Citrix Application Delivery Management

Citrix ADC プール容量を構成する

Citrix Application Delivery Management(ADM)は、ADMに追加されたすべてのCitrix ADCインスタンスのライセンスサーバーです。ライセンスサーバーには、プールキャパシティライセンスファイル(帯域幅プールまたはインスタンスプール)をアップロードできます。ライセンスプール内のライセンスは、必要に応じてCitrix ADCインスタンスに割り当てることができます。Citrix ADMからライセンスを割り当てることも、インスタンスの最小容量と最大容量に応じて、Citrix ADCインスタンス(MPX-Z /SDX-Z/VPX/CPX)からライセンスをチェックアウトすることもできます。

ローカライズされた画像

サポートされているハードウェアおよびソフトウェアのバージョン

Citrix ADC ソフトウェアのバージョン Citrix ADC MPX ゼロキャパシティハードウェア Citrix ADC SDX ゼロキャパシティハードウェア Citrix ADC VPXでサポートされているハイパーバイザー
11.1 ビルド 54.14 以降 MPX-14000Z, MPX-14000Z-40G, MPX-25000Z-40G SDX-14000Z, SDX-14000Z-40G, SDX-25000Z-40G VMware ESX 6.0、Citrix Hypervisor、Linux KVM
12.0 ビルド 51.24 以降     Microsoft Hyper-V、Amazon AWS、Microsoft Azure

Citrix ADMをライセンスサーバーとして構成する

Citrix ADMは、Citrix ADCプールされた容量のライセンスサーバーとして構成できます。Citrix ADCインスタンスで帯域幅またはインスタンスライセンスを取得するには、2つの方法があります。

  • Citrix ADCインスタンスは、Citrix ADMへのチェックアウト要求を開始して、帯域幅またはインスタンスライセンスを取得できます。
  • ライセンスは、Citrix ADMを介してCitrix ADCインスタンスに割り当てることができます。

プールされた容量は、プールされたライセンスがCitrix ADMに追加されている場合にのみ、Citrix ADMに表示されます。

Citrix ADCプール容量を使用しているCitrix ADCインスタンスの動作モードを次に示します。

  • 最適化 — インスタンスは適切なライセンス容量で実行されています。
  • 容量の不一致 — インスタンスは、ユーザーが設定した容量よりも少ない容量で実行されています。
  • Grace -インスタンスは猶予ライセンスで実行されています。
  • Grace & Mismatch — インスタンスは猶予で実行されていますが、ユーザーが設定した容量よりも少ない容量です。
  • 使用不可 — インスタンスが管理用にCitrix ADMに登録されていないか、Citrix ADMからインスタンスへのNitro通信が機能していません。
  • 割り当てられていない — ライセンスはインスタンスには割り当てられません。

Citrix ADM にライセンスファイルをインストールするには:

  1. Webブラウザで、 Citrix ADM IPアドレスを入力します(例: http://192.168.100.1)。
  2. [User Name][Password] に管理者の資格情報を入力します。
  3. [ ネットワーク] > [ライセンス]に移動します。
  4. [ライセンスファイル] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ローカルコンピュータからのライセンスファイルのアップロード-ローカルコンピュータに ライセンスファイルがすでに存在する場合は、Citrix ADM にアップロードできます。ライセンスファイルを追加するには、[ Browse ] をクリックし、追加するライセンスファイル (.lic) を選択します。次に、[ 完了] をクリックします。

      アップロードされたライセンスファイルでCitrix ADCプール容量にライセンスが追加されない場合は、ライセンスファイルを選択し、[ライセンスの適用 ]をクリックしてライセンスをプールに追加します。

      ローカライズされた画像

    • ライセンスアクセスコードを使用する -購入したライセンスのライセンスアクセスコード(LAC)が電子メールで送信されます。ライセンスファイルを追加するには、テキストボックスに LAC を入力し、[ Get Licenses] をクリックします。

      ローカライズされた画像

      ライセンス設定からCitrix ADMにライセンスを追加することはいつでも可能です。

Citrix ADMからCitrix ADCプールキャパシティライセンスを割り当てるには:

Citrix ADCインスタンスをCitrix ADMに登録していない場合は、Citrix ADMからライセンスをチェックアウトできますが、Citrix ADMからCitrix ADCプール容量が有効なインスタンスに割り当てることはできません。

プールされた容量ライセンスを ADC インスタンスに割り当てる前に、次の事前要求が満たされていることを確認してください。

前提条件

Citrix ADMを使用してインスタンスのプールライセンスを管理する前に、Citrix ADCインスタンスをCitrix ADMに登録する必要があります。Citrix ADC GUIで、[ システム ]>[ ライセンス ]>[ ライセンスの管理 ]の順に選択し、 Citrix ADM IPを追加するときに[管理機能のためにCitrix ADMに登録する ]チェックボックスをオンにします。

