Citrix Application Delivery Management

システム設定の管理

次の表は、Citrix ADMでシステム設定を構成する方法を示しています。

| お望みなら… | これをやる… | |—————————————————————————————————|——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-| |今日のメッセージを設定する|Citrix ADMでウェルカムメッセージを作成できるようになりました。この機能を使用して、自分またはCitrix ADM にログオンするユーザーに対するリマインダーメッセージを設定できます。[ システム ] > [ システム設定 ] に移動し、[ 今日のメッセージの構成] をクリックします。「 メッセージを有効にする」をクリックし、メッセージボックスにメッセージを入力し、 「OK」をクリックします。| |Citrix ADMをシャットダウンする|[System]>[System Administrations]の順に選択します。[ Citrix ADMをシャットダウン] をクリックすると、Citrix ADMを完全にシャットダウンできます。注: Citrix ADMをシャットダウンすると、Citrix ADMをインストールしたハイパーバイザーからのみCitrix ADMを再起動できます。| | セットアップウィザード設定の構成 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[Citrix ADMの設定]で、[ セットアップウィザードの設定]を選択します。[ Citrix ADMネットワーク ]オプションを選択して、Citrix ADM IPアドレスとそのパスワードなどのネットワーク設定を変更できます。[ System Settings ] をクリックして、ホスト名、インスタンスとの通信モード、またはローカルタイムゾーンを変更できます。 | | ネットワーク設定を構成する | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[Citrix ADMの設定]で、[ ネットワーク構成]を選択します。GUIには、Citrix ADMにインストールされているSSL証明書とキーが表示されます。 | | SSL証明書の表示 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[Citrix ADMの設定]で[ SSL証明書の表示]を選択します。GUIには、Citrix ADMにインストールされているSSL証明書とキーが表示されます。 | | タイムゾーンの変更 | [ システム ] > [ システム管理] に移動します。[ システム設定]で、[ タイムゾーンの変更] を選択します。[タイムゾーン]ドロップダウンリストから 、Citrix ADMアプライアンスの時計のタイムゾーンを選択します。 | | ホスト名の変更 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[System Settings][Change Hostname]を選択します。Citrix ADMを識別するために使用されるホスト名を入力します。これにより、Citrix ADM Gatewayのユニバーサルライセンスを生成するときに、そのホスト名がライセンスに表示されます。 | | システム設定の変更 | [ システム ] > [ システム管理] に移動します。[ システム設定]で、[ システム設定の変更] を選択します。次に、チェックボックスをオンまたはオフにして、 セキュリティで保護されたアクセスのみ、セッションタイムアウトの有効化、基本認証の許可、nsrecover ログインの有効化、 証明書のダウンロードの有効化、nsroot以外のユーザーに対するシェルアクセスの有効化、ユーザー資格情報の入力を求めるログインします | | SSL設定の構成 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ システム設定] で [ SSL 設定の構成 ] を選択して、現在のプロトコル設定と適用されている暗号スイートを表示します。設定を変更する場合は、[ 設定の編集] で [ **プロトコル設定** ] または [ 暗号スイート] を選択します。 | | ユーザーエクスペリエンス向上設定機能を有効にする | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ システム設定] で、[ ユーザーエクスペリエンスの改善設定の構成] を選択し、[ CUXIP を有効にする ] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、 グラフィカルユーザーインターフェイスの改善のみを目的として、使用統計が収集されます。受信したデータはCitrixエンジニアのみが使用し、誰とも共有されません。 | | Citrix ADM アップグレード | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ システム管理 ]の下の [Citrix ADMのアップグレード]を選択し、新しいイメージファイルを選択します。 Citrix ADM仮想アプライアンスにすでに存在するファイルを選択するか、ローカルコンピュータからファイルをアップロードできます。 | | Citrix ADMを再起動する | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ システム管理 ]の下にある [Citrix ADMの再起動]を選択します。アクションの確認を求めるダイアログボックスが開きます。[Yes] をクリックします。 | | システムのプルーニング設定を構成する (古いデータのプルーニング用) | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ プルーニング設定] で、[ システムのプルーニング設定]を選択します。[Data to keep (days)]フィールドに、システムでデータを保持する日数を入力します。 | | システムバックアップ設定の構成 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ バックアップ設定 ]で[ システムバックアップ設定]を選択し、Citrix ADMアプライアンスに保持するシステムバックアップの数を入力します。また、バックアップファイルを暗号化することを選択したり 、ファイルを転送する外部の場所を指定することもできます。転送されたバックアップファイルはシステムで保持できます。また、システムから削除できます。 | | インスタンスバックアップ設定の構成 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ バックアップ設定]で [ インスタンスバックアップ設定]を選択し、Citrix ADMによって管理されるすべてのインスタンスをバックアップするバックアップファイルを作成する時間間隔(時間単位)を入力します。保持するバックアップファイルの数、 およびパスワードなしでアクセスできないように暗号化するかどうかを指定できます。 | | システム統計の表示 | [ システム ] > [ 統計] に移動します。CPU、メモリ、ディスクの使用状況など、情報の折れ線グラフが表示されます。 | | セッションの表示と管理 | [ システム ] > [ セッション] に移動します。すべてのアクティブセッションを詳細と共に確認できます。セッションを終了するには、そのチェックボックスをオンにして [ Cancel Session] をクリックします。 | | テナントの追加または変更 | [ システム ] > [ テナント] に移動し、新しいテナントを追加するか、既存のテナントの設定を編集します。テナントの組織単位名や部署、URLなどの追加情報を設定できます。 | | ユーザーロックアウトポリシーの変更 | [ システム ] > [ ユーザー管理] に移動します。[ ユーザーの構成] で、 [ ユーザーロックアウトの構成] を選択し、[ ユーザーロックアウトを有効にする ] チェックボックスをオンにします。アカウントが無効になるまでにユーザーが実行できる無効な試行の回数、およびユーザーロックアウトポリシーがアクティブになる期間を指定できます。 | | パスワードの複雑さに関する変更 | [ システム ] > [ ユーザー管理] に移動します。[ ユーザーの構成 ] で [ パスワードポリシー] を選択し、[ パスワードの複雑さを有効にする ] チェックボックスをオンにします。[ パスワードの最小長 ]フィールドに、Citrix ADM パスワードに必要な最小文字数を入力します。 | | ユーザーの追加または変更 | [ システム ] > [ ユーザー管理 ] > [ユーザー] に移動します。[ユーザー] で、 新しいユーザーを追加するか、既存のユーザーの設定を編集します。ユーザーを追加するときに、 外部認証、セッションタイムアウト、特定のグループへのユーザーの割り当てなどのオプションを有効にできます。 | | ユーザーグループの追加または変更 | [ システム ] > [ ユーザー管理 ] > [ グループ] に移動します。[ グループ] で、新しいグループを追加するか、 既存のグループの設定を編集します。グループを追加するときに、グループに対する権限の割り当て、 セッションタイムアウトの構成、グループへのユーザーの割り当て、Citrix ADMの特定のアプリケーションまたはすべてのアプリケーションへのアクセスの許可などのオプションを有効にできます。 | | 認証構成の変更 | [ システム ] > [ 認証 ] > [ 認証] に移動します。[ 認証] で、[ 認証構成 ] を選択し、認証サーバーのタイプを選択します。 | | RADIUS サーバを追加または変更する | [ システム ] > [ 認証 ] > [ RADIUS] に移動します。[ RADIUS] で、新しい RADIUS サーバを追加するか、 ネットワークパラメータを入力または変更して既存の RADIUS サーバの設定を編集します。 | | LDAPサーバーの追加または変更 | [System]>[Authentication]>[LDAP]の順に選択します。[LDAP] で、ネットワークパラメータを入力または変更して、新しい LDAP サーバを追加するか、 既存の LDAP サーバの設定を編集します。 | | TACACS サーバを追加または変更する | [ システム ] > [ 認証 ] > [ TACACS] に移動します。[ TACACS] で、新しい TACACS サーバを追加するか、 ネットワークパラメータを入力または変更して既存の TACACS サーバの設定を編集します。 | | Syslogサーバーの追加または変更 | システム > 監査 > Syslog サーバーに移動します。[ Syslog Servers] で、新しい syslog サーバを追加するか、 ネットワークパラメータを入力または変更して既存の syslog サーバの設定を編集します。監視するログレベルの種類を選択すると、追加情報を設定できます。 | | Syslogメッセージの確認 | 「 システム 」>「 監査」に移動します。[Audit Messages][Syslog Messages]を選択します。すべてのシステムログファイルの概要がSyslog Viewer上に表示されます。[File] ドロップダウンオプションから、表示する syslog ファイルを選択できます。さらに、syslog ファイルは、モジュール、イベントタイプ、 重大度でさらにフィルタリングできます。 | | Syslogのパージ設定の構成 | 「 システム 」>「 監査」に移動します。[ 設定]で[ Syslogの消去設定]を選択し、SyslogデータをCitrix ADMから削除するまでの日数を入力します。 | | システムイベントの表示 | 「 システム 」>「 イベント」に移動します。現在の全イベントを詳細と共に確認できます。 | | NTPサーバを追加または変更する | [System]>[NTP Servers]の順に選択します。新しい NTP サーバを追加するか、既存の NTP サーバの設定を編集します。 | | NTPパラメーターの構成 | [System]>[NTP Servers]の順に選択します。[NTP Parameters]をクリックして、表示されているフィールドにサーバー構成の詳細を入力します。 | | NTP同期の有効化 | [System]>[NTP Servers]の順に選択します。NTP サーバに表示される時刻をローカルクロックと同期するには、[ NTP 同期を有効にする ] チェックボックスをオンにします。 | | 暗号グループの追加または変更 | [ システム ] > [ 暗号グループ ] に移動して、新しい暗号グループを追加するか、 既存の暗号グループの設定を編集します。暗号グループについての説明を入力して、暗号の組み合わせに割り当ててください。 | | 通知設定の構成 | 「 システム 」>「 通知」に移動します。[Settings][Change Notification Settings]を選択します。通知を送信するアクションを選択し、[ メール]、[ SMS]、または [両方] を選択します。 | | イベントダイジェスト設定の構成 | 「 システム 」>「 通知」に移動します。[Settings][Configure Event Digest Settings]を選択します。[ イベントダイジェストを無効にする ] チェックボックスをオフにすると、繰り返し期間を設定し、 イベントダイジェスト通知を送信する電子メール配布リストを選択できます。 | | メールサーバーの追加または変更 | [ システム ] > [ 通知 ] > [ 電子メール] に移動します。[ 電子メール] で [ 電子メールサーバー ] タブを選択して、新しい電子メールサーバーを追加するか、既存の電子メールサーバーの設定を編集します。追加のチェックを有効にして、 電子メールサーバーへのアクセスに認証が必要であることを確認したり、電子メールサーバーが SSL 認証をサポートするように指定したりできます。 | | メール配布リストの追加または削除 | [ システム ] > [ 通知 ] > [ 電子メール] に移動します。[ 電子メール] で、[ 電子メール配布リスト ] タブを選択して、 新しい電子メール配布リストを追加するか、既存の電子メール配布リストの設定を編集します。 | | SMSサーバーの追加または変更 | システム > 通知 > SMSに移動します。[ SMS] で、[ SMS サーバー ] タブを選択して、新しい SMS サーバーを追加するか、既存の SMS サーバーの設定を編集します 。 | | SMS配布リストの追加または削除 | システム > 通知 > SMSに移動します。[ SMS] で、[ SMS 配布リスト ] タブを選択して、 新しい SMS 配布リストを追加するか、既存の SMS 配布リストの設定を編集します。 | | SNMPエンジンIDの構成 | [ システム ] > [ SNMP] に移動します。