Citrix Application Delivery Management

アプリケーション分析のしきい値およびアラートの作成

Citrix ADMのアプリケーション分析では、Citrixインスタンスを通過するさまざまな種類のトラフィックを監視できます。Citrix ADMでは、インサイトトラフィックを監視するために使用されるさまざまなカウンタにしきい値を設定できます。また、Citrix ADM でルールを構成し、アラートを作成することもできます。

  1. Citrix ADM で、[ Analytics ]>[ 設定 ]>[ しきい値]に移動します。[しきい値 ] ページで、[ 追加] をクリックします。

  2. [ しきい値の作成] ページで、次の詳細を指定します。

    1. 名前。Citrix ADM がアラートを生成するイベントを作成するための名前を入力します。

    2. **トラフィックタイプ**。リストボックスから、[APPANALYTICS] を選択します。

    3. エンティティ。リスト・ボックスから、カテゴリまたはリソース・タイプを選択します。デフォルトでは、エンティティとして「アプリケーション」が選択されています。

    4. **参照キー**。参照キーは、選択したトラフィックタイプとエンティティに基づいて自動的に生成されます。

    5. 期間。リスト・ボックスから、エンティティを監視する時間間隔を選択します。エンティティは、1 時間、1 日、または 1 週間の期間を監視できます。

    ローカライズされた画像

  3. [ Configure Rule ] セクションで、[ App Score ] メトリック、必要なコンパレータを選択してルールを作成し、しきい値を指定します。

    ローカライズされた画像

  4. しきい値の有効化]をクリックして、Citrix ADMがエンティティの監視を開始できるようにします。

  5. オプションで、電子メール通知や SMS 通知などのアクションを構成します。[作成] をクリックします。

    ローカライズされた画像

アプリケーション分析のしきい値およびアラートの作成

この記事の概要