーションの測定基準を選択します。たとえば、アプリスコアの範囲が20~40のアプリケーションを表示するには、[App Summary Panel]の[App Score]セクションで適切な棒グラフを選択します。[App Summary Panel]では同様にその他の測定基準も選択できます。

アプリの概要パネル

[App Summary Panel]には、アプリケーションダッシュボードに表示されているアプリケーションのすべての測定基準が表示されます。このパネルでは、アプリケーションの測定基準を選択または選択解除することで、ダッシュボード上のアプリケーションを分類して表示することができます。[App Summary Panel]には次の測定基準が表示されます。

メトリック 説明
アプリケーションファミリ 構成されているCitrix ADCインスタンスのタイプに応じて、アプリケーションの数をグループ化する棒グラフ。
App Score アプリケーションの実行方法を定義するスコアリングシステム
アプリカテゴリ Citrix ADMで定義されているすべてのカテゴリのヒストグラムを表示する棒グラフ。すべての個別アプリケーションは、[その他] カテゴリに表示され、カスタムアプリケーションはそれぞれのカテゴリ名の下に表示されます。
仮想サーバの健全性 各カテゴリの下にあるアプリケーションの数を表示する棒グラフ。アプリケーションは、0%、20%、40%、60%、80%、100%のヘルススコア値を持つように分類されます。
データ量 アプリケーションのデータ・ボリュームに応じてアプリケーション数をグループ化するスコアリング・システム。データ量は、アプリケーションが要求した総バイト数と、アプリケーションからの応答として受信したバイト数で計算されます。
脅威指数 アプリケーションがCitrix ADCアプライアンスによって保護されているかどうかにかかわらず、アプリケーションに対する攻撃の重要度を示す1桁の評価システム。
安全性指数 外部からの脅威や脆弱性からアプリケーションを保護するために、Citrix ADC インスタンスをどのように安全に構成したかを示す1桁の評価システム。
攻撃総数 アプリケーションに対する攻撃の総数
トランザクション アプリケーションが実行したトランザクションの範囲。
クライアント接続 アプリケーションによって確立されたクライアント接続の数。
サーバー接続 アプリケーションによって確立されたサーバー接続の数。
送信済みパケット アプリケーションによって送信されたパケット数。
受信済みパケット アプリケーションによって受信されたパケットの数。
アプリケーションクラス 個別のアプリケーションかカスタムアプリケーションかによって、アプリケーションの数をグループ化する棒グラフ。

ローカライズされた画像

たとえば、アプリの概要パネルで、下にスクロールして [仮想サーバーの正常性] の棒グラフを見つけます。仮想サーバーの正常性棒グラフでは、Citrix ADMは仮想サーバーの正常性の割合に基づいてアプリケーションを分類します。棒グラフには、仮想サーバの正常性値が0~100%であるアプリケーションの数が表示されます。

仮想サーバーの正常性とは、個別のアプリケーションの下にグループ化された仮想サーバーの正常性を表します。ただし、複数の仮想サーバで構成されるカスタムアプリケーションがある場合は、グループ間で仮想サーバのヘルスの最小数が考慮されます。

これで、フィルタを適用し、選択条件に一致するアプリケーションのみをアプリケーションダッシュボードに表示できます。0% と表示されるバーをクリックします。このバーには、仮想サーバの正常性が 0% ~ 20% のアプリケーション数が表示されます。仮想サーバの正常性が低いアプリケーションを分離し、修復対策を講じることができるようになりました。

アプリ情報パネル

[App Info Panel]は、アプリケーションをドリルダウンすると最初のレベルにあります。アプリケーションの状態とともに、主要な測定基準とコンポーネントが表示されます。たとえば、[App Info Panel]には、選択したアプリケーションの仮想サーバーの合計数、サービスの合計数、アプリスコア、およびその他の情報が表示されます。[App Info Panel]を表示するには、アプリケーションダッシュボードで任意のアプリケーションタイルをクリックします。[App Summary Panel]が[App Info Panel]に置き換わります。