[ 設定] で、[ エンジン ID の構成 ] を選択し、エンジン ID を指定します。 | | SNMP MIBの構成 | [ システム ] > [ SNMP] に移動します。[ 設定] で [ SNMP MIB の構成] を選択し、SNMP MIB の詳細を入力します。 | | SNMPトラップの構成 | [System]>[SNMP]>[Trap Destinations]の順に選択します。[ SNMP トラップ] で、新しい SNMP トラップ宛先を追加するか、既存の SNMP トラップ宛先の設定を編集します。 | | SNMPマネージャーの追加または変更 | [System]>[SNMP]>[Managers]の順に選択します。[ SNMP マネージャ] で、新しい SNMP マネージャを追加するか、既存の SNMP マネージャの設定を編集します。 | | SNMPユーザーの追加または変更 | [System]>[SNMP]>[Users]の順に選択します。[SNMP User]で新しいSNMPユーザーを追加するか、既存のSNMPユーザーの設定を編集します。 | | SNMPビューの追加または変更 | [ システム ] > [ SNMP ] > [ ビュー] に移動します。[SNMP Views]で新しいSNMPビューを追加するか、既存のSNMPビューの設定を編集します。 | | アラームの変更 | [ システム ] > [ アラーム ] に移動し、設定を変更するアラームを選択します。アラームは、Citrix ADMサーバーの状態を監視するのに役立ちます。 | | タスクログの表示 | [ システム ] > [ 診断 ] > [ タスクログ] に移動します。その後、 すべてのタスクログを詳細とともに確認できます。タスクログを選択し、 そのデバイスログを表示し、選択したデバイスログのコマンドログを表示することで、追加情報を表示できます。 | | テクニカルサポートファイルの生成 | [ システム ] > [ 診断 ] > [ テクニカルサポート] に移動します。[ テクニカルサポート]で[ テクニカルサポートファイルの生成 ]をクリックして、Citrix ADMデータと統計のアーカイブ(TARファイル)を生成します。このアーカイブは、 Citrixサポートに送信して問題のデバッグに役立ちます。 | | ダッシュボードレポートのタイムゾーン設定の構成 | [ システム ] > [ アナリティクス設定]に移動します。[ Analytics の設定] で、[ ** ダッシュボードレポートのタイムゾーン設定の構成** ] を選択して、ローカルタイムまたは GMT ゾーンをダッシュボードに表示されるレポートのデフォルトとして設定します。 | | ICAセッションタイムアウトの構成 | [ システム ] > [ アナリティクス設定]に移動します。[ アナリティクス設定] で [ ICAセッションタイムアウトの設定 ] を選択し、 ICAセッションが終了するまでアイドル状態のままにできる時間を入力します。 | | 分析機能の構成 | [ システム ] > [ アナリティクス設定]に移動します。[ Analytics の設定] で、[ 機能の構成 ] を選択して、マルチホップ設定とアダプティブしきい値設定を有効にします。[マルチホップを有効にする]チェックボックスをオンにした場合、Citrix ADMは、 クライアントとサーバー間で複数のCitrix ADCインスタンスとともに展開されたすべてのアプライアンスからAppFlow レコードを収集し、関連付けます。[ Enable Adaptive Threshold] チェックボックスをオンにすると、URL のヒット数がしきい値を超えるたびに 、Syslog メッセージが syslog サーバに送信されます 。 | | データベース設定の構成 | [ システム ] > [ アナリティクス設定]に移動します。[ Analytics の設定] で、[ 機能の構成 ] を選択して、データベースインデックスの設定とデータベースのクリーンアップ設定を有効にします。[データベースのインデックス作成を有効にする]チェックボックスをオンにすると、Citrix ADMデータベースのクエリを効率的に行うことができます。[データベースクリーンアップを有効にする ]チェックボックスをオンにした場合、Citrix ADMへの負荷が大きいために定期的にスケジュールされた時刻にクリーンアップができない場合、 データベースのクリーンアップが繰り返されます。 | | データベースキャッシュ設定の構成 | [ システム ] > [ アナリティクス設定]に移動します。[ Analytics 設定] で、[ データベースキャッシュ設定の構成 ] を選択して、 データベースコンテンツをキャッシュにローカルに格納します。これにより、 データベースサーバーにアクセスしなくてもこのコンテンツを表示できます。 | | データレコード設定の構成 | [ Analytics の設定] で、[ データレコード設定の構成] を選択します。