ローカライズされた画像

上の画面の[ ユーザー名 ]および[ パスワード ]フィールドに、Citrix ADM資格情報を入力します。

ライセンスサーバーへのインスタンスの登録後、以下の手順でライセンスを割り当てます。

  1. Webブラウザで、 Citrix ADM IPアドレスを入力します(例: http://192.168.100.1)。
  2. [User Name][Password] に管理者の資格情報を入力します。
  3. [構成] タブで、[ ネットワーク] > [ライセンス] > [プールされた容量]に移動します。
  4. 管理するライセンスプールをクリックします。
  5. > ]ボタンをクリックして、使用可能なインスタンスのリストからCitrix ADCインスタンスを選択します。

    ローカライズされた画像

  6. ライセンス割り当てを変更または解放する場合は、[ 割り当ての変更] または [ **割り当てを解放**] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  7. [ Change allocation] をクリックすると、ポップアップウィンドウが開き、ライセンスサーバで使用可能なライセンスが表示されます。

    ローカライズされた画像

  8. [Allocate]ドロップダウンオプションを設定して、Citrix ADCインスタンスへの帯域幅またはインスタンスの割り当てを選択できます 。選択が完了したら、[ 割り当て] をクリックします。

  9. [ライセンス割り当ての変更] ウィンドウのドロップダウンオプションから、割り当てられたライセンスエディションを変更することもできます。

MPX-ZでのCitrix ADCプール容量の構成

MPX-Zは、Citrix ADCプール容量が有効なCitrix ADC MPXアプライアンスです。MPX-Zでは、Platinum、Enterprisem、Standardの各エディションのライセンスの帯域幅プールがサポートされます。

MPX-Zをライセンスサーバーに接続するには、プラットフォームライセンスが必要です。MPX-Zプラットフォームライセンスをインストールするには、ローカルコンピュータからライセンスファイルをアップロードするか、インスタンスのハードウェアシリアル番号を使用するか、Citrix ADCインスタンスのGUIの[ システム ]>[ ライセンス ]セクションからライセンスアクセスコードを使用します。MPX-Zプラットフォームライセンスを削除すると、プールキャパシティ機能は無効化され、チェックアウト済みのライセンスはすべてライセンスサーバーにチェックインされます。

MPX-Zインスタンスの帯域幅は、再起動することなく動的に変更できます。再起動が必要になるのは、ライセンスエディションを変更する場合のみです。

インスタンスを再起動すると、構成済みのキャパシティに必要なプールされているライセンスをインスタンスが自動でチェックアウトします。

Citrix ADC VPXインスタンスでのCitrix ADCプール容量の構成

プール容量が有効なCitrix ADC VPXインスタンスは、帯域幅プール(プラチナ/エンタープライズ/スタンダードエディション)からライセンスをチェックアウトできます。Citrix ADC GUIを使用して、ライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトできます。

VPXインスタンスの帯域幅は、再起動することなく動的に変更できます。再起動が必要になるのは、ライセンスエディションを変更する場合のみです。

インスタンスを再起動すると、構成済みのキャパシティに必要なプールされているライセンスをインスタンスが自動でチェックアウトします。

Citrix ADC MPX-ZまたはCitrix ADC VPXインスタンスへのプールライセンスの割り当て

ライセンスを割り当てるには:

  1. Webブラウザで、Citrix ADC インスタンスのIPアドレス(例: http://192.168.100.1)を入力します。

  2. [User Name][Password] の各フィールドに管理者の資格情報を入力します。

  3. [構成] タブで、[ システム] > [ライセンス] > [ライセンスの管理] に移動し、[ 新しいライセンスの追加 ] をクリックし、[ プールされたライセンスの使用] を選択します。

    ローカライズされた画像

  4. [ サーバ名/IP アドレス] フィールドに、ライセンスサーバの詳細を入力します

  5. Citrix ADMを使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[ 管理機能のためにCitrix ADMに登録する ]チェックボックスをオンにして、ADM認証情報を入力します。

  6. ライセンスエディションと必要な帯域幅を選択し、[ Get Licenses] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  7. [割り当ての変更] または [割り当ての解除] を選択して、ライセンスの 割り当てを変更 または 解除できます。

    ローカライズされた画像

  8. [ 割り当ての変更] をクリックすると、ポップアップウィンドウに、ライセンスサーバで使用可能なライセンスが表示されます。

    帯域幅の割り当てを変更する場合再起動は必要ありませんが、ライセンスのエディションを変更する場合はウォーム再起動が必要になります。

    ローカライズされた画像

  9. [割り当て]ドロップダウンリストから、帯域幅またはインスタンスをCitrix ADC インスタンスに 割り当てることができます 。次に、[ライセンスの取得] をクリックします。

  10. ポップアップウィンドウのボックスの一覧で、ライセンスのエディションと必要な帯域幅を選択できます。

    帯域幅の割当量は、最小帯域幅単位の倍数にする必要があります。

SDX-ZでのCitrix ADCプールキャパシティの構成

SDX-Zインスタンスは、Citrix ADC SDXのプール容量が有効なインスタンスです。SDX-Zでは、Platinum、Enterprisem、Standardの各エディションの帯域幅プール、およびインスタンスプールがサポートされます。SDX-Zプラットフォームライセンスを適用すると、管理サービスによって、 ライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトしたり、ライセンスサーバーに戻したり、SDX-Zプラットフォームで実行されているCitrix ADCインスタンスに帯域幅容量を割り当てるオプションが提供されます。