ローカライズされた画像

アプリ活動調査官

App Activity Investigatorは、アプリケーションからドリルダウンするときの2番目のレベルの1つです。App Activity Investigatorに到達するには、[App Info Panel]で検索アイコンをクリックするか、アプリケーションダッシュボードでアプリケーションタイルをダブルクリックします。

App Activity Investigatorには、App Scoreのコンポーネント、エラー、イベント、異常などの主要な情報が表示されます。

凡例はそれぞれ、選択した期間が1時間の場合は1分間隔、選択した期間が1日の場合は1時間間隔で集計されます。

ローカライズされた画像

これらの偏差は、グラフ上に長方形の凡例として表示されます。集計された凡例は、イベントの発生回数に応じて色分けされます。青色はイベント数が最も少ないことを表し、赤色は最も多いことを表します。凡例にマウスポインターを重ねると、選択した凡例について集計されたエラーの種類、時間、イベント数などの詳細情報が表示されます。グラフの期間は、期間のボックスの一覧から時間を選択することでカスタマイズできます。

アプリ使用率の傾向

ほとんどの場合、ビジネスオーナーは、統計とデータに基づいて、アプリケーションの有効性と使用傾向を決定します。アプリケーションの使用傾向を理解するには、バックエンドインフラストラクチャ、プロキシ、CDN ネットワークなど、展開内の複数のエンティティからの情報を照合する必要があります。その後、適切な分析を得るために収集した情報を関連付けて、これは多くの時間を消費します。

代わりに、展開環境でADCとして展開されたCitrix ADCアプライアンスには、アプリケーションに関するすべての情報とアプリケーションの使用統計が含まれます。この情報は、Citrix ADMに転送できます。Citrix ADMはこの情報を収集し、アプリケーションの使用状況とパフォーマンスに関する詳細な洞察を提供します。これらのインサイトを使用して、アプリケーションの使用状況とパフォーマンスに基づいて効果的な意思決定を行うことができます。

アプリケーションダッシュボードの [アプリケーション情報] パネルには、アプリケーションのピーク使用傾向が表示されます。ピーク使用率の傾向を使用して、アプリケーションのパフォーマンスを評価し、適切なアクションを実行し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。

アプリケーションのピーク使用傾向を表示するには、[ アプリケーション] > [アプリケーションダッシュボード] に移動します。アプリケーションを選択すると、アプリケーション情報パネルの [ピーク使用状況] セクションの下に、 アプリケーションのピーク使用傾向が表示されます

ローカライズされた画像

さらに、[ ピーク使用量 ] セクションをクリックすると、アプリのスコアとアプリケーションの使用状況を確認できます。この情報を使用して、アプリケーションのピーク使用率を特定し、対応するアプリケーションスコアに関連付けて、ピーク使用期間中のアプリケーションに対するパフォーマンスへの影響を評価できます。

ローカライズされた画像

アプリダッシュボードとセキュリティダッシュボードのレポートのエクスポート

Citrix ADMでは、現在のアプリダッシュボードページとアプリセキュリティダッシュボードページのスナップショットを作成し、レポートとしてエクスポートできます。頻繁な間隔で、アプリ管理者はこれらのレポートを使用して、アプリの使用状況やパフォーマンス上のペナルティについて更新する必要があります。

この機能を使用すると、管理者はこのデータを.pngまたは.pdfレポートとして抽出できます。

注:

Citrix ADMの他のレポートエクスポートオプションとは異なり、アプリダッシュボードレポートとセキュリティダッシュボードレポートは、.pdfファイルまたは.pngファイルとしてのみエクスポートできます。.jpg、.csv などのその他のオプションは、現時点ではサポートされていません。

  1. [ アプリケーションダッシュボード ] または [ アプリケーションセキュリティダッシュボード ] ページで、ページの右上にある [エクスポート] アイコンをクリックします。

  2. エクスポートオプションを.pdf または.png ファイルとして選択します。

  3. [OK] をクリックします。

レポートがシステムにダウンロードされます。[App Dashboard] ページと [App Security Dashboard] ページから、第 2 レベルのページに移動してレポートとしてエクスポートすることもできます。現在、一度に 1 つのアプリケーションのレポートしかダウンロードできません。

アプリケーション