データレコードログ設定、データ期間持続性の設定、Web インサイトレポート設定、Web Insight SLA データ収集設定、Web Insight URL データ収集設定、 URL パラメータの設定などの機能を有効にできます。 | | 特定のCitrix ADC IPアドレスのSLA管理を構成する | [ システム ] > [ Analytics設定] > [ SLA 管理] に移動します。表示されたリストから、サーバーの応答時間、 ヒット数/秒、および帯域幅の使用率でSLAを管理するアプライアンスのCitrix ADC IPアドレスを選択します。 | | インサイトの集計レベルごとに、 データベースレコードを保持する期間を設定します。 | [ システム ] > [ Analytics設定] > [ データベースの概要] に移動します。Citrix ADMでインサイトデータを保持する期間を指定します。このデータの保存については、1時間ごと、1日ごと、または1分ごとに1回を選択できます。 | | アダプティブしきい値の追加または変更 | [ システム ] > [ 分析設定 ] > [ 適応しきい値] に移動します。[ アダプティブしきい値] で、 新しい適応しきい値を追加するか、既存の適応しきい値の設定を編集します。適応しきい値機能は、各 URL の最大ヒット数のしきい値を設定します。URL の最大ヒット数が URL に設定されたしきい値より大きい場合、syslog メッセージが外部 syslog サーバに送信されます。しきい値の間隔は、日単位または週単位で設定できます。 | | しきい値とアラートの追加または変更 | [ システム ] > [ Analytics設定] > [ しきい値] に移動します。[ しきい値] で、 新しい制限を追加するか、既存のしきい値の設定を編集します。しきい値の有効化、電子メールまたは SMS による通知の送信、 しきい値のルールの構成など、しきい値を作成または変更するときに、追加のアクションアイテムを提供できます。 | | SSL証明書ファイルとSSLキーのアップロード | [ システム ] > [ 詳細設定] > [ SSL 証明書ファイル] に移動します。[ SSL 証明書ファイル] で [ SSL 証明書 ] タブを選択し、新しい SSL 証明書をアップロードします。同様に、[ SSL 証明書ファイル] で [ SSL キー ] タブを選択して、新しい SSL キーをアップロードします。 | | レポートエクスポートのスケジュール表示または編集 | [ システム ] > [ 詳細設定] > [ エクスポートスケジュール] に移動します。すべてのエクスポートのスケジュールを詳細と共に確認できます。ここに表示されているリストからエクスポートスケジュールを編集できます。 | | レポートエクスポートのスケジュール指定 | [ システム ] > [ 詳細設定]> [ エクスポートスケジュール] に移動します。新しいスケジュールを追加するには、右端にあるボタンをクリックし、[ スケジュールエクスポート ] タブを選択します 。詳細を指定し、[Schedule]をクリックします。 | | バックアップと復元機能の使用 | [ システム ]>[ 詳細設定 ]>[ バックアップファイル ]の順に選択し、Citrix ADM 現在の設定のバックアップを作成します。後でこれらのバックアップファイルを使用して、Citrix ADMをバックアップした状態に復元できます。アップグレードを実行する前に、 および一般的な予防措置として、この機能Citrix。 | | SSL証明書のインストール | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[Citrix ADMの設定]で[ SSL証明書のインストール]を選択します。Citrix ADM仮想アプライアンスにすでに存在する証明書ファイルとSSLキーファイルを選択するか、 ローカルコンピュータからファイルをアップロードできます。SSL証明書を正常にインストールするには、[パスワード]フィールドにCitrix ADMパスワードを入力する必要があります。 | | インスタンスへのログインでの資格情報の要求 | [ システム] > [ **システム設定の変更] に移動します。Citrix **ADCインスタンスでの任意の構成操作で、 ユーザーにインスタンス資格情報の入力を要求するには、[インスタンスログイン時に資格情報を要求する ]を有効にします。 | | 自動データパージの有効化 | [System]>[System Administrations]の順に選択します。[ プルーニング設定] で、[システムのプルーニング設定]を選択します。ディスク使用量が設定されたしきい値に達したときにCitrix ADMがデータをパージできるようにするには、[自動データ消去を有効にする ]チェックボックスをオンにします。この機能を有効にすると、Citrix ADMは、 ディスク使用量が設定されたしきい値を下回るまで、 イベント、syslog、perfレポート、分析に関連するデータをパージします。編集アイコンをクリックして、 ディスク使用量のしきい値を変更します。 | |

システム設定の管理

この記事の概要