SDX-Z上で実行されているCitrix ADC VPXインスタンスは、ライセンスサーバーから直接ライセンスをチェックアウトしたり、ライセンスサーバーへチェックインしたりすることはできません。この操作は、SDXの管理サービスで行います。

SDX-Zプラットフォームライセンスは、ローカルコンピューターでからライセンスファイルをアップロードするか、インスタンスのハードウェアシリアル番号またはライセンスアクセスコードを使用することでインストールできます。

SDX-Zプラットフォームライセンスを削除すると、プールキャパシティ機能は無効化され、すべてのライセンスがライセンスサーバーにチェックインされます。

インスタンスを再起動すると、構成済みのキャパシティに必要なプールされているライセンスをインスタンスがチェックアウトします。

Citrix ADC SDXでのプール容量

インスタンスプール:

SDXアプライアンスでは、そのSDXアプライアンスのインスタンスプールで利用可能な分と同じ数のインスタンスをプロビジョニングできます。

帯域幅プール:

Citrix ADCインスタンスのProvisioning 中に、帯域幅がインスタンスに割り当てられます。エディションと必要な帯域幅を選択して、Virtual Citrix ADCインスタンスをプロビジョニングできます。管理サービスでは、指定したエディションで必要な分の帯域幅がインスタンスにある場合のみプロビジョニングが許可されます。帯域幅が不足している場合は通知されます。

帯域幅を変更する場合インスタンスを再起動する必要はありません。

Citrix ADC SDX-Zインスタンスへのプールライセンスの割り当て

ライセンスを割り当てるには:

  1. Webブラウザで、Citrix ADC SDX-ZインスタンスのIPアドレスを入力します(例: http://192.168.100.1)。

  2. [User Name][Password] の各フィールドに管理者の資格情報を入力します。

  3. [構成] タブで、[ システム] > [ライセンス] に移動し、 [ プールされた容量] に移動します。

    ローカライズされた画像

  4. [ サーバ名/IP アドレス] フィールドに、ライセンスサーバの詳細を入力します

  5. Citrix ADMを使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、Citrix ADM に登録する] チェックボックスをオンにして、ADM認証情報を入力します。

  6. [割り当ての変更] または [割り当ての解除] を選択して、ライセンスの 割り当てを変更 または 解除できます。

    チェックアウトされたライセンスは、ADM によって別のプールに保存されます。

    ローカライズされた画像

  7. SDX-Zインスタンス内の特定のVPXインスタンスのライセンス割り当てを変更するには、「インスタンス」セクションからインスタンスを選択し、「割当ての変更」をクリックします。**新しいウィンドウに、使用可能なライセンスが表示されます。

    ローカライズされた画像

  8. [ Feature License ] ドロップダウンリストから、インスタンスの帯域幅のエディションを変更し、[ スループット (mbps) ] フィールドで必要な帯域幅を変更できます。完了したら [Done] をクリックします。

    帯域幅の割当量は、対応するフォームファクターの最小帯域幅単位の整数倍にする必要があります。

Citrix ADC CPXインスタンスでのCitrix ADCプールキャパシティの構成

Citrix ADC CPXインスタンスのプロビジョニング時に、Citrix ADC CPXインスタンスを構成して、Citrix ADCプール容量を使用するように構成できます。ドッカーの実行コマンドで 、Citrix ADCライセンスサーバーの詳細を指定する必要があります。Citrix ADC CPXインスタンスは、インスタンスプールからライセンスをチェックアウトします。

デフォルトでは、Citrix ADC CPXインスタンスはインスタンスプールからインスタンスライセンスをチェックアウトし、スループットは自動的に 1000 Mbps に設定されます。インスタンスに割り当てられるこの1000Mbpsの帯域幅は変更できます。

Citrix ADC CPXは、Docker アプリストアからダウンロードできます。Docker ホストで、Citrix ADC CPXをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

docker pull store/citrix/netscalercpx: <version>

<!--NeedCopy-->

Citrix ADC CPXインスタンスのプロビジョニング中にCitrix ADCプール容量を構成するには:

Citrix ADC CPXインスタンスをプロビジョニングするときに、以下に示すように、 ドッカーの実行コマンドで環境変数としてCitrixライセンスサーバーを定義します

docker run -dt -P -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> --name <container_name> --ulimit core=-1 -e EULA=yes -v <host_dir>:/cpx --cap-add=NET_ADMIN <REPOSITORY>:<TAG>

<!--NeedCopy-->

各項目の意味は次の通りです:

  • <LS_IPADDRESS>は、CitrixライセンスサーバーのIPアドレスです。
  • <LS_PORT>はCitrixライセンスサーバーのポートです。デフォルトのポートは27